« UGEM 難しい。。 | トップページ | spectrum276で自転速度が反映されない »

2019年11月21日 (木)

UGEM 難しい。。

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-428161.html
これの続きです。

>f=603.83mm

焦点距離も合ったけど

整約エラーの量は、あんまり変わらない。。(実は対策プログラムをいただきました!まだテストしていません)

それよりも、ずっと気になってるのは

食の観測が重ならないのです。

バラツキも多くなった気がします。

なので、

今度は同じ日の画像をUGEMとAIP4WINで測定して比較してみました。

測光方法が違いますので値は比較できないです。

バラツキとか、測定出来た量を見てみようと

201911092_ugem 201911092_aip4win

左がUGEMで、右がAIP4WINです。

さて、

次は前にもやった評価ですが

201911092_ugem2 201911092_ugem3

以前と違う結果のような?

この日は雲が多かったので「これが良い!」とは言えないけれど。。

UGEMが使えないと困るなー

それは、それとして、ATIK-490EXで測光が上手に出来るようになりました!!

追伸:

15cmニュートンを使っています

ピンボケにしています。

これがUGEMは苦手なのかも?

8cmにEOS Kissを付けていた時はUGEMでそれなりに観測が出来ていました。

ピントはピッタリ合わせていました。

 

 

|

« UGEM 難しい。。 | トップページ | spectrum276で自転速度が反映されない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« UGEM 難しい。。 | トップページ | spectrum276で自転速度が反映されない »