« C/2022 E3(ZTF) | トップページ | V398 Cyg »

2022年4月 6日 (水)

Some Binaries

VSOLJ-OBSに投稿された食連星の測光観測から光度曲線を作っています。対象は VSOLJ-OBS 77116 までの観測です。

20220406sb1 20220406sb2 

RW Comに昨年12月のKis氏の観測を追記しました。この系は極大等級の変化が激しいです。VOSLJの観測から極大等級の変化を表にしました。2021年のKub氏のかんそくでは第二極大が明らかに明るいですが、12月のKis氏の観測では第一極大が明るくなっているように見えます。2022年は両極大が同じ明るさかも知れません。

20220406sb3 

DD CrBと言うEA型です。高温同士のコンポーネントは反射率が100%とかなので互いの反射が無限に繰り返されると向かい合う面は無限に温度が上がってしまいます。それは無いのですが、この系は公転周期が0.16日しか無いので距離が近く、反射で温度が上がってかなり上がっていると思います。

20220406sb4 

DF CrBの4色測光です。変光範囲がとても小さいです。

 

|

« C/2022 E3(ZTF) | トップページ | V398 Cyg »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« C/2022 E3(ZTF) | トップページ | V398 Cyg »