« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月30日 (金)

流星電波観測

201811301

どーも分かんないです。

ハード面の話。CWは知っててもモジュレーションを聞いても

?の人が多いです。

答える人もいますが、何を言っているのかわからない。

私が素人だから?

でもアナログTVの受信機の検波の回路設計していたので

そんなに素人じゃないです。

201811302

最近、多点電波観測から放射点のRA・RDが求まるソフトが出来た!って

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月29日 (木)

流星号3

今度はCCDです。

201811291 201811292

ICX-672でf=6mm(F0.95)

これに分光器を載せ替えます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月28日 (水)

ベランダ望遠鏡1号機は稼働停止

もう年単位で使ってない(と言っても年に1回位は使った)ベランダの手すりに付けてある望遠鏡

よく、まー、望遠鏡の方向を変えただけで「度」のレベルで向きが変わるのにCCD測光とかやってました。

新設したEQ5に笠井の15cmを乗っけてEQMODにしてから導入の問題はまったく無くなりました。

さらにその横にスーパーポラリスの8cmとEOS Kissで自動観測を始めました。UGEM用です。

で、この自動観測

導入の問題がかれこれあります。

最も困っているのは赤経モーターのクラッチの不調によるスリップです。

ベランダの手すりに付けてある望遠鏡も同じスーパーポラリスですが

時期が違っていて、そのへんの機構が違います。

そこで、

20181128

赤丸部分の赤経モーターのクラッチやネジを入れ替えました!

これで「手すり望遠鏡」はただのオブジェになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

NS binary

20181126

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月26日 (月)

Some Binaries

2018112601

V572 HyaのIohさんの観測が加わりました!

2018112602

ET Leoが10年ぶりに観測されました。Hipparcosのelementで書きましたが、かれこれ周期が違うみたいです。

2018112603

周期が12日だそうです。
min=2458413.384656+12.68725xE (http://muttenz.hatenablog.com/entry/2018/10/22/195043)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月25日 (日)

メインベルト彗星

新天体捜索者会議で聞いた

メインベルト彗星についてまとめました。
小惑星の分類は3つ(トロヤ群、メインベルト、NEO)

201811251

2005年ころから発見が相次ぐ。
火星と木星の間のメインベルト帯の小惑星が突然彗星活動を起こす。
小惑星の表面直下には氷の層があり小惑星と彗星に区別は無い
この小惑星に太陽熱昇華や天体衝突があると彗星に変化する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月24日 (土)

Some Binaries

2018112401

例によってSizさんのとてつもなくS/Nの良い観測を追記しました。これはケプラーを超えた!?

2018112402 2018112403

FO HyaにSuzさんの24件の光度曲線を追加するのに時間が掛かってしまいました。今日はここまで。

しかし、EAじゃないですよね。

あと、SuzさんのRcとIcが同じ明るさも変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月23日 (金)

第二回 新天体捜索者会議

先日の土日に三鷹の天文台で新天体捜索者会議があり

行ってきました。

2018112301

わたしは新天体捜索はしていないです。参加者のほぼ全員もそうです。

オーラルの発表も発見話は無かったですが

初日の新星・超新星の発表は久しぶりに研究者からの話が聞けて

とても勉強になりました。

と言いますか、やる気が戻ってきた感じです。

話を整理したらブログに書きます。

お金が無くて遠くに行けないので三鷹での開催は嬉しいです。

交通費・懇親会含めても一万円以下で収まりました。

お昼は

2018112302

休憩所でカップラーメン

これはこれでいけます!

実はもう一つの目的は

光学干渉望遠鏡への接近です。

2018112303

近いでしょー、観測装置部分の全景です。

2018112304

解説のパネルは文字が見えにくくなってしまい

ほったらかし感、満載です。

2018112305

更に裏に回ると(侵入禁止なのですが)観測室が見えます。

中を見たいですが、これ以上は犯罪っぽいのでやめました。

では、少しだけサイエンスの写真

2018112306 2018112307

初日の夜は懇親会

2018112308 2018112309 2018112310

発見者はヒーローです!

翌日の午前は"太陽系"。午後は分科会とまとめっぽい話。

2018112311

分科会は「新星」「超新星」「彗星・小惑星」で

写真は私が参加した「新星」で、最もこじんまりとした集まりでした。

最近の発見、測光・分光の話で(個人的には)盛り上がりました。

発見の話が無かったですが、、

第三回は2020頃に予算があればやるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月22日 (木)

Some Binaries

2018112001

DR CVnです。かっこいい光度曲線で、こんな観測をしたいです。振幅は0.3以下です。

2018112002

EO CVnです。VSOLJ初観測です。

2018112003 2018112004

V1582 Cyg。これは何でしたっけ?

2018112005

Kaiさんの副極小観測が追加されました。

2018112101

PP Delは周期がほぼ1です。

2018112102

OQ Gems、すばらしい楕円軌道

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年11月21日 (水)

Yahoo!ジオシティーズ サービス終了

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/yahoo-7eca-1.html
これの続きです。

>さて、htmlの方も修正しないといけない

こっそりと修正しました。(2018/11/16)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月20日 (火)

充電しながらタブレットを使う

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/post-215b.html
これの続きです。

>以前にタブレットを充電しながら使用する実験をしたら充電電流が少ないのか?残量が減り続けてた

もう一度試してみた

タブレットをOTGでHostにしてVbusからHostに充電できるUSB HUBを付けて

タブレットの残量が少ないと、どんどん減ってゆく

充電電流は500mA

次に満充電付近のSCO 88%で試したら

充電電流500mAって同じだったけど

4時間経っても82%までしか減らない

適当な映画をずっと再生させたけど。

どうしてか分からないけど500mAの充電電流でも満充電付近だと

かなりの長時間駆動が可能だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月19日 (月)

流星スペクトルに病院の窓が写る

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/post-46cb.html
これの続きです。

M20181114_231855_kn9_01p

あれ?

確認しないで「板」を付けてもダメって事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

mac版wine

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/macwine-028b.html
これの続きです。

wineの話じゃなくて

>新たにmacOSを入れようか。今度はパスワードをメモって。

sudoのパスワードが無いままmac osが入って件です。

もしかして、Apple ID を作成すれば解決するか?
https://support.apple.com/ja-jp/HT203993

んーー、ちょっと違うよね

あれ?やっぱり Apple IDはあった方がよいのかな?

https://support.apple.com/ja-jp/HT202860

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月17日 (土)

Some Binaries

2018111701

V371 Casと言うEA型の食連星です。すごく暗いです。

2018111702

こちらもかなり暗いです。min=2458053.3664+2.743542xE (K.Kasai, 2017)で書きました。

2018111703

こちらも暗いですね~、min=2438289.5+1.507931xE (K.Kasai, 2018)で書きました。

2018111704

いや~、もう、「暗い」って書かなくてもいいですかね。

2018111705

V577 Cas。こちらはEB?min=2440199.45+2.387675xE (K.Kasai, 2018)で書きました。

2018111706

こちらも、かなり暗いですが、深い食の影響か、ディテイルがわかります。EAの様です。

2018111707

U Cepです。最近の観測しか使っていませんが、これ以前でVSOLJによる光電測光は無かったと思います。

2018111708

RT CMaです。GCVSで書いたらメチャクチャになり、Cracow 2004で書きました。で、えきせんとりしてぃが有りましたっけ?

2018111710

MU Cncです。すっかり、伊藤さんの星、みたいになりました。GCVSとは周期がちょっと違うみたいです。

2018111711

LR ComにSizさんの観測を追記しました。例によって、ぜんぜんerrorの無い観測です!

2018111712

MM Comと言う、EW型の食連星です。Iohさんが観測されました。

2018111713

こちらは MR Com と言うEW型の食連星でIohさんが観測されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月16日 (金)

Some Binaries

2018111601 2018111602

AB AndにSizさんの観測を追記しました。いつも素晴らしい観測です。

2018111603

V599 Andです。Iohさんの2回目の観測です。極大等級が変化しています。

2018111604

GI Booです。X軸もY軸も重なりませんでした。

2018111605

IK BooにIohさんの観測を追記しました。どうも、日本からは同じ位相が観測されるみたいです。

2018111606

V339 BooはVSOLJ初観測です。EW型です。

2018111607

DO Casに今年のSuzさんの観測をついきしました。これも重ならない。バラバラです。なんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月15日 (木)

Yahoo!ジオシティーズ サービス終了

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2018/11/yahoo-7eca.html
これの続きです。

>一応、FC2に移動させたけど
>1M以上のファイルはupload出来なかった

niftyにftpしたら

出来た。

さて、htmlの方も修正しないといけない

けど

どのhtmlだったか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

流星スペクトルカメラ、連続スペクトルを撮影したい

先月に撮ったシリウス

20181114

撮影以降にグレーティングの位置を変えていて

変えてから流星のMgとNaで分散を求め、その値でバルマー線を重ねたら

ぜんぜん一致しない

グレーティングの位置を変えてはいけないですね

やり直し

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

流星スペクトルに病院の窓が写る

カメラネジの修理やSA-200の固定など出来上がったら

201811131

左に建っている病院の窓が写るようになりました。

画面下側の横に長い帯状に室内の照明のスペクトルが写って流星と重なっています。

201811132

それで、適当なのですが、コースターを貼りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

10/17から11/2までの流星スペクトル

M20181018_004023_kn9_01

M20181018_004854_kn9_01

M20181021_013407_kn9_01

M20181021_014420_kn9_01

M20181021_031902_kn9_01

M20181021_041837_kn9_01

M20181022_004052_kn9_01

M20181022_031755_kn9_01

M20181022_034359_kn9_01

M20181022_034446_kn9_01

M20181024_044708_kn9_01

M20181030_024243_kn9_01

M20181030_024243_kn9_012

M20181101_011044_kn9_01

M20181101_011044_kn9_012

M20181101_021753_kn9_01

M20181101_021753_kn9_012

M20181101_032827_kn9_01

M20181101_032827_kn9_012

M20181102_011458_kn9_01

M20181102_011458_kn9_012

M20181102_232116_kn9_01

M20181102_232116_kn9_012

M20181103_003906_kn9_01

M20181103_003906_kn9_012

M20181103_021626_kn9_01


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 9日 (金)

父が亡くなりました

11/2夜に連絡がありまいた。医師の診断は11/3朝でしたので11/3 9時に死亡となりました。

今日まで必死にblogを続けていましたが

もしかするとしばらく中止するかも知れません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

SA-200 発注した!

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/sa-200-5e94-2.html
これの続きです。

連続スペクトルの基準光が撮影したくて

10/27の早朝にシリウスを撮影しました。

今ひとつ、納得できず

10/28の早朝にも撮影しました。

以降、雲台がグラグラで流星が写っても

一枚一枚、カメラの方向を求める面倒な作業になってしまいました。

中には星が殆ど写っていなくて撮影地プロファイルが修正出来ず

難航しています。

ようするに、流星が写っても解析できないでいます。

どんどん、流星は写るし、画像が溜まっても(10/26~)解析が進みません。

問題を解決するために雲台のグラグラを11/3早朝に直しました。

20181108

実はすごく面倒なので

エンクロジャーは100均のケースで

小さいんです。

カメラ(赤丸)が入っていると雲台のネジ(赤矢印)が回せないので写真のようにカメラを出してネジを締めます。

この時、全体が大島上空100kmに向いていないといけません。

全部、組み上げて夜に星を見ながらカメラ方向を確認しますが

多かれ少なかれズレているハズで

カメラの向きを修正すると

このネジが緩みます。

これを繰り返すと言う欠陥があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

2018年10月の変光星観測月報

先月は 12夜 / 46星 / 2571測光 でした。

極小観測は 16件 でした。

201811071 201811072 201811073

数が増えました。UGEMの稼働も大きいですが

12夜も晴れてくれました。

月の初めにちょこっと晴れて、月の終わりにたくさん晴れました。

★UGEMが使えるようになった!

どんな測定をしているのかもわかって
伴って、Tycho2をカスタマイズして

眠ってたスーパーポラリスに使ってない8cm屈折を乗っけて
古い自動観測ソフトを再稼働させて

赤道儀の故障も修理したし
さて、これから観測開始です。

先日、YY Eriを15cmのCCDと、8cmのEOS Kissで同時観測してCCDのV bandとピッタリ同じだった。

三脚下に箱を置いてPCだの何だのを入れた結果
観測の準備から開始までが1分も掛からなくなった!

★流星分光

9月に講師を2会もやってお金が入ったので

SA-200と新しい流星TVカメラの部品代にしました。

SA-200で+1次の効率が上がりましたが、

0次が減ったので流星検出数がガクっと減りました。

それで、基準が撮れなくて

カメラをシリウスに向けたいのですが、

いま、大島上空100kmにピッタリ向いていて

動かしたくないなーって思うけど、やりました。

大島上空100kmに向けた状態でベテルギウスが写ります。

そのベテルギウスは綺麗なスペクトルが撮れたのに

意を決してカメラを動かしたのにシリウスがひどくS/Nで

ぜんぜん、どれがバルマー線の何なのかわかりません!

なんとかしないと!!

先月の流星物理セミナーは「スペクトルを撮りました」程度の発表だったので
2月のセミナーまでに何か進捗や成果を出せたらいいな。

★今月は

15cmでの分光を再開して

軌道に乗ったら

20cmの測光を再開したいです。

なんとなく、変光星の人に戻りつつあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 6日 (火)

スーパーポラリス + SS2000PC 導入補正

ステラショットは買えないのでソフト作ってslew精度を改善させるのですが、

Closedなシステムなので、撮影画像を見て導入のズレ量を教えてあげます。

20181106

これが完成した「補正ソフト」の動作画面です。

青+の星が赤+の所に写るように補正します。

次の観測夜から補正が有効になります。

それで、

>朝、望遠鏡を見たら三脚に当たってました。

これが結構ひどい事になっていて

RAもRDもモーターの動力が赤道儀に伝わらなくなってました。

RDはクラッチが緩んでた

RAはモーターギアとRA軸ギアがズレてしまっていて、歯が一枚もかみ合いません。

どちらかのギアをギアが付いている軸上を抜き差しして他方のギアと重ねないといけないですが、

ぜんぜん合わなくて、ようするに壊れてしまってました。

他にモーター側のギア固定のイモネジがユルユルで

暗闇でイモネジを調整していたら落ちて見つけられなくなったり

一時間とか掛かってギアの交換や厚みのあるギアを探したり、、、

ようやく赤道儀に動力が伝わるようになりました。

その疲れを我慢して、3点アライメントして朝まで自動観測をさせたら

アライメントした空からRAが7~8時間増えた空でも座標を指定してSlewすると目的星がおおむね中央に入ります。

ステラショットは買わなくて済みそう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 5日 (月)

HomePgae更新

太陽黒点のページを更新しました
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/sun_index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

ステラショット

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/ugem-47f3.html
これの続きです。

>1700枚撮ったけど目的星の導入失敗が多い。
>ステラショットだっけ?高いからなー

やっぱり、欲しいなー

価格は 税込4万円 ( ゚Д゚)

んーー、月々4000円とか、コツコツとお金を貯めるか。。
いや~、4千じゃ小遣いと同額じゃん!

PCも必要だよね
スペックは、

 OS      Win 7~
 CPU     Core 2以上
 MEMORY  768MB 以上
 Graphic 1280x768
 HDD     2GB 以上

PCはたくさん持っているけど

スペックを満たすのは

メインで使っているLaptopとtabletの2台だけ

さすがにメインを観測用には使えない

んじゃー、あの遅い「Acer Iconia Tab 8W」タブレットにするの?

これは体験版で試せば良さそうだけど

以前にタブレットを充電しながら使用する実験をしたら充電電流が少ないのか?残量が減り続けてた

たぶん、実験ではSDP充電になっていたのだと思う。でも、ケーブルとか改造とかすればDCP充電が出来るはず

なので、もう一度テストしたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

UGEM、測定結果のチェックソフト

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/ugem-47f3-1.html
の続きです。

>そこで、目的星のリストを間引く作業を始めました。

目的星が多いと、短周期の観測なのに、一つの星の撮影枚数が少なくて

そこで、間引いて撮影をしました。

そしたら

朝、望遠鏡を見たら三脚に当たってました。

目的星と次の目的星の間が空き過ぎてスカイセンサーがslewしてくれなかったようです。

制御ソフトは目的星が南中したら、次の目的星にslewさせるコマンドをスカイセンサーに送りますが

その時点で次の目的星が昇ってないとスカイセンサーはslewしません。

制御ソフトはslewコマンドを送ったので次の目的星が南中するまでお休み中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 2日 (金)

Yahoo!ジオシティーズ サービス終了

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2018/10/yahoo-7eca-1.html
これの続きです。

一応、FC2に移動させたけど

1M以上のファイルはupload出来なかった

無料版の仕様です。

どこかに引越しを考えないと

あと、使っていたTidyFtpが使えなくなった。

ffftpは大丈夫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)

Astrometry.netは〇ウエアなの?

201811011

こんななっちゃうんで

201811012

こーでもしないと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »