« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月30日 (金)

まぁた、ST-5のベーキング

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/st-5-1411.html
これの続きです。

Oリングって規格があるみたいです。

たとえば、このメーカー
http://www.morisei-kako.co.jp/serch/serch1.html

ST-5のOリングを計ってみないと.

つぎに乾燥剤のベーキングをするときに計ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

SCW

でしたっけ?

https://supercweather.com/

GPVでいいよー

変えなくても

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

2017年 変光星観測者会議 プログラム

場所:明治大学 生田キャンパス 第2校舎五号館5203教室
参加費:無料

7月1日
12:30 受付開始
13:00 開会, 自己紹介・近況報告
13:30 発表[BASS projectによる低分散分光データの整約方法] 菅原賢
14:30 画像処理・測光フリーソフト"AstroImageJ"の使い方について 鈴木仁
14:50 「天界」変光星課活動報告の紹介 中谷仁
15:10 休憩
15:30 周期が分からない食変光星の観測 永井和男
      AstroImageJを使った測光事例 永井和男
      VSOLJが見つけたoEA候補 永井和男
16:30 最新機材の紹介 南口雅也
16:50 集合写真

18:00 懇親会 小田急線 生田駅 「鳥幸 生田店」

7月2日
09:30 変光星この1年 前原裕之
10:00 この夏以降の面白い変光星の予報の紹介 清田誠一郎
10:20 休憩
10:30 座談会
12:30 閉会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笠井の15cmに戻そうとしたら

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/15cm-17ed-1.html
これの続きです。

201706281

来ました!

201706282

これが!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

流星号2同士で捉えた3例の流星

平博の流星分科会で自作した流星カメラ「流星号2」同士で

今年になって、3例の同時流星が得られています。

U2_20170511_

大気圏軌道がこれです。

大島上空100kmを狙ってカメラを向けています。

M2_20170511_

これが、その3例の太陽系軌道です。

だいぶ、ソフト面(データ収集の方法ややり取りの仕方)が仕組みっぽく出来上がってきたので

これからどんどんサンプルが増えると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

わたしも raw2fits を使おうかな

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/raw2fits-4c48-1.html
これの続きです。

これやったら上下が逆になりました。

そーいえば、自分が作ったソフトは上下逆にするオプションを選べるようにしました。

高そうなので良いんだけど上下逆でチャートとにらめっこは間違いの元なので。。。

んーー?FITSヘッダーの時間おかしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

V1010 Ophのチャート

7月8-9日に工学院大学の八王子校舎で変光星観測合宿を

学校の自然科学研究部さんと行います。

V1010 Ophを観測しようと思っています。

ちょっと前に晴れたので試し観測をして

観測用のチャートを作りました。

V1010_oph_vchart_20170625

カメラがゴミ捨て場で拾った CANON EOS Kiss digitalでf=105mmレンズで撮影しました。

トリミングしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

求まった流星の太陽系軌道

観測は主に平博の藤井先生ですが、私のも僅かにあります。

20170624

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

6/17の太陽黒点

久しぶりだろうか

わりと大きめの黒点です。

201706231

西にD型の黒点、だいぶバラバラになってきていてJ型2個っぽく見えています。

東はJ型です。

201706232

どぎつい処理して。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

インストールしました

20170622

| | コメント (0) | トラックバック (0)

変光星観測かな~、めんどくさいのは

太陽・流星・変光星の観測を

かじる程度だけどやっていて

変光星の観測が一番面倒かなー

変光星の眼視観測じゃないです。CCD測光です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

まぁた、ST-5のベーキング

梅雨だと言うのに晴れて

ベランダの10cmが不調で使えないので

20cmを組立って観測をしたら

ガイド用のST-5が霜でチップが曇ってます。

ST-5のOリングが経時変化でペッタンコなので

何度、乾燥剤をベーキングしても

3ヶ月以内にチャンバーに湿気が入ってしまいます。

Oリング売ってない?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

Monitoring HD 148703 during upcoming eclipses

AAVSOのAlert Notice 581です。
https://www.aavso.org/aavso-alert-notice-581

これの観測をしようと思って、かれこれ時間がたってしまいました。

周期が223位の食連星のようで食は3.5日程度と予想されています。

次の主極小は 2017/6/11~6/14

ん?

終わってるーー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

これは本当だろうか?

201706191

これは本当だろうか?

GCVSでは EA です。

201706192

こっちも、GCVSでは EA です。

201706193

GCVSでは EW で、VSOLJで観測されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

笠井の15cmに戻そうとしたら

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/15cm-17ed.html
これの続きです。

鏡筒バンドの単販

やってました!

 φ176mm鏡筒バンド1個 ¥4,212
 φ176mm鏡筒バンド2個セット ¥7,344
 φ176mm鏡筒バンド2個+アリ型金具セット ¥10,368

鏡筒バンド1個を注文しましたが、

日数かかるようで、

これから作るのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月17日 (土)

HomePage更新

6/11に更新しました。

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/fitsphot-12a2.html
ここで公開したFitsPhotを

「FITS測光プログラム Ver 5.05」で公開しました。
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/dload-1.html

あと、

Galleryの太陽黒点に2-5月の写真を追加しました。
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/sun_2017.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

Astro Image J で BJD

201606161

たしかに。

BJDが算出できる

201606162

測光のセッティングも BJD出力 になってる。

201606163

WCS も よし!

201606164

んが、この様に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

6/25の研究コース

平博の天体観察会

今年度、2回目の研究コースで

1回目はガイダンス的な話をしました。

2回目は

やっぱり

測光実習だよねー

って事で、前回の資料を、うんと短くして

実習中心にして

R Leoが明るいのと、R CrBも測れそうなので

みんなに写真を撮って来てもらって、

201706151

201706152

201706153

201706154

201706155

201706156

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

変光星観測者会議 2017, ホテル

今回は家から近いからホテルの予約はやめようかと思ったけど

22時、23時とか飲み歩いて帰宅すると24時とかで

翌日の出発は7時とかなので

ホテル予約しました。

百合丘ホテル
http://www.yurigaokahotel.com/

楽天から予約したら 5200円(税込)だったけど

楽天カードのポイントが1万以上も溜まってて

使ったら

200円

になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

笠井の15cmに戻そうとしたら

赤道儀の調整をキチンとやれば鏡筒が重くなって大丈夫と。

10cmを15cmに戻そうと作業を始めたら

(色々ありまして)結果、

20170613

ネジが途中で折れてしまいました!

これは修復不可能です。

バンドだけ買えなかったら

おしまいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

観測者会議、懇親会会場

会場を予約しました。

小田急線 生田駅 「鳥幸 生田店」
http://www.torikou-ikuta.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

変光星観測者会議申込み(永井)

申込みしました!

>7/1・2日両日参加
>
>1.周期が分からない食変光星の観測(この発表は10分程度)
>2.VSOLJが見つけたoEA候補
>3.AstroImageJを使った測光事例
>
>発表申込が多数の場合は3番は無しでお願いします。
>
>懇親会 参加する

さて、準備時間があるだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

かんむり座Rが明るくなっているそうです

岡山県の前原さんによりますと

かんむり座R型変光星のかんむり座Rが明るくなっているそうです。

KWSで光度曲線を見てみると

Rcsrb_lc_20170610

たしかに急に明るくなっています。

かんむり座Rの変光星図をステラナビゲータ9で作りました。

R_crb_v_chart

梅雨時ですが晴れたら写真を撮ってみると良いかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6/2の同時流星

小田原と茅ヶ崎でやっている(みたいな)同時流星観測で、

6/2に2件ありました。

M20170602_1

軌道が求まったのは1件でした。

M20170602_2

これも SPO でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

第三回、連星勉強会に行ってきた

こんな内容でした。

永井
 変光星全般、oEA
 VV Cep
 連星の半径・光度などが光度曲線のどの部分に効果があるか
清田さん
 RED NOVAのつづき
 日心補正
中村先生
 光度曲線の解析に向けて(その2)
岡崎先生
 便利マクロ・観測面の話、群馬大の例

次回の連星勉強会の候補日
9/18(月),9/23(土)

次回のアジェンダ
・吉岡先生
  変光星全般 RV Tau型
・中村先生
  光度曲線の解析に向けて(その3)
・岡崎先生
  ケプラー衛星のデータ利用方法
・清田さん
  話題・測光観測
・永井
  AstroImageJ実演
  観測星候補リスト
  FreeのLC合成法ソフトのリスト
  
次回以降
 中村 光度曲線の解析に向けて(そのx)
 岡崎 分光連星の続き
 清田 変光星全般 CV
 永井 今後、参考になる論文見る(眺める)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

第三回、連星勉強会に行ってきた

ここで紹介した

1971~1972年にかけて眼視観測した RZ Cas のレポートを

ここに置きます。

「20170608.pdf」をダウンロード

理科大天文部の森田さんの観測とレポートで

眼視でこんな事が出来るんだ!ってすごい事やってます。

比較星の補正方法も解説されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

第三回、連星勉強会に行ってきた

工学院大学の28階の会議室でやりました。

201706071 201706072

この景色は金が取れるぞ!

201706073

色々と方向などが決まりました。

今日は時間がないので、ここまで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

2017年5月の変光星観測月報

先月は 5夜 / 5星 / 675測光 でした。
極小観測は 3個 でした。

vsolj-obsへは458測光を投稿しました。

とにかく、少ないです。

201706061 201706062 201706063

理由は主力にしようとしていじくったベランダ赤道儀の不調が原因です。

なんだかんだ20万も投資したのに。

で。たぶん、赤道儀は調整が出来ていると思う、

鏡筒は10cmが乗ってますが、15cmに変えたい。。これをすると、また嫌なことが始まるかも?

その買ったばっかりのCCDカメラが徐々に不調になってきているのも困りものです。

これが影響して 木星撮影 が、まったくもって滞っています。

もう、今シーズンはあきらめています。なので、土星で練習しようと思ってます。

一方、自動観測の流星はちょっとづつ同時流星が観測出来てい

日中の太陽は晴れれば撮影出来ています。

しかし、

先月・先々月は家内の手術があり

退院後は私が家事をしていて

家にいる時間の殆どの作業がこれになっています。

水仕事で手荒れが出てきました。

なのに、仕事が滅茶苦茶忙しくて、でも、家事があるので早く帰宅して

何もかも不完全で、負担を減らしたいので、そろそろFBもTwitteもアカウントを削除します。

もう、ずっとVSOLJ-MLを読んでない、、

でも、自分の観測は軌道に乗せたいので、これには時間を使おうと思っています。

時間がないのに週末は用事が多いです。

疲れがとれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

理科大天文部、回転シャッター流星号

土曜日に理科大天文部流星班用の回転シャッター流星号を平塚市博物館で作りました。

201706031

作成は学生さんがやってくれました。

201706033

面倒な羽根の作成も出来ました。

ついでに解析マニアルをpdfにして共有しました。

「meteor_analysis.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

やっぱり、10cmじゃ物足りない

20170604

CV-04の時は90sec露出でした。

ST-402にしてからは多色にしたくて、でも時間分解能も下げたくないので60sec露出にしましたが

Bが感度不足です。

今までの問題が赤道儀だったので 15cm に戻そうかと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

昨日は流星が飛びました

ここひと月以上

流れ星が少ないです。

昨日は(33x22度の画角で) 5個 検出しました。

2017/06/02 00:37:20
2017/06/02 22:18:30
2017/06/02 22:54:49
2017/06/02 23:50:02
2017/06/03 02:17:04

最近はお天気も良くなかったですが、ずっと、一晩に1個とかでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

ベランダの10cm反射

2月~3月にかけて

ベランダの10cm反射を15cmに変えて

CCDもCV-04からST-402に変えました。

けど、赤道儀がおかしかったようで

導入も追尾も出来ない状態が続いていました。

それで、大々的に極軸からやり直しました。

南中する星で極軸の上下左右を調整して

それからアライメントしたら

導入も追尾もそこそこに戻りました!

15cm反射は鏡筒のたわみのような症状があり

筒が良くなかったかと思って10cmに戻しましたが

判断は間違えで15cmに戻しても良いかも?って思ってます。

ところが、今度は

買ったばっかしの、と言っても中古ですが

ST-402がおかしいです。

20170602

左のように連続撮影していると、半分程度が右のようにシャッター半開きになるようになってきた。

フィルターが回転すると中で引っかかるLotのST-402なので

そーならないようにしてますが

でも、ダメみたいです。

じょじょに悪くなってるのはなんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

2017年 変光星観測者会議 発表内容

2つの発表を準備中です。

ひとつは、

ベランダでダラダラとやっている「周期不明の食連星」の観測結果
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/2017-9356.html

もうひとつは、

oEAしかないでしょー
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/64-4e82-1.html
の観測事例

と思ってますが、

AstroImageJでWCS その2
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/astroimagejwc-3.html

これが「AstroImageJでの変光星測光事例」で発表できそう。なので、
3つにしようか?

多いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »