« 流星電波観測の準備 | トップページ | PHD2、キャリブレションデータの読み込み »

2019年8月22日 (木)

恒星の大気モデル

Spectrumと言うプログラムを使うと恒星のスペクトルを生成してくれます。

これには恒星の大気モデルを与える必要があります。

この大気モデルはATLASと言うプログラムで生成出来ます。

で、やってみた

20190822 

Teff=10000K, logg=4.0 で、太陽組成です。

 

|

« 流星電波観測の準備 | トップページ | PHD2、キャリブレションデータの読み込み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 流星電波観測の準備 | トップページ | PHD2、キャリブレションデータの読み込み »