« V1297 Cas | トップページ | Some Binaries »

2022年4月 4日 (月)

変光星観測者会議2022

変光星観測者会議2022
http://vsolj.cetus-net.org/vsconf2022/

発表の申込をしました。

Photo_20220404112101

※発表タイトル

3つあります。 V389 Cyg / 第三体の有る V1297 Cas / TESSで見る光度曲線

※発表の概要

3つあります。

V389 Cyg

[vsolj 13623]で紹介された食連星V398 CygをPhoebeで解析しました。連星の成分星は高温主系列と低温準巨星で伴星はロッシュローブを満たしている事が分かった。

第三体の有る V1297 Cas

VSOLJは食連星V1297 Casを2件の測光観測をしています。GCVSの予報式で光度曲線を描くと重なりません。O-Cを作成したらSIN波でした。これをlight time effectと仮定して第三体の軌道周期を見積もった。関連して新しい予報式を作成したので報告する。

TESSで見る光度曲線

こちらは発表の数合わせです。発表が多数の場合は発表しない事に致します。TESS衛星やKepler衛星の測光観測をMAST PORTALで検索・保存して光度曲線を描く手順を紹介します。

追伸:V389 Cygは解析中だけど。。大丈夫か?

 

 

|

« V1297 Cas | トップページ | Some Binaries »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« V1297 Cas | トップページ | Some Binaries »