« Some Binaries | トップページ | FM Leo »

2022年4月14日 (木)

V398 Cyg

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2022/04/post-319066.html
これの続きです。

>Phoebe1でオプティマイズしました。

>T1をfree parameterにすると妙な値を返してきます。

計算範囲など見直して T1 を調べました。

その結果、

エラーが大きいけど
T1 = 8719±405K

これがいいかなって思います。

20220414_phoebesd 

もう、こうれ描いても違いや変化が目じゃ分からないです。

以下はparameterです。

mass ratio = 0.14039±0.001523
Ω1 = 5.53944±0.022981 , Ω2 = 2.07700
r1=0.18605±0.00078, r2=0.25000
inc. = 88.28319±0.072822
T1 = 8719±405K , T2 = 3723±21K
g1 = 1.0 , g2 = 0.32
u1 = 0.5 , u2 = 0.5
A1 = 1.0 , A2 = 0.5

mass1 = 1.969627 Msol , mass2 = 0.276514 Msol
r1 = 1.856855 Rsol , r2 = 2.266933 Rsol
log g1 = 4.194676 , log g2 = 3.168688
L1 = 0.750783 , L2 = 0.010360

さて、これでパワーポイントを書き直そう。

 

|

« Some Binaries | トップページ | FM Leo »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Some Binaries | トップページ | FM Leo »