« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »

2022年7月31日 (日)

昨夜の流星スペクトル

2022/07/30 19:33:00 Iw_ZED、これだけV-bandカメラです

M20220730_193300_kn9_03_mask M20220730_193300_kn9_02p 

2022/07/30 23:57:38 J5_sdA

M20220730_235738_kn9_04_mask M20220730_235738_kn9_02p 

2022/07/31 01:55:02 J5_sdA

M20220731_015502_kn9_04_mask M20220731_015502_kn9_02p 

2022/07/31 02:12:47 J5_Per

M20220731_021247_kn9_04_mask M20220731_021247_kn9_02p 

2022/07/31 04:01:09 J5_sdA

M20220731_040109_kn9_04_mask M20220731_040109_kn9_02p 

NoFilterカメラとV-Filterカメラの同時流星が6つありました。

date       Nofil Vfil  群 分光
------------------------------------------
20220730_235044 +0.1 -0.8 J5_Cap
20220730_235738 -0.6 -1.0 J5_sdA あり
20220731_022718 -0.1 -0.1 J5_sdA
20220731_031521 -1.1 -3.0 J5_Per
20220731_034622 -0.6 -1.2 J5_Per
20220731_040109 +0.7 -1.3 J5_sdA あり

 

| | コメント (0)

流星電波エコー観測からZHRを求める

不完全ですが聞いたところだけでまとめました。

2022073101

2022073102

2022073103

2022073104

2022073105

2022073106

 

| | コメント (0)

2022年7月30日 (土)

昨夜の流星スペクトル

昨日は流星、多かったです。

ペルセ群もたくさん飛んでましたが、みずがめ座δ南流星群が多くてピークかな

2022/07/30 00:31:18の流星スペクトル、Iw_BCAでした。

M20220730_003118_kn9_04_mask M20220730_003118_kn9_02p 

2022/07/30 01:35:04の流星スペクトル、ハイビジョンで撮れました。J5_Capでした。

M20220730_013504_kn9_04_mask M20220730_013504_kn9_05p 

NoFilterカメラとV-Filterカメラの同時流星が4つありました。

date       Nofil Vfil  群 分光
------------------------------------------
20220729_222940 -0.1 -0.6 spo   なし
20220730_014228 -1.0 -2.0 spo   なし
20220730_020047 -0.3 -0.7 J5_sdA なし
20220730_025625 -0.5 -1.2 J5_Per なし

| | コメント (0)

2022年6月の同時流星

6月の同時流星は274個でULE_J5で全てspoでした!

こんな月もあるのですね。

ダウンロード - u2_20220601_.csv

B20220601_rmap_sg

B20220601_gmap

B20220601_omap

 

| | コメント (0)

2022年7月29日 (金)

今朝9時の太陽黒点です。

今朝9時の太陽黒点です。
3066 と 3067 が見付けられないです。

20220729sun2

Nmbr Location Lo
3062 S25W40 303
3066 S17W27 290
3067 N19E40 223
3068 S16E58 205

| | コメント (0)

NINA

NINA-32bit版をWindws7-64bitに入れてみた

20220729 

Windows7はエラーだ!って怒られますが

動いてそう。。

これは仮想カメラと仮想フィルターホイール

何か、実機を付けてみたい。。

 

| | コメント (0)

2022年7月28日 (木)

昨夜の流星スペクトル

昨夜は2つ撮れました。

2022/07/28 01:45:35はsm_025でした。

M20220728_014535_kn9_04_mask M20220728_014537_kn9_02p 

2022/07/28 02:33:21もsm_025でした。

M20220728_023321_kn9_04_mask M20220728_023322_kn9_02p 

NoFilterカメラとV-Filterカメラの同時流星が1つありました。

date       Nofil Vfil  群 分光
------------------------------------------
20220728_014535 -0.3 -0.9 sm_025 あり

 

| | コメント (0)

google chromeのこれは?

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2022/07/post-7ae8be.html
これの続きです。

202207281 

縦の点々をクリックすると

202207282 

削除がクリック出来て

202207283 

スッキリしました

 

| | コメント (0)

2022年7月27日 (水)

昨夜の流星スペクトル

一つですがスペクトルが撮れました。

2022/07/27 00:02:20の流星でspoでした。

M20220727_000220_kn9_04_ M20220727_000222_kn9_02p 

NoFilterカメラとV-Filterカメラの同時流星が2つありました。
その一つはスペクトルが撮れたものです。

date       Nofil Vfil  群 分光
------------------------------------------
20220727_000220  -0.2 +1.1  spo  あり
20220727_002704  -0.7 -0.7  J5_sdA なし

他にV-Filterカメラに-3.8等の流星が撮れてました。

M20220727_032038_kn9_03_ 

 

| | コメント (0)

遠く離れたアンテナの干渉ってどーやるの?って聞いたら

1usec以下の精度の時刻で記録したハードディスクを郵便で集めて

相関器と言う機械で干渉させるそうです。

 

| | コメント (0)

2022年7月26日 (火)

V608 Cam

V608_cam_20220726

きりん座V608星は短周期で低質量のアルゴル型食変光星です。
図は2020年の黒点の様子です。
長期の観測から2.4年の黒点周期を検出したそうです。

 

| | コメント (0)

ゴーヤチャンプル

20220726 

ゴーヤを貰ったのでゴーヤチャンプルを作りました。

肉が無かったのでソーセージを使いました。

ゴーヤは細かく切って20分塩水につけました。苦みが減りました。

ソーセージは塩コショウして小麦粉をまぶしました。

木綿豆腐はよく水を切って先に焦げ目が付くまでサラダ油で炒めました。

一旦、豆腐をフライパンから出して

ゴーヤとソーセージをごま油で炒めて、そこに豆腐を入れました。

味付けは、醤油・お酒・ほんだしで、

最後にとき卵をかけて完成です。

 

| | コメント (0)

2022年7月25日 (月)

今朝(7/25)の太陽黒点

今朝(7/25)の太陽黒点です。

20220725sun2_2

活動領域 3062 の表面有効温度を測定しました。

20220725_3062

20220725_3062_temp

 

| | コメント (0)

昨夜の流星スペクトル

昨夜は3つのスペクトルが撮れました。

2022/07/25 02:26:01 spo

M20220725_022601_kn9_04_mask M20220725_022602_kn9_02p 

2022/07/25 02:58:10 sm_025

M20220725_025810_kn9_04_mask M20220725_025811_kn9_02p 

2022/07/25 03:55:47 Iw_ODR

M20220725_035547_kn9_04_mask M20220725_035548_kn9_02p 

昨夜は10個の流星が撮れて、NoFilterカメラとV-Filterカメラの同時流星が2つありました。

date       Nofil Vfil  群  分光
------------------------------------------
20220725_025810  -2.2  -2.9 sm_025 あり
20220725_031348  -0.1  -1.1 spo  なし

 

| | コメント (0)

Some Binaries

VSOLJ-OBSに投稿された食連星の測光観測から光度曲線を作っています。対象は VSOLJ-OBS 77674から78543までの観測です。

20220725sb1 

CE Leoに5月のIohさんの観測を追記しました。この観測で光度曲線のディテイルが見えました。

20220725sb2 

EL LynにSuzさんの観測を追記しました。2016年のMdyさんと同じ位相が観測できませんでした。

20220725sb3 

IY LynはEA型だそうです。

 

| | コメント (0)

