« 流星スペクトルのFlux補正ってどうやるの? | トップページ | VJS131C11NでHyper-Vを実行させる »

2018年3月17日 (土)

第06回 連星勉強会

3/11に開催した第06回 連星勉強会の議事録です。

参加者が減って来ましたが内容は濃いまま続いています。

とっても良い内容の研究会ですが参加者が
 学生さんが減ってきた
 学者OBが増えたものの身体不調欠席が多い
って傾向でしょうか。

日時:2018年3月11日(日) 10:00-17:00
場所:工学院大学新宿校舎 A-2161教室

この教室は第五会議室という会議室でセキュリティがあって
学生証が無いと入れません!

30分とか待って学生さんが来て、それから30分で会場準備して
そのまま2時間、Phoebeの話して、結局、3時間立ってた。

出席者(順不同、敬称略)
永井和男(VSOLJ), 清田誠一郎(VSOLJ), 森谷諒(明治大学), 柴田海那(明治大学),岡崎彰(元群馬大学), 小木美奈子(岡山理科大), 大金要次郎(VSOLJ),下地安男, 中村泰久(元福島大学), 佐藤裕太(工学院大)

★内容

自己紹介

Phoebe実演(永井)
 各自のPCでPhoebeの操作を実習

観測結果集計と考察(永井)
 V888 Monを解析する事になりました

ガイド用CMOSカメラで食変光星観測(下地)
 CMOSカメラに50~85mmCCTVレンズを付けて3種のBinaryを測光
 撮影ソフトSharpCapture、測光ソフトAstroImageJも紹介

天文基礎集中講義(佐藤)
 テキストのスライドを紹介

光度曲線に解析に向けて(その5) その他の話題(中村)
 スポット・星周構造, 円盤モデルの種類)・多重反射・楕円軌道

話題・測光観測など(清田)
 Sextractor実例紹介, b Per観測, ??座のSlow NOVAの解説

全体meeting 一年の振り返りと今後(永井)
 当初の目的通り、V888 Monの観測→解析と進む
 ・V888 Monの分光を群馬天文台にお願いしてみる(岡崎)
 シリーズものは欠席した場合に途中が分からなくなる
 観測面の話を増やそう
 ゼミ合宿・観測合宿・天文台合宿も考えてはどうか
 次回も「一年の振り返りと今後」を話し合う

★第7回 予定

2018年6月10日 工学院大 新宿 10:00-17:00

V888 Monの解析実演・実習 --------------- 永井
SExtractorの続き と 話題 --------------- 清田さん
岡崎さんcode(仮) ----------------------- 岡崎先生
Phobeの注意点等 ------------------------ 中村先生
Linux上で動く天文ソフト紹介 ------------ 下地さん
AstroImageJで写ってる変光星を全部測定 -- 永井
一年の振り返りと今後 ------------------- 永井

20180311_allpicture

|

« 流星スペクトルのFlux補正ってどうやるの? | トップページ | VJS131C11NでHyper-Vを実行させる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第06回 連星勉強会:

« 流星スペクトルのFlux補正ってどうやるの? | トップページ | VJS131C11NでHyper-Vを実行させる »