« EOSを導入に使う | トップページ | EOSを導入に使う »

2019年8月18日 (日)

流星電波観測の準備

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-0fc020.html
これの続きです。

アンテナもSDRも準備出来て動作しているのに

MROFFT013で悩んでいます。

これはベースバンドの特定の波長の音声を録音するプログラムで

閾値を超えた物を記録します。

記録は10分毎に「絵」で記録して

その形状で流星か判定して数を数えます。

SDRはラジオです。

その音声出力をPCのスピーカー端子から出力して

オーディオケーブルを使って

PCのマイク入力に戻します。

その音をMROFFT013は記録します。

それで、流星電波用に買ったPCは Acer T100TAM と言う 2in1 のPC

側面に4極ミニプラグが付いていて、Audio out と MIC in が一緒になっています。

この4極ミニプラグには2つの規格があります。

20190818_0 

これは困りますよね!、どこがGNDでしょう?

調べるために以下のテストをしました。

20190818_1 

PCから音を出してT100TAMから音が出る接続を探したら、このようになりました。

これに相当するループバックを作ったけど

MROFFT013にSDRの音が入ってこない??

仕方が無いので

20190818_2 

4種類の組み合わせでループバック用のプラグを作った。。

けど、

MROFFT013にSDRの音が入ってこない??

AudioやMICの設定も色々と試したけど

ダメ

Acer T100TAM は MROFFT013 の録音が出来ないです。Acer T100TAM を買ったのが失敗だったみたい!

19800円もしたよ。

 

|

« EOSを導入に使う | トップページ | EOSを導入に使う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« EOSを導入に使う | トップページ | EOSを導入に使う »