Phoebe2関数リスト

Phoebe2の関数をリストにしました。

Bundle
__builtins__
__cached__
__doc__
__file__
__loader__
__name__
__package__
__path__
__spec__
__version__
_backends
_env_variable_bool
_env_variable_int
_env_variable_int_or_none
_env_variable_string_or_list
_get_phoebe_funcs
_inspect
_logger
_multiprocessing
_os
_solverbackends
_sys
_utils
algorithms
arange
array
atmospheres
backend
boxcar
c
component
compute
conf
constraint
constraints
dataset
default_binary
default_contact_binary
default_star
default_triple
dependencies
devel_off
devel_on
distortions
download_passband
dynamics
feature
figure
from_legacy
from_server
frontend
gaussian
gaussian_around
geomspace
get_download_passband_defaults
get_passband
helpers
hierarchy
histogram_from_bins
histogram_from_data
install_passband
interactive_checks_off
interactive_checks_on
interactive_constraints_off
interactive_constraints_on
interactive_off
interactive_on
invspace
libphoebe
linspace
list_all_update_passbands_available
list_available_components
list_available_computes
list_available_datasets
list_available_features
list_available_figures
list_available_solvers
list_installed_passbands
list_online_passbands
list_passband_directories
list_passband_online_history
list_passbands
load
logger
logspace
mpi
mpi_off
mpi_on
multiprocessing_get_nprocs
multiprocessing_off
multiprocessing_on
multiprocessing_set_nprocs
mvgaussian
mvhistogram_from_data
normal
open
parameters
pool
progressbars_off
progressbars_on
reset_settings
set_download_passband_defaults
solver
solverbackends
u
uniform
uniform_around
uninstall_all_passbands
uninstall_passband
update_all_passbands
update_passband
update_passband_available
update_passband_ignore_version_off
update_passband_ignore_version_on
utils

 

| | コメント (0)

2022年7月24日 (日)

今朝9時の太陽

今朝は6群でした。

20220724sun2

Nmbr Location Lo
3057 N17W91 060
3059 S08W42 011
3060 N11W48 017
3062 S25E23 306
3063 N12W28 357
3064 N09W11 340
3065 S19W12 341

 

| | コメント (0)

2022/7/23 さそり座δのスペクトル

EOS Kiss X4に対物分光を付けて写真に撮りましたが
Hα輝線らしきものが有りません。

20220723_deltasco_eos_kiss

次に15cm望遠鏡で分光撮影しました。
こちらにもHα輝線らしきものが有りません。

20220723_deltasco_sa100

δScoに何が起きたのだろう?

追伸:

岡山の藤井さんの観測ではFluxレベルは変わっていませんが
6月からEWが極端に減っています。
https://otobs.org/FBO/fko/gcas/del_sco_all/del_sco.htm

今回の近星点通過で円盤が傾いたのかも知れません。

 

| | コメント (0)

2022年秋季年会

場所:新潟大学(五十嵐キャンパス) 
日程:2022年9月13日(火)〜 15日(木)
https://www.asj.or.jp/jp/activities/nenkai/info/

オンライン参加も予定されているとの事です。

無料かな~?

 

| | コメント (0)

Some Binaries

VSOLJ-OBSに投稿された食連星の測光観測から光度曲線を作っています。対象は VSOLJ-OBS 77674から78543までの観測です。

20220724sb1 

V1097 Herの今年5月のIohさんの観測を追記しました。

20220724sb2 

Iohさんが観測されている V1179 Her = ROTSE1 J162744.97+110336.5 = ASAS162745+1103.6 です。

20220724sb3 

Iohさんが観測されている V1321 Her = ROTSE1_J180213.83+470112.3 です。

 

| | コメント (0)

2022年7月23日 (土)

さそり座δのスペクトル

20220722_sco1 20220722_sco2

対物分光で撮りました。
ピンボケで失敗です。ノイズだらけ。
次はちゃんと望遠鏡で分光します。

 

| | コメント (0)

アルゴルの変光星図

訳け合って調べました。

神田星図を探しましたがアルゴルがありませんでした。
全ての神田星図を持っていませんが短周期変光星のリストにアルゴルが見当たりませんでした。

五味星図を見ましたが、こちらにもアルゴルは無さそうです。
目次に無かったので探しませんでしたが別な星図中にアルゴルがあるかも知れません。

誠文堂新光社のAAVSO変光星図にはアルゴルがありました。以下の図です。
手書きで〇が付いているのは自分が比較星に使った物かも知れません。

202207_aavso_beta_per 

昔、AAVSOのPreliminary Chartを希望者に宅配便で回覧する
と言う事が日本変光星研究会でありました。
それをスキャナー入力した物が以下です。
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/per_beta_ch.jpg

他に平沢星図にアルゴルがありそうな気がします。
平沢星図は以前に日本変光星研究会で公開されていました。

 

| | コメント (0)

Some Binaries

VSOLJ-OBSに投稿された食連星の測光観測から光度曲線を作っています。対象は VSOLJ-OBS 77674から78543までの観測です。

20220723sb1 

周期が大きく違うか、観測星が違うかも知れません。両日共に違うのか?どちらか一日が違うのか?観測した人にしか分かりません。

20220723sb2 

周期、倍位か?

 

| | コメント (0)

2022年7月22日 (金)

2022/07/21 02:34:45のLong Echo

Kn9_2207210230

流星電波エコー観測で2022/07/21 02:34:45のLong Echoです。
継続時間49秒もありました。
いわきVORの受信に替えてからエコー数が増えました。

 

| | コメント (0)

Some Binaries

VSOLJ-OBSに投稿された食連星の測光観測から光度曲線を作っています。対象は VSOLJ-OBS 77674から78543までの観測です。

20220722sb1 

V2880 Cygです。EBとの事ですが、まだこの光度曲線では分からないです。

20220722sb2 

こちらもEBとの事です。

20220722sb3 

V498 GemはEA型となっていますが、これはEWと思います。

 

| | コメント (0)

まんねんpython素人

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2022/07/post-e77e40.html
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2022/07/post-c54051.html
これの続き?

>バージョンの上げ方が分からない。。

簡単でした。

https://www.python.org/downloads/

ここの

202207221 

Download Python 3.10.5 を押します。

そして、実行します。

これだけです。

202207222 

Pythonが2つになりました。

なんでも、古いバージョンが必要な時があるらしく、バージョンアップじゃなくて、どんどん追加されるみたいです。

202207223 

デフォルトで実行されるのは '*' の付いている 3.10 との事ですが

Python ってやると 古い 3.8.5 が動きます。

バージョンを選んで起動するには

202207224 

py -3.10 ってやります。

202207225 

しかし、

jupyter notebook は、3.8 から変えられない。。どーすんだろう?

これも切り替えたいし、

pipはどっちにinstallされるんだ?

 

| | コメント (0)

2022年7月21日 (木)

まんねんpython素人

どーも感覚がつかめない

けど、

メモ

標準ライブラリ
https://docs.python.org/ja/3.8/library/functions.html

まだ、3.8を使ってます。

バージョンの上げ方が分からない。。

 

| | コメント (0)

Some Binaries

VSOLJ-OBSに投稿された食連星の測光観測から光度曲線を作っています。対象は VSOLJ-OBS 77674から78543までの観測です。

20220721sb1 

UW CVnも暗い変光星です。

20220721sb2 

食連星なのかも知れません。さて、どうでしょうか。

20220721sb3 

VV CVnでEBだそうです。

 

| | コメント (0)

2022年7月20日 (水)

ATIK-490EX が壊れたか?

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2022/07/post-9f8109.html
これの続きです。

調査・修理に時間が掛かる事が分かっていますので

予備機の検討を始めています。

測光だけなら ST-402 で良いのですが

分光も

って思うと ATIK のフィルターホイールを使いたいです。

これだと、測光と分光が時分割で撮影出来ます。

で、中古の ATIK420 があるそうです。

チップは ICX274 で

チップサイズは ST-402 より若干広くて

感度はちょっと低いです。

でもST-402より画素数が多いのでビニングすれば感度はなんとかなるかも。で、

分光は

20220720 

こわれた490EXに対して、青の画角になります。

感度が低いけど、分光はビニング出来ないし

と思ってたところで、借りれる事になりました!

観測で確認してみよう

 

| | コメント (0)

Some Binaries

VSOLJ-OBSに投稿された食連星の測光観測から光度曲線を作っています。対象は VSOLJ-OBS 77674から78543までの観測です。

20220720sb1 

OP Cncです。光度曲線はEW型です。

20220720sb2 

BI CVnにKaiさんの観測を追記しました。

20220720sb3 

DH CVnにKaiさんの観測を追記しました。2004年のクレイナーで描きましたが、だいぶズレてきています。

20220720sb4 

Kaiさんが観測されているDH CVnです。最初の観測はKisさんのIc band測光です。

 

| | コメント (0)

2022年7月19日 (火)

pipコマンド

>>> import pandas as pd
Traceback (most recent call last):
File "<stdin>", line 1, in <module>
ModuleNotFoundError: No module named 'pandas'

pandasモジュールが無いです。

PS C:\Users\Nga> pip install pandas
Collecting pandas
Downloading pandas-1.4.3-cp38-cp38-win_amd64.whl (10.6 MB)
|████████████████████████████████| 10.6 MB 6.8 MB/s
Collecting pytz>=2020.1
Downloading pytz-2022.1-py2.py3-none-any.whl (503 kB)
|████████████████████████████████| 503 kB 6.4 MB/s

pipで追加します。

>>> import pandas
>>>

importできました。

何がinstallされているかは

pip list

で表示されます。

 

| | コメント (0)

Some Binaries

VSOLJ-OBSに投稿された食連星の測光観測から光度曲線を作っています。対象は VSOLJ-OBS 77674から78543までの観測です。

20220719sb1 

V541 CasにSuzさんの観測を追記しました。

20220719sb2 

このグラフでは分かりにくいですが、oEAのようです。

20220719sb3 

NO Cncの観測です。光度曲線が重ならないです。

 

| | コメント (0)

2022年7月18日 (月)

昨日のお昼に作った「たまごサンド」

Dsc_0168

 

| | コメント (0)

Some Binaries

VSOLJ-OBSに投稿された食連星の測光観測から光度曲線を作っています。対象は VSOLJ-OBS 77674から78543までの観測です。

20220718sb1 

V470 Camは周期が0.096日です。反射効果が大きな連星のようです。残念ながらノーフィルターの観測です。暗いので仕方がないですか。

20220718sb2 

V1067 CasはGCVSではEBとなっています。これはEWと思います。

20220718sb3 

V1301 Casです。暗いです。変光範囲は1等位あります。

20220718sb4 

V1303 Casです。

 

| | コメント (0)

行列 と 集合

20220718 

>>> import numpy as np
>>> A=np.matrix([[50,40],[10,10]])
>>> B=np.matrix([[30,50],[15,20]])
>>> A+B
matrix([[80, 90],
[25, 30]])

こんなペースじゃ。。

次は「集合」

>>> A={1,2,3,4,5,6,7,8,9,10}
>>> B={1,2,3,4,5,6,7,10,9,8}
>>> A==B
True

ほー

 

| | コメント (0)

2022年7月17日 (日)

Some Binaries

VSOLJ-OBSに投稿された食連星の測光観測から光度曲線を作っています。対象は VSOLJ-OBS 77674から78543までの観測です。

202207171 

GM Booに今年のIohさんの観測を追記しました。GCVSの周期で描きましたが、周期が違ってそうです。

202207172 

QX BooはEW型です。極小が斜めなフラットです。

202207173 

MT CamはMisV1226です。MisVの頃のNjhさんの観測で周期などが求まりました。微妙に周期が違いますが、2009年のIohさんの観測だけ大きくズレています。

 

| | コメント (1)

変光星観測者会議2022でのコメント

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2022/07/post-ed268a.html
これの続きです。

コメントの回答を考えました。

>★V398 Cyg:Phoebe解析の結果、SD型食連星で伴星は準巨星

>1.gaia距離と絶対等級から解析結果が正しいか検討出来ないか?

Plx 0.6840 mas だったので 1462pc となります。

見かけの等級を 12.5等 として(星間吸収を無視すると)絶対等級は 1.68等 になります。

Phoebeで求めた絶対等級と温度・半径は

r1 = 1.856855 Rsol
T1 = 8719±405K

なので絶対等級は 1.64等 となり、12.5等・1662pcの絶対等級と、ほぼ一致しました。

>2.準巨星にしては暗いのでは?

待てよー

伴星はロッシュローブを満たしており通常の準巨星より半径が小さくなる事から(温度が同じなら)暗くなる。

で良いんじゃないかと。

>★V1297 Cas:第三体があるとして新予報式を作った
>
>1.円軌道ではなく楕円軌道の一般解が作れないか
>2.4食測光されているので第三体の色が分かるのでは?
>3.光行差を見積もって862日の妥当性を検討する

これ全部ひっくるめて、、

なんと、

先行研究がありました。今更感満載、、

てか、調べずにやってました。

Light-time effect detected in fourteen eclipsing binaries
Zasche, P., Uhlaˇr, R., Svoboda, P., Cagaš, P., Mašek, M.
Astronomy & Astrophysics, Volume 643, id.A130, 10 pp., December 8, 2020

これによると

P3=2.54yr, e=0.386

だって

私の見積もりは

862日 = 2.36年

先行研究と 7% 違う、大雑把に言って似たような値と言えるかと思います。

先行研究には離心率があります。

私との違いは O-C曲線 のプロットが多いです。すごく多いです。

これらを踏まえてパワポに追記して提出しよう。

 

| | コメント (0)

2022年7月16日 (土)

Some Binaries

VSOLJ-OBSに投稿された食連星の測光観測から光度曲線を作っています。対象は VSOLJ-OBS 77674から78543までの観測です。

202207161 

ASAS074829+1904.1でASASカタログではESとなっています。でも、ECのようです。周期が違っていると思います。

202207162 

V856 Aur、EA型です。きれいな光度曲線です。

202207163 

V860 Aurです。周期0.22日の短周期です。

 

| | コメント (0)

光行差

20220716

年周光行差 地球の公転 20.5"程度
日周光行差 地球の自転  0.3"程度
永年光行差 太陽系の運動

年周視差より百倍とか大きい

 

| | コメント (0)

2022年7月15日 (金)

Some Binaries

VSOLJ-OBSに投稿された食連星の測光観測から光度曲線を作っています。対象は VSOLJ-OBS 77674から78543までの観測です。

202207151 

V489 Andです。EB型で周期は0.42日です。

202207152 

V1799 AqlはEWです。Iohさんの観測です。

202207153 

DD AriはEB型です。副極小の光度曲線が見たいです。

202207154 

ASAS072025+2109.1でASASカタログではESとなっています。でも、ECのようです。周期は0.178418ですが、この倍のようで、しかもちょっと違っているようです。観測がNoフィルタなのが残念です。それでも周期検討は出来るので観測を続けると良いでしょう。

 

| | コメント (0)

google chromeのこれは?

20220715 

赤丸のこれが

ちょっとずつ増えてます

消したい

 

| | コメント (0)

2022年7月14日 (木)

久しぶりの3色測光

ATIK-490EXが壊れて

不調のSBIG ST-402を使う事にしました。

ST-402は2台持っていて、1つは調子が良いのでずっと使っています。

望遠鏡は 同じ15cm F4 ニュートンが2台あって、赤道儀が違います。

ずっと使っている調子の良い ST-402 は赤道儀がビクセンスーパーポラリスで導入・ガイドに難があって、CCDチップも小さいのでレデューサを付けています。

その結果、15cm F4の望遠鏡を F2 にしています。

これが収差が大きくてあんまり良い測光が出来なくて Ic だけにしています。

ATIKの方の赤道儀は Sky-Watcher EQ5 で導入もガイドも良いので ST-402 にレデューサを付けずに使用しました。

測光も良好で久しぶりに3色測光出来ました。

202207142_20220706084201   

それにしてもCCDチップが狭くて、導入が良いと言ってもギリギリで

もっと調整が必要っぽいです。

 

| | コメント (0)

2022年7月13日 (水)

2022年6月の変光星観測月報

先月は 9夜 / 14星 / 2159測光 でした。

202207131 202207132 202207133 

極小は 10個 でした。

202207134 

何といっても「梅雨」。。よりも

ATIK-490EXの故障です。

お金も無いし、どーなるんだ、私の変光星観測は。。

 

| | コメント (0)

