« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月31日 (木)

mac版wine

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/macwine-028b-1.html
これの続きです。

>今度、試してみよう。

忘れてました。。。

macのパスワード

インストール出来ません。

んーー

新たにmacOSを入れようか。今度はパスワードをメモって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

PhoebeでRT CMa

Kisさんが1998年にRT CMaを観測しました。

その測光データをPhoebeで解析しました。

20170830

Phoebeはしばしば落ちますが、

諸量を、意味を持って入力すれば大丈夫です。

ときおり、Phoebeで解析しました!と言う物を見ますが

ぜんぜんフィットしていない物も多々あります。

これも諸量の意味を考えて入力すれば正しく解析してくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

今日は月面X

今日は月面Xが18時50分頃の予報です。

でも、夕方から仕事で東京の方に外出(打ち合わせ)の予定を入れられてしまいました。

きっと見れないです。

ダイアモンド富士の時もそうでしたが

なぜか天文イベントの時に用事を入れられます。

outlookでの管理がどんどん進んでいて、予定が空いていると

知らないうちに会議とか入れられてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

mac版wine

そーかー、mac版もあるんですね!

https://wine-staging.com/installation.html

今度、試してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月28日 (月)

やってみました

http://d.hatena.ne.jp/ugem/20170802
こちらのお話で、

変光星の座標に星が写っているかを調べる手順を考えて

実際にやってみました。

RX AndのRA/RDを知らないので、途中、そういうのを調べたりもして

始めてから確認まで2分でした。

まず、ugem通信さんの画像をダウンロードして

それをAstormetry.netに放り込んで

201709081

これのFitsをダウンロードして

201709082

DS9でマウスをRX AndのRA/RDのところに動かす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月27日 (日)

太陽の構造

まず、チョキチョキと切り抜いて

201708271

完成!

201708272

丁寧に作らないから

粗悪品ができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月26日 (土)

9月3日21時JSTのユリウス日は

Twitterに書いたのですが、

https://twitter.com/Nagai_Kazuo/status/898856928561864704

9月3日21時のユリウス日は 2458000 です。

切りの良い数値です。

あと一週間位先です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月25日 (金)

Home Page更新

8/20にホームページを更新しました。

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/etc.htm
ここのページの

下の方に

「星が飽和していないか AstroImageJ で調べる」を載せました。

と言ってもBlogのリンクです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月24日 (木)

木星表面のドリフト

月惑星研究会の堀川先生が作られた木星の動画です。

http://alpo-japan-backup.skr.jp/kk17/j170818rp1.mp4

ドリフトチャートや人の話から知ってはいましたが

模様の自転方向や速度の違いがよくわかります。

永続白斑が上下にフラフラしながら自転している様子も面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月23日 (水)

ポーラーセッティング

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-8198-2.html
これの続きです。

まだ、このソフト試していませんが、

な、なんと、

>PHD2 Guiding のドリフトアライメント
>http://rna.hatenablog.com/entry/20170219/1487503607

こんなのがありました!

PHDの2から使えるんですかね?

>ダメなら、CCDカメラバージョンを作ろうか。

って事で

もう

20170823

を、作ってしまいました。

SBIG ST-402で使おうと思ってます。

まだ、フィールドで使ってないので実用になるかは分かりませんが、

ASCOMとか、ぜんぜん必要ないので

自分的にはこれが使えたら、と思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月22日 (火)

次のダイアモンド富士

前回は4/4で週半ばだったけど準備したものの

急に仕事の外出になってしまい。

外出先でダイアモンド富士の時刻になってしまいました。

今回は9/8の金曜日です。

20170822

外出予定が入らなけれな良いのですが、、

あと、晴れるかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

ST-402のシャッター動作不調

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/st-402-2c93-1.html
これの続きです。

結局、再現セズで返却されました。

何かは再調整したそうです。

で、なかなか晴れないので

室内でテストしたら

いきなり動作がおかしいです。

良くなったのかよくわかりません。

蓋のワッシャーとかやり直したら、私のやり方のほうが良かった。

にしてもシャッター動作は不良です。

色々と特性を調べていたら

一度、シャッター位置がおかしくなったら

撮像ソフトを再起動してシャッターポジションを初期化すると良くなり、

あと、

Greenを選択しなければ症状が出ない事もわかりました。

それと、カメラの向きを変えると症状が出ます。

1.カメラの向きを急に変えない
2.症状が出たらCCDSoftを再起動
3.Greenを選択しない

これを守れば使えそう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月20日 (日)

Sky Watcher EQ5 GOTO赤道儀の三脚架台

ベランダのスーパーポラリスをEQ5赤道儀に交換するには

架台の位置が低くないと空が見えないんで、

EQ5がスーパーポラリスの三脚に適合する必要があります。

201708201

載せ替えたら適合しました!

ビクセン規格Φ60mmってやつに Sky Watcher赤道儀は出来ています。

でも、まだ、赤道儀を交換するには様々な確認が出来ていないので

とりあえず、

201708202

横に設置しました。

ここで色々と確認してから交換します。

それまではベランダが狭いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

Home Page更新

8/12にホームページを更新しました。

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/gcvs-51.html
ここで紹介した

GCVS5.1

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/synscan-ver10-3.html
ここで紹介した3つのプログラムです。

全て、ここにあります。
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/dload-1.html

リストすると下記の4itemです。

 最新の予報用データベース star.dat
 Sky-Watcher SynScan Hand Controller 追尾停止
 SynScan 自動観測支援 Ver1.00
 SynScan 制御 Ver1.00

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

Sky Watcher EQ5 GOTO赤道儀、うるさい

ベランダの赤道儀をスーパーポラリスからEQ5赤道儀に換える計画を考えています。

スーパーポラリスは導入速度を可変出来て

遅くすると騒音が全く出ません。

EQ5は導入速度を換える事が出来ないようで

結構うるさいです。

それで、ためしに電圧を落としてみました。

通常は12V駆動ですが9Vまで落としましたが

騒音は少し小さくなったかな?程度で変わりません。

8Vにするとちゃんと動作しません。

7Vだとぜんぜん動きません。

騒音問題が解決できないと自動観測は出来ないです。夜中中、騒音って事になってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

ポーラーセッティング

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-8198-1.html
さらに昨日の続きです。

現場で混乱しないようにマニアルを作った。

20170817

でも、CMOSのUSB CAMで星が写るだろうか?
ダメなら、CCDカメラバージョンを作ろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

ポーラーセッティング

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-8198.html
昨日の続きです。

>Windows 8.1 だからか?

XPでやってみました。

20170816

動きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

ポーラーセッティング

http://www9.plala.or.jp/deepsky/Int_timer/#RealtimePolarSetting
こんなソフトがありました。

これを使ってEQ5赤道儀の極軸を正確に合わせられないか?

って事で

ベランダで便利なWindowsタブレットにソフトを入れて

自作?の惑星カメラで試してみようかと
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-2008.html

ところが、

このソフト、このWeb CAMだと使えないです。

他のカメラも色々と試しましたが

全部ダメ!

ソフトがダメなのかな~? カメラが悪いとは思えない。

Windows 8.1 だからか?

違うPCで試すか。似たようなソフトを作ろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

第40回 木星会議

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/40-a011.html
これの続きです。

参加申し込みをしました。

氏名:永井和男
所属:日本変光星観測者連盟
メールアドレス:........@nifty.ne.jp
参加日程:
 (○)初日のみ参加
 (○)懇親会に参加する
研究発表:
 (○)発表しない

とりあえず、初日だけ。

もしかしたら、二日目も

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

Seeing Profile

変光星観測者会議で鈴木さんが発表してくれたやり方をやってみました。

201708131

AstroImageJを使って、星を選んでから上記のメニューを選ぶだけで

201708132

この様に簡単に出来ました。

この画像は固定撮影です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

SynScan 自動観測支援 Ver1.00

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/synscan-ver10-2.html
これの続きです。

>一つに統合しようかと思ってます

201708121

結局、3つにしました。

まず、一つ目、

「ss_slew.lzh」をダウンロード

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/synscan-ver10-1.html
ここで紹介した

自動観測のプログラムで「SynScan 自動観測支援 Ver1.00」です。

二つ目は

201708122

「SycScan_Slew_32.lzh」をダウンロード

メインの観測に使う物です。

まだ、説明文が無いです。

OOMポートをオープンして、変光星を選んで、GOTOさせます。

観測が終了したら(私のホームポジションの)東の空・水平に望遠鏡を動かして

追尾を停止させます。

という機能を持っています。

三つ目は

「TrackingStop.lzh」をダウンロード

追尾を停止させるだけのプログラムです。

プログラムが実行されると追尾を停止させて、プログラム自信も終了します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

2017年7月 変光星観測月報

201708111 201708112 201708113

先月は 5夜 / 78星 / 601測光 でした。

例によって低迷が続いています。お天気も良くなかったのも影響しています。

でも、ベランダ常設望遠鏡の不調が大きな理由で、これは3月から続いています。

極小観測数は 3個 でした。ぜんぜん少ないです。

月末に曇っていたけど観測数を増やしたくて

ベランダに標準レンズのカメラを三脚で固定して20分のインターバル撮影をして

写っている変光星を全部測定する事をやりました。

その効果で星数が過去最高になりました。

測定には変光星観測者会議で紹介したソフトを使いました。

先月は変光星観測者会議の他に

スイスの笠井さんとみなさんと三鷹の天文台を見学して、駅近くで宴会をして

変光星三昧の生活感で楽しかったです。

今後は、ベランダ常設望遠鏡の方は10cmに戻して使用しつつ

一年前に買ってほったらかしのSky WatcherのEQ5 GOTO赤道儀をベランダで使えないか

実際に使ってみて問題点を抽出して対策をして、一年かかってでも

ベランダ常設望遠鏡を15cmにする計画をあきらめないでやっていこうと思ってます。

15cmニュートンは筒外焦点が長くてCCDを付けるとバランスが悪くて

非力のスーパーポラリスでは追尾がうまく出来ないです。

それで、赤道儀をより強力なEQ5に変えて。って作戦ですが、

EQ5は南向きの視界の狭いベランダでは1点アライメントしか出来なくて

どーしても追尾がズレます。今のところオートガイドは考えていません。

でも、極軸が合わせられれば1点アライメントでも良いわけで

まずは、ここを試行錯誤していこうと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

REAS

https://reas2.code.ouj.ac.jp/cgi-bin/WebObjects/topssl
ここです。

使い方が難しそうです。

来年の観測者会議の申し込みフォームに使ってみましょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

ゴミの自己搬入

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-0b47.html
これの続きです。

事前に持込書類をダウンロードして

「布類」にチェックして

土曜に布団を持っていったら

「布団はダメ」だって言われました。

xxっていうところなら布団もOKだそうですが

平日のみだそうです。

今、休めないし。xxがどこだかわからないし。。

川に捨てちゃおう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

2018年、変光星観測者会議

来年の変光星観測者会議を倉敷科学センターで行おうと話が進み出しました。

6/23-24 ここが候補日です。

で、旅費と所用時間を調べたら、

茅ケ崎から倉敷まで4~5時間です。

●北茅ケ崎
| JR相模線[茅ケ崎行]3分
○茅ケ崎
| JR東海道本線[熱海行]25分
○小田原
| ひかり507号[新大阪行]1時間9分
○名古屋
| のぞみ163号[博多行]1時間40分
○岡山
| JR山陽本線[糸崎行]17分
■倉敷

倉敷から倉敷科学センターまでは
http://www2.city.kurashiki.okayama.jp/lifepark/ksc/access.html
バス+徒歩だと ざっくり1時間って感じです。
タクシーだと片道2000~3000円かな~

片道最大6時間の旅です。

で、問題の料金は

電車料金は片道16000円 x2=32000円
タクシー 3000円 x4=12000円
懇親会、食費 10000円
宿代 8000円
-----------------
合計 62000円

すごい大金です。私、小遣い3000円です!
今から積み立てても不足します。(; ;)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

SynScan 自動観測支援 Ver1.00

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/synscan-ver100-.html
これに関連して

「ss_goto_east.exe」をダウンロード

このプログラムは東水平に望遠鏡をGOTOさせます。

既に(1年前に)作ってあるものにRA,RDを指定してGOTOするソフトがあります。

他に、追尾停止/開始、SYNCとかのコマンドも試して

一つに統合しようかと思ってます。

それにしても、ベランダの赤道儀を交換するには

EQ5 MOUNTの極軸が合わせられないとダメです。視界が狭いので難しそうですがTRYしてみないと。

※パーキングのコマンドセットが無い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

第40回 木星会議

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-e13a.html
これの続きです。

>日時:2017年9月9日(土) 13:00~(開場は12:00)
>   2017年9月10日(日) ~13:00
>
>場所:東京都千代田区神田駿河台1-1  
>   明治大学リバティタワー(教室番号は追って連絡)
>
>参加申込:専用のメアドが設定されます

ほぼ一か月前ですが、参加受付が始まらないです。

だぁいぶユルイ会なんですね。

変光星観測者会議の準備もこれ位、気が軽いと良いのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SynScan 自動観測支援 Ver1.00

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/synscan-ver100-.html
これの続きです。

バグがあったので更新しました。

「ss_slew.lzh」をダウンロード

たぶん、32bit機しか動かないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

みんなで三鷹に行ってきた

先週の土曜日にみんなで三鷹に行ってきました。雨が降ってしまいましたが、そんなの関係なくとっても楽しかったです!

20170729_01

見学はこのメンバーで夜の宴会から前原さんが合流しました。

20170729_03 20170729_05

第一赤道儀室、かっこいいです。

今は太陽投影をしていますが、昔は光電管で測光をやっていて、その頃に見学した時は、インドの学生さんか?説明してくれて

わたしも光電管測光をしていた時期だったので盛り上がった思い出があります。

20170729_09 20170729_10

アインシュタイン塔。ここ見たこと無くて、ずーっと見たかったので見れて嬉しかったです。

20170729_13 20170729_14

でっ、たーーっ!、65cm。極黒のブリュンヒルデですよね!ここは。思い出します。

20170729_18

65cmに付けてた分光器だそうです。プリズムなんですね。

20170729_19

こんな風に観測してたんだ。当時の先端の観測装置と和服ってバランスが素晴らしいかも。

20170729_23

子午線儀に群がってます。

20170729_24

また、子午線儀。

20170729_26

もう一個、子午線儀。

ここは資料館になっていて、貴重な遺産が、まるで望遠鏡の墓場のように置かれていました。

20170729_27

これも見たかったものです。光学干渉計。中を見たい。

20170729_30

資料館に展示してあった一戸先生の変光星観測野帳です。じっくり見ると何を観測しているのかわかります。

S_img_0196

宴会!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

ゴミの自己搬入

布団を買ったけど

お店は引き取ってくれなくて。

茅ヶ崎市ではコンビニとかで500円のゴミ引き取りの券を買って

役所に電話して

指定場所に指定期日に券を貼って出して

持って行ってもらいます。

けっこう、面倒でしょ

ゴミの量を減らす目的で面倒でお金まで取ってるそうです(以前に市のゴミ減量課の臨時職員でした)。

しかし、って思います。

でも、自己搬入すればタダ

で、やってみようと

http://chigasaki-shigen.jp/selfloading/

土曜だと、「第1・第3土曜日 9時から11時45分」

明日だ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

SynScan 自動観測支援 Ver1.00

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/dload-1.html
ここで、

下記の2つを公開しています。

39-1.Advanced GT赤道儀 自動観測支援 Ver1.31
39-2.スカイセンサー2000PC 自動観測支援 Ver1.10

これはカタログした星のリストの中から

先に南中する星を選択した望遠鏡を動かして

それが南中したら次に南中する星に望遠鏡を動かすソフトです。

ベランダの望遠鏡を15cmにすると、スーパーポラリス赤道儀がちゃんと追尾できない症状が5ヶ月も続いていて困ってます。

それで、一年前に買ったけど狭いベランダでアライメントが出来なくてほったらかしになっている

Sky-WatcherのEQ5 goto 赤道儀に交換しようかと考え中です。

で、Sky-Watcher SynScan Hand Controller用の自動観測支援を作りました。

「ss_slew.lzh」をダウンロード

作っただけで、ぜんぜんdebugしていません!

64bit機しか動かないかも知れないです!

まぁ、機材入れ替えは、ほかも含めて課題がたくさんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

GCVS 5.1

今年の3月にリリースされた GCVS5.1 に伴って

食変光星の予報用マスターファイル(star.dat)を入れ替えました。

「star2.lzh」をダウンロード

例によって、作業時間ができたらホームページでの公開をします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

Phoebe 1.0

20170801

いったい、いつまで、このメンテナンスは続くんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »