« 自動分光を始めるには | トップページ | homepage更新 »

2019年10月10日 (木)

2019年9月の変光星観測月報

201910101 201910102 201910103

先月は 8夜 / 22星 / 3509測光 でした。

極小観測は 13個 でした。

望遠鏡2台共、ステラショットでの自動観測にしたので測光数が増えています。

Instruments: 15L(F3) ST-402(KAF-402ME) B,V,Ic
Instruments: 15L(F4) ST-402(KAF-402ME) Ic

ただ、トラブルだらけでぜんぜん順調ではありませんでした(今も)。

15L(F3)は「自動多色測光望遠鏡」です。

限りなくたくさんの問題がありましたが、現在は「RDモーターが動かない」だけになりました。

15L(F4)は「自動分光測光望遠鏡」です。

これは、もっと多くの問題がありましたが、最初のステップは一通り解決して、次ステップの「ステラショットでオートガイドが出来ない問題」が残っています。

これが解決したらCCDをST-402からATIK 490EXにして分光望遠鏡に戻します。

トラブルだらけの9月は、流星もひどかったです。

TV観測用のカメラは2台で

流星号2
流星号3

です。

流星号2はイメジャーをCMOSからCCDに替えて白点問題が発生しました。

現在は白点をマスクしてなんとか使っています。

ただ、フランスに手配した分光器が来ていません。。

流星号3は、突然発生したカラーノイズ問題でイメジャーを交換しました(元々CCDです)。分光器は付いています。

ところが、解決していなくて、OSDケーブルの設定をDAYにして解決しました。

副作用でカラーカメラになってしまいました。

現在は、機械レスポンスを作成中です。やや難航中です。

9月を振り返ると、この4つの大きなトラブルに振り回されていました。(継続中)

今月来月はギャラクシティーでの講演・連星勉強会・八王子合宿などあるのに準備が滞ってしまっています。

11/2は父の一周忌。もろもろを進める時間が欲しいです。仕事辞めたいです。

 

|

« 自動分光を始めるには | トップページ | homepage更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自動分光を始めるには | トップページ | homepage更新 »