« レコードプレイヤーを買いました | トップページ | ABC成果発表会 »

2020年2月27日 (木)

ベランダ赤道儀の取付板が腐ってる

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/02/post-f198e8.html
これの続きです。

ベランダ手すりに20cmシュミカセを復活させるには

赤道儀をくっつけないといけないわけですが

これの制御や電源制御をIBM 240Zでやってましたが

このPCが動かなくなっているいる事に気がつきました!

必要なのはシリアルとパラレルでXP以前のPCです。

何台も持ってますが半病人ばっかりで

元気なのは流星TV観測に使っている1000円のPCです。

これはハードディスクのアクセスが早くてUA2は問題ないです。

でも、これを20cm用に転用するとなると

UA2の動画保存に耐えられるPCに余りがない。ので、

買いました。

パナのCF-J10で SSD 256G + 8G DDR3 、かなりオーバースペックですが

26000円で買いました。

愛知県のO電機と言う所から買いましたが、

ひどいです。

Win7 Proが入ってて、使い出すとwindowsの認証できませんってなります。

本体底面のラベルのWindowsの番号を入れてもダメ!

そのはずです。Win7 homeのラベルです。

仕方がないので、Win7 homeを(そのラベルのシリアルで)入れ直しました。。

一方、御蔵島上空100kmに向けている流星TVカメラは

Acer AOA150-BM(Atom N270 1.60G, Win7 32bit) でSSD 128に交換したものです。

で、飛行機が多くて100Gじゃ朝までにdisk fullになる時があります。

そこで、この2台のPCを入れ替えました!

240Zが壊れて散々でしたが、流星観測には良い方向になった。

240Zが行っていた赤道儀制御と自作電源の制御の環境は

今のところ、手付かず。。。

 

|

« レコードプレイヤーを買いました | トップページ | ABC成果発表会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レコードプレイヤーを買いました | トップページ | ABC成果発表会 »