« 流星電波エコーが減った? | トップページ | Giant Magellan Telescope »

2021年1月11日 (月)

Breakthrough Listen Candidate 1

SETIの話です。

ロキシマの方向から電波が出ていて

ロキシマ・ケンタウリb から電波が出ているのでは?と言う。

その電波はドップラー偏移していて

周期がロキシマbの公転周期と一致しいます。

また、電波は982MHzだけ出ているそうです。

自然界の電波はブロードなものになりますが

この電波は、この波長だけ出ている。との事で

ロキシマbに知的生命が居て、その電波が漏れている。。って話。

こんなに近くに知的生命があったら、銀河全体には知的生命が溢れている事になります。

まぁ、他の方向から似たような状況の電波は見つかっていない様ですので。。。

 

|

« 流星電波エコーが減った? | トップページ | Giant Magellan Telescope »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 流星電波エコーが減った? | トップページ | Giant Magellan Telescope »