« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月31日 (火)

ベランダ赤道儀の取付板が腐ってる

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-e6e16e.html
これの続きです。

いや~

技術の進歩を感じます。

導入・謎のガイド流れ・オートガイド・しゃっくり・ST-5の結露などなど

過去はたくさんの問題を持って

やっと観測していました。

これらが一斉に発生します。

ひとつひとつ対策していますが

なっかなか解決しないです。

これに直面して、今の装置は楽々で観測できている事を感じます。

 

| | コメント (0)

2020年3月30日 (月)

流星アンテナ、あれれ?

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-162781.html
これの続きです。

アンテナを改修して流星の検出が増え気がします。まだ数値化していないです。

金属の物干しから樹脂に替えたのは、増えても減ってもいない感じです。

で、

50M帯よりも

100MのVORは検出が少なくなるそうで

それにしても

50Mでは明け方の1時間に何十個も検出してて

私は、その十分の一

どーせ、私はサル知恵

試しに導波器を外してみた。

20200330

無茶苦茶してみました。

 

| | コメント (0)

2020年3月29日 (日)

彗星夏の学校2020

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-4c36eb.html
これの続きです。

みなさん、予稿を送り出しました!

予稿が必要って!知らなかった

今日は当日だけど

急いで作って送った。。今頃送っても遅いよね。

20200329comet1

20200329comet2

| | コメント (0)

よーやく分光の解析を始めようと

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-3fbe68.html
これの続きです。

>10星位確認、なので画像の色んな場所で、
>結局、以前にV888 Monの分光で得た分散量と変わっていませんでした。

解析している

なんとなくバラツキがあるような感じで

調べました。

20200329

A型星を色々なX軸に置いて分光して分散を測りました。

やっぱり、X軸上の位置では

殆ど分散は変わりませんでした。

ただ、14.58Å/pixを使って解析を始めて

違和感を持った訳で

14.55Å/pixが良さそうです。これで1%以内の誤差となります。

1%って大きいけど

今の目的には大丈夫と思う。

もし、解析している画像で分散が測れれば測る。測れなければ14.55を使う。

って事にしよう。

 

| | コメント (0)

2020年3月28日 (土)

3月24日未明のスターリンク衛星

20200328

あさ5時7分頃にかんむり座を貫くようにスターリンク衛星が見れました。

肉眼ではとても明るく見えていましたが

薄明中で星はかすかにしか見えず

星も写すために露出を長くしたので

どちらもちゃんと写りませんでした。。

 

| | コメント (0)

2020年3月27日 (金)

彗星夏の学校2020

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-2e384e.html
これの続きです。

スライドは出来ました。

3/29 15:00 永井和男 【30 分】 
 「ステラショットを用いた自動分光・測光望遠鏡 と 流星スペクトルの観測から解析まで」

発表練習してみたけど

30分で2件の発表は

無理だ!

もう、あさってだよ。。

 

| | コメント (0)

2020年3月26日 (木)

20cmSCのファインダー

シュミカセのファインダー脚が短くて

6cmサブスコープを付けると機能しません。

そこで、サブスコープに うす~い アルミ板で連結しています。

202003261 

ずーっとこの方法で20年以上も使っていたのですが、

再開すると 実に不便 て感じます。

そこで、使えそうで丈夫な「物」に変えました。

202003262 202003263

使ってみると、こっちのほうが良い。

しかし、これもやっつけ仕事

 

| | コメント (0)

2020年3月25日 (水)

ベランダ赤道儀の取付板が腐ってる

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-0f25de.html
これの続きです。

20200325 

20cmシュミカセが乗りました!

これで多色測光も・高分散分光も20cmで出来ます!

 

| | コメント (0)

2020年3月24日 (火)

ベランダ赤道儀の取付板が腐ってる

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-0c5793.html
これの続きです。

20200324 

8cmに高分散分光器を付けられるようになりました。

 

| | コメント (0)

2020年3月23日 (月)

彗星夏の学校2020

先週半ばに「発表」を頼まれまして

準備期間が10日しかなくて

今は、これにほぼ全ての時間を使っています。

20200323 

これが作成中のスライドです。。

なので、

変光星画像は撮影しっぱなし、

vsolj-obsの食の観測報告も放ったらかし

本当は、そろそろOO Leo,AW Crt, KQ Libの解析をして

日本変光星研究会の会誌「変光星」に投稿しようかと思ってたけど

ぜんぜん止まってます。

流星も、まったく解析してないのでSonotaCoに報告も出来ない。。

Blogはしばらく、中止かも。

 

| | コメント (0)

2020年3月22日 (日)

流星カメラの紫外線保護

流星TV観測用のビデオカメラは

通常は防水して、そのまま雨ざらしです。

観測ソフトは日没から日の出まで自動で撮影を開始します。

これは便利なのですが

日中はお日様に照らされて

やがて、カメラのあちこちがくたびれて来ます。

それで、黒いビニール袋を被せて、更に外側にレジ袋を被せています。

遮光と防水が目的です。

でも、黒いビニール袋では太陽光を貫通します。何枚も重ねても光が弱くなるだけです。

と悩んでいたら

ダイソーで

202003221 

強力なカメラバックが売ってました!

202003222 

これで遮光は完璧です!

この上にレジ袋を被せて

洗濯バサミで止めました。

 

| | コメント (0)

2020年3月21日 (土)

レッドエッジ

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-227cbe.html
これの続きです。

今度は

ちゃんと

202003211 202003212

こんな感じで分散を測りました。

その結果、間違いが見つかりました。

202003213 

美星天文台 101cm 望遠鏡 分光器 鉄・ネオン 波長チャートを使ってます。

もっと線の多いチャートを使えば長波長も埋まると思います。

 

| | コメント (0)

2020年3月20日 (金)

ベランダ赤道儀の取付板が腐ってる

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-f13471.html
これの続きです。

20200320 

隙間が出来ました!

 

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

流星アンテナ、あれれ?

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-a1b7ad.html
これの続き?

202003191

アンテナと平行に金属のパイプはダメって指摘され

202003192 

金属の物干し竿を撤去して樹脂の竿に付けました。

ただ、この話の過程で、ある先輩が不愉快になられ

わたしは流星電波を観測をやめる事になりました。

このシステムの様子が観察できたらやめないと怒られてしまう。

webを見て電波や流星電波観測の事も理解せずサルまねしている人はお叱りを受けてしまっても当然ですかね。そんな内容でした。

初心者なので仕方がない部分は多々ありますので、わたしが後輩を指導する場面があったらユックリとでも育ってもらえればと思います。

 

|

2020年3月18日 (水)

ベランダ赤道儀の取付板が腐ってる

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-861216.html
これの続きです。

大事件!

202003181 

バランスウエイトが当たってしまう!

202003182

また、金ノコで切るのか。。腕痛いよ

 

| | コメント (0)

2020年3月17日 (火)

よーやく分光の解析を始めようと

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-861216.html
これの続きです。

>分光はEWのsub class決定とEA(SD)の温度変化検出です

ここではEWとEA(SD)を観測

って「2兎追うもの」になってますが

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/12/post-2b4f14.html
これの続きで、

>W UMa型のsub class
>まずは、このAとWの分類を分光と測光で確認したい。

ひとまず、EWから始めようと。。

分光の撮影は EWもEAも流星も撮影はじゃんじゃんやっていて

よーやく、コツコツと解析を始めよう。。

流星分光と食連星分光の解析のために仕事をやめた(って言うのも半分は当たってます)ので

まず、15cm F4にSA-100を付け ATIK-490EXで撮影した方の分散量を確認しました。

10星位確認、なので画像の色んな場所で、

結局、以前にV888 Monの分光で得た分散量と変わっていませんでした。って当たり前かも。。

202003171 

それと、自動観測望遠鏡にしてからオートガイドが出来なくなって

一番心配だったけど、

202003172 

こんなに流れてても

RSpecならスラント補正でなんとかなりました。

分散量だけの確認でした。

さぁて解析に何ヶ月掛かるか?

 

| | コメント (0)

2020年3月16日 (月)

ベランダ赤道儀の取付板が腐ってる

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-457547.html
これの続きです。

進捗が出てきました。。

・システム電源のPC制御、動確完了

・SS2000PCの自作ソフトでの制御、動確完了

・ST-5の動作確認
  Auto Gide未確認
  チャンバー内霜未確認

それで、20cmシュミカセがバランスウエイト不足で乗せられない!

この赤道儀を復旧させるまでに

2台の赤道儀が稼働している。。

 

| | コメント (0)

2020年3月15日 (日)

レッドエッジ

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-b3172e.html
これの続きです。

もう売っていない「SIVO」の分光器を持っています。

http://www.sivo.com/
このホームページも無くなりました。

で、これ、結構、高分散なんです。

これに

押し入れで寝ている STF-402 を使えないか試しました。

まぁ、書き切れない位に何だかんだがあって

鉄ネオンが撮影出来ました。

20200315 

一回ではこんなに広範囲を撮影出来ないので

14枚を合成してあります。

画像の貼り合わせがズレまくってますので

記入した波長とピクセル位置が比例関係になってません (^^)

とりあえず、今は、これで良しとして。

このシステムで Red Edge の 720nm付近 には感度があります!

 

| | コメント (0)

2020年3月14日 (土)

流星アンテナ、あれれ?

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-9d486b.html
これの続き。では無いけど

関連して。。

アンテナの向きがおかしい!って指摘を受けたので

見てみたら

202003141 

あっ、本当だ!

前後のエレメントを入れ替えて、アンテナの方向を逆にしないと

202003142 

これでよし!

 

| | コメント (1)

2020年3月13日 (金)

ベランダ赤道儀の取付板が腐ってる

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-9d6783.html
これの続きです。

20200313 

完成です!

何年ぶりだろうか?復旧しました。

まだ、PCの準備や

この設置で極軸があるのか?

など課題多数です。

今度は20cm専用でなく

他の鏡筒も使えるようにしました。

 

| | コメント (0)

2020年3月12日 (木)

ベランダ赤道儀の取付板が腐ってる

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-b80035.html
これの続きです。

>RA軸が長くて南中した途端にRDモーターがぶつかってしまいます。

202003121 

ここが長いんです。

202003122 

なので、切っちゃった。

 

| | コメント (0)

2020年3月11日 (水)

ベランダ赤道儀の取付板が腐ってる

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-773621.html
これの続きです。

20200311

取り付けました。白い板です。

赤道儀を付けようとしましたが

RA軸が長くて南中した途端にRDモーターがぶつかってしまいます。

これを解決しないと

 

| | コメント (0)

2020年3月10日 (火)

2020年2月の変光星観測月報

202003101 202003102 202003103 202003104

先月は 11夜 / 34星 / 7954測光 でした。57個の極小が観測出来ました。

12月1月2月と例年よりお天気が良くありませんでしたが

それでも冬の関東は晴れが多くて

この三ヶ月で毎月11夜の観測が出来ています。

星数は自動観測の稼働で40星前後で推移しています。測光数も8000位で安定しています。

UGEMをやめてAIP4WINで測定しています。結果、測定に時間が掛かっています。

自動観測は雲の影響も考慮して最初の導入だけで導入補正するのではなく30分毎に導入補正しています。

その結果、連続撮影と言っても30分毎に星の位置が変わってしまい、手作業で測光しています。

今月からは晴れが減りますので測光作業の時間も減ります。喜べないけど。

仕事をやめて一ヶ月経ちましたが、ずっと忙しくて時間不足は変わらないです。

あと、先月は日本流星研究会に入会しました!

何が変わったのだろうか?自分。

会報が読めるのは嬉しいです。それ位か?な?

日本変光星研究会もそうですが

全国に会員が散らばっていて

そーそー会うわけには行かなくて

メーリングリストが日々の活動の中心だとすると

会員でなくても広く参加できるので

会誌が会員のメリットなのだろうか?

流星はそうだと思うけど、変光星の方は会誌も無くなって

投稿記事がダウンロード出来るようになった。

これを公開する話もあって

もう、会員のメリットは無い?

あ、会費が無料だ(変光星は)

新型コロナウイルスによる肺炎騒動で研究会など人が集まる行為が無くなりました。

おかげで外出も減ってます。

この隙に20cm望遠鏡を再稼働させる大作業を終わらせてしまおう。

 

| | コメント (0)

2020年3月 9日 (月)

ベランダ赤道儀の取付板が腐ってる

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-6d75bd.html
これの続きです。

20200309 

穴を6箇所あけました。

今まで木工だったので大きい穴用のドリルの歯が無くて

8.5mmと9mmを買ってきた。ついでにリーマも

4000円になっちゃった。

カットは

最初にジグソーでやったけど

歯が折れちゃって

カナノコで切りました。

そーとー疲れます。

ので、切断は(生活に不便になる方の)1箇所にしました。

ヤスリをかけないと怪我する。。

あれ?

ベランダ手すりの固定用穴4箇所が無い!

 

| | コメント (0)

2020年3月 8日 (日)

ベランダ赤道儀の取付板が腐ってる

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-32197f.html
これの続きです。

20200308 

アルミの板に線を入れました。

2箇所を切って

穴は6箇所

 

| | コメント (0)

2020年3月 7日 (土)

観測された流星の明るさ

平塚市博物館天体観察会流星分科会のTV観測で検出された流星の明るさと数のヒストグラムを作りました。

20200307 

明るさは見かけの等級です。

-8等の流星があったり、
10等台の流星もありました。

これらは、間違った解析です。

おおむね合っているとすれば、(検出数が多いのは)1等2等の流星が多い!って事になります。

 

| | コメント (0)

2020年3月 6日 (金)

ベランダ赤道儀の取付板が腐ってる

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-70e2d0.html
これの続きです。

年単位で20cm望遠鏡が使えない状態が続いています。

いよいよ「ベランダ赤道儀の取付板」を復旧します!

20200306 

図面の細かい寸法の見方も分かりました。

「木」で作っていましたが、今回はアルミで作ります。

カナノコで切るので時間と労力が掛かると思う

図面を見ると固定されない金具も有るので

少し修正しようかな。部品が売っていれば。

 

| | コメント (0)

2020年3月 5日 (木)

明け方のHRO画像

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-dad896.html
これの続きです。

nmsでご指導頂いて

ひとまず、SDR#の設定の間違いが見つかりました。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~hro/System/SDR/ans/Airspy-index.htm

これと同じにしました!

Chigasaki-2003050500 

Chigasaki-2003050510 

Chigasaki-2003050520 

Chigasaki-2003050530 

Chigasaki-2003050540 

Chigasaki-2003050550 

今朝の5時台です。

まったく検出されませんでした。\(^o^)/

と言いますか、設定を変えてからまったく検出されません。。

でも、何日か様子を見てみよう。

あと、アンテナの取り付け方法と場所がよろしくないとの指摘を頂きました。

ダイポールだけを外に設置する案です。

マンションなので「外」は共有部分なので

むずかしいな~

 

| | コメント (0)

日本流星研究会入会

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-e0ed03.html
これの続きです。

20200305 

会誌がどっさり送られてきました。

どうやら入会にまつわる処理が終わったのだと思います。

入会フォームに「新入会員のあいさつ」が有ったので記入しましたが

2月号、3月号には記述がありませんでした。

でも、きっと入会出来ているのだと思います。

この会誌は月間で発行されるようで

本当は紙の資料って貯まるので要らないです。。

過去のpdfの会誌をダウンロードして

紙の方は捨てちゃおう

 

| | コメント (0)

2020年3月 4日 (水)

明け方のHRO画像

明け方5時からの5時間ぶんのHRO画像(6枚)です。

Chigasaki-2003020500 

Chigasaki-2003020510 

Chigasaki-2003020520 

Chigasaki-2003020530 

Chigasaki-2003020540 

Chigasaki-2003020550 

まったくイベントがありませんでしたので

以下に別な日のHRO画像です。

Chigasaki-2002290500 

Chigasaki-2002290600 

Chigasaki-2002290730 

 

| | コメント (0)

OO Leo

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-d03105.html
これの続きです。

OO Leoを調べたら、、

20200304_ooleo_ioh 

Iohさんの観測がありました!

解析はしてあって自分エクセルの光度曲線から漏れていました。

他に光度曲線が出来つつある系は、、

20200304_aw_crt_lc 

AW Crtがありました。

こちらは、UBVIcの4色です。

 

| | コメント (0)

2020年3月 3日 (火)

レッドエッジ

これを観測してみたい!

きっと「絶対無理!」って思うでしょ

まぁ、詳しいことは、まだ。。。で

202003031

結構、可視光に近い波長だ

202003032 202003033

SBIG ST-402 も ATIK 490EX も感度はある

問題はスリット式分光器だ

持っているのはSIVO

10年とか使ってない。20cm望遠鏡は年単位で押し入れだ。

 

| | コメント (0)

2020年3月 2日 (月)

対物式分光器で考慮すべきこと

2/23に連星勉強会がありました

そこでo崎先生が「対物式分光器で考慮すべきこと」をまとめて下さいました。

20200302 

・マスクがないのでコンタミ注意

これは避けられないので運に任せる

その部分を「引く」方法を考える
かな

・波長分解能はシーイングで決まる

なかなかピントがジャストにならないので
ピンボケの影響も大きい時があります

・分散方向がCCDのX軸と一致しない

分光器の取り付けは慎重にしていますが
やっぱり傾きます
でも、RSpecなら修正出来るので大丈夫

・短波長や長波長、端っこの感度補正が難しい

Spectrumでプロファイルを作って
そのコンティニウムなラインを作って補正する
っていう案でした
これは行ける!

 

| | コメント (0)

2020年3月 1日 (日)

OO Leo

自動測光観測が始まって

ポツポツと観測の少ない連星の光度曲線が出来つつあります。

注目しているのは KQ Lib と OO Leo で、

202003011 

OO Leoが解析できる位にデータが集まりました。

202003012

KQ Libの方は足らない。。

この2星、分光してたかな?

てか、しないと

 

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »