« 流星の月別検出数推移 | トップページ | 流星スペクトル解析・残課題 γ »

2019年4月19日 (金)

第12回連星勉強会・2019年変光星観測者・食変光星観測基礎編

変光星観測者会議と連星勉強会を6/8-9に明治大学生田校舎で開催できる事になりました。

食変光星観測基礎編は5/19に工学院新宿校舎で出来ないか調整中です。

6/8 午後、6/9 午前が生田で変光星観測者会議
6/9 午後が生田で連星勉強会です

食変光星観測基礎編は「宇宙の構造(銀河・恒星・銀河の外と宇宙の歴史)」です
入門的な話ですが、もう少し踏み込んだ内容の物で初心者向けです。

第12回 連星勉強会のアジェンダは

1.鈴木さん V888Mon,V481 Pegの二色図
2.岡崎先生 YYGem解説
3.岡崎先生 SPECTRUMを使った温度・吸収線プロファイル
  (おさらいをお願いしたいです)
4.永井
   PhoebeによるWDcode解析
    V888Mon 横軸を位相にして、ノーマルポイントを算出してWD解析してみる
         スポットを入れようか
    V481 Per P=0.422028で光度曲線を作ってWDcode解析に進む
         初期値検討の目途を考察してから
    全般 もう一度使い方実習、計算100点以上に出来ないか、結果グラフの色や形を変えたい

6/8は生田の学食が空いていると思いますが
6/9は空いていませんので観測者会議と勉強会の両方に出席する方はお弁当持参でお願い致します。

 

|

« 流星の月別検出数推移 | トップページ | 流星スペクトル解析・残課題 γ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 流星の月別検出数推移 | トップページ | 流星スペクトル解析・残課題 γ »