« 流星電波エコーが減った? | トップページ | 流星電波エコーが減った? »

2021年1月21日 (木)

2020年12月の変光星観測月報

もう、21日になってしまいました。時間が足らなくて何もかも遅れています。

先月は 12夜 / 34星 / 5354測光 で、56極小を観測しました。

202101211 202101212 202101213 202101214 

先月はマンションの工事で海岸で変光星観測をしていました。

デジタルカメラを持っていき、2~3時間、食連星を撮影する観測ですので観測数が増えません。

12月20日になってようやくベランダ観測が出来るようになり

残りの10日間でたくさん観測出来ました。

観測が再開したらHαの測光をしようと準備していましたので

計画通りにHαの測光と低分散分光の同時観測を始めました。

測光のスキャッタが多かったり、測光の時間分解能が減ったり、ガイド不良で分光が今一だったり

色々ありますが、完全を続けたいです。

ベランダの復旧に伴って

観測機器の見直しをして

機器を減らしました。

特に流星TV観測でWATECによる分光観測をやめました。

ベランダ観測は視界が狭くてカメラを増やす必要は無いのでやめました。

α7sによるハイビジョン分光は続けていますが

ぜんぜん写りません!

レンズが70mmだからですが

プラズマ温度を測る目的が出来ていませんので

これで続けます。

年末の黒点の偏光解析とかDSHによる流星軌道分類とか

たぁ~くさん仕掛かりがあり

ぜぇ~んぶ、滞っています。

時間が無い。

 

|

« 流星電波エコーが減った? | トップページ | 流星電波エコーが減った? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 流星電波エコーが減った? | トップページ | 流星電波エコーが減った? »