« V711 CrA | トップページ | Phoebe V2のインストール »

2022年3月10日 (木)

2022/03/09 22:16:05の流星

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2022/03/post-47d5c8.html
これの続きです。

まず、Vフィルターとスペクトルの画像です。

M20220309_221605_kn9_03_mask M20220309_221607_kn9_02p 

流星の等級は以下です。

 NoFilter +0.0
 V_mag  -0.9

今までの観測からV等級の方が概ね1等明るく測定されるようです。
これは一般的な傾向では無くて使っているカメラの固有のレスポンス特性によるものです。

なので、測光値の変換は出来ませんがスペクトルが取得出来ていれば変換が出来ると予想されます。
今回のスペクトルはNaが強く、Mgが弱いです。おそらく影響が大きと思われる酸素は画角の外でした。

 

|

« V711 CrA | トップページ | Phoebe V2のインストール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« V711 CrA | トップページ | Phoebe V2のインストール »