« 火星の視直径と大接近の頃の模様 | トップページ | UA2, area-mask »

2018年3月25日 (日)

3月17日、宮崎県の前田さん

20180317_mae1

3月17日に流星分光をされている宮崎県の前田さんが平塚市博物館の流星分科会に来てくれました。

20180317_mae2

さっそく、分光のお話を頂きました。

20180317_mae3

月別の撮影数です。すごく多いです。

わたしも流星分光をしていますが、月に1個程度しか写りません。

しかも、暗くて解析できないものばかりで、3ヶ月に1個程度の割合で解析出来るものが写ります。

20180317_mae4

流星のスペクトル型の説明です。

組成比で決めていますが、前田さんはこの三角ダイアグラムに領域を作ってN0,N1... などと分類しています。

20180317_mae5

こちらが自身の観測から作った分類別の比率です。ここまでするのはとっても大変です。

20180317_mae6

さらに群別のスペクトル型特徴も解析されています。

20180317_mae7

で、いつもの中華「えいまんろう」で宴会!

|

« 火星の視直径と大接近の頃の模様 | トップページ | UA2, area-mask »

コメント

前田さんのカメラは、α7s?メモメモ

投稿: meineko | 2018年3月27日 (火) 11時11分

はい
高くて買えません!

投稿: Nga | 2018年3月27日 (火) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3月17日、宮崎県の前田さん:

« 火星の視直径と大接近の頃の模様 | トップページ | UA2, area-mask »