« ブラックホール連星による重力レンズ効果 | トップページ | SBIG ST-402 シャッター不良 »

2022年5月30日 (月)

ステラショットとEOS Kissの通信が途絶える

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2022/05/post-6cfdf6.html

ステラショットを再インストールして 1.5i にしました。

「保存先」のエラーは出てしまいます。

でも、エラーが出ても処理が止まらなくなった。

これで、南中を過ぎて鏡筒が三脚に当たる直前のリミッターで停止する事は無くなった。

これ以外にもう一つリミッターで止まる症状があって

これが直らない

症状が出た日の観測プランを調べると

ステラショットがGOTOコマンドを発行していない時刻に

赤道儀のモーターが勝手に北に動いて

その方向のリミッターで止まっているようです。

赤道儀のモーターコントローラが自身で暴走している感じです。

これって、完全に手が無いです。

 

|

« ブラックホール連星による重力レンズ効果 | トップページ | SBIG ST-402 シャッター不良 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブラックホール連星による重力レンズ効果 | トップページ | SBIG ST-402 シャッター不良 »