« 連星勉強会 on Zoom | トップページ | V573 Lyrの元期が分からない »

2020年9月21日 (月)

流星のTV観測と電波エコー観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/09/post-83bfc4.html
これの続きです。

>速度や光度など、おおむね数に相関がありますが
>継続時間は相関が無いって事がわかりました

平博流星分科会のTV観測(光学観測)と私の電波観測の結果がまとまりました。

20200921 

これは絶対等級と電波エコー継続時間の関係図です。

明るい流星はロングエコーになりますが、暗いと相関が無くなります。

また、このグラフではありませんが、流星が明るいと電波エコーとして観測されるわけでもありません。

一番の成果は発光継続時間とエコー時間の関係でした。相関はありませんが、特徴がありました!

10月11日の流星電波懇談会で報告します。と言ってもclosedな会なので

次回の流星物理セミナーで発表すれば資料公開されます。

 

|

« 連星勉強会 on Zoom | トップページ | V573 Lyrの元期が分からない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連星勉強会 on Zoom | トップページ | V573 Lyrの元期が分からない »