« 連星系・変光星研究会 2019 | トップページ | 流星カメラの方向 »

2019年12月 2日 (月)

UGEM 難しい。。

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-719e5b.html
これの続きです。

UGEMの結果がばらつくなーって思って

もう一度、UEGMとAIP4WINを比較しました。

20191202 

ばらついているのはAIP4WINの方?、あるいは同じようなものでした。

バラツキの要因は「空」と思います。。

1月のDSLRでの UGEM測光 はとっても良い結果でした。

1月の関東は「空」が暗くて透明度が良いです。他にピントをしっかりと合わせていました。

15cm + SBIG ST-402 はピントを合わせたので良くなったと思って良さそうです。

15cm + ATIK 490EX はターレットに入っているグレーティングにピントを合わせているので測光フィルターのフォーカスが合いません。

なのでATIKの方はAIP4WIN、SBIGの方はUGEMで運用かな

これでしばらく様子を見てみよう

 

|

« 連星系・変光星研究会 2019 | トップページ | 流星カメラの方向 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連星系・変光星研究会 2019 | トップページ | 流星カメラの方向 »