2022年7月12日 (火)

アマチュアだからな

と思われてるわけです。プロからも世間からも

「信頼されない」の例の一つなのでしょう。

全部のアマチュアがちゃんとやってれば

「アマチュアだからな」

なんて言葉も無かったのだと思います。

でも、趣味だし、仕方ないか

 

|

3Tの外付けHD

いよいよ外付けHDが真っ赤になって

3Tの外付けHDを買ってきました。

20220712 

4400円でした。

これで、このLaptopの外付けHDは4台になりました。

 

| | コメント (0)

2022年7月11日 (月)

昨夜はさそり座δの掩蔽でした

19時50分の分光画像です。

20220710_deltasco

 

| | コメント (0)

今朝(11/Jul/2022) 9時の太陽面

今朝(11/Jul/2022) 9時の太陽面です。
7群見えていました。

20220711sun2

 

 

| | コメント (0)

変光星観測者会議2022でのコメント

2件発表しました。たくさんコメントを頂きましたが

うまくメモが取れませんでした。

汚いメモと記憶からコメントをまとめます。

★V398 Cyg:Phoebe解析の結果、SD型食連星で伴星は準巨星

1.gaia距離と絶対等級から解析結果が正しいか検討出来ないか?

parallaxを調べて、見積もったparameterの連星を
その距離に置いたら12.5等になるのか確認する

2.準巨星にしては暗いのでは?

HR図にプロットしてみる

★V1297 Cas:第三体があるとして新予報式を作った

1.円軌道ではなく楕円軌道の一般解が作れないか

これは簡単では無さそう

2.4食測光されているので第三体の色が分かるのでは?

これは食を起こす連星のパラメータを知る必要が有りそう
これも簡単では無さそう

3.光行差を見積もって862日の妥当性を検討する

m1+m2=1Msolで365日だと16分、さて、ここからどうする??


※全般に、わたしが出来るのは少なそうです。

 

|

2022年7月10日 (日)

blogに画像がupload出来なくなった!

500KB程度の画像をココログにuploadしようとしたら

20220710 

エラーになりました!

「ディスク容量が不足しています。」との事

確かに、赤丸しましたが

容量不足です。

仕方がないので、somabinariesの古い光度曲線を少し削除しました。

この作業、時間がある時にコツコツやらないと

 

| | コメント (0)

2022年7月 9日 (土)

今朝9時の太陽黒点

9/Jul 00:23UTの太陽面です。にぎやかです。
薄曇りでした。群番号と測定した緯度経度を記入しました。

20220709sun2

| | コメント (0)

ATIK-490EX が壊れたか?

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2022/07/post-642cd0.html
これの続きです。

結局、販社様に送る事になりました。

その前にノーフィルタでも症状が同じか確認する事になりました。

15cm f=600mm 直焦点

Noフィルタ, ビニングなし, 15秒露出
Capture_008c1 

Noフィルタ, ビニングなし, 30秒露出
Capture_008c2 

Noフィルタ, ビニングなし, 60秒露出
Capture_008c3 

修理はポルトガルでコロナもあって半年じゃ終わらないみたいです。。

 

| | コメント (0)

2022年7月 8日 (金)

ATIK-490EX が壊れたか?

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2022/07/post-9ee8f7.html
これの続きです。

ミッドナイトに露出時間を変えて撮影しました。

やっぱ、故障?

15cm f=600mm 直焦点

Vフィルタ, 2x2ビニング, 30秒露出
Capcq_035v1

Vフィルタ, 2x2ビニング, 60秒露出
Capcq_035v2

Vフィルタ, 2x2ビニング, 90秒露出
Capcq_035v3

Vフィルタ, 2x2ビニング, 120秒露出
Capcq_035v4


Icフィルタ, 3x3ビニング, 30秒露出
Capcq_035ic1

Icフィルタ, 3x3ビニング, 60秒露出
Capcq_035ic2

Icフィルタ, 3x3ビニング, 90秒露出
Capcq_035ic3

 

| | コメント (0)

2022年7月 7日 (木)

ATIK-490EX が壊れたか?

