« 480Gの外付けSSDを買いました。の続きです。 | トップページ | 流星号3の分散を測定 »

2018年12月24日 (月)

流星号2の分散を測定

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/tv-c791.html
これの続きです。

この測定で流星号2(CMOSカメラ)の帯域が分かりました。

それで、今までに撮影出来た流星スペクトルでMg,Na,Oがハッキリしているものを使って

イメジャーのX軸を変数とした「分散」を測定しました。

20181224

バラツキの標準偏差は1.3%でした。

また、測定前にグレーチングがカメラのX軸に対して4度も傾いていたので画像回転してから解析しました。

この回転の測定もちゃんとやった方が良さそうです。

二次関数はエクセルで求めました。プロパティをいじって桁数を増やすとエクセルの近似式でも使えます。

|

« 480Gの外付けSSDを買いました。の続きです。 | トップページ | 流星号3の分散を測定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 流星号2の分散を測定:

« 480Gの外付けSSDを買いました。の続きです。 | トップページ | 流星号3の分散を測定 »