« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月30日 (木)

IMX327

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/09/post-147639.html
これの続きです。

>IMX327をAliExpress.comから買いました。
>早速、動作確認すると ラスタ が出ないです。。

>原因は カメラの初期設定が PAL だからで
>I/O DATAのGV-USB2はNTSC対応です。

>AMAZONで GV-USB2 を検索すると
>I/O DATAでは無い「GV-USB2」が現れて
>RCA for PAL or NTSC
>と言うスペックになっています。

202109301 

買いました。

202109302 

PAL に設定出来て PAL も NTSC も UFO capture で使えました。

202109303 

AHD の設定は出来ますが、保存しても CVBS に戻ってしまいます。

AHD の設定が成功していれば GV-USB2 で復調出来ないので無信号になるハズ。。

IMX327でFHDの分光をしようと思ったけど

無理か?

 

| | コメント (0)

2021年9月29日 (水)

FERREが難しくて死にたい

準備1. FERRE codeのダウンロード

https://github.com/callendeprieto/ferre
ここのサイトの「Code」ボタンからzipファイルで一括ダウンロードが出来ます。
これを解凍します。

準備2. gfortranの実装

Synapticパッケージマネージャーでgfortranを検索して実装します。

これ以降は「FERRE User's Guide」より

2 Optaining and compiling the code

下記を実行します。

>cd ferre/src
>make

コンパイルが成功するとbinフォルダーに2つのプログラムが生成されます。

 ferre.xがFERREプログラム
 ascii2binはグリッドモデルをバイナリーに変換するプログラム

※ここまでは簡単ですが、、

3 Running the code

実行にはモデルグリッド、制御ファイル(input.nml)、入力データファイルが必要です。

4 Model grid

FERREモデルのグリッドのヘッダで使用できるパラメータ

Mandatory Parameters
--------------------------------------------------------------------------------------------
n of dim integer Number of dimensions
n p integer (n of dim) Number of data points per dimensions
npix integer Number of observations per sample
llimits integer (n of dim) Lower limits for the model parameter arrays
steps integer (n of dim) Steps for each of the parameter arrays

Optional Parameters
--------------------------------------------------------------------------------------------
multi integer Number of headers after the main one
synthfile internal string Internal name of the model grid file
id string File identifier
date string Date when the file was assembled
npca integer (*) Number of PCA components per PCA section
label string (n of dim) Tags identifying the parameters of the model
transposed integer A value > 0 indicates data are transposed
comments1...6 Comment fields

Optional Parameters intended for use with spectroscopic data
-------------------------------------------------------------------------------------------
wave float (2) Coeffs. in = wave(1) + (i-1)*wave(2) (i=1...npix)
logw integer Values of 0/1/2 indicate we use /log10()/ln()
vacuum integer Values of 0/1 indicate air/vacuum wavelengths
resolution float Resolving power (/FWHM) of the spectra
original sampling float Velocity sampling in original calculations (km/s)
synspec integer When > 0 indicates spectra computed with Synspec
modo integer When synspec=1, this the value of ’imode’
invalid code float Value used to indicate data are unavailable
constant float Constant value subtracted to the entire grid
continuum float (4) Coefficients used for continuum normalization
precontinuum float (4) Coefficients for a pre-normalization
file data19 string Atomic line list used in the synthesis
file data20 string Molecular line list used in the synthesis

5 Control file

ファイルは input.nml で &LISTA で始まる行

ndim 次元/パラメータの数 (モデルグリッドファイルのdimのnと一致させる必要あり)
nov 変化させるパラメータの数
indv 変化させるパラメータに対応するインデックスの配列(モデルグリッドで指定された順序に従う)
synthfile(1): モデルグリッドのファイル名(複数使用可)
pfile パラメータファイル(inputパラメータを格納したファイル名
ffile データファイル (観測データのファイルの名前)
erfile 誤差データファイル(データファイルの誤差を示すファイル名)
opfile 出力パラメータファイル(FERREの出力で,各サンプルのベストフィッティングモデのパラメータを含む)
offile 出力データファイル(FERREの出力で,各サンプルのベストフィッティングモデルの予測値を含む)

6 Input/output parameter and data files

FERREは、モデルグリッドとコントロールファイル以外に、3つの入力ファイルがあり、2つの出力ファイルを作成します。

6.1 Input data files

Mandatory Parameters
----------------------------------------------------------------------------------------------
ndim integer Number of dimensions/parameters (should match n of dim)
nov integer Number of parameters to search
nov=0 if we just want to interpolate in the grid
indv integer (nov) Array with the indices for the parameters to search
synthfile string (*) File name(s) for the model grid(s)
pfile string Name of the input parameter file
ffile string Name of the input data file (the observations we want to model)
erfile string Name of the file with the uncertainties in the input data
opfile string Name of the output parameter file with the optmized parameters
offile string Name of the output best-fitting models

Optional Parameters
----------------------------------------------------------------------------------------
nobj integer Number of samples (spectra) to analyze (all by default)
nlambda integer Number of data points (frequencies) per sample
f format integer Format of the model grid (0 for text or 1 for binary)
f access integer Mode of accessing the model grid data
0 for RAM or 1 for direct-access
inter integer Interpolation algorithm (default 1)
0 for nearest neighbor
1 for linear
2 for quadratic B´ezier
3 for cubic B´ezier
4 for cubic splines
errbar integer Choice of algorithm to compute error bars (default 0)
0 to adopt the distance from the solution at which
χ^2 = min(χ^2) + 1
1 to invert the curvature matrix
nruns integer Number of searches to be done (default 1)
init integer Choice of starting point(s) for searches (default 1)
0 to use the values in pfile
1 to follow the rules set by keyword indini
indini integer (ndim) Individual control of starting points for each param. (default 1)
−1 start at the value in pfile
0 start at random
1 start at the grid center
>1 start at the center of indini(i) equidistant cells
[requires setting nruns = Qi indini(i)]
wfile string Name of the input data file with wavelengths
[same format as ffile or erfile]
lsffile string Name of the input data file with information on the LSF
winter integer Switch to wavelength interpolation (default 0)
0 No interpolation
1 Interpolate observations, 2 fluxes (both require wfile)
algor integer Search algorithm (default 1)
1/2/3/4 for Nelder-Mead, Boender-Timmer-Rinnoy Kan,
Powell’s or Nash’s truncated Newton algorithms
lsf integer LSF shape (0/1/2/3/4/11/12/13/14 – default is 0)
nthreads integer Number of threads for parallel processing (default 1)


6.2 Output data files

FERRE will usually produce two output files

出力パラメータファイル(opfile .opf):
 入力パラメータファイルと同じフォーマットで、更に列が追加されています。
 最初の列は.ipf の最初の列と同じ各スペクトルの識別子です。
 次はグリッド(ndim)のパラメータと同じ数の列があります。
 ここまでは.ipfと同じですが、その後にパラメータの誤差を示すndim列が追加されます。
 さらに3列の、測光データ数の割合、スペクトルの平均log(S/N)2、フィットのリダクション2の対数。
 COVPRINT = 1 に設定すると、誤差の共分散行列の列を追加して出力します。

出力フラックスファイル(offile .mdl):
 入力フラックスファイルと同じフォーマットでベストフィットのモデルです。

 

| | コメント (0)

2021年9月28日 (火)

IMX327

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/09/post-9cd3fb.html
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/09/post-376668.html
これの続きです。

ICX672で流星分光をやっていましたが

イメージャーの劣化が酷くなり、星が見付けられなくなりました。

そこで、以前に使っていた IMX225 に交換して分光を再開しました。

しかし、IMX225をやめた要因が劣化によるノイズだったので

ICX672より少しマシになった程度で、

IMX327をAliExpress.comから買いました。

(CCDの方がCMOSより劣化が早いのかも知れません)

物が届いたので動作確認すると ラスタ が出ないです。。

カメラ → OSDケーブル → GV-USB2 → PC

と言う接続です。

原因は カメラの初期設定が PAL だからで

I/O DATAのGV-USB2はNTSC対応です。

博物館に行って設定をNTSCに替えてもらいました。

これを自分でやるとしたら。。と思って

AMAZONで GV-USB2 を検索すると

I/O DATAでは無い「GV-USB2」が現れて

RCA for PAL or NTSC

と言うスペックになっています。

これだね!

 

| | コメント (0)

2021年9月27日 (月)

昨夜の流星スペクトル

昨夜は日付が変わってから2つの流星スペクトルが取得出来ました。

まず、2021/09/27 01:09:57JST の流星です。

M20210927_010957_kn9_03_360x240 M20210927_010957_kn9_03p 

この流星のスペクトルです。

M20210927_010957_kn9_02_360x240 M20210927_010957_kn9_02p 

次は 2021/09/27 04:26:41JST の流星です。

M20210927_042641_kn9_03_360x240 M20210927_042641_kn9_03p 

この流星のスペクトルです。

M20210927_042641_kn9_02_360x240 M20210927_042641_kn9_02p 

 

| | コメント (0)

予期せぬエラーが発生しました。終了します。

202109271 

Visual Basic Ver5のプログラムを編集するときに発生する場合があります。

プログラム名に日本語が含まれていると発生する場合があるそうです。

202109272 

以下を削除すると解決します。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Visual Basic\5.0\RecentFiles

 

| | コメント (0)

2021年9月26日 (日)

2021/09/26 02:23:58JST の流星

昨夜は1つしか流星が撮影出来ませんでした。

これは垂直偏光カメラに写った流星です。

M20210926_022358_kn9_03_360x240 M20210926_022358_kn9_03p 

次は、そのスペクトルです。

M20210926_022358_kn9_02_360x240 M20210926_022358_kn9_02p 

 

| | コメント (0)

FERRE codeのコンパイル

ubuntuでFERREのコンパイル手順をまとめました。

1.FERRE codeのダウンロード

https://github.com/callendeprieto/ferre
ここのサイトの「Code」ボタンからzipファイルで一括ダウンロードが出来ます。
これを解凍します。

2.gfortranの実装

Synapticパッケージマネージャーでgfortranを検索して実装します。

3.FERREのコンパイル

ferre.pdfに書かれているように下記を実行します。

>cd ferre/src
>make

../ferre-master/bin に ascii2bin と ferre.x が作られます。

 

| | コメント (0)

2021年9月25日 (土)

windowsにgfortranを入れる

Windows10にGFORTRAN90を入れる方法です。

2021092501 

https://jmenubank.github.io/tdm-gcc の Read more.. を押すか

2021092502 

あるいは直接ここへ行く https://jmeubank.github.io/tdm-gcc/articles/2021-05/10.3.0-release

真ん中の青い「tdm64-gcc-10.3.0-2.exe」を押してダウンロードします。

2021092503 

これをダブルクリックして実行します。

2021092504 

Createボタンを押します。

2021092505 2021092506 

このまま「Next」です。

2021092507 

ここで、必ず、All Packagesを選択します。そして「Install」ボタンです。

2021092508 2021092509 

「Next」「Finish」で終わり。

2021092510 

スタートから「MinGW Command Prompt」を実行して

2021092511 

gfortranをタイプしてエンター、何やら行って来たら、インストール成功です。

 

| | コメント (0)

2021年9月24日 (金)

2021/09/22 22:06:59JSTの流星スペクトル

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/09/post-728d77.html
これの続きです。

暫定機種の「IMX225 + 4mm + 200gr」で3個目のスペクトルが取得出来ました。

まず、以下が通常のTVカメラで撮影したものです。

M20210922_220659_kn9_04_360x240 

ちょっと見にくいですが「ピカッ」と光っています。

次がスペクトルの動画です。

M20210922_220701_kn9_02_360x240 

東の月の一次スペクトルが画像に入って来ています。

M20210922_220701_kn9_02p 

これが比較明合成の画像です。

ちょっと変わったスペクトル型かも知れません。

 

| | コメント (0)

とある、zoomの学会発表

座長はH騨のN上先生、発表はH海道のF本先生

座長:では発表をおねがいします

し~ん

座長:では発表をおねがいします

し~ん

座長:F本先生、いらっしゃいませんか?

F本先生:はい

座長:ではお願いします

し~ん

座長:あれ?

F本先生:共有がわかりません。いいですか?

共有の無いまま

座長:構いませんが時間はどんどん過ぎています

F本先生:あれ?でませんか?

座長:共有したい画面を選んで共有ボタンです

共有される

早口で発表が始まる

F先生のお話は、そもそも理解するのが難しい発表が多く、更に難解となる

座長:時間です

F先生は発表を続けるも、話途中で

F先生:おわります

座長:質問ありますか

一瞬経って

座長:それでは時間も過ぎましたので次の発表の方お願いします

 

| | コメント (0)

2021年9月23日 (木)

単色だと良いみたい

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/09/post-2d4619.html
これの続きです。

ぜんぜん晴れない日が8月9月と続いています。

測光S/Nが得られないので単色測光しか出来ないです。

でも、いいですねー

20210915_erori_icband 

単色測光

 

| | コメント (0)

2021年9月22日 (水)

ギリシャ文字がメジャーになった

コロナでギリシャ文字がメジャーになった

Screenshot_20210911085656 

私は「η」を「エータ」とよびます。

 

| | コメント (0)

2021年9月21日 (火)

HR図の今昔

すでに有名になっているHR図の今昔です。

202109211 202109212 

 

| | コメント (0)

2021年9月20日 (月)

変光星観測者会議の発表申込状況

発表申込状況です。申込順です(田口先生は招待講演)。

1 田口健太
  せいめい望遠鏡を用いた古典新星 (主に V1405 Cas) の分光観測 (仮)

2 前原裕之
  変光星この1年

3 大島修
  食連星TZ Booの謎の減光は4重食連星だった

4 清田誠一郎
  変光星この50年

5 前田豊
  ステラショットとUGEMで楽しむ変光星観測

6 永井和男
  ステラショットを用いた自動分光・測光望遠鏡

7 永井和男
  W UMa型のsub class判定

変光星観測者会議は13:00から17:00なので240分

自己紹介と招待講演がそれぞれ45分として休憩2回が20分とすると残り130分、

残りの発表は6件なので1件当たり20分位か。

これだと座談会みたいな自由討論が出来ないので、

自己紹介と招待講演がそれぞれ45分、休憩2回が20分、座談会を30分だとすると残り100分、

1件当たりの発表時間は17分程度

わたし、発表を1件にしようかな。。それだと、1件当たり20分で丁度良いか。

 

| | コメント (0)

2021/09/26の平博・流星分科会

このところ、毎回、私が話をする機会があり

今回は「流星電波観測を始める」を話そうとスライドを作りました。

2021092001 

2021092002 

2021092003 

2021092004 

2021092005 

2021092006 

2021092007 

2021092008 

2021092009 

2021092010 

2021092011 

 

| | コメント (0)

2021年9月19日 (日)

とりあえず、テンプレート

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/09/post-d09e03.html
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/09/post-c55834.html
これの続きです。

しばらくは この IMX225 + 4mm + 200gr が続きそうですので

M20210901_042612_kn9_02p20210919 

波長同定用の画像を作りました。

 

| | コメント (0)

desktopにあるハズのファイルが見えない

割としょっちゅうあります。

F5を押すと見えます。

でも、この症状無くせないかなー

 

| | コメント (0)

2021年9月18日 (土)

流星分光カメラのノイズがひどい

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/09/post-c55834.html
これの続きです。

動体検出のマスクを作りました。

Da720480_20210910_mask_and 

この赤い点は、全て、ノイズです。

やっぱ、このイメジャーじゃダメかも。

 

| | コメント (0)

2021年9月17日 (金)

今朝4時過ぎの流星とスペクトル

2021/09/17 04:16:58JST オリオン座の西の流星が写りました。

M20210917_041658_kn9_03p

これは垂直偏光カメラに写った流星です。

解析は

M20210917_041658_kn9_03p2 M20210917_041658_kn9_03p3

spoでした。

スペクトルは

M20210917_041658_kn9_02p

酸素が目立っています。

今一つ、ピンボケです。このカメラ、イメジャーの劣化が酷くて壊れる寸前です。

 

| | コメント (0)

光害と測光バンド

202109171 

これが光害カットフィルターですか。なるほど。

で、

202109172 

これは測光フィルター

これからすると

光害の影響が少ない測光バンドは

以下の順番

Ic→U→Hα→B→Rc→V

15cm+ST-402はIcの単色測光を続けるか。または、BとIcの2色にして、

15cm+ATIK-490EXはUとHaの2色のままで良さそう。

 

| | コメント (0)

2021年9月16日 (木)

マカフィーを消してウイルスバスターを入れた

昨年の8月にPCを買い替えました。
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/08/post-9db88c.html

買ったPCにはマカフィーが入っていました。

3年間は無料との事です。なので、いずれ、手持ちのウイルスバスターに入れ替えようと思っていました。

まだ、1年しか経っていませんが

動作が遅くなったタブレットのクリーンインストールで、それのウイルスバスターを入れ直したので

ついでに、このPCもマカフィーを消してウイルスバスターを入れました。

 

| | コメント (0)

2021年9月15日 (水)

NTVDM

コントロールパネル
→プログラムと機能
→Windows の機能の有効化または無効化
→レガシコンポーネント
→「NTVDM」にチェックを入れて「適用」

 

| | コメント (0)

2021年9月14日 (火)

2021年8月の流星観測報告

先月の平博流星分科会の同時流星の報告です。

UO2のQ1で解析しています。
546個の同時流星があり流星の軌道が求まりました。
spo 330, J5_Per 110, J5_kCg 44, J5_kCg 44, J5_sdA 30, J5_Eri 12, J5_bPi 10, J5_Cap 10

ダウンロード - u2_20210801_.csv

7月より200個多かったです。

画像で全流星は、

B20210801_rmap_sg B20210801_gmap B20210801_omap

ペルセ群は、

J5_per_b20210801_rmap_sg J5_per_b20210801_205632tmap J5_per_b20210801_205632gmap J5_per_b20210801_omap

はくちょう座κ群は、

J5_kcg_b20210801_rmap_sg J5_kcg_b20210801_tmap J5_kcg_b20210801_gmap J5_kcg_b20210801_omap

個人別
_ID ,count, scount, s%
KN4_01 499 172 34.5
KN4_02 277 131 47.3
KN5_02 141 41 29.1
KN6_02 433 135 31.2
KN6_03 219 84 38.4
KN7_01 336 195 58
KN7_02 822 229 27.9
KN8_1 361 214 59.3
KN9_01 48 23 47.9
KN9_02 34 21 61.8
KN9_03 184 75 40.8
KN9_04 38 16 42.1
KND_01 370 112 30.3
KND_02 147 38 25.9
KNF_01 835 227 27.2
KNH_01 613 201 32.8
KNI_02 160 32 20

ダウンロード - uo2_id_count.csv

観測者ID
 KN4 秋山(平塚)
 KN5 石井(平塚)
 KN6 岡澤(茅ヶ崎)
 KN7 清水(小田原)
 KN8 鈴木節雄(横浜)
 KN9 永井(茅ヶ崎)
 KNI 萩原(平塚)
 KND 横関(平塚)
 KNF 小林(平塚)
 KNH 戸村(藤沢)

 

| | コメント (0)

2021年9月13日 (月)

デビットカードを作った

AliExpress.comで部品を買おうと

普段使いのクレジットカードだと不安なので

ソニー銀行でデビットカードを作りました。

申し込んで、カード受け取り、開設、、、購入まで

最初なので実にたくさんの事をやりました。パスワードみたいなのも10個位設定しました。

202109131 202109132

でも、注文できた

 

| | コメント (0)

2021年9月12日 (日)

α7s用の分光器が復活!

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/08/post-606c95.html
これの続きです。

202109121 

この左側のカメラがノイズだらけになって

202109122 

違うカメラに交換しました。

202109123 

ノイズのひどい分光カメラを分解して

202109124 202109125 

ソニーα7s用の分光器を取り出しました。

接着剤で付けていたので元の形に復旧させるのは大変でした。

よし!、この 300gr をα7sに付けるぞ!と思ったら

202109126 

今付けているのも同じ 300gr でした( ゚Д゚)

α7s用の分光器は58mmフィルター径

CANON EOS Kiss X4に使おう。。

 

| | コメント (0)

2021年9月11日 (土)

平塚市博物館YouTube公式チャンネル

平塚市博物館YouTube公式チャンネルの流星関連動画をリストにしました。2019以降の動画です。

ATOMCamで火球観測
https://www.youtube.com/watch?v=0VFmV6A8w34

流星のスペクトル観測
https://www.youtube.com/watch?v=7gVM1Nupa3Q

平塚市博物館流星分科会で撮影した2020年8月21日22時33分の火球
https://www.youtube.com/watch?v=8yUqS1EXR-0

2020年7月2日2時32分の火球
https://www.youtube.com/watch?v=hMSNkD-K4aY

2019年8月10日21時15分の火球
https://www.youtube.com/watch?v=__cJr-rn4Ow

2019年3月11日20時54分48秒の月面発光
https://www.youtube.com/watch?v=nBk09IHZEMs

2019年2月1日23時38分の火球
https://www.youtube.com/watch?v=mqi5T6bqXw0

2019年1月20日4時38分の大火球
https://www.youtube.com/watch?v=10Du4mYGR60

以下は全ての動画一覧です。流星・天文以外も含まれています。
https://www.youtube.com/user/HIRAHAKU/videos?view=0&sort=dd&shelf_id=0

 

| | コメント (0)

プリンターの修理

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/06/post-13d232.html
これの続きです。

>高かったカラーレーザー(NEC PR-L5650F)は捨ててませんでした。
>数年たった今、修理にチャレンジ
>葛藤の末、、、、直りました!!

ここで、プリンターはプリント出来るようになりました。

が、

上の方で印刷したものが、紙の下半分に薄っすらと印刷される症状が出ていました。

1年以上、ほったらかしでした。

それで、プリンター付属の管理ツールソフトを使って

様々な調整をしました。もー、いっぱい、たくさん、

なかなか症状が無くなりませんでしたが、

用紙設定を「普通紙」から「厚紙」にしたら

今度こそ、直りました。

 

| | コメント (0)

2021年9月10日 (金)

2021年8月の変光星観測月報

202109101 202109102 202109103 

先月の変光星観測は 9夜 / 27星 / 3780測光 でした。

202109104 

極小観測は 26個 でした。

もっと観測したかったのですが、梅雨前線が復活して、10日程居座りました。

その後も、晴れない日が続きました。

先月は RS Oph の増光!、これが一番と思います。

これも、急にお天気が悪くなってしまい、すぐに観測出来なくなりました。

雲があると測光結果が悪い事から Ic band の単色測光が多かったです。

流星の方は

H/V偏光カメラの設置が終わって観測を始めました。

分光カメラの方はお天気が悪くて作業が遅れています。

今月も忙しい。来月も。時間が無い。。終わらない。

 

| | コメント (0)

2021年9月 9日 (木)

図書館で借りて来た

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/09/post-809e98.html
これの続きです。

図書館の BluesのCD を全部借りる

と言うのも、図書カードを作った理由の一つです。

二回目の図書館で、

20210909 

借りて来た。

CCDのラックに「ブルース」って書いてある所があって数十枚のCDがありますが

民族音楽もゴチャゴチャに入ってて

「インドネシア民謡」「ゴスペル」「ダンスミュージック」とか

けっきょく、2回で全て借りてしまったみたいです。。

 

| | コメント (0)

2021年9月 8日 (水)

流星分光カメラのノイズがひどい

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/08/post-1249c8.html
これの続きです。

CCDで作った流星TVカメラのノイズがひどくなり、持っている古いCMOS(IMX225)に交換しました。

でも、こちらもノイズがけっこうあって、

そんな状態でUA2のプロファイルが作れるか試していて

作れる事が分かったので分光器を付けました。

M20210901_042612_kn9_02p 

これが第一号の流星スペクトルです。

早い流星の特徴の酸素の777が見えています。内側はMgで、Naもうっすらと見えています。

月の1次光が明るく見えています。水平に取り付けたつもりが傾いています。

その下の星はベラトリクスっぽいですがプロファイルが完成していなくてよくわかりません。

 

| | コメント (0)

2021年9月 7日 (火)

9/7、今日の太陽

やっと晴れました。
9月に入って最初の太陽撮影です。

20210907sun2

すごくにぎやかです。

| | コメント (0)

IPv6、どーしようかなー

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/09/post-80d14b.html
これの続きです。

WSR-1166DHPL2を買いました。

3480円でした。

で、

202108302 

IPv6になりました\(^o^)/

ついでに5GHzも使えるようになりました。

今まではIPv4・2.4Gでしたから、

 

| | コメント (0)

2021年9月 6日 (月)

変光星観測者会議 2021 のご案内

昨年は開催されなかった変光星観測者会議を

今年はzoomで開催されます。

半日の開催ですが皆様のご参加をお待ちしております。

http://vsolj.cetus-net.org/vsconf2021/

 

| | コメント (0)

単色だと良いみたい

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/08/post-b6aa30.html
これの続きです。

>空が暗くて、雲が無くて、単色で観測すると、良い測定

曇りの日と比較します。

202109051 202109052 

左は晴れた日で、右は薄曇りの日です。

左の方が1.5等も暗いのではありますが

それにしても不規則なバラツキがあります。

これが雲の影響と思います。

これは Ic bnad を 60秒間隔で撮影したものです。

B,V,Icの時は 300秒間隔で撮影しています。

要するに、こんなに不規則に変化しているものを 300秒間隔で 測定していたら

変光の様子も良く分からん!って事だと思います。

 

| | コメント (0)

2021年9月 5日 (日)

SEDを調べる

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/08/post-9a489e.html
これの続きです。

この時に見た RZ Cas の放射強度を調べたら

20210905 

わたしは、何か、間違えている、

 

| | コメント (0)

2021年9月 4日 (土)

IPv6、どーしようかなー

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/09/post-22cc7b.html
これの続きです。

>ルーターを「IPv4 over IPv6」に変更して
>niftyに IPv6 を申し込むみたいです

現在の契約内容を調べました。

20210904 

えっ!!

 

| | コメント (0)

2021年9月 3日 (金)

IPv6、どーしようかなー

今は

20210903 

こんなです。

フレッツ光なのですが、niftyから「IPv6に切り替えましょう」みたいな案内がかれこれ前に来ました。

マンションなのでModem/ONUでは無くてVDSLです。

で、ルーターを「IPv4 over IPv6」に変更して

(どうやら)niftyに IPv6 を申し込むみたいです(かな?)

面倒だなー、お金はハードの代金で済むみたい。

取りあえず、安いルーターを買ってみようかなー

面倒くさいなー

 

| | コメント (0)

2021年9月 2日 (木)

図書館で借りて来た

7月の中旬だったか

茅ヶ崎市の図書館に行って

図書カードを作りました。

でも、一度も借りていなかったので

20210902 

CDを借りて来た。

一度借りると、返却で図書館に行くので

図書館通いが続きそうです。

 

| | コメント (0)

2021年9月 1日 (水)

ぎょしゃ座α群

今朝の6:56:30頃の電波エコーですが、

Kn9_2109010650_20210902081501

きっとこれは違うだろうなー

 

| | コメント (0)

そろそろ、ダイアモンド富士

そろそろ、茅ヶ崎はダイアモンド富士の季節です。

予報には専用のソフトもありますが

20210909_1741 

ステラナビゲータでも出来るんですね。

 

| | コメント (0)

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »