« 買いました | トップページ | UGEM 難しい。。 »

2019年11月27日 (水)

UGEM 難しい。。

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/11/post-791ac8.html
これの続きです。

整約エラー対策版UGEM と フォーカスを合わせた(ドーナツではない)画像 で UGEMをやったら

20191127 

AE Forの食の開始部分です。

青がFitsPhot、赤がUGEMです。(等級は比較できません)

UGEMの方が正しく測定出来たように見えます。(FitsPhotはアンダーサンプリングでした)

FitsPhotはAIP4WINと同等精度でしたので、UGEMの方が(この測定では)良い精度だったようです。

条件は、
 アパチャー自動
 全体平均
 全面使用
です。

これで、UGEMに戻れそうです。

今までのドーナツは手作業で測定ですが( ;∀;)

ただし!

があります。

整約エラー対策版UGEMはFitsHeaderのFiler行を見て適切な整約をしています。

逆に言うとFilter行が正しくないと対策効果がないです。

SIG + CCDSoft で撮影すると(私の所では)Filter行は

Blue, Green, Red になります。Blueは効果ありって事になります。

で、フラット補正をマカリでやるとFilter行がcommentに変わってしまいます!

この目的ではマカリは使わない方がいいです。ステライメージは大丈夫でした。

で、次は

ATIKの方のFilter行を見たら

Filter = 'Positon 3'

ってなってました!こりゃダメだ。。

 

|

« 買いました | トップページ | UGEM 難しい。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 買いました | トップページ | UGEM 難しい。。 »