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2022/06/post-c0e100.html
これの続きです。

ん-ー、壊れたかも。。

Cetgp_095v1 

30秒インターバルで数時間撮影していると症状が出ます。

一度症状が出るとその晩は直らない。

電圧は12V出てます。症状が出ている時も。

背景(スカイ)が暗い星より高くなっています。これが症状です。

暗い星は黒く写って、明るい星は白です。

白でも飽和はしていないので測定すると

それっぽい光度曲線が得られます。

積分時間を長くするかビニングを増やせば白の星が増えて改善して行きます。

変光星と比較星が背景より明るくなって白く写っていれば測定には耐えられそうです。

とにかく、修理するお金が無いので

なんとかだましだましでも使いたい

 

| | コメント (0)

2022年7月 6日 (水)

江の島の花火大会

4年ぶり開催だって

密を避けて分割開催

2022年7月12日、8月19日・23日 19:30~19:33 ※雨天中止

江の島の花火と星空を撮影しようかな

しかし、本当に3分間?

 

| | コメント (0)

2022年7月 5日 (火)

流星会議 2022

第63回 日本流星研究会「宇宙県流星会議」のお知らせ

今年の「流星会議」は10月10日に「塩尻市 市民交流センター えんぱーく」だそうです。

今年もハイブリッドとなっていますが

昨年は会員と学生だけがオンライン参加出来ました。

今年はどうでしょうか?

<https://www.web-nms.com/ホーム/流星会議/>

 

| | コメント (0)

2022年7月 4日 (月)

CSVでダウンロードして(簡単に)星図に出来ないか?

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2022/06/post-60a0af.html
これの続きです。

これを応用すれば良いのかな~

import matplotlib.pyplot as plt
import numpy as np

x = np.random.randn(25)
y = np.random.randn(25)

size = 150*np.random.rand(25)

plt.scatter(x, y, s=size)
plt.show()

20220704 

 

| | コメント (0)

2022年7月 3日 (日)

プリンターの修理

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2022/07/post-bd0acf.html
これの続きです。

トナーの件

>交換はこれから。。使えるかな。

使えました。

てか、

修理してから

プリンターもPCも普通紙印刷は「厚紙」に設定しないと奇麗に印刷されなかったけど、

今は「普通紙」設定できれい。なんか、良くなった。

 

| | コメント (0)

2022年7月 2日 (土)

7/1の流星観測

昨夜(7/1)は8個でした。
No-FilterカメラとV-Filterカメラとの同時が1個ありました。

date       Nofil Vfil  群  分光
---------------------------------------------
20220701_201055 -0.4 -1.6 Iw_JLY なし

スペクトルが1つ撮れました。
2022/07/02 03:26:23 Iw_DBA
M20220702_032623_kn9_02p

 

| | コメント (0)

プリンターの修理

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/09/post-63f314.html
これの続きです。

壊れて、何年も放置してたプリンターを

約1年前に自力で修理出来て

使ってましたが

印刷が薄~くなって、我慢して使ってましたが

プリンターからも「トナー交換して」って言われ続けて

20220702 

ひとまず、カートリッジを買いました。

何年も前の感覚で「1万円とかするのかな~」って思ってましたが

2千円しなかった。

交換はこれから。。使えるかな。

 

| | コメント (0)

2022年7月 1日 (金)

変光星観測者会議・発表3つ目

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2022/05/post-77bc2f.html
これの続きです。

実は、あまり理由がよく分からないのですが

発表を申し込んだ「TESSで見る光度曲線」が没になりましたので

ここで公開する事にします。

2022070101
2022070102
2022070103
2022070104
2022070105
2022070106
2022070107
2022070108
2022070109
2022070110

やっぱり、1人で3つも申し込んじゃダメだよね。

 

| | コメント (0)

« 2022年6月 | トップページ | 2022年8月 »