« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月31日 (木)

南低空カメラ(流星号3)

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-baa60f.html
これの続きです。

南カメラ(流星号2)の方向ですが、

>もーちょっと向きを調整したい気もしますが

やっぱり、修正したい。

それと、

>カラーになった流星号3のレスポンスカーブ
>http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-9c3942.html

やっと観測の準備が整ったのに

10月中旬が台風でまったく観測出来なくて

10/22以降の観測を見てみたら

M20191023_034007_kn9_02p 

あれ?分散方向が水平じゃない?

で、カメラの方向は?

M20191023_034007_kn9_02p2 

すんごく下向いてます!

と言う事で、

2台のカメラは方向修正からやり直しです。ぜんぜん晴れないのに。

 

| | コメント (0)

8000Kと10000Kの差は

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-186d03.html
これの続きです。

SPACTRUMを使って Teff=8000Kと10000Kの大気モデルからHβ以降短波長域のスペクトルシェイプを求めてみました。

どちらも、log g=4.0 M/H=-0.5 です。

20191031_8000_10000

吸収線のEWを求めると差が有るのかも知れませんが

パッと見、BBの違いしか見当たらない感じです。

 

| | コメント (0)

2019年10月30日 (水)

南カメラ(流星号2)

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-722e8b.html
これの続きです。

イメジャーをCMOSからCCDに交換して(分光器を付けずに)観測が再開したカメラです。

こちらもたくさん問題がありましたが、やっと観測が再開できました。

なのに、

台風でカメラの方向が変わってしまいました。

しかたがない、こんなもんかなーって、向きを大島上空100kmにしました。

ついでに、分光器(SA-200)も付けました。

20191030 

もーちょっと向きを調整したい気もしますが

これでいいや

それにしても、ぜんぜん晴れなくて、なっかなか調整が出来ないです。

 

| | コメント (0)

2019年10月29日 (火)

自動多色測光望遠鏡

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-7ab27c.html
これの続きです。

二か月掛かって、やっと、おそらく「USB機器が認識されない」が解決したと思ったら

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-3a4130.html
ここで「解決」したはずの、

>>現在は「RDモーターが動かない」だけになりました
>
>これはスカイセンサー2000PC(SS2000PC)の付属ケーブルを交換した

が再発しました!

ケーブルは断線していなかった様です。

テスターチェックしていませんので見込み修理ってやつで

ハズレました。。

この問題は赤道儀が「南に向かない」と言う問題です。

PCからUARTでコマンドを送っても赤道で止まって南に行かないのです。

症状が出た時にコネクタを触ったり、デバドラでCOMポートを確認したり、スカイセンサーの手動操作と電源入り切りとか

いーーぱい確認しました。が、

直ってません。

今回は、その状態で北に動かしてみました。RD+5degとかに。そしたら北に動きます。

そのあとは南に動きます。赤道を越えて南の星に向かいました。

止まっていたのは RD+0 か RD-0 のようです(値を見ていませんでした)

もしかして、赤道の星を観測しなければ症状が出ないのかも知れません??

が、

>導入が北に10度以上も大きくズレる

事の発端はこれなので

 

| | コメント (0)

2019年10月28日 (月)

自動分光測光望遠鏡

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-d935b0.html
これの続きです。

こちらは問題も解決して順調にCCDで測光をしていて

残す案件は「ステラショットで自動ガイド」だけになりました。

が、

>1.ステラショット、導入が失敗する

が再発しました。

>EOMODの設定で「ホリゾンタルリミット」を(三脚に当たらないように)設定して...

このリミットで追尾が停止しています。

通常は南中から西に追尾し過ぎてリミットが掛かりますが

望遠鏡は北東方向に向いていました。

たしかに、東にもリミットを設定しています。なので停止したと思います。

こっちの望遠鏡はモーター速度が変えられなくて回転が速いです。

おそらく、次の目標にGOTOした際に東側のリミットを超えたのだと思います。

対策として東側のリミットを無くすのは危険。

リミットを東から北東までに広げる案もあるかと思いますが

症状は東リミットよりかなり北東で止まっていて

おそらくモーターの回転が速いのでリミッターが掛かるまで時間が掛かったのだと思う。

今のところ、対策案が無いです。

EQMODのGOTOの時のSlew速度が下げられれば良いのか?

観測する星を位置を考慮して選定すればよいのか?

 

| | コメント (0)

2019年10月27日 (日)

自動多色測光望遠鏡

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-742111.html
これの続きです。

>観測中に「USB機器が認識されない」になってしまう問題です
>こっちの望遠鏡はこれが残問題です。

未検証の対策案は以下です。これを実施しました。

>1.PCは室内に戻す
>2.5mのケーブル2本では無く
>  10mのリピーター内蔵ケーブルに変える(購入)
>3.EOSはRAW+JPEGで保存していたがJPEGだけにする
>  EOSでは測光しないのでUSBトラフィックを減らす
>4.EOS Kiss用USBケーブルの延長をやめる

室内のPCにEOS Kiss, CCD ST-402, USBシリアル(SS2000PC)を接続しました。

PCからはUSBケーブルは1本で望遠鏡の近くでHUBで分けます。

20191027 

ケーブルは10mでリピーター付きにしました。金メッキです!

EOS KissとHUB間のUSBケーブルも3m品1本にして継ぎ足しはしないようにしました。これも金メッキ。

>3.EOSはRAW+JPEGで保存していたがJPEGだけにする

ここはステラショットの自動撮影のCSV作成ソフトを変更しました。

Quality=33605888 が RAW+JPEG で
Quality=3372220416 が JPEG だけの撮影です。

これで2晩テスト観測をして「USB機器が認識されない」が出ていません。

直ったのかも?

 

| | コメント (0)

2019年10月26日 (土)

CANON S-120 レンズの焦点距離

S120_fov_0 

コンデジですが星が写ってRAWで保存出来るカメラです。

買ったけど、なっかなか使う場面が無くて

持ち運びはデジイチより便利なので

近所の駐車場に持っていき

γPer を撮影して(測光も)みようかと思いました。

ちょっと問題は測光目的を考えて

ズームした時の画角がわからない。あるいはレンズ焦点距離の再現性が得られない。

S120_fov_1 

ズームレバーを操作するとズームバーが動いて、下に「ピントの合う範囲」が表示されます。

左の30cmと言うのが接写距離で、焦点距離が長くなると接写距離が長くなります。

この表示と画角の関係を測定しました。

S120_fov_2 

接写距離5cmは最大広角で、ズームしていくと表示は10cm, 18cm, 30cmと変わっていきます。

この時の画角を測定したら

S120_fov_3 S120_fov_4

このようになりました。

これで、接写距離と35mm換算のレンズ焦点距離の関係がわかりました。

 

| | コメント (0)

2019年10月25日 (金)

Some Binaries

2019102501 

V437 Aurです。周期11日の楕円軌道です。

2019102502 

2018/11/14のSuzさんのDO Casの観測を追記しました。もう、この作業を1年もサボってました。

2019102503 

V431 Casと言う、とっても暗いEAです。これも古い観測です。

2019102504 

V462 Casです。これも暗いです。GCVSに周期はありませんでした。

2019102505 

V577 CasにKaiさんの4晩の観測を追記しました。min=2440199.45+2.387675xE (K.Kasai, 2018)で書きました。

2019102506 

V578 Casに'18/9/25のデータがあったので追加しました。しかし、暗い。

2019102507 

V851 CasはVSOLJでは初観測です。Iohさんの観測です。これも暗いですが、一年前のブームかな。

2019102508 

RT CMaに2019/1のKisさんの観測を追記しました。この観測だけ歪が大きいです。こういう時期だったか。

2019102509 

AK CMiにSizさんの副極小観測を追記しました。AKは観測が多いので2006年以降のデータで光度曲線を作りました。

2019102510 

Iohさんが観測されたES Cncです。変光は0.1等しかないです。

2019102511 

FF Cncに1月のSizさんの観測を追記しました。反射効果の大きな光度曲線です。原因が、向かい合う面の過熱なのかアルベドが高くて反射回数が多いかは単色測光では分からないです。

2019102512 

KY Cncです。最初の観測からすこし間が空きましたがSizさんが副極小を観測されました。

2019102513 

MU Cncに2018/11/20のIohさんの観測を追記しました。なんとなく光度曲線が見えてきました。

2019102514 

RY Cncです。たいへん変光範囲が大きいです。

2019102515 

WW Cncに1月のSizさんの観測を追記しました。伝統的に同じ位相を観測

 

| | コメント (0)

2019年10月24日 (木)

CマウントとCSマウントの違い

今更感ありますが、

20191024_c_cs_mount 

フランジバックが5mm違います。

Cマウント 17.526mm
CSマウント 12.5mm

なので、CマウントのカメラCSマウントのレンズピントが合わないです

 

| | コメント (0)

寒川神社

10/19に行ってきました。

20191019_1 20191019_2

 

| | コメント (0)

2019年10月23日 (水)

