« カラーになった流星号3のレスポンスカーブ | トップページ | 自動多色測光望遠鏡 »

2019年10月12日 (土)

南カメラ(流星号2)

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-d935b0.html
これの続きです。

>※流星号2
>イメージャーを交換してから白点問題と縦線問題で苦しんでますが、
>白点問題は領域マスクで何とかなった。
>縦線問題はSMlevelを変えて、何とかなった。
>UA2のプロファイルも出来ていて地心軌道も求まってきています。
>フランスに発注したSA-200分光器は、まだ発送されていないそうです。

20191012_kn9_01 

南カメラの方は完全に普及した感じです。

(日焼けした)古い方の分光器を付けて分光観測を再開しようかと思ってます。

 

|

« カラーになった流星号3のレスポンスカーブ | トップページ | 自動多色測光望遠鏡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カラーになった流星号3のレスポンスカーブ | トップページ | 自動多色測光望遠鏡 »