« 太陽(&月)の偏光写真装置 | トップページ | スーパーポラリスが動かない »

2020年2月 7日 (金)

第154回 流星物理セミナーに行ってきました

2/2の日曜日に流星物理セミナーに行ってきました。

今回も発表件数が多くて

今回から発表20分+質疑応答5分になりました。

が、

タイムキーパーはいなくて

いつもどおり

でした。

けど、ちゃんと時間進行が出来ていて17時までに終わりました。

いつもは会場で発表内容と発表順を書いたホワイトボード写真を撮ってきますが

忘れてしまいました。

でも、先月にnms同報(日本流星研究会のML)に参加しましたのでMLに内容の案内が出てました。

内容
 小流星群の活動曲線(小関正広)
 流星群の活動期間を数理的に決める一考察(河越彰彦)
 流星電波観測に関する報告(神作哲夫)
 RaspberryPi4+SDRを使った流星電波観測システム(武田誠也)
 フルハイビジョンシステムでの流星観測(関口孝志)
 定年から始めた僕らの流星観測(2019ふたご編)(永井和夫)
 ふたご群の輻射点拡大撮影(重野)

これ以外に飛び入り発表も!

202002071 

私の発表は天文部レベルでしたが

みなさん、ちゃんと聞いて下さり、ご指摘もしてくださいました。

ここ2年位、毎回参加して、徐々にみなさんの話を聞き取れるレベルになってきました。

で、

202002072 

日本流星研究会にも入会しました!

自分を何と名乗るか?

日本変光星研究会の永井です

日本流星研究会の永井です

のどっち?

 

|

« 太陽(&月)の偏光写真装置 | トップページ | スーパーポラリスが動かない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太陽(&月)の偏光写真装置 | トップページ | スーパーポラリスが動かない »