« 自動分光を始めるには | トップページ | ぼくのコルキット »

2019年10月15日 (火)

ぼくのコルキット

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-a9da71.html
これの続きです。

>観察テーマは各自で決めるって事なので、
>私は以下の3つにしました。
>
>1.星の色を測る
>2.月の動画撮影
>3.小惑星による掩蔽

>掩蔽は11/14の小惑星AlthaeaによるγTauの掩蔽

1番と2番の撮影は終わりました。まだ、未測定なので取り直しあるかも。

それで、一等星でも導入は慣れないと簡単では無いです

>γTauは3.7等星

これは、このファインダーでは導入はたいへんです!

そこで、コルキットを赤道儀に乗っけて自動導入しようと思います。

どのように乗せるかとと言いますと

ビクセン規格のファインダー台座にアタッチメントを介在してカメラ雲台を付けようと。

201910151 

作ったアタッチメントは木片を切り出してネジ穴を開けただけの物です。

201910152 201910153

このようにくっつけます。

ベランダ常設の15cm反射ニュートンに付けようと思ってます。

 

|

« 自動分光を始めるには | トップページ | ぼくのコルキット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自動分光を始めるには | トップページ | ぼくのコルキット »