« 153回流星物理セミナー | トップページ | 流星号2の「3化」 »

2019年9月27日 (金)

EOSを導入に使う

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-94dfc2.html
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-88af37.html
これの続きです。

「自動多色測光用」とも呼んでいる望遠鏡です。

>観測前に適当な天体にGOTOさせると導入ズレが無い
>観測するとステラショットで15~20度の導入ズレだらけ
>やがて、赤道儀との通信が途絶えたって言い出す

もう一度、観測前にSS2000PCのコントローラで星にGOTOさせると

ちゃんと導入します。

とりあえず、ステラショットで自動撮影を始めると

しばらくして、赤道儀との通信が途絶えます。

SS2000PCのON/OFFでも232Cケーブルの抜き差しでも症状がかわらない

ステラショットの再起動やステナビでも症状がかわらない

で、PCを再起動すると直ります。

PCがおかしいのか?

もしかすると、USB-シリアル変換か? >> これを交換してみよう

 

|

« 153回流星物理セミナー | トップページ | 流星号2の「3化」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 153回流星物理セミナー | トップページ | 流星号2の「3化」 »