自動多色測光望遠鏡

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-ace030.html
これの続きです。

観測中に「USB機器が認識されない」になってしまう問題です
こっちの望遠鏡はこれが残問題です。

>・レジストリ
>  HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\USBSTOR
>  「Start」をダブルクリックして開きます、値のデータは「4」なら「3」にする

これは「3」でした。

>・「電源プランの編集」画面で「詳細な電源設定の編集」をクリック
>   USB設定 > USBのセレクティブサスペンドの設定を「無効」にする

無効にしました。

>・交換したUSBシリアルに専用ドライバーは無いのか?良く分からなければ、交換前のUSBシリアルに戻そう。

交換したUSBシリアルは SRC06-USB で、WIndows7 64bitは専用ドライバーは不要でした。

>・「EOS Kiss用の短いUSB延長」延長しないで使ってみよう、すこし長いUSB(ミニB)を入手する。

3mケーブルが必要。手配中。

>・「5m USB延長ケーブル」を使わないでPCをベランダに出して直接接続して問題ないか確認してみよう。

一晩だけの確認ですが上手くいきました。「USB機器が認識されない」が出なかった。

室内PCとの接続は「USB 5m延長ケーブル」「USB 5m延長ケーブル」「USB HUB」の順で、

この切り替え作業の中で、セルフパワーのUSB HUBをベランダに持ち出したPCにつなごうとしたら

USB HUBのDCプラグが抜けてました!これじゃバスパワーです!もしかして、これが原因か?

まだ、一晩しか確認していませんので確実とは思えず

以下の事をやってみようと、

1.PCは室内に戻す

2.5mのケーブル2本では無く
  10mのリピーター内蔵ケーブルに変える(購入)

3.EOSはRAW+JPEGで保存していたがJPEGだけにする
  EOSでは測光しないのでUSBトラフィックを減らす

4.EOS Kiss用USBケーブルの延長をやめる

 

| | コメント (0)

2019年10月22日 (火)

お天気ライブカメラが壊れた

巨大な台風19号は10月12日に静岡に上陸して茅ヶ崎の直ぐ北側を通過しました。

強い風とたくさんの雨が降りました。

結果、お天気ライブカメラが壊れました。

このカメラは単なるUSB CAMでUSBで室内のXPと繋がっていてLive Captureと言うソフトで定周期でFTPしている「お天気ライブカメラ」です。

もう、25年とかやってて、何度か壊れています。

そのたびに、拾ったカメラやハードオフで買ったカメラ(1000円以下)に交換しています。

今回壊れたカメラは、もしかして10年とか使っていたかも。

で、手持ちの拾ったカメラを接続しました。XPのドライバも入れましたがPCが再起動してしまいます。。ダメだ。

仕方が無いのでハードオフに買いに行きました。

20191022 

2個、買って来た。

久しぶりに買ったので浦島太郎です。カメラが1個100円です。以前は1000円で「安い!」と思ったのに、時代が変わっていました!

1個はドライバーが見つからず(今の所)使えません。もう一個は簡単にドライバーが見つかって使えました。

XPをやめちゃえば、もう一個も簡単につながると思います。これも時代が変わっていました!

http://nga-star.o.oo7.jp/live_camera.htm

今度のカメラは持っている広角レンズが使えず

完全に晴れないと空の状況が

よくわからない。

 

| | コメント (0)

2019年10月21日 (月)

SA-200 来ました

2019oct_sa200_has_come

分光器が来ました。左がStar analyser SA-200で200本/mmです。31.7mmフィルター枠に入っています。

右は3.8゚プリズムです。

 

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

我が家のベランダ観測所

説明用?に整理しました

201910201

201910202

201910203

 

 

| | コメント (0)

2019年10月19日 (土)

自動多色測光望遠鏡

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-20587d.html
これの続きです。

>「EOSを導入に使う」っていう話です。
>
>15L(F3)は「自動多色測光望遠鏡」です
>限りなくたくさんの問題がありましたが、

>落ち着いたと思われた「USB機器が認識されない」問題が再発!

この問題だけになりました。

観測開始から数時間で発生します。

>(デバイスドライバ未確認。。残念。)

ルートHUBと思いますが、何かが「!」になってます。

USBの抜き差しで全て復帰します。結局、どれなのか限定出来ない。

>BIOSだけ未確認だ

ここは問題ありませんでした(たぶん)。他にデバイスドライバー関連(電源管理とか)もやりました。

20191019 

ハードで今までにやった事です。

CCDカメラを外してもダメでした。

やってない交換は

「5m USB延長ケーブル」「EOS Kiss用の短いUSB延長」「SS2000PC」「モーター」

さすがに「SS2000PC」では無いと思います。232Cは3線式垂れ流しだし。

以前に症状が出た時にSS2000PC本体操作でGOTOしなかった症状がありましたが

「SS2000PC」と「モーター」間のケーブル交換で直っています。

となると「5m USB延長ケーブル」「EOS Kiss用の短いUSB延長」この2つ

「5m USB延長ケーブル」を使わないでPCをベランダに出して直接接続して問題ないか確認してみよう。

「EOS Kiss用の短いUSB延長」延長しないで使ってみよう、すこし長いUSB(ミニB)を探そう。

あと、交換したUSBシリアルはPCにさしたらドライバーが入りましたが

もしかしたら、専用ドライバーがメーカーから出ていないか?

良く分からなければ、交換前のUSBシリアルに戻そう。

あとは、2つ未確認があります。

・レジストリ

「HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\USBSTOR」のStartが「4」なら「3」にする

・電源プランの編集

「詳細な電源設定の編集」の「USB設定」で「USBのセレクティブサスペンド」を「無効」にする

 

| | コメント (0)

2019年10月18日 (金)

カラーになった流星号3のレスポンスカーブ

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-80a16f.html
これの続きです。

>>現在は、カラーのまま観測を再開しています
>>シリウスを撮影して機械レスポンスを取得しようとしています
>
>ひとまず、分散量が求まりました。

Sirius_20190926_meteor3_color_inst_respo 

instrumental response が出来た

 

| | コメント (0)

2019年10月17日 (木)

連星系・変光星研究会、申込んだ

今年の連星研究会は、

 2019年11月29日(金)午後~12月1日(日)正午
 中京大学 名古屋キャンパス
 センタービル(0号館)2階 ヤマテホール
 http://leo.lets.chukyo-u.ac.jp/rensei2019/index.html

それで、参加申込しました。

【講演タイトル】
関東での連星勉強会活動

【共同研究者】
中村泰久(福島大学名誉教授)岡崎彰(元群馬大学)清田誠一郎(VSOLJ)

【講演概要】
2016年のこの研究会にて岡山で連星ゼミが行われている事を知り、関東でも連星ゼミを行うきっかけになりました。2016年12月から開催し、これまでに13回実施しており ます。その内容について活動報告致します。

宿は「東横イン名古屋駅新幹線口」
https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/108396/108396.html

 

| | コメント (0)

自動多色測光望遠鏡

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-3a4130.html
これの続きです。

>「EOSを導入に使う」っていう話です。
>
>>15L(F3)は「自動多色測光望遠鏡」です
>>限りなくたくさんの問題がありましたが、
>>現在は「RDモーターが動かない」だけになりました
>
>これはスカイセンサー2000PC(SS2000PC)の付属ケーブルを交換したら
>直ったみたいです。

と思ったら

落ち着いたと思われた「USB機器が認識されない」問題が再発!

これは観測を始めて数時間すると発生します。問題ない夜もあり発生頻度が少ないです。

でも、問題発生すると「赤道儀」「EOS Kiss」「冷却CCD」が使えなくなります。

やがて鏡筒は三脚とぶつかってしまいます。モーターは苦しそうにうなって

アライメントもやり直しです。

なので、観測中は(基本は寝ていますが)1~2時間毎に起きてエラーの有無を確認します。ので、寝不足になります。

20191017 

調べるとチェック項目がまとまっている所がありました。

BIOSだけ未確認だ!

ハードは PC → USBケーブル → HUB →「USBシリアル・EOS Kiss・冷却CCD」って繋がってます。

今までに交換してみたのは「PC」「HUB」「USBシリアル」

で、雨の晩に PC → USBケーブル → HUB → USBシリアル これだ 接続して放置したら

翌朝に「USB機器が認識されない」になっていた!(デバイスドライバ未確認。。残念。)

5mのUSBケーブルだけ交換していない。これ原因?

 

| | コメント (0)

2019年10月16日 (水)

ぼくのコルキット

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-ebaaa4.html
これの続きです。

>観察テーマは各自で決めるって事なので、
>私は以下の3つにしました。
>
>1.星の色を測る

>1番と2番の撮影は終わりました。まだ、未測定なので取り直しあるかも。

1番の結果です。

20191016_bv 

たくさん撮影したけど、一等星は飽和してしまい、ブレた写真しか使えませんでした。

アルタイルは一番暗いのでブレていなくても飽和していなくて、撮影した4枚の全てを測定しました。

B-Vとスマホのbとgが同じ訳も無いので B-V=b-g にはなっていませんが

グラフを見れば B-V=a(b-g)+b の関係にある事はわかります。

直線近似して R2=0.98 って直線に傾きはありますが相関は良かったです。

スマホはエクスペリアZ2です。

恒星を撮影してb-gを求めればB-Vが求まる事になります。

 

| | コメント (0)

2019年10月15日 (火)

ぼくのコルキット

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-a9da71.html
これの続きです。

>観察テーマは各自で決めるって事なので、
>私は以下の3つにしました。
>
>1.星の色を測る
>2.月の動画撮影
>3.小惑星による掩蔽

>掩蔽は11/14の小惑星AlthaeaによるγTauの掩蔽

1番と2番の撮影は終わりました。まだ、未測定なので取り直しあるかも。

それで、一等星でも導入は慣れないと簡単では無いです

>γTauは3.7等星

これは、このファインダーでは導入はたいへんです!

そこで、コルキットを赤道儀に乗っけて自動導入しようと思います。

どのように乗せるかとと言いますと

ビクセン規格のファインダー台座にアタッチメントを介在してカメラ雲台を付けようと。

201910151 

作ったアタッチメントは木片を切り出してネジ穴を開けただけの物です。

201910152 201910153

このようにくっつけます。

ベランダ常設の15cm反射ニュートンに付けようと思ってます。

 

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

自動分光を始めるには

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-6f92ca.html
これの続きです。

>PNV J00441073+4154220
>TCP J02332248+0051018
>こんなのを、適時対応させてみようと

>ステラナビゲータに表示させて、それが昇ってるのか?南中前か?知る必要があります。
>これはadfファイルに、これらの位置と名称を追記すれば良いです。

プログラムが出来ました。
ってか、初級プログラミング講座みたいな

201910141 

観測してみたいリストを作って

実行すると

201910142 

極小予報プログラムが作ったadfに追記されます(青い部分)

これで、ステラナビゲータに表示されます。

 

| | コメント (0)

2019年10月13日 (日)

自動多色測光望遠鏡

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-d935b0.html
これの続きです。

「EOSを導入に使う」っていう話です。

>15L(F3)は「自動多色測光望遠鏡」です
>限りなくたくさんの問題がありましたが、
>現在は「RDモーターが動かない」だけになりました

これはスカイセンサー2000PC(SS2000PC)の付属ケーブルを交換したら

直ったみたいです。

このケーブル、2回交換してます。コネクター部の接触や断線と思いますので修理しておかないと

交換用ケーブルが無くなる

 

| | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

南カメラ(流星号2)

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-d935b0.html
これの続きです。

>※流星号2
>イメージャーを交換してから白点問題と縦線問題で苦しんでますが、
>白点問題は領域マスクで何とかなった。
>縦線問題はSMlevelを変えて、何とかなった。
>UA2のプロファイルも出来ていて地心軌道も求まってきています。
>フランスに発注したSA-200分光器は、まだ発送されていないそうです。

20191012_kn9_01 

南カメラの方は完全に普及した感じです。

(日焼けした)古い方の分光器を付けて分光観測を再開しようかと思ってます。

 

| | コメント (0)

カラーになった流星号3のレスポンスカーブ

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-d935b0.html
これの続きです。

>現在は、カラーのまま観測を再開しています
>シリウスを撮影して機械レスポンスを取得しようとしています

ひとまず、分散量が求まりました。

201910121

上は(ある一枚の)カラー画像、下は41枚をコンポジットした白黒画像です。下の画像を解析します。

201910122 

マカリで数値化します。

次は0次を合わせます。

201910123 

分散量の目安は、過去に解析した流星スペクトルは36.5~37.5Å/pix位です。この位の値でバルマー線と一致させます。

2019101241 2019101242

2019101251 2019101252

2019101261 2019101262

36.2Å/pix っぽいです。

201910127 

画像のシリウスの0次はカメラ中央から離れています。

 

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

来年の流星会議(予定)

20191006_

| | コメント (0)

homepage更新

以下の4つの公開と更新をしました

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/sun_index.html
7,8,9月の太陽黒点

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/etc.htm
わたしの「流星スペクトル分類」
UO2, 領域マスク作成ソフト
UA2, プロファイルが変わらない
Excelの日付とユリウス日の関係


 

| | コメント (0)

2019年10月10日 (木)

2019年9月の変光星観測月報

201910101 201910102 201910103

先月は 8夜 / 22星 / 3509測光 でした。

極小観測は 13個 でした。

望遠鏡2台共、ステラショットでの自動観測にしたので測光数が増えています。

Instruments: 15L(F3) ST-402(KAF-402ME) B,V,Ic
Instruments: 15L(F4) ST-402(KAF-402ME) Ic

ただ、トラブルだらけでぜんぜん順調ではありませんでした(今も)。

15L(F3)は「自動多色測光望遠鏡」です。

限りなくたくさんの問題がありましたが、現在は「RDモーターが動かない」だけになりました。

15L(F4)は「自動分光測光望遠鏡」です。

これは、もっと多くの問題がありましたが、最初のステップは一通り解決して、次ステップの「ステラショットでオートガイドが出来ない問題」が残っています。

これが解決したらCCDをST-402からATIK 490EXにして分光望遠鏡に戻します。

トラブルだらけの9月は、流星もひどかったです。

TV観測用のカメラは2台で

流星号2
流星号3

です。

流星号2はイメジャーをCMOSからCCDに替えて白点問題が発生しました。

現在は白点をマスクしてなんとか使っています。

ただ、フランスに手配した分光器が来ていません。。

流星号3は、突然発生したカラーノイズ問題でイメジャーを交換しました(元々CCDです)。分光器は付いています。

ところが、解決していなくて、OSDケーブルの設定をDAYにして解決しました。

副作用でカラーカメラになってしまいました。

現在は、機械レスポンスを作成中です。やや難航中です。

9月を振り返ると、この4つの大きなトラブルに振り回されていました。(継続中)

今月来月はギャラクシティーでの講演・連星勉強会・八王子合宿などあるのに準備が滞ってしまっています。

11/2は父の一周忌。もろもろを進める時間が欲しいです。仕事辞めたいです。

 

| | コメント (0)

2019年10月 9日 (水)

自動分光を始めるには

オートガイドが成功したら自動分光を始めます。

ステラショットで自動撮影して、測光もするならUGEMでやります。

これら一覧の流れは、
GCVS名の有る天体と自身で選定したASAS-3の天体に対応してシステムを作ってあります。

分光の目的はSD型のEAのSED観測と、EWのsub class決定です。

でも、連続測光ほど撮影枚数は要らないので

そこに、

PNV J00441073+4154220
TCP J02332248+0051018

こんなのを、適時対応させてみようと思っています。

さて、どうしたらいいのか?

まず、ステラナビゲータに表示させて、それが昇ってるのか?南中前か?知る必要があります。

これはadfファイルに、これらの位置と名称を追記すれば良いです。

ステラショットの自動撮影プログラムの作成プログラムは、食連星の予報データベースを参照します。

要するに、予報データベースにPNVなど追加しないといけない。観測期間が終わったら削除も。

これはエディターで手作業かな。。

UGEMで測光の場合は、varlist.csvに追記だけど、

PNV J00441073+4154220 このように座標が入っているとダメなので

連番でオペレーションする事になる。

これはASAS-3の食連星に連番をつけたテーブルがあるので

これに手作業で追記かな。

手作業が多い

 

| | コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

ぼくのコルキット

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-221ce6.html
これの続きです。

コルキットは平博の天体観察会で(みんなで)作りました。

これ使って観察・観測をして年明けの博物館文化祭で活動報告をします。

観察テーマは各自で決めるって事なので、

私は以下の3つにしました。

1.星の色を測る
2.月の動画撮影
3.小惑星による掩蔽

星の色測定は、明るい星をスマホでコリメート撮影してRGB分解して機械等級を測って、星のカタログと比較しようと思います。

月の動画撮影は、USB CAMをコルキット用に改造したので月の動画撮影をして

文化祭で活動報告の展示もするので、横にPCを置いて動画再生をしようかと思います。

掩蔽は、11/14(木) 22h03mに小惑星AlthaeaによるγTauの掩蔽があるそうで、6秒間もγTauが見えなくなります。

この様子をUSB CAMで撮影しようかと、

γTauは3.7等星、ヒアデス星団のV字のつけ根の所。

 

| | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

もろもろの問題

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-fd851d.html
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-29af17.html
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-0cf46d.html
これらの続きです。

※流星号2

イメージャーを交換してから白点問題と縦線問題で苦しんでますが、

白点問題は領域マスクで何とかなった。

縦線問題はSMlevelを変えて、何とかなった。

UA2のプロファイルも出来ていて地心軌道も求まってきています。

フランスに発注したSA-200分光器は、まだ発送されていないそうです。

※流星号3

突然、カラーノイズ問題が発生して、まったく観測が出来なくなりました。

これは(一見)イメジャー交換で直りましたが

本当はOSDケーブルの設定のDAYをNIGHTにすると発生するのでした。

DAYなら症状が出ませんがカラーカメラになってしまいます。

現在は、カラーのまま観測を再開しています。

シリウスを撮影して機械レスポンスを取得しようとしていますが飽和してしまい難航しています。

UA2プロファイルも出来ていますのでUA2の解析は出来ています。

※自動多色測光望遠鏡

こちらは「EOSを導入に使う」と言う計画です。

ステラショットとEOS Kissで一晩中自動観測するものでしたが

単色でcG等級では研究に進みにくいので

15cm主鏡に付いていたEOSを冷却CCDのST-402に変えて多色測光にして

15cmの5cmを乗っけて、そこにEOS Kissを付けてステラショットで自動観測します。

こちらは、問題が4つ

1.ステラショットでEOS Kissが「保存できない」って言ってきます
2.ステラショットでスカイセンサーとの通信が途絶えます
3.CCDの撮像が止まる
4.導入が北に10度以上も大きくズレる

全て、観測を開始して数時間後に発生しています。

これは難問でいろんな事を試しました。

1.2.3.の問題は、
どうやらPCにささっているUSBのくちを別な所にさして解決したかも知れない。

4.の導入が北に10度以上も大きくズレる問題は、
スーパーポラリスのRDモーターが動かない症状が稀にある事がわかった

赤道より北側に向けると、赤道を越えて南に行かなくなる。RAは良いのですが、RDが赤道でとなってしまう。
ステラショットの位置表示は正しいです。赤道にいます。

とりあえず様子見で、ダメならRDモーター交換かな。

※自動測光・分光観測計画

これはEQ5赤道儀にATIK-490EXを付けて分光をしていました。

オートガイドは6cm(F7)にQHY5L-IIMでPHD2です。

これだと一晩中の自動観測が出来なくて

これもステラショットを使う事にしました。

6cmにEOS Kissを付けて、導入と導入補正をします。

分光なのでガイド精度が欲しいので、もう一つ6cm(F4)を乗っけて

これにQHY5L-IIMを付けました。

いきなり分光をするのではなく、もう一台のST-402で自動測光観測が出来るか試しています。

こちらは、問題が4つ

1.ステラショット、導入が失敗する
2.ステラショットでEOS Kissが「保存できない」って言ってきます
3.CCDの撮像が止まる
4.ステラショットでオートガイド出来ない

4番以外は観測を開始して数時間後に発生しています。

1番の導入の失敗はEOMODの設定で「ホリゾンタルリミット」を(三脚に当たらないように)設定して

南中前に次のObjectに向けるようにステラショットの観測プログラムを組むと解決しました。

2番目の「保存に失敗しました。保存メディアを確認してください」は、こっちのシステムではEOS KissのUSBケーブル交換で症状が治まってます。

3番目のCCDの撮像が止まる問題は、ST-402 CCDのDCプラグを交換して(だましだまし)使っているのと

撮像用PCが勝手に再起動したり固まる問題がありました。PCはまだ交換していませんが予備機は準備出来ました。

4番目のオートガイドは「オートガイダーからのパルス送信に対して赤道儀が動いていない、または動きが緩慢になっています。」を解決できない。

 

| | コメント (0)

2019年10月 6日 (日)

レコードプレイヤーを買いました

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-80ae14.html
これの続きです

修理見積

20191006_pslx310bt_repair

14000円だって

売値の半額です。

別メーカーの新品を買った方が安いです。

シュアーのM44G を持っているので、これが交換針として使えるのが良いな。

 

| | コメント (0)

2019年10月 5日 (土)

ステラショット オートガイド マニアル

https://www.astroarts.co.jp/products/stlshot/manual-j.shtml

こんなのが出てました!

ステラショット オートガイド マニアル

ありがたいです。

 

| | コメント (0)

流星号2の「3化」

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-b3dfba.html
これの続きです。

※流星号2

縦線問題はSMlevelを変えてみる事になりました。んーー。

※流星号3

OSDケーブルで

DAYをNIGHTにするとIR OPTIMIZERをONに出来て白黒になります。
が、カラーノイズが再発します。

もう、打つ手が無くなってきました。

 

| | コメント (0)

自動測光・分光観測計画

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-036b2c.html
これの続きです。

こちらの望遠鏡でも発生していた

>冷却CCDカメラのST-402の電源接触問題

これは

>プラグ形状は効果はあるものの、完全に直ったとは言えないようです。

だましだまし、使えるようにはなりました。

>EOS Kissの「保存できない」みたいな問題

こちらのカメラも

>「カメラの出荷設定にリセットしろ」って事なのですが

ぜんぜん直ってません。

「接続」のボタンからエラーになります。

で、EOS Kissで使っているUSBケーブルを交換したら、その晩は問題が出来ませんでした。

>EOS Kissの「保存できない」みたいな問題

aが、

>HDD書き込みのキャッシュがオーバーフローしているような感じか??

とも思ったので

撮影インターバルを長くした。これも良かったのかも知れない。

問題だらけで、ステラショットでのオートガイドテストは、ぜんぜん滞っています。

 

| | コメント (0)

EOSを導入に使う

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-50876e.html
これの続きです。

「自動多色測光用」とも呼んでいる望遠鏡です。

>ST-402の電源接触問題?以外の問題に
>ステラショットで観測中に赤道儀との通信が途絶える問題があります。
>>もしかすると、USB-シリアル変換か?
>これは交換で直ったみたいです。

USBシリアル交換では直っていませんでした。赤道儀との通信が途絶えます。

冷却CCDカメラのST-402の電源接触問題も直っていませんでした。

また、EOS Kissの「保存できない」みたいな問題は、「カメラの出荷設定にリセットしろ」って事なのですが、これもぜんぜん直ってません。

テスト観測中に、これら3つの問題が同時に発生しました。

EOS Kissの電源off/on, USB抜き差ししても変わらず

PC再起動でも赤道儀は制御不能、CCDもです。

で、PCのUSB抜き差しで復帰しました!?

途中に入っているUSB HUBの問題か?

 

| | コメント (0)

2019年10月 4日 (金)

Excelの日付とユリウス日の関係

エクセルのセルに日付を入れると 2019/3/21 とか表示されますが

これは、ある数値を日付の書式で表示しています。

この数値とユリウス日の関係は

まず、JDとMJDの関係ですが

 JD = MJD + 2400000.5

このようになっています(ん、この説明不要か?)。

エクセルの値との関係は

 excel = JD - 2415018

この値をYMDで表示すると上記のJDの年月日になります

 

| | コメント (0)

2019年10月 3日 (木)

EOSを導入に使う

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-5aadf1.html
これの続きです。

「自動多色測光用」とも呼んでいる望遠鏡です。

ST-402の電源接触問題?以外の問題に

ステラショットで観測中に赤道儀との通信が途絶える問題があります。

>もしかすると、USB-シリアル変換か?

これは交換で直ったみたいです。

 

| | コメント (0)

2019年10月 2日 (水)

自動測光・分光観測計画

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-185874.html
これの続きです。

>>それと、EOS Kiss X4でエラーが出ます。
>>「保存できない」みたいな内容だったような?
>
>これはカメラ交換と、PCとの間に途中に入れていたUSBケーブル交換で
>直った。かも知れない。。?

これは直っていませんでした。

201910011 

「保存できない」って言っているのは、PCのハードディスクに書けないみたいです?

ステラショットのWebには

>この問題についてはっきりとした原因は不明ですが、カメラの設定で
>「ミラーアップ撮影」を「しない」よう選択変更したところ問題が解消したという報告をいただいております。
>設定方法の詳細については、お使いのカメラの説明書等をご参照ください。

>またもしこの方法で問題が解消しない場合は、カメラ設定のリセットもお試しください。

との事です。。

X4はミラーアップは出来ないです。

カメラ設定のリセットか~、やりたくないけど、やってみようか

ただ、書き込み先はハードディスクなので、本当にカメラと関係ある問題なのか?疑問を感じています。

観測を始めた頃は問題無くて、観測中にダメになり、以降は(全システムのOFF/ON以外)何をしても普及しない。

HDD書き込みのキャッシュがオーバーフローしているような感じか??

この望遠鏡で発生している、もう一つの問題の、

>ST-402との通信が途絶えます。CCDSoftがエラーを出してきて撮像をやめてしまいます。
>なんとなく、ST-402の電源ジャックの接触が怪しいです。。

201910012 

上の形のACアダプタで、一晩、観測したら症状が出なかった。

なので、これに変えて翌晩も観測したら

症状が出た。。

プラグ形状は効果はあるものの、完全に直ったとは言えないようです。

そんな中、もう一台の望遠鏡の「自動多色測光用」とも呼んでいる方のST-402でも

同じ症状が出るようになりました。

困ったです。

 

| | コメント (0)

2019年10月 1日 (火)

EOS Kiss X4, FW update

3台のX4を持っていて

カメラのバージョンを調べたら

ぜんぶ、違っていたので

20191001_x4 

1.1.0 にした。

もう、製造もしていないので、これが最終バージョンかな。

 

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »