« 自転とロスビー数 | トップページ | 2022年5月の変光星観測月報 »

2022年6月12日 (日)

ステラショットとEOS Kissの通信が途絶える

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2022/05/post-f96fbf.html
これの続きです。

>ステラショットを再インストールして 1.5i にしました。
>「保存先」のエラーは出てしまいます。

>でも、エラーが出ても処理が止まらなくなった。
>これで、南中を過ぎて鏡筒が三脚に当たる直前のリミッターで停止する事は無くなった。

これは嘘でした。

処理は止まらなくなりましたが

このエラーが出ると以降に撮影した画像を保存に時間が掛かって、結果、次のGOTOコマンドを実行する時刻を越えて撮影が続いてしまい望遠鏡が三脚にあたるリミットが働いてしまっています。

>赤道儀のモーターが勝手に北に動いて
>その方向のリミッターで止まっているようです。

この動作もたぶん関連する物と思っています。理屈が出来ていませんが。

「以下の画像の保存に失敗しました。保存先のメディアを確認してください。」

結局このエラーが出ないようにする方法が分かりません!

ただ、頻度を減らす事をしました。

GOTOしてから次のGOTOまでにDSLRで撮影をしている訳ですが

この枚数を1枚にしました。

本来は次のGOTOまで30分あるなら30枚以上撮影出来ますが、撮影すると保存の動作をしますのでエラーが出る可能性が高くなります。これを1枚に固定しました。

これまでの問題を整理すると

1.なぜか時計がズレる

2.なぜか観測地が変わっている

3.再インストールした

4.撮影枚数を極端に減らす

時計はPCの方を「手動で合わせる」にして「桜時計」に任せました。PCの内部ボタン電池はすっからかんです。

あと、ステラショットは起動時にPCの内部時計を見ますが、起動後は見てないみたいです。

観測地は観測を始める前に設定を確認する。

プログラム変更して撮影枚数を極端に減らした。

100%では無いけれど、きっとこれで通常の観測が再開出来そうと思う。。

 

|

« 自転とロスビー数 | トップページ | 2022年5月の変光星観測月報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自転とロスビー数 | トップページ | 2022年5月の変光星観測月報 »