« 流星電波エコーが減った? | トップページ | オリオン群の電波・光学の調査を開始 »

2021年1月 7日 (木)

Hαで接触連星のフレアモニター

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2021/01/post-fb6b81.html
これの続きです。

変光星の測光観測はVSOLJに報告しています。現在(日本のアマチュアは)これ以外に窓口が無いです。

報告はvsolj-obsと言うMLにSTD形式で投稿します。これがデータベースに追記されるのです。

colorの添え字は3文字と決まっているとの事ですが、私はHαの測光結果を Halpha と記述して投稿しました。

この問題に対して以下のように決まりました。。

添え字は Ha となりました。すでにこの記述例が有るとの事です。

また、NarrowとWide両方で観測した場合は HaN NaW とする。

バンド幅は Strömgren system を参考にする(Hβで FWHMは Narrow / Wide のそれぞれで 2.9nm 12.9nm)。

私は FWHM 3.5nm の Hαフィルター しか使っていませんので Ha を使う事にします。

 

|

« 流星電波エコーが減った? | トップページ | オリオン群の電波・光学の調査を開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 流星電波エコーが減った? | トップページ | オリオン群の電波・光学の調査を開始 »