« ミラ観測カメラでオリオン座を撮影 | トップページ | 自動分光測光望遠鏡 »

2019年11月 6日 (水)

南低空カメラ(流星号3)

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-8d72f1.html
これの続きです。

南カメラ(流星号2)の話です。

>南カメラ(流星号2)の方向ですが、
>
>>もーちょっと向きを調整したい気もしますが
>
>やっぱり、修正したい。

あの台風の影響で「ちょっと」では無くなって

もう2週間。

この際、と思って、向きをシリウス方向にしました。

ここでシリウスのスペクトルを取得してinst. responseを作って

それから、大島上空に向けようと思いました。

でも、なっかなか晴れなくて難儀していましたが

最近になって晴れる日が増えました。

Gamma_m20191106_032651_kn9_01p 

今朝3時が撮影好機で、晴れてくれましたのでシリウスをたくさん撮影しました。

偶然、シリウスと流星が同時に写りました。

流星はMg,Naがわかりますので波長もわかります。

シリウスはやや飽和気味ですが、他の撮影がたくさんあり

これで分光感度補正が出来そうです。

しかし、ぜんぜん、時間が無い!

10月の変光星測光が、まだ終わってない。。。

今週末は2時間の講演もあるし

 

|

« ミラ観測カメラでオリオン座を撮影 | トップページ | 自動分光測光望遠鏡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミラ観測カメラでオリオン座を撮影 | トップページ | 自動分光測光望遠鏡 »