« ぼくのコルキット | トップページ | 恒星の大気モデル »

2019年8月21日 (水)

流星電波観測の準備

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-faad42.html
これの続きです。

>Acer T100TAM は MROFFT013 の録音が出来ないです。

PCを替えるしかない。。

Windows7以上である必要があるので

流星分光に使っている2台のPC(XPと7)からWin7のPC(Acer AOA150)と交換する事にしました。

Acer T100TAMは流星分光になるのでUFO captureを入れました。

で、次に Acer AOA150 にSDR#を入れて動かしたら

FM横浜がぜんぜん聞けません!音が途切れ途切れで

たまに「ザっ」って言うだけです。PCが遅すぎます!

仕方が無いので、Acer AOA150は、元の流星分光に戻して

変光星の分光・測光用望遠鏡の赤道儀制御(EQMOD)で使っているHP miniと交換する事にしました。

201908211 

まず、Acer T100TAMにEQMODを入れたのですが

201908212 

これが、超面倒でした!!

次にXPのHP miniに7をクリーンインストールで入れましたが

UPDATEで2日も掛かった

早速、SDR#をHP miniに入れたら

これも、音が途切れ途切れです。Acer AOA150よりが大分いいです。FM横浜の会話や音楽がわかります

が、観測には使えない。。

201908213 

タスクをいっぱい停止したけど、変わらない。。

 

|

« ぼくのコルキット | トップページ | 恒星の大気モデル »

コメント

FM放送(<帯域広い)の復調には、CPUが足りないけれど、流星観測なら問題ないって可能性は?
<適当なことを書いています。

投稿: meineko | 2019年8月21日 (水) 18時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぼくのコルキット | トップページ | 恒星の大気モデル »