« 新たな大問題 | トップページ | ぜんぜん変わらない »

2020年1月16日 (木)

WATEC 902HU

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-b5f2bc.html
これの続きです。

25mmのレンズで観測を始めました。

このカメラを買った目的は

大島上空100kmに向けていているカメラ(南カメラ)の感度低下に伴う交換です。

南カメラは1/3inchに8mmレンズを付けて分光をやっています。

購入した WATEC 902HU は1/2inchです。

なので、まずレンズの焦点距離を短くしないといけないので、

202001161 

12mmのレンズを買いました。3000円位でした。

202001162 202001163

左は25mmレンズのオリオン座三ツ星付近で、右は12mmに変えて撮ったオリオン座です。

12mmで広くはなったけど、ちょっと狭いかな?

202001164 

これが、1/3inchに8mmレンズで分光をやっている南カメラです。オリオン座ですが写りが悪いです。

こっちのが画角が広くて、1/2inch+12mmのFOVが1.17倍ありました。

これにSA-200分光器を付けたらどうなるの?

202001165 202001166

左は南カメラに写った流星スペクトルで、右はWATEC+12mmを想定した流星スペクトルです。

分解能は上がりますが、こんなに都合よく真ん中に写ってはくれないです。

なんか、8mmのレンズで良いよな。。

 

|

« 新たな大問題 | トップページ | ぜんぜん変わらない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新たな大問題 | トップページ | ぜんぜん変わらない »