« 2020年8月の流星観測月報 | トップページ | 秋の天文学会より »

2020年9月18日 (金)

2020年8月の変光星観測月報

202009181 202009182 202009183 202009184 

先月は 18夜 / 49星 / 7906測光 でした。

長梅雨が終わって 8月 はいっぱい晴れて18夜も観測が出来ました。

極小観測は 89個で 過去最高でした。

測光数の所で2018年12月が特に多いです。これはUGEMで測光した頃で、たくさん測定していましたが

極小観測では先月の手作業での測光の方が多かったです。

2台の望遠鏡で一晩中の自動観測が出来て、測定も手作業で慎重に行った結果です。が、

晴れが多かったものの、実際の画像には雲が多くて測定のバラツキが多かったです。

先月はα7s用に買ったPCが壊れてしまって

手持ちのPCで UFO capture HD2が、まともに動くPCはメインで使っている VAIO しか無くて

仕方がないので 20万以上 使って、新規でメインのPCを買って VAIO をα7sでの流星のハイビジョン観測にまわしました。

このハイビジョンの観測は現在でも難航していますが

明るい流星なら高分散分光が出来るようになりました。

まだ、UA2解析は出来ていませんが、それなりに満足です。

今月は高分散のスペクトル解析をしよう。。とも思っていますが

その前に流星の電波と光学の同時観測の分析です。

来月の電波懇談会で発表しようと整理中です。

おもしろい結果が見えてきました。

しかし、今月からマンションの修繕工事で来年3月まで観測が出来ません。

海岸まで自転車で行って。。と思っていましたが

スッキリ晴れなくて、ぜんぜん行けてないです。

 

|

« 2020年8月の流星観測月報 | トップページ | 秋の天文学会より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年8月の流星観測月報 | トップページ | 秋の天文学会より »