« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月28日 (火)

Comet C/2015 V2 (Johnson)

そろそろ位置測定を始めよう

と思ったけど、

今朝5時の位置と明るさは

20170228

まだ暗いなー

ベランダから見えないので海岸に行って望遠レンズで撮影するので

もっと明るくならないと

8等とかだと4月かー

3月は暗いけどチャレンジしてみようかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月)

次は χ2 Hya

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/v1031-ori-d13-3.html
これの続きです。

>これを導入するのは難しいと思う。

たしかに難しい

と思うけど

先に双眼鏡で何度も確認してから

105mmレンズで「ココ!」って向けたら

Chi2_hya_chart2

一発で入りました、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

ST-402のフィルターホイールが来た

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/st-402-8851.html
これの続きです。

フィルターを付けました。

201702261

届いた物は右のです。左は以前に買ったもので、一万円程度高くなったんですね。

今回、届いたものは本体だけで説明書など何もなかったです。

まぁ、前に付けているので説明書は見ないで装着作業を始めました。

201702262

早速、適合するHEXレンチが無いです。

持っている物を全部試したけど、どれも合いません。

でも、以前に作業している。。。

で、調べたのはすべてメートルでした。

インチを探したら出てきて、やっと蓋があきました。

201702263

こっち向きじゃないとフィルターが回りません。(裏表)

こっちだったかな~??

でも、CCDSoftで色選択するとそれらしい物に切り替わります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年2月25日 (土)

笠井の15cmニュートン鏡筒

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/15cm-8396.html
これの続きです。

ST-402のフィルターが来たので

望遠鏡入れ替えの準備を始めています。

15cmニュートンのファインダーを地上景色で概ね合わせる作業をしました。

ファインダーはXY調整です。いういうのってバネっ気が弱くて直ぐにズレちゃう経験が多いですが、

このファインダーは大丈夫そうです。

鏡筒の蓋がすーごく硬いです。

あんまり力が必要だと赤道儀がズレたりしないか心配です。赤道儀が頑丈じゃないので。

ファインダー調整でアイピースを付けましたが

ピントが合いません。

手持ちのアイピースの全てが合いませんでした。

ボッケボケの景色を見つつ、調整しました。

最近の望遠鏡は眼視用じゃないんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

ST-402のフィルターホイールが来た

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/15cm-2256.html
これの続きです。

20170224

来ました。

早かったです。

>あとは、ST-402の電源が無いので作らないと

さー、これやらないと!

発送直前にマゼランさんから電話があって

「このフィルターはST-402のロットによっては回転の時に擦れて止まるものがあります」との事。

わたし、これ2台目で

1台目はその症状でした。座金とか工夫して解決出来ていたので「りょうかい!」って言って終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月23日 (木)

第840回天文学普及講演会

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/840-9dec-2.html
これの続きです。

常設展示も見ました。いっぱい写真を撮りましたが

2枚だけ、

201702191

これが一番気に入ったかも。

201702193

ニュートンの望遠鏡って口径5cmだって

これで天体観測をしたの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

第840回天文学普及講演会

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/840-9dec-1.html
これの続きです。

201702221

ミュージアムショップでマウスパッド

2つ買ってきた。

もう、Nhが入ってます。

201702222

恒例の宴会で飯塚さんが出版ホヤホヤの本を持っていて

ご本人から買っちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

第840回天文学普及講演会

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/840-9dec.html
これの続きです。

たいへん広範囲の話で時間がぜんぜん無かった様子です。

とにかく惑星はどの恒星にもある。って思ったほうがよくて

地球のような惑星もたくさんありそうです。

わたしは系外惑星の話が面白いのですが、みなさんはアストロバイオロジーに話がよってました。

2017022100

2017022101

2017022102

2017022103

2017022104

2017022105

2017022106

2017022107

2017022108

2017022109

2017022110

2017022111

2017022112

2017022113

2017022114

2017022115

2017022116

2017022117

2017022118

2017022119

2017022120

2017022121

2017022122

2017022123

2017022124

2017022125

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

笠井の15cmのファインダー

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/15cm-2256.html
これの続きです。

この鏡筒にはファインダーが付いていないので

ファインダーも一緒に買いました。

7000円近くします。

ビクセンのファインダーが余ってるので

試しに付けてみたら

20170220

装着出来ます。

7000円が!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

V1031 Oriの次は

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/v1031-ori-d13-2.html
これの続きです。

デジカメ測光の再開って事でV1031 Oriの観測を始めて

西に来てしまったので

τCMaの観測に切り替えました。

この星を選んだのは

GCVSの最新版を整理している中で

以外にバイエル名の食連星がある事に気がついて

ちょうど良い赤経にいたτCMaにしました。

でも、τCMaも21時過ぎには西側のマンションに隠れるようになってしまい

次のバイエル名の付いた食連星って探すと

Chi2_hya_chart

χ2Hyaになります。

これを導入するのは難しいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

ホームページ更新

12日の日曜日にホームページで「2017年度の短周期食連星の極小予報」を公開しました。

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/mintop18.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

自転車にナビゲーションシステムを付けた

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-65f6.html
これの続きです。

二年近く使ってましたが

もともと露天に耐えられる物じゃなかったので

錆び出してバネっけも硬くなって使いにくくなり、

20170217

ちゃんとしたのを買いました。

二年前は売ってなかったのに

今ではアマゾンで様々な種類のスマホホルダーが安価で売ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

高感度CMOSカメラ 流星号2 の設定

今度は、カメラの設定で露出時間が長いように見える指摘を受けまして

SENS-UP が OFF か確認する必要が出まして

設定を確認しました。

20170216

外にあるカメラのすぐ横にNTSC-MのVideo信号で出すコントローラがあって

それを操作する必要があります。

これも外にあるので防水箱の中でビニール袋やテープで頑丈で

これを壊してコントローラをいじれるようにします。

で、操作画面は室内のPC画面なので

もー、行ったり来たりで設定を見ると AUTO になってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

流星カメラの方向

平博では流星カメラの方向を「大島上空100km」としました。

地図とか調べれば大島までの距離や方位がわかります。

それから方位角・高度を求めてカメラを固定しますが

今まではスマホアプリの方位磁針や角度計を使ってあわせてましたが、

簡単に10度とかズレます。

ほかの人もそんなにズレると同時流星の監視範囲が狭くなってしまいます。

そこで、流星ビデオカメラの画像をリアルタイムで見ながら

ステラナビゲータの表示と一致するように位置固定するようにしました。

201702151 201702152

「視野」→「中心座標を指定」にして、「方位/高度」をクリックしてから「座標」に値を入力すると星図の中心が指定した座標になります。

ステナビの表示をリアルタイムにするとなお良いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

V1031 Oriの次は

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/v1031-ori-d13-1.html
これの続きです。

2月12日までの光度曲線は、

Tau_cma_20170215

副極小の位相は0.4付近のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15cm、来た

20170215_kasai15cm

笠井の15cm f=600mmを買った。昨夜、届きました。

これを10cm F6と交換して

CCDもCV-04からST-402に交換する計画です。

赤道儀はスーパーポラリスのままで、SS-2000PCで駆動します。

ST-402のフィルターホイールは、まだ来ない。あと一ヶ月ってところ。

多色測光を手軽にやれるように準備しています。

あとは、ST-402の電源が無いので作らないと

EQ5 GOTO Mountは失敗でした。マンションではアライメントが出来ないです。

今度はうまくいってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

ECL2016

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/ecl2016.html
これの続きです。

「ecl2016.dvi」をダウンロード

できました!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Outlookのpstファイルがでかい!

メールを削除しても"でっかい"ままです。

Outlookって嫌になります。

で、

データファイルのプロファイル→詳細→今すぐ圧縮

をやったら

それなりのサイズになりました。

なんでしょうね。これ。圧縮じゃないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

第840回天文学普及講演会

今度の科博の講演会は井田先生の系外惑星です!

 第840回天文学普及講演会
 系外惑星系の多様性とハビタブル惑星の遍在可能性
 東京工業大学/井田 茂
 2月18日 14時00分~15時30分
 上野本館 日本館2階講堂
 http://www.kahaku.go.jp/event/all.php?date=20170218

これはいかんといかん。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ECL2016

Kitさんの12月の観測報告が来ないです。

いつもは半月遅れですが、もうひと月半も来ないって事は12月は食を観測していないのかな。

まぁ、いいや。もしあれば、来年のにアディショナルで入れれば、

と言うことで昨年の食連星の極小観測数を集計したら、

356件でした!

すくなっ!!

やっぱぜんぜん晴れなかったのが効いてます。

人別の極小観測数は、

Hsk 3
Ioh 79
Kai 8
Kis 15
Kit 16
Kub 22
Mdy 6
Nga 129
Sae 1
Set 35
Siz 42

でした。

観測者数も少ないですね。11名。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

V1031 Oriの次は

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/02/v1031-ori-d138.html
これの続きです。

τCMaの観測を始めました。

Taucma_20170212

振幅は少ないけど光度曲線は作れそうです。

でも、標準星5つを使って測定していますが、

重なりません。

露出時間を30秒から45秒に増やしたらバラツキが減りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

XAGYL社製フィルターホイールのコマンドセット

星見屋さんで売っているカナダ製のフィルターホイールのコマンドセットですが、
http://hoshimiya.com/?pid=96763542

32400円の、、

これのコマンドセットですが

星見屋さんに問い合わせましたら、

中はFTDIが入っていてuart通信だそうです。

コマンドセットは下記のモデルと同じとの事で、

http://www.xagylastro.com/manuals/FW5125_User_Manual-3.1.5.pdf

安いし、買ってみようか!って思った次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

2月3日のカノープス観察会

平博恒例のカノープス観察会に行って来ました。

19時に科学教室に集合して車で海岸のボードウォークに行って21時までカノープスを観る

と言う

毎年、詳しいプランの無い集まりで

今回も着いた途端に各自好き勝手。逆にこれが楽しいです。

まず。

20170203_

ミラ。月が近いです。

私は分光で遊びました。

20170203__2 20170203__3

すばるとオリオン星雲です。

20170203__4

で、カノープス

カノープスの右下の輝線の光源は

今までは船かと思ってましたが

大島の灯りでした。

それにしても何かは分からないです。灯台かなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月10日 (金)

2月はじめの観測

2月に入って、夜に出かける用事があったり、曇ったりで観測が減って来ました。

Kl_cma_20170201

2/1の観測をKL CMaの光度曲線に追記しました。Vで観測はそこそこあるけど、Icが少ないので続けようか?

Am_cma_20170201

2/2の観測をAM CMiの光度曲線に追記しました。これも観測が空き過ぎちゃってます。

Oz_hya_20170201

2/3の観測をOZ Hyaの光度曲線に追記しました。OZ HyaはHipparcosの発見でGCVSに周期の記述がない系です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

NikonのRAWが開けない

2月4日に工学院大学八王子校舎で食変光星の観測合宿を行いました。
工学院大学の自然科学研究部と明治大学天文部との合同観測会です。

観測はNikon D-7100でYY Eriを連続撮影して
撮影するたびにSDカードを抜き取って各自がステライメージで測定する実習です。

で、私はSI6.5なのですが

NikonのNEFファイルが開けませんでした。

そーいえば以前からそうでした。

IRISでFitsにして測定していましたが、

SI6.0の人がいて、その人は開けました。。

なるほど。。。

SI6.5にupdateしてもSI6.0が自動では消されない理由は

これなの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

2017年1月 変光星観測月報

先月は 25夜 / 36星 / 7566測光 でした。

極小観測は 26極小 でした。

201702081 201702082 201702083

観測夜数と測光数は統計を始めて

過去最高になりました!🎊

その割には極小観測数が大漁ってわけではありませんでした。

これは20cmの稼働率が非常に少なかった事にあります。

2夜位だったかな~。20cm使ったの。

20cmは組立と片付けが面倒で、導入にトラブルが多く

翌日の仕事(体の具合)にも影響が出てしまい、ぜんぜん使わなくなって来ています。

20cmを使うと10cmよりS/Nの良い観測が出来、多色でもあり、同時に3極小観測出来て

メリットが多いです。

で、調子の良い10cmもST-402XMEに変えて多色測光にしたいわけです。

もしかして、こっちの口径を大きくしようかとも思案中です。

今月から藤沢勤務になりましたので、通勤時間が減ったので、20cmの再稼働も検討しないといけないですね。

細々とやっている恒星の低分散分光は

ベランダの観測場所をDSLRによる食連星観測にとられちゃって低迷になりました。

20cmの赤道儀を使って分光を再開しようかと考えています。

また、ST-402が2台になったので高分散も再稼働可能かも知れないです。

流星の分光の方は解析に必要な基礎的データの取得は完了しましたが、

流星が写ってくれないです。

出現数の多い流星群に合わせて撮影計画を進めるつもりです。

惑星カメラの方も作成しただけで月の撮影を一回やっただけです。

月で構わないのでスタックの練習やImPPGを使った模様強調の練習をしないといけないですね。

CCDのIc band測光をした BQ Eri と DSLRのcG band測光をした V1031 Ori の解析をしないといけないのと

今までの恒星分光写真の整理・公開もしたいし

やりたい事がぜんぶ滞っています。

GCVSの更新に伴った予報用マスターファイルstar.datの更新が出来たのはよかったです。

NSVが更新されているのにASASのAliasを作り直していないのはイカンですね。

恒例のPC壊れは、2台壊れたので捨てて、3千円で1台買いました。

今は更に一台が不調で、購入したPCに入れ替え作業をしないと観測に影響が出ています。

その影響で流星の高感度カメラが止まったままです。

って感じでやる事がてんこ盛りです。なのに、日々の観測の測定が追い付かないでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

ST-402XMEを買いました

ヤフオクでST-402XMEを買いました。8万円でした。

20170207

と言う事で2台になりました。

これを買ったのは

主力の10cmではCV-04と言う第一世代のチップでIc band測光をしていて

完全にこのシステムが主力になってしまいましたので

多色測光をしたくて可視光の感度も上げる必要性を感じて

買いました。

このCCDカメラは専用のフィルターホイールになるので

国際光器さんに注文しましたら

納期45日との事です。

でも手に入るのでそのまま注文しました。

そこで知ったのですが

ST-402Mと言う新機種が出ているそうです。30万円。ホームページで見当たらない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

V1031 Oriの次は

EOS Kissのベランダ食変光星観測を再開して

ずっとV1031 Oriを撮影していますが

かれこれデータも溜まったので

次にしましょうか

Tau_cma

http://www.sai.msu.su/gcvs/cgi-bin/search.cgi?search=tau+CMa

τCMaかな、4等星だと明るいので露出時間を減らそう。

今、120秒で5.0等が飽和してるので、30秒って所です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

45Pが見頃

http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/8888_ph1702al
ここで解説されています。

ここ一週間で見ないと暗くなってしまいます。

さて、早朝に海岸まで行くか。。

「早朝海岸」はやったことない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

USBモバイルバッテリーがパンパンです

今日、持っていこうと思っているUSBモバイルバッテリーの電池が膨らんでパンパンです。

20170204

ケースがしまらないです。

このバッテリー5000mAhのデザイン容量ですが、

測ったら1500mAhでした。

捨てても良いかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

ホームページ更新

1月29日の日曜日にホームページを更新しました。

まず、恒例の「太陽面画像」で、
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/sun_index.html
12月1月の画像を追加しました。

次は、「私の好きな変光星」
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/syokai.htm
YY Eriの25年間の観測です。

それから、
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/aliastxt-f90e.html
これの続きで、

GCVSの更新に伴って、極小予報用データベースstar.datとASAS名とGCSV名のエリアスAlias.txtですが、

Alias.txtに関しては「6.日心補正計算プログラム」を更新しました。
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/dload-1.html

GCVSの方は、「16.O-C計算 Ver3.50」と「18-1.食変光星極小予報」と「6.日心補正計算プログラム」で使っている 極小予報用データベースstar.dat ですが、

「18-1.食変光星極小予報」のstar2.lzhをダウンロードして

それぞれのフォルダーにstar.datを上書きして下さい。

これで最新になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

工学院大学八王子キャンパスでの食変光星観測合宿計画

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-573e.html
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/nikon-5936.html
これの続きです。

いよいよ、今週の土曜日に開催します。

明大天文部さんも合流されて

10名以上の大所帯になりそうです。

観測は YY Eri

201702021_yy_eri_f100mm

四角はAPS-Cで100mmレンズの画角です。

部室に全員は泊まれないので

22時には終了して終バスで帰ります。

でも、泊まって継続観測する人は

AP Leoを観測しようと

201702021_ap_leo_f100mm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

FM Leo

Hipparcosが発見したEA型の食連星です。発見時は周期が求まっていませんでした。

今世紀に入ってから周期3.36日とされましたが

実際にはその倍の周期でした。

私はこの星を自動観測のプログラムに入れて観測していて、

20170201

min=2452502.546+6.728618xE Nov/2012,Cracow で光度曲線を書くとこのようになります。

副極小は 1/27 に連続測光したものです。

この系は主と副の深さが同じらしいのですが、

この光度曲線からは、やけに副極小が深く見えます。

min=2452499.182+6.728606xE (M.Ratajczak et. al. 2010) で求めると主極小になります。

深さが同じなのでどっちがどっちだか分からないけど

自分も主極小を観測しないとハッキリしなくて気持ち悪い感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »