« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月31日 (火)

「鬼滅の刃」立志編の特別編集版

フジテレビ、21時から

9月11日 兄妹の絆
9月12日 浅草編
9月18日 鼓屋敷編
9月19日 那田蜘蛛山編
9月23日 柱合会議・蝶屋敷編
9月25日 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編

 

| | コメント (0)

プリンターの交換インク買った

買ってから気が付いた

202108311 202108312 

わたし、こんなに器用じゃない

 

| | コメント (0)

2021年8月30日 (月)

2860群の変化

2021aug_2860

 

| | コメント (0)

不死鳥流星のスペクトル

8/11のOMCで聞いた話です。

20210821_omc1 

これは不死鳥流星のスペクトルです。

上から飛んでいて、一度消えて、再び、輝いています。

一度目の発光では Na が輝いています。

二度目の発光では Na は僅かで、 Mgが強いです。

不死鳥流星に限った事では無く

デファレンシャル・アブレーションと言うそうです。

流星体は細かな粒が結びついていて

アブレーションで粒間に隙間が出来、

Naが先に発光しているそうです。

早い流星に多いそうです。

以下は Na 先行発光 の例です。

20210821_omc2

緑のMgが発光しているのに0次が赤いですが

こういう時のデジタルカメラの3色合成は色を再現していない。。と言う話もあり

あるいは、1次に回折した波長以外が残って赤いと言うのもあるらしく

どれが本当なのか分かりませんが

0次で流星の色は判定出来ないというのは以前から感じていました。

※画像は全て宮崎の前田さんです

 

| | コメント (0)

2021年8月29日 (日)

流星分光カメラのノイズがひどい

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/08/post-606c95.html
これの続きです。

>TV観測を始めた時の1号機を引っ張り出して
>今よりノイズが少なければ交換しようと準備しました。

ちょこっと撮影して、ノイズは多い物の

星がどれだか分かる画像だったので

交換しました。

202108291 202108292 

IMX225 に 4mmレンズ で SA-200 を付けました。

広角で、かなり低分散です。

明るい物は飽和してしてしまいますが、

暗い(1, 2, 3等)流星のスペクトルが撮れればいいなと思ってます。

分光解析が目的では無く、色変化を調べて、変化が「色」なのか「偏光」なのか見極める目的です。

 

| | コメント (0)

2021年8月28日 (土)

流星分光カメラのノイズがひどい

202108281 

左側が分光カメラです。

202108282 

解析中の画面です。青い点は

本来は「星」なのですが、

ほぼ全部がイメジャーのノイズです。。

劣化によってノイズが増えています。

黄色点が星図の星で、青点と重ねて流星の位置を測定しますが

こんなにノイズが多いと、合わせるのに苦労しています。

そこで、TV観測を始めた時の1号機を引っ張り出して

今よりノイズが少なければ交換しようと準備しました。

202108283 

これで、テスト撮影しよう。

 

| | コメント (0)

2021年8月27日 (金)

隕石展が(二階で)続いてた

きのう、用事があったので、久しぶりに平塚市博物館に行ってきました。

一回の特別展示室でやってた「隕石展」が

二階で継続してました!

20210826hcm1 20210826hcm2 20210826hcm320210826hcm4

天文の常設展示の場所が僅かしかないのですが、

どこかに場所を作って常設出来たら良いなー

って思います。

 

| | コメント (0)

流星の偏光観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/08/post-3b90b9.html
これの続きです。

20210827 

設置作業中の写真です。

右端のが新規の水平偏光カメラです。

中央が7/10から観測に使っている垂直偏光カメラです。

1.5カ月も掛かって、やっと、水平と垂直が同じカメラ・レンズ・USBチャプチャーになりました。

今まで使っていた水平偏光カメラは予備機で休憩してもらいます。

 

| | コメント (0)

2021年8月26日 (木)

chromlumでリモート

chromeでないと出来ないのか?と思いましたが

20210826 

すんなりと出来ました。

 

| | コメント (0)

2021年8月25日 (水)

SEDを調べる

VizieRでphotometryを見るとSEDが調べられます。

まず、 http://vizier.u-strasbg.fr/ ここ

202108251 

そして、Position に RA/Dec か object名 を入れて Photometry を押すだけです。

202108252 

この様に!

202108253 

マウスを合わせれば出典が見れます

 

| | コメント (0)

2021年8月24日 (火)

楕円

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/06/post-8a4ee7.html
これの続きです。

20210824_20210814152901

 

| | コメント (0)

2021年8月23日 (月)

スグアプがたまらなく鬱陶しい

機種変更してひと月位経ちました。

スグアプがたまらなく鬱陶しいです。

スマホ見てる時に、ちょっと揺れたら、スグアプさんが現れます。

https://usedoor.jp/howto/digital/android-smartphone/docomo-suguapp-off-mukouka/

ここに止め方がありました。ありがとうございます。

 

| | コメント (0)

2021年8月22日 (日)

流星の偏光観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/08/post-fb166f.html
これの続きです。

垂直偏光カメラとハードが同じでなといけないので

同じカメラとレンズを買いました。

そのレンズがやっと来ました。一カ月も掛かりました。ペルセは終わってます。china post三目。

前回まででケース加工を途中までしていて

残りはレンズが来てから現物合わせで、って所で止めてました。

20210822 

ようやく、水平偏光カメラ、完成です。

次は「星」でフォーカスとゲイン調整です。夜で無いと出来ないです。それと、カメラ方向の調整です。

これらも垂直偏光カメラと同じに調整します。

 

| | コメント (0)

2021年8月21日 (土)

Home Page 更新

7月末までの整理をしました。

Galleryの太陽黒点に6月7月の写真を追加しました
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/sun_index.html

ブログの7/31までの書き込みを「ブログメモ」に追記しました。同時に「その他」と併せて中身を整理しました。
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/blog_memo.html
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/etc.htm

 

| | コメント (0)

2021年8月20日 (金)

8/9, 8/18 の RS Oph

Rsoph_9aug18aug

雨ばかりで3晩しか撮影出来ませんでした。

ベランダではRS Ophの南中が早くて

わたしの観測は、これで終わりです。

一緒に撮影している R Sct も、

そろそろシーズンオフです。

そしたら、レンズを50mmから28mmに替えて

ミラを撮影しよう。。

 

| | コメント (0)

8/18,19の流星スペクトル

2021/08/18 23:14:26

M20210818_231426_kn9_02p 

2021/08/20 03:13:33

M20210820_031333_kn9_02p 

2021/08/20 04:15:40、画面下にギリギリで写っていました。

M20210820_041540_kn9_02p 

 

| | コメント (0)

Recurrent nova

詳しくはありませんが、次は T CrB に期待でしょうか。ベランダから見えないです。困った。

20210820

 

| | コメント (0)

2021年8月19日 (木)

単色だと良いみたい

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/07/post-9971e3.html
「測光S/Nがひどい」の続きです。

15cmに替えてから測光S/Nが悪化したと思って

調査してましてましたが

10cmがうまく動かず

でも、10cmでちょっとだけ観測出来て

それを見ると 15cm の方が良かったです。

なので、「環境(空)の悪化」と判断しました。

このテスト観測の中で、単色での撮影の設定も試していて

8月の1~4日は、間違えて Ic band での単色測光をしていました。

すると

20210819 

15cmで観測してこんな風に良い感じで測定出来ます。空が良いと。

多色で時間分解能が荒くなるとちゃんと測れない様です。

空が暗くて雲が無くて単色で観測すると、良い測定が出来るみたいです。

あと、これは FitsPhoto で測定しました。

AIP4WinよりS/Nの良い光度曲線でした。

 

| | コメント (0)

2021年8月18日 (水)

Windows10 と DLNA

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/08/post-d70ee1.html
これの続きです。

202108181 

Windoes Searchを実行したら

202108182 

メディアストリーミングを有効に出来ました!

しかし、HDDレコーダーの動画を再生できない。。

 

レコーダーの方のメニューから登録機種を調べると、このPCのMACアドレスは有ります。

 

| | コメント (0)

2021年8月17日 (火)

Windows10 と DLNA

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/10/post-e209a5.html
これの続きです。

もう一度、やってみる。。

202108171 

「メディアストリーミングを有効にする」を押す

202108172 

有効に出来ない

202108173 

この「依存関係」ってのが

分からない( ;∀;)

 

| | コメント (0)

2021年8月16日 (月)

QHY5L-IIMでUFOcapture

ステラショットでオートガイドがぜんぜん出来なくて

QHY5L-IIMが遊んでいます。

流星分光カメラのイメジャーの劣化でノイズが酷くて

QHY5L-IIMでUFOcaptureが使えないか試してみました。

20210816 

UFOcaptureって、使えるデバイス、少ない

 

| | コメント (0)

2021年8月15日 (日)

ハワイ島マウナケアの朝日新聞社の流星ライブ中継

ちょっとだけ見てみました。

じゃんじゃん飛んでました!

最後のが、ベストショットです!
20210813_232807
20210813_233109
20210813_233403
20210813_233415
20210813_233722
20210813_233917

 

| | コメント (0)

もしかすると望遠鏡流星

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/08/post-ccd2e8.html
これの続きです。

どうやら、望遠鏡流星って事になりました。

で、紫外線で撮影出来た流星も珍しいかも知れないです。

20210815_leonid_fireball_spectrum  20210815_bandtransmissioncurve 

エミッションが無さそうな帯域っぽいです

 

| | コメント (0)

2021年8月14日 (土)

流星の偏光観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/08/post-498680.html
これの続きです。

WTECのカメラと100均のケースを買って

レンズが無いので注文したけど

まだ来ない

中国から出荷でした。。

20210814 

ひとまず、ケース加工をした。

 

| | コメント (0)

2021年8月13日 (金)

noiseになったら

UFOAnalyzerV2の話です。

20210813_leap80_180 

こんな風に 解析結果が noise になったら

leapを上げればいい!って聞き

やってみました。

が、

ぜんぜん変わりません。。

今まで通り、ddlを下げたら、解析出来ました。

 

| | コメント (0)

2021年8月12日 (木)

KCGをCMORで見てみた

はくちょう座κ流星群(KCG)が7年ぶりに活動しているそうです。

実際、自分の観測でも多数検出出来ています。

これを CMOR で見てみました。

Equatorial2108051141 

8月5日には活動がありませんでした。

Equatorial2108061141 

8月6日から活動が始まっています。

Equatorial2108121141 

8月12日、もの凄く活発です。

 

| | コメント (0)

2021年7月の同時流星観測月報

平塚市博物館流星分科会の7月の観測結果です。

UO2のQ1で解析しています。

346個の同時流星があり流星の軌道が求まりました。
spo 295, J5_sdA 24, J5_Cap 13, J5_Per 11, J5_kCg 2, J5_jug 1

全流星は、

B20210710_rmap_sg B20210710_gmap B20210710_omap 

やぎ座α群は、

Alpha_cap_b20210718_tmap Alpha_cap_b20210718_022449gmap Alpha_cap_b20210718_omap 

みずがめ座δ南群は、

South_delta_aqr_b20210721_tmap South_delta_aqr_b20210718_022449gmap Spouth_delta_aqr_b20210721_omap 

 

| | コメント (0)

2021年8月11日 (水)

8/9,10の流星スペクトル

2021/08/10 00:22:53、J5_kCg群です。

M20210810_002253_kn9_02p M20210810_002253_kn9_02_360x240 

2021/08/10 01:43:55、0次が写りませんでした。

M20210810_014355_kn9_02p M20210810_014355_kn9_02_360x240 

2021/08/10 03:12:21、spoでした。8台のカメラで観測出来ました。

B20210810_031221gmap M20210810_031221_kn9_02p M20210810_031221_kn9_02_360x240 

2021/08/10 22:55:26、、これもspoでした。5台のカメラで観測出来ました。

B20210810_225525gmap M20210810_225526_kn9_02p M20210810_225526_kn9_02_360x240 

 

| | コメント (0)

2021年7月の変光星観測月報

先月の測定は大変でした。

色々と忙しくて、撮影しかしてなくて

月末から始めて、月をまたいで、8/5に終わりました。

数日間は、測定だけに集中しました。

202108111 202108112 202108113 

先月は 10夜 / 25星 / 2127測光 でした。

中旬に梅雨が明けて、急に晴れました。

10夜の観測をしていますが、梅雨明けの2,3日だけが晴天で

あとは、雲だらけで。測定結果も酷い物でした。

私の所では、昇ったら直ぐに観測を始めて南中までしかできないのと

観測する星は低空ばっかりなので、それも併せて結果が悪いです。

15cmに替えてから測光結果が悪くなった印象があって

10cmでも並行して観測をしました。

その結果では15cmの方が良い結果でした。

やっぱり、空が悪化しているのだと思います。

この10cmでのテスト観測は、赤道儀のトラブル・CCDの故障などあって不十分でしたので

もう一回はやってみようと思います。

202108114 

極小は20個観測出来ました。

 

| | コメント (0)

2021年8月10日 (火)

vsolj-news 378: Nova outburst of RS Ophiuchi

VSOLJニュース(378)
反復新星のへびつかい座RSが15年ぶりに新星爆発

著者:前原裕之(国立天文台)

新星は、白色矮星と低温度の主系列星ないし赤色巨星から成るの連星系で、低温度星から白色矮星へ水素が流れ込み、白色矮星の表面に降り積もった水素がある臨界量を超えると爆発的な核燃焼を起こし、非常に明るくなる現象であると考えられています。新星爆発では白色矮星の表面に積もった水素だけが飛び散るので、爆発後も白色矮星と低温度星は健在です。そのため、一度新星爆発を起こした後、しばらくすると白色矮星の表面には低温度星から流れ込んだ水素が降り積もり、爆発を起こすのに十分な量になれば再び新星爆発を起こすと考えられています。典型的な新星の場合、一度爆発してから再び爆発するまでには数千年から十万年程度の時間がかかるとされており、普通の新星では人間の一生の間程度の時間では、同じ星が複数回の新星爆発を起こすのを見ることはできません。ところが、新星の中にはごく少数ですが、新星爆発を1年から数十年程度の間隔で繰り返す天体も見つかっており、これらは「反復新星(※1)」と呼ばれています。銀河系内ではさそり座U(vsolj-news 012)やらしんばん座T(vsolj-news 268)、いて座V3890(vsolj-news vsolj-news 357)など、10個程度が知られています。このほど2006年2月の新星爆発(vsolj-news 150)以来15年ぶりに新星爆発を起こしたへびつかい座RSも、このような反復新星として知られていた天体です。

へびつかい座RSは1901年にW. P. Fleming(女性天文学者でHDカタログの編纂などの業績でも有名)によって、当時ハーバード大学天文台で行われていた写真による変光星サーベイから、1898年6月に増光を起こした変光星として発見されました。この天体はその後も1933年、1958年、1967年、1985年、2006年にも新星爆発を起こした事が知られており、普段は11等前後の明るさのこの天体が新星爆発を起こすと4等級まで明るくなります。これまでの研究から、この天体は太陽の1.35倍程度の質量の白色矮星と赤色巨星から成る軌道周期453.6日の連星系であることが分かっており、共生星としても知られています。

今回の新星爆発では、ベルギーのE. MuyllaertさんやアイルランドのK. Gearyさん、ブラジルのA. Amorimさんらによって、日本時間8月9日朝の8月8.91-8.93日(世界時; 以下同様)にへびつかい座RSが5等級に明るくなったが発見されました。さらに、その後の観測から9.124日には4.8等ほどまで明るくなったことが分かりました。日本時間8月9日夜にはほぼ極大光度に近い4等台から5等程度の明るさで見ることができると思われます。このほか、フェルミ ガンマ線宇宙望遠鏡の観測によると、この天体が新星爆発にともなってガンマ線でも明るなったことも報告されました。今後の明るさの変化などが注目されます。

2021年 8月 9日

参考文献
cvnet-outburst 753
vsnet-alert 26131
CBET 5013
Cheung, C.C., et al., 2021, ATel #14834

※1:"recurrent nova"の日本語訳で、「回帰新星」、「再発新星」などと呼ばれることもあります。

| | コメント (0)

スマホの機種変更をした

星の写真は写りませんでした

で、

20210810_xperia-ace-ii-so41b 

リアカメラが2つ付いてますが

どーやってカメラを選択するのだろう?

説明書に書いてない

広角カメラらしい

 

| | コメント (0)

2021年8月 9日 (月)

8/6 と 8/8 の流星スペクトル

8/6と8/8の流星スペクトルです。8/7は台風で欠測です。

2021/08/07 00:38:19JST
下の明るい星のスペクトルは木星です。

M20210807_003819_kn9_02p M20210807_003819_kn9_02_360x240 

2021/08/07 03:31:32JST
教科書にしたい位の見事な流星スペクトルです。

M20210807_033132_kn9_02p M20210807_033132_kn9_02_360x240 

2021/08/07 03:37:30JST
0次が写りませんでした。

M20210807_033730_kn9_02p M20210807_033730_kn9_02_360x240 

2021/08/09 02:07:57JST
こちらも素晴らしいです。

M20210809_020757_kn9_02p M20210809_020757_kn9_02_360x240 

 

| | コメント (0)

スマホの機種変更をした

先月、7年使ったスマートフォンを機種変更しました。

エクスペリアZ2 から エクスペリアエースII (Xperia Ace II SO-41B)

最近のスマホって「星」とか撮れるのか?撮ってみました。

2010809 

1等星しか写りません。

設定とかあるのかな?

 

| | コメント (0)

2021年8月 8日 (日)

流星発光機構

20210808 

4つの加熱機構が働いていますが、

空力加熱が支配的です。

 

| | コメント (0)

2021年8月 7日 (土)

ATOMCAMで流星観測

平博流星分科会で試した結果

動画をつなげて一つの(一晩の)動画にして

動画ファイルを仮想camとして出力するソフトを使って

動体の監視ソフトに入れると

明るい流星も暗い流星も検知出来ました。

監視ソフトは流星が撮影出来た動画だけ切り出して出力します。(前後数秒も含めて切り出します)

ただ、ATOMCAMは時刻がズレて記録されます。数秒もズレる時があり同時流星観測には問題となります。

メーカーによると「ネットワークの問題」との事ですが

会員の誰もが時刻がズレてしまっています。

 

| | コメント (0)

2021年8月 6日 (金)

もしかすると望遠鏡流星

20210802_uband

変光星観測中の写真です。U band filterで撮影しています。画角は約1度角です。上が南で鏡像です。

center: 01h09m39.839s, -20d25'56.736"
size: 70.9x56.6arcmin
Orientation: Up is 177 degrees E of N

 

| | コメント (0)

8/3, 4の流星スペクトル

明るめの6つを

2021/08/04 21:21:07

M20210804_212107_kn9_02p 

2021/08/05 00:07:56
下の明るい星のスペクトルは木星です。

M20210805_000756_kn9_02p M20210805_000756_kn9_02_360x240 

2021/08/05 00:39:38

M20210805_003938_kn9_02p 

2021/08/05 01:42:42

M20210805_014242_kn9_02p 

2021/08/05 22:06:12

M20210805_220612_kn9_02p 

2021/08/06 03:11:12

M20210806_031112_kn9_02p M20210806_031112_kn9_02_360x240 

 

| | コメント (0)

流星の偏光観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/08/post-402bfb.html
これの続きです。

>左が1/3inchi+4mmレンズの昔からあるカメラで

以下はこのカメラで撮った画像です。

M20210802_000347_kn9_01_mask 

黄色い点は星表が示す星で、青点は撮影された「星」です。

でも、青点の殆どがノイズです。

イメジャーの劣化がひどいです。。

で、

202108061 

これもWTECにする事にしました。買いました。4万5千円の大出費です!

ケースも100均で同じものを買いました。

レンズが無いので、今、WTECで使っている同じレンズを注文しました。

これで、偏光カメラ2台のハードが同じになります!

 

| | コメント (0)

2021年8月 5日 (木)

流星の偏光観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/08/post-751537.html
これの続きです。

いくらか前から3台のTVカメラを大島上空100kmに向けています。

202108051 202108053 

左が1/3inchi+4mmレンズの昔からあるカメラで、右は新設のWTECのカメラです。

202108052 

これは分光カメラです。

 

| | コメント (0)

2021年8月 4日 (水)

昨日一昨日の流星スペクトル

明るめの3つを

M20210802_234138_kn9_02p M20210802_234138_kn9_03p 

2021/08/02 23:41:38JSTです。左がスペクトルで右は垂直偏光画像です。

M20210804_015828_kn9_02p M20210804_015828_kn9_03p 

2021/08/04 01:58:28JSTです。左がスペクトルで右は垂直偏光画像です。

M20210804_032439_kn9_02p M20210804_032439_kn9_03p 

2021/08/04 03:24:39JSTです。左がスペクトルで右は垂直偏光画像です。

 

| | コメント (0)

7月の測定が終わらない

食連星の連続測光が滞っています。。。忙しくて。。

20210804 

このホルダーに2~3星の連続測光画像があって

測定が進んでいません。こんなにたくさん滞ったの初めてです。

困った。

 

| | コメント (0)

2021年8月 3日 (火)

流星の偏光観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/07/post-37c6ef.html
これの続きです。

垂直偏光カメラの話です。

WATEC902HUに8mmのレンズを付けましたが「対」のカメラと画角が違いすぎて

6mmのレンズを買いました。

2000円、ひどいレンズで、てか、汚れてて

レンズに指紋、、更に、中にゴミ。このゴミは取れません。

まぁ、いいや

使っている100均ケースは傷が目立って、開口を作ってアクリル板を貼りました。

CDケースも案配が悪くて

202108031 

このようにしました。

これを

202108032 

この台、(これは2500円)に付けます。

 

| | コメント (0)

2021年8月 2日 (月)

昨夜の流星スペクトル

明るめの2つを

M20210801_224024_kn9_02p 

2021/08/01 22:40:24JSTです。左上にスペクトルだけ写っています。0次は画面の外でした。

M20210801_224024_kn9_03 

別なカメラで撮影していました。中央やや上の星はアルタイルです。

M20210802_004629_kn9_02p 

2021/08/02 00:46:29JSTです。木星の右上に明るいスペクトルが写りました。

 

| | コメント (0)

2021年秋季年会

このように参加しよう

9/13 09:30-11:40 S 活動銀河核
9/13 13:00-15:10 M 太陽
9/14 09:30-11:40 P1 星・惑星形成(星形成)
9/14 13:00-15:10 N 恒星・恒星進化
9/15 09:30-11:40 N 恒星・恒星進化
9/15 13:00-15:10 N 恒星・恒星進化

 

| | コメント (0)

2021年8月 1日 (日)

測光S/Nがひどい

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/07/post-de1ffa.html
これの続きです。

>10cmニュートンで試してみようかと準備しています。が、
>何しても問題がそれぞれに出て、なっかなか進みません。

山ほど問題がありました。

解決に何日も掛かりました。

・PCの故障。起動しない問題
  制御用PC交換

・追尾遅れる・止まる
  RA軸クラッチ交換
  SS2000PCコントローラ交換/ケーブル交換
  RAモーター交換

・ST-402シャッター不良(変なところで回転シャッターがとまる)
 交換品が無い、このまま進める

202108011 

ようやく観測にこぎつけたけど、

202108012 202108013 

左のように「流れます」、右のように「何も写らない」時があります。

右は慎重にアライメントすれば解決します。

右はCCDの故障でメーカーに出さないと直らないです。

もー、疲れました。この件は一旦ペンディングにします。

 

| | コメント (0)

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »