« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月31日 (水)

天文月報が届いた

201608311

日本天文学会から郵便が届きました。

201608312

天文月報が2冊入っていた。

http://www.asj.or.jp/geppou/contents/2016_09.html
これの 《2015年度日本天文学会 天文功労賞(長期的な業績)》 が「蔵出しじゃないので読めない

でも、印刷物が届いた!よかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月30日 (火)

ビデオの方も桜時計にしよう

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-3872-6.html
これの続きです。

Windows 10に桜時計を入れたら

20160830

時刻の設定が出来ないって!

追記:

mei/nekoさんに管理者で実行って話を聞いたのでやってみたら

時刻の設定も出来ました!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年8月29日 (月)

流星号2

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-3872-5.html
これの続きです。

>CONATCAMで流星は写せない??

設定を変えてチャレンジを続けていましたが

お天気が良くなくて。。。

でも、やっと写りました!

DSLRに回転シャッターを付けた「流星号」と

高感度ビデオカメラの「流星号2」を併用して撮影して

8/27 2:19の流星が写りました。

20160826

こちらが回転シャッターの方の写真

201608262

こちらはビデオカメラです。

2台のPCを使っていますが、

時刻が一致しません。

回転シャッターの方はXPで桜時計

ビデオカメラの方は10でOSが自動設定。これがズレています。

ビデオの方も桜時計にしよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

EQ5 GOTO 赤道儀、オートガイドケーブル

さて、次はオートガイドのケーブル作成です。

まず、EQ5のガイドポートを見てみると

201608281

で、ST-5の方はST-4と同じで、

201608282

あれ、互換って話だけどDECが逆だ。まあいいか。

ST-5の本体のDSUB-17のピンアサインは、

201608283

となってます。

それで、ST-5には自作のケーブルがささっていて、

201608284

そのピンアサインは、

201608285

としたので、このDSUB-9とRJ-11の配線を決めれば良くて

201608286

これだ!

さて、作ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

Windows 8.1 で MSComm を使うには

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/windows-81-msco.html
これの続きです。

どーもわからん。

ここでやったことを visual basic 5 の入っている Windows 8.1 tablet でやってから

この PC で MScomm を使ったソフト開発ができなくなりました。

Visual Basic を再インストールしてもダメです。これはOSの再インストールからでもやらないとダメっぽいです。

それで、他のPCで何が動くのか動かないのか調べてみました。

今のところ作ったソフトは2つで

201608271

これは PC の時計で SycScanハンドコントローラの日時をセットするソフトで、仮に DT_set とします。

201608272

これはSycScanコントローラから赤経・赤緯を読み取ったっり、設定した赤経・赤緯にGOTOさせるソフトで、仮にSycとします。

これは32bit XPでコンパイルした Syc 32 と、64bit 8.1でコンパイルした Syc 64とします。

これとステラナビゲータで試しました。

201608273

動作・非動作の結果です。

やっぱり、Tabletでは動かないです。

あと、XPでは64bit 8.1で作ったものが動かなかった。

と、思ったら、DT_setは64bit 8.1でコンパイルしたものでした。

謎は深まるバカリです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

外付けDISPLAY

LCD-8000Vだって。 壊れてない。

201608261 201608262

でも、使わないだろうなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

アルマで探る惑星系の誕生

土曜日に平博の数名と一緒に科博の講演に行ってきました。

筑波大の百瀬先生により「アルマで探る惑星系の誕生」と言うお題で

講演はALMAの観測からT Tauの早期円盤のディテイルがわかり解釈によっては林先生の京都モデルよりずっと早い段階で惑星が作られている証拠のようなものが着々と集まっていると言うようなものでした。

衝撃できた。

まず、午前中に博物館を見学

2016082500

2016082501

2016082502

2016082503

例によってぜんぜん時間が足りませんでした。ほんの一部しか見学できませんでした。

2016082504

ラッキーにも科博のラウンジに座れました!

上野駅に着いた時に駅弁を買ってあり

結構高い駅弁でしたが、これとっても美味しかった。

そして、百瀬先生の講演

2016082505

2016082506

2016082507

2016082508

2016082509

2016082510

2016082511

2016082512

2016082513

2016082514

2016082515

売店に行って帰るつもりでしたら、いつもの流れで懇親会へ

2016082516

2016082517

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年8月24日 (水)

流星号2

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-3872-4.html
これの続きです。

CONATCAMで流星は写せない??

まてよー

20160821

ここの設定を 0 にするとひっきりなしに検出・保存をするので

「ダメ」って思ったけど

0 にして、検出感度を(80から)下げたらどーなるの?

って事で、0にして、検出感度も0にして、徐々に感度を上げていった

いい感じです。

日中試しましたが、ぜんぜん検出しないです。まれに鳥が飛ぶと検出します。

夜間にこの調整をすればイケル!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

9/10の研究コース

平博でやっている天体観察会の研究コースのスライドが出来た。

2016082301

2016082302

2016082303

2016082304

2016082305

2016082306

2016082307

2016082308

2016082309

2016082310

2016082311

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

home page更新

Galleryの太陽黒点に4,5,6,7月の写真を追加しました
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/sun_index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8/25からの金星木星の接近

金木星と言われる接近です。

お天気もありますが、この時間に帰れるのか?

20160825

20160826

20160827

20160828

20160829

20160830

20160831

四角は105mmレンズの画角です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

流星号2

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-3872-3.html
これの続きです。

CONATCAMで流星は写せない!

20160821

ここの設定を 0.1 とかに出来ないと

1秒なんてゆっくりな流星無いです。

で、設定は整数しか入れられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

月光天文台に行ってきました

もう一週間たってしまった。

ペルセ群に合わせて行ったのですが、あんま天気が良くなくて

私は一つも流れ星を見ませんでした。

スナップ写真もぜんぜん撮らなかった。

201608202

もう、二日目の朝で片付けも終わって帰るところ、まで写真撮ってなかった!

201608201

なんともモノグサで、この宿舎の中で集合写真。

201608203

そのあと、売店に行って

201608204

ロケットのシャープペンシルと星座のコースターを買った。

201608205

嬉しいのは、持っていったEQ5赤道儀と、GPの三脚架台が適合したこと!

観測はしてなくて、8cmでSA-100の分光をした。

Alpha_cyg_20160812_2256

Alpha_aql_20160812_2259

Aipha_lyr_20160812_2301

Beta_lyr_20160812_2305

ぜんぶ A型 ですが、かれこれ様子が違うんですね。

自宅ベランダでの撮影でも、ずっと出ている、5500~6000の間の盛り上がりはカメラが作っていると思います。って事がわかりました。

感度調整をしないといけないって事だと思います。が、

私の低分散の目的が「11等までのEW型食連星をlateかearlyか判定する」には問題ないかも知れないので

とりあえず、このまま進めよう。と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

流星号2

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-3872-2.html
これの続きです。

画角を実測しました。

20160819

33 x 22 deg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

ある日のリビング

観測中にリビングのパソコンを撮影しました。

20160818

これらの制御・監視・データ処理などは別な部屋の2台のPCから

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

流星号2

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-3872-1.html
これの続きです。

ベランダに設置してます。

201608171

部屋の照明を付けるとタッパーの構造が写ってしまいます。

201608172

反射望遠鏡用の植毛紙があったので貼りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

流星号2

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-3872.html
これの続きです。

CONTACAM動作中なのでLive CAMにもしました。

http://nga-star.o.oo7.jp/live_camera.htm

日中も動いていて1分毎に画像を更新しています。

動体検出は「鳥」をいっぱい撮影しています。

流星号2は鳥好きだった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

流星号2

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-3872-4.html
これの続きです。

先週ですが設置しました。

20160815001

これが室外と室内を接続するもので、真ん中のペラペラな板をアルミサッシに挟んで室外と室内に分かれます。

左が室内、右が室外

20160815002

これは室外の部分。カメラに12Vを供給してビデオ信号を出力してきます。

20160815003

これは室内の接続で、ACアダプタとUSBビデオキャプチャーの2つに分かれます。

20160815004

カメラをベランダに設置しました。雨とかに濡れないように接続部分もタッパーに入れました。

20160815005

これは痛々しい。いつか切れるかも。

20160815006

CONTACAM動作中です。

設定は

Contacam1_2 Contacam2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

あれ?Mac OS Xが動かない

月光天文台でVMware上のMac OSが動きませんでした。

そーいえば、BIOSのupdateをしたなーと思って

BIOS画面に入ろうとしたけど、ESC,F1,F2...いろいろ押してPower ONしたけどBIOSに入らない。。。。

さっき試したら、Power OFF状態で本体のASSISTボタンを押すのでした!

201608141

たしかにへん。一番上をこのように変えました。

201608142

動いた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

飽和を調べる

今夜、Fieldで調べそうなので

Linkをまとめました。

AIP4WIN
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/aip4win-db72.html

IRIS
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/IRIS_PSF.pdf

Makari'i
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/02/makalii-5d0c.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月光天文台に行って来ます

今日は一泊二日で静岡県の月光天文台に行って来ます。

観測は低分散分光だけにしました。観測じゃないか。撮影だけです。

夜半過ぎは系外惑星の測光と望遠レンズでRZ Casの副極小の測光。どっちも難しい観測です。

とにかく、あした(もしかして明後日)のブログは無しかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

SS2000PC シャックリ

ACアダプタの電圧を10.5Vから10.0Vに下げたら

赤道儀がちゃんと動かなくなりました。

今回は、

20160811

ボリウムで出力電圧を可変出来るようにしました。

まず、11.0Vでテストします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月10日 (水)

OO Aqr

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/oo-aqr-1.html
これの続きです。

昨夜も測光観測して副極小を観測できました。

Oo_aqr_201608101

これが今までの全観測で、

Oo_aqr_201608102

これが今年の観測

思うに、この明るさだと低分散分光が出来るわけで

こういう観測プランも作って行きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屈折で低分散分光の準備

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-42ba-1.html
これの続きです。

今度は 20cm でSA-100による分光をしてみました。

Delta_sco_20160806_20sc

これは δSco。 このオレンジの部分の輝線は高分散で星から物でない事がわかりました。

今まのSA-100での分光写真にも写ってます。

δScoの輝線ってそんなに強くないみたいでSA-100では写らないのかも知れません。

8/12-13に月光天文台に行くので、そこでもSA-100で分光してみます。

Alpha_aql_20160806_20sc

これはアルタイル、ISO6400 1/30秒 21枚コンポジット です。

次に、これは

Alpha_aql_20160729_8r

以前に 8cm で撮ったアルタイルです。

これだけ明るいとS/Nは口径とは関係ないですが、20cmの方はHγも写ってます。

では、暗い星は

Tyc105828951_951v_k2_20160806_20sc

TYC1058-2895-1で 20cm ISO6400 30sec 5枚コンポジット です。

K2 の 9.51等 です。

かなりS/Nですが、K型っぽさはわかります。

8cmで暗い星を撮影したときは15枚コンポジットだったので

例によって差がよくわからないです。相変わらずの無計画な検討です。

きっと8cmでも20cmでもあんまり変わらないかも知れないけど

20cmの30秒露出の方は11.5等も分光されていたので

目標の11等台のEW型のsub classを調べる観測に使えそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

コンデジで撮った「月と木星」

買ったけどあんまり使ってない DSC-WX200 で月と木星を撮った。
http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-WX200/

科博観望会の際に不忍池で月・金星・木星を撮って

天体写真にも使えるかなと思って

20160806_001

20160806_002

明るい対象ならこれでいいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OO Aqr

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/oo-aqr.html
これの続きです。

8/7がちょうど観測していない位相だったので観測しました。

Oo_aqr_20160807_ic1

うまい具合に極小でした。

Oo_aqr_20160807_ic2

なるほど、主極小が観測出来ました。

極小推算式は元期を修正して

min=2453551.553+0.5866150xE (K.Nagai, 2016)

このようになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 8日 (月)

科博の観望会

せっかく勤務地が品川区大崎なので仕事が終わってから科博に十分に行ける距離と時間なので

観望会に行って来ました。

観望会は何年か前から「申込制」になっていて

一か月前の7月にWeb申し込みしました。

201608081

受付開始時間より前に上野公園に行って不忍池のほとりで月齢3の月を撮影しました。

ポケモンGOで大賑わいでした。

この日は(見かけ)太陽に近い順に金星・水星・月・木星が直線に固まっています。

でも、太陽からの離角が少ないのでとっても見つけにくいです。

水星は見つけられませんでした。

金星はビルに隠れる寸前に見つけられました。写真はショボイので無しにします。

木星が明るくなるまで待って月と木星を撮影して科博に向かいました。

201608082

夏休みだから混んでいる!って訳じゃないです。定員制なので。

でも、ドームには入りきれなくて長い列になって、なっかなか先に進めません。土星が見れました。

201608083

天文学者みたいだぞ!この写真!

外の屋上にも小型の望遠鏡がたくさんあって、土星と火星を見ました。

見た時間の合計は30秒位でしょうか?待っている時間は1時間半って所です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

OO Aqr

20160808_ooaqr

この星、一度も極小を観測出来てない。

CracowにもBAVにも、この星の極小データがない。

で、BRNOを見たら

7件の観測があって

うち、4件がNagai Kazuoって人だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 7日 (日)

2016年7月、変光星観測報告

先月は 5夜 / 11星 / 743測光 でした。

201608071 201608072 201608073

例によって少ないです。ずっと天気が悪かったです。

仕事も忙しくて日に日に疲れも溜まって

でも、ベランダに置きっぱなしの10cm反射が調子よくて

どうにか 5晩 の観測が出来ました。

8月に入っても忙しくて晴れても10cmしか使えない日が続いています。

定年まで半年となりましたので年休消化を始めます!って職場に宣言して同意も得ていますが

ぜんぜん今までと変わりません。

先月は「流星号2」「高分散分光」「低分散分光」と

ちょっとずつ先に進んでいます。

購入したEQ5赤道儀も使い方も分かりつつあり、必要なソフト作成もちょっとずつ進んでいます。

この赤道儀がうるさくてもの問題の方は三脚架台のネジ問題よりも大きくて

ためしにベランダで動かしてみたら

そーでも無く思いました。住宅なのでうるさいと使えなくて、この辺の判定がNGだと、この赤道儀は買っただけで押し入れ行きとなります。かなしい。

流星号2は、ハード面ではベランダへの常設設置の段階に来ています。

ソフト面では動体検出ソフトが定まらなくて、ここが今後のキーになります。ハードの設置前になんとかしないといけないです。(初代 流星号の再稼働もしたい)

低分散はベランダで20cmでやろうと思ってますが

今月の月光天文台遠征で8cmで幾つかサンプルを撮影して、これと自宅での20cmと比較してどっちで進めるか決めようと思ってます。

高分散の方はDSLRにしてから一度しか星に向けていませんが

感覚的には冷却CCDに戻るべきと感じました。

お金が無いのでカメラが買えないから、これで続けるか、手持ちのCCDを代替えにするか、んーー、困ってます。

逆に思うと、お天気が悪かったので、こんな作業に進捗があったのかも知れないです。

今月は変光星観測をたくさんやりたいです。って、毎月思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日 (土)

高分散分光の為に

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-0787-3.html
これの続きです。

>そろそろ星に向けますか。

かなり準備不足のまま20cmに分光器を付けてδScoを撮りました。

201608061

下がδScoで上はNEON LAMPです。

フォーカスが合わなくて、導入もとっても難しくて、ガイドも大変でした。

スリットでピンボケで光量が損してると思います。

撮影はISO 6400 120秒露出で、2枚コンポジットしています。

だいぶS/Nです。

星とネオンを合成したネオンから波長を求めたグラフはこれです。(処理はBeSpecです)

201608062

真ん中の強い輝線あたりから長波長側はNEONのエミッションです。これを使って波長を求めて

短波長側の輝線はδScoの物なので、これの波長を求めたら

201608063

5504Åでした。

なんだろう?これ?光害地なので人口光かな?

じゃ、δScoの輝線は?

今度は基準光と同時に撮影しよう。

しかし、S/N悪くて感度も低いです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年8月 5日 (金)

SS2000PC シャックリ

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/ss2000pc-af11.html
これの続きです。

ACアダプタの電圧を10.0Vに下げたら

電圧が低すぎて

スカイセンサーのLCDバックライトがフリッカしてました!

ガイドも妙です。

やりすぎた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

屈折で低分散分光の準備

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-42ba.html
これの続きです。

先日、アルタイルを撮影した時に、30秒露出もしました。

近傍の暗い星です。

201608041

明るい順に

TYC 1058-1627-1  7.71等 A0
TYC 1058-635-1   8.90等 K0
TYC 1058-1343-1 10.05等 A0

ISO 6400で30秒露出を15枚コンポジットしたら

201608042

201608043

201608044

8等より暗くなると30秒露出じゃ不足しています。

10等だと120秒とか露出して10枚20枚のコンポジットが必要そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

どこのゴミだろう?

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-dd9d-1.html
これの続きです。

イメジャーの表面のゴミでした。

目では見えないのですが試しに表面を掃除してみたら

201608031 201608032

ゴミが見えません。

もーフラット画は撮らなくてよくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

屈折で低分散分光の準備

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-42ba-2.html
これの続きです。

星を撮影しました。SA-100分光器の傾きは6度でした。

もっと水平にしないと!

「ついでに買った8cm屈折」で撮影していますが、
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/8cm-f36f.html

アクロマートは分光にはよろしくないみたいで、全波長に対してピントが合う所が無いです。

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-42ba-1.html
ここではコンポジットが出来ませんでしたが、

今回は出来ました。

20160729_alpha_aql_15

それで、この画像の加工に自作のトリミングソフトを使いますが

バグがありました!

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/sa-100-b088-4.html
ここからもダウンロード出来る「trim_spec」です。修正しました。

「trim_spec.lzh」をダウンロード

それと、

水平にしました。例によって玄関ドアの覗き穴。今度はホール径を小さくして

20160802

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

Windows 8.1 で MSComm を使うには

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-c0c1.html
これと

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/eq5-goto-eq-m-2.html
これの続きです。

まず、Windows 8.1 では MSComm を使ったソフト開発が出来ませんでした。

そして、XP で MSComm を使ったソフトを作っても Windws 8.1 で動きませんでした。

解決策は

Windows 8.1 の Windows\system32 フォルダーに MSCOMM32.OCX を置くと

8.1 でも MSComm を使ったソフト開発が出来るようになりました。コンパイルしたソフトを実行しても問題ないです。

ここで作ったソフトをXPにコピーしても問題なく動作します。

また、MSCOMM32.OCXが入っていない windows 8.1 PC でも問題なく動きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »