« EOS Kiss digitalでの変光星観測を再開するぞ | トップページ | あけましておめでとうございます »

2016年12月31日 (土)

2016年を振り返る

天文功労賞授賞
やっぱり一番はこれですよね。自分にとってこんな華やかな年は後にも先にもこれが最後か?っていう位です。
たくさんの講演会・原稿執筆・取材などありました。これが結構たいへんでもありましたが全部こなせて良かったです。
最後の記念講演はnはりまでのミニ研究会で、発表者の方々が熱弁で少しづつ時間超過で、最後の私は3分でした!
しかも、用意した原稿ではなく「サイエンスにして下さい」との事で、ぜんぜん記念講演っぽくありませんでした。これも楽しい思い出です。

分光
SAIVOの分光器にEOS Kissをつけられるようにしました。でも、ぜんぜん感度が足らなくて、別なカメラを用意するまでやめることにします。
一方、SA-100による撮影がちょっと進み出しました。画像処理のソフトを作ったりして解析手順も徐々に出来上がってきています。来年はもっと頑張ろうと思います。
まず、いっぱい星を撮影してカタログを作って、暗い星の撮影も練習して、最終的にはEW型食連星のスペクトル型を自分で決められるようになりたいです。
年末になって流星用の分光器が来ました。こちらはまだまだ練習中。でも、もう、しぶんぎが始まります!

望遠鏡のトラブル
ことしも盛りたくさんです。
20cmの赤道儀はSS2000PCの問題はなくなりましたが
老朽化でしょうか?原因はまだわかっていませんが、導入がぜんぜん出来なくて使わなくなってきています。
それで新たに赤道儀を買ったのですがアライメント星を自由に選べなくてベランダでは使えません!
一方、ベランダに置きっぱなしの10cmの赤道儀は調子が良くて
一発でCCDの視野に変光星が入ってこれて観測の主力になっています。
来年は20cmでの測光はやめて、分光とか木星とか違ったものに使って
10cmの方を大きな口径にしてこっちで多色測光をしようかと思うようになりつつあります。

Windows 10の悲劇
3台をWindows10にしました。
拾ったVAIO type-Gは調子よく10になった。けど、
Windowsタブレットも10になったけど8.1の時のほうが使いやすくて元に戻そうとしたけど戻せなくてOSのBootもできなくなり工場出荷状態に戻しました。
メインのPCのVAIO Pro11も10にしたけど、これはひどい結果でした。これは8.1に戻しました。その惨劇は http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/10-5cc7-1.html です。

流星観測
昨年は回転シャッター流星号が完成し、流星の位置と角速度の観測を始めました。
今年は高感度CMOSカメラを使った流星号2が完成し狭い範囲ですが同様な観測を始めています。
これを使うと晴れていれば必ず流星が写ります。
でも、期待した同時流星が観測出来ていません。
10名程で流星号を作りましたが誰も使ってません。
仕方がないので係数観測に使っています。つまらないです。
でも、分光器が手に入ったのでやる気が息を吹き返してきました。あんまり考えずに続けてみようと思ってます。

連星研究
今年のはじめにKaiさんの観測したOT Lacの解析をちょっとやってみて
以降ほったらかしだったのですが、6月の変光星観測者会議で記念講演って事で、この系をちょっと話をして
11月の日吉の連星研究会で発表数が少ないと言う懸念からOT Lacの発表を申し込んで最後まで解析しました。
この日吉の研究会が切っ掛けになって関東地区で連星ゼミをやろうってことになり
12月に新宿の工学院大学で第一回の連星ゼミを行いました。
続くかわかりませんが、好評により3月に二回目を予定しています。

番外?
月惑星研究会の例会に行きました。
変光星・太陽・流星と観測の範囲を増やして、天体写真もちょっとだけ始めました。今年は年末に月惑星研究会に行ってきました。
木星カメラを作成中です。か、月面発行モニターをしようかと。

来年1月で定年ですが再雇用します。条件に「藤沢勤務」を出して飲んでいただいたのですが
大崎勤務だそうです。これってサギ?
なので、厳しい東海道線1時間立ちっぱなしの混雑通勤が変わりません。観測は減る一方と思います。
でも、観測はやめないつもりです。

年末になってベランダの目の前のスーパーに看板が新設されて、その夜間照明がキョーレツに眩しいです。一晩中、望遠鏡が照らされてます。
やる気はあってもこの場所じゃ観測は無理かも。

|

« EOS Kiss digitalでの変光星観測を再開するぞ | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/112401/68982998

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年を振り返る:

« EOS Kiss digitalでの変光星観測を再開するぞ | トップページ | あけましておめでとうございます »