« UGEM | トップページ | やっぱり、15mでST-402を使おう »

2018年7月31日 (火)

UGEM

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/ugem-6.html
これの続きです。

28mmレンズにて

色々と試して

Ugem_201807311

初めて、自力で出来ました!感動です。

Ugem_201807312

ご批判はあるかも知れませんが、この設定で

いざ測光!

Ugem_201807313

このようになりますた\(^o^)/

|

« UGEM | トップページ | やっぱり、15mでST-402を使おう »

コメント

間違っていたらすみません。画像名の先頭は、視野内の何か一つの変光星GCVS名かVarlistの連番号のいずれかでないといけないのでは?そのGCVS名の変光星を探しに行って、周辺の変光星も検出・測光すると認識しているのですが・・・。

投稿: ツシマヤマネコ | 2018年7月31日 (火) 10時53分

あれれ?
画像の中心座標もファイル名として有効だったような?
変光星名に変えて試してみます。

投稿: Nga | 2018年7月31日 (火) 11時51分

変光星名に変えてみましたが
ダメでした。
短焦点は厳しそうです。

投稿: Nga | 2018年7月31日 (火) 12時00分

105mmでは厳しいのかなと言っておきながら、28mmに変えるとかw

ちなみに、Fits headerに中心座標が書いてあれば、ファイル名は関係なく説いてくれます。

投稿: meineko | 2018年7月31日 (火) 15時56分

これは失礼いたしました。参考になりました。ありがとうございます。

投稿: ツシマヤマネコ | 2018年7月31日 (火) 22時46分

28mmで試したのは、
私はUGEMを学生さんに使ってもらおうと考えていて
三脚固定撮影なら誰でも星座写真が撮れるから
105mmより短いレンズで試す必要があると思って28mmで試しました。
50mmでも試してみようと思っていますが
105mmでも周辺の画歪で測定値が鵜呑みに出来ず
もっと長くないとダメかな~って思いつつあります。
あと、FTAIに手こずっていますが、これを学生さんにやってもらえるか?もちょっと心配です。

投稿: Nga | 2018年8月 1日 (水) 06時33分

SExtractorなら、28mmでも大丈夫だよ。最初、難しそうと思っても、若いからきっとすぐ覚えるよ??

で、28mmくらい短くなると、光害の影響が大きくなって、測定で苦労しそうです?
わたしも、24mmを使っていた時は苦戦しました。

投稿: meineko | 2018年8月 1日 (水) 17時51分

ね。
SExtractorを勧めるのが良いのかも。
あるいは、
わたしが作ったAstroImageJと組み合わせたソフトを勧める。

投稿: Nga | 2018年8月 1日 (水) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: UGEM:

« UGEM | トップページ | やっぱり、15mでST-402を使おう »