« Pulsar Timing Method | トップページ | 流星のTV観測と電波エコー観測 »

2020年10月 6日 (火)

Some Binaries

20201006sb1 20201006sb-1.png

AK Herは磁気活動が活発な連星、と言う記憶があります。食は皆既になったり部分になったりしています。星表面の模様か星周物質の影響かも知れません。最初の観測は1983年の私の観測ですが観測野帳には「b1 1c」と言う記録で、今となってはbとcがどの星なのかわかりません。なのでVSOLJには報告が出来ないです。

20201006sb2 

DQ Herです。Kisさんの観測を追記しました。と言いますか、Kisさんが初観測かと思ったら、Mhhさんが観測されていました。

20201006sb31 20201006sb32 

HS Herです。これは、間違いなくoEAです!。こういうの、ここに書くだけじゃダメですよね。レポートにした方がいいですよね。

20201006sb4 

SZ HerにIohさんの3色測光を追記しました。

20201006sb5 

V1073 Herです。6/26のMzmさんの観測で予報より急に極小が遅くなり、O-Cの解析をした系です。今回のIohさんの8/5の観測はO-Cが減少している方向に極小があります。
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/V1073Her_V1097Her_O-C_202007.htm

 

|

« Pulsar Timing Method | トップページ | 流星のTV観測と電波エコー観測 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Pulsar Timing Method | トップページ | 流星のTV観測と電波エコー観測 »