« 制御未対応のカメラの画像を使った導入補正はどうすればよいか? | トップページ | 第12回 と 第13回 連星勉強会 »

2019年6月12日 (水)

2019年、変光星観測者会議

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-0dbabd.html
これの続きです。

まず、今年で日本変光星研究会は終わり、、ではなく

後継者が現れて

観測者会議の前に

20190608_vsolj01 

密談。

20190608_vsolj02 

ホームページの話でしょうか?内藤一家とも密談

20190608_vsolj03 

準備中。明大天文部の柴田さんにはたいへんお世話になりました。

20190608_vsolj04 

佐久間先生。90才でも老人ホームで変光星観測との事で

自分でも出来るだろうか?と思って、尊敬です。

20190608_vsolj05 

講演は武藤先生。

20190608_vsolj06 

太陽からの距離と太陽放射による温度。どの付近を観測するかで

温度→波長→望遠鏡の口径の順でALMAが10km必要となるそうです。

20190608_vsolj07 

この図に、ご講演の半分は詰まってます。

20190608_vsolj08 

翌日の「変光星、この一年」

V Booの振幅が戻って来たっていうお話。

20190608_vsolj09 

集合写真は集録に

ちゃんとしたのが載ります。

 

|

« 制御未対応のカメラの画像を使った導入補正はどうすればよいか? | トップページ | 第12回 と 第13回 連星勉強会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 制御未対応のカメラの画像を使った導入補正はどうすればよいか? | トップページ | 第12回 と 第13回 連星勉強会 »