« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月30日 (木)

高分散分光の為に

高分散分光を再開させたい。

問題はCCDカメラです。

今まではMUTOH CV-04を使っていました。

これだと、20cm F10 で6~7等が限界

もっと暗い星が観測したいのに出来ないから中断しています。

余っているCCDはST-6とDSI Proだけです。DSI Proが魅力的ですが

冷却が出来ない!

冷却出来なくて良いなら EOS を使ってみようと思って取り付けて見ました。

んが、

20160630

ピントがあいません!

赤丸の部分にコリメータが入っていて

持っているレンズはf=50mmとf=60mmです。

EOS Kiss X4で焦点があうには f=100mm が必要です。

んーー

D=30 f=100のアクロマートレンズって売ってるかなーー

か、冷却CCDカメラを買う。

しかし、高い

なので冷却CMOSカメラに注目したけど、

失敗した時の転用先があるだろうか?

IMX 290は魅力的感度だけど。。。

DSI Proは最近のPCでは動かないし

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月29日 (水)

変光星観測者会議の思い出

20160629

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月28日 (火)

赤道儀とか、どーしようかなー

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-ea34-3.html
これの続きです。

古いC8をビクセン仕様のアリガタに取り付けられる金具を買ったので

アイベルさんにEQ5 GOTO EQ-Mountをお願いしました!

納期に10日とかかかるそうです。待ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月27日 (月)

赤道儀とか、どーしようかなー

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-ea34-2.html
これの続きです。

古いC8がビクセン仕様のアリガタに取り付けられない問題です。

現在は

201606271

スーパーポラリスに

201606272

この金具を使って

201606273

古いC8をスライドして入れています。

この金具に下記の金具を付けられないか?

AstroStreet アリガタプレート 汎用スライドバー アリレール CNC加工 アルミ削り出し 18cm GP互換[国内正規品]
https://www.amazon.co.jp/AstroStreet-%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%AC%E3%82%BF%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88-%E6%B1%8E%E7%94%A8%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%BC-%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%80%80CNC%E5%8A%A0%E5%B7%A5-%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9F%E5%89%8A%E3%82%8A%E5%87%BA%E3%81%97/dp/B00JX7N4EU/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1466810672&sr=8-2&keywords=%E3%83%93%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%80%80%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%82%AC%E3%82%BF

201606274

付きました!!

201606275

軽く止めたのでズレてますけど、行けます!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月26日 (日)

センスをもらいました

201606261

星座のセンスです。

ん?

201606262

これは何座だろう?


Lyn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月25日 (土)

忘れてないです

201606251

ついでに

201606252

もう一つ、持ってます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月24日 (金)

赤道儀とか、どーしようかなー

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-ea34-1.html
これの続きです。

EQ5 GOTOで考えています。

で、問題発生

201606241

これが今使っている鏡筒

201606242

これがEQ5

ビクセン仕様です。

くっつかない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月23日 (木)

100均で売ってたスナック菓子

20160623

なかなかでしょー

買わなかった。今度は買おう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月22日 (水)

ダイソーの新商品

20160622look

二つ買いました。

一つは匠君の誕生日プレゼント

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来ました

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-cf87.html
これの続きです。

郵便で来てました

20160622naru

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016 変光星観測者会議

2016062201

会場準備

2016062202

人も集まって、

2016062203

始まりました!

2016062204

自己紹介。LOCの杉本さん

2016062205 2016062206 2016062207

自己紹介

2016062208 2016062209 2016062210 2016062211

研究発表

2016062212 2016062213

バス停

2016062214

懇親会

2016062215 2016062216

夜の街で記念写真

2016062217

集合写真

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

VSOLJ Light Curve Generator update

VSOLJ Light Curve Generatorが多色対応されました!
http://kws.cetus-net.org/~maehara/LCG.html

20160621lg1

こんな風に星名を入れると

20160621lg2

このようにバンド別に光度曲線をかいてくれます。

ここにないK,J,cB...とかは対応していない感じです。

従来のものも残されていて

http://kws.cetus-net.org/~maehara/LCG_old.html

ここで、書くと

20160621lg3

このようになります。V band相当のものだけで光度曲線が作られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EOS Kiss X4でダークを見てみた

今までの露出は2分が最長でした。

もっと長いとどーなるの?

とくに分光に使う場合、

レンズをはずして、ボディーにキャップをして5,10,15,20分の露出をしました。

201606211

201606212

201606213

201606214

上から 5,10,15,20分 です。(見やすいように強調してあります)

5分も結構S/Nです。10分でこんなか。

2分で測光していて、そんな気にならなかった。(EOS Kiss digital Nです)

ダークは減算したほうがいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月20日 (月)

赤道儀とか、どーしようかなー

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-ea34.html
これの続きです。

新規購入は EQ5 GOTO赤道儀 でいいのか?

心配事は、PCによるGOTOとAutoGuideです。

まず、GOTOの方、

ハンドコントローラのマニアル
http://ca.skywatcher.com/upfiles/en_download_caty01415653194.pdf

RS-232Cのコマンドセット
https://ca.skywatcher.com/upfiles/en_download_caty01462218169.pdf

と言うことでPCダイレクトにPCのRS-232Cをさせる。レベル変換も必要ない。

ソフトを自分で作るか、C2AみたいなFree Softでやるか。。

Freeソフトの場合、ASCOMを入れれば動く。

いま、SS2000PCを接続しているPCはWin 98だけど、このPCだとダメかな?やっぱ、自作するかな。

次はAutoGuide

これがよくわからない。。

ST-4 type Autoguider Interface: Support 0.25x, 0.5x, 0.75x 1x guiding rate
となっている。もう少し詳しく、とくにどこに接続するのか?とか知りたい。

どうやら

20160620

赤丸の所のようです。

ピンアサインはST-4と完全に同じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

さて、行って来ます

今日、明日は変光星観測者会議です。

この電車で

●北茅ケ崎
|  10:23発
|    JR相模線(普通)[橋本行]26分
|  10:49着
○厚木
|  10:58発
|    小田急小田原線(各駅停車)[本厚木行]2分
| △11:00着
○本厚木
|  11:08発
|    小田急小田原線(急行)[小田原行]12分
| △11:20着
■東海大学前

東海大学湘南キャンパスに行って来ます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月17日 (金)

CCDとか、どーしようかなー

カメラの方ですが

CCDで無くてもCMOSでも良いかな.

http://hoshimiya.com/?pid=102265434

これ IMX291 使った冷却カメラ

9万円だって

安いです!

CCDより、ぜんぜん安い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

赤道儀とか、どーしようかなー

収入が激減するので、定年前に赤道儀やカメラを買っておこうか.

どーしよーかなー

EQ5 GOTO赤道儀が10万か..

買うと文無しになる。

観測者会議から帰ってから考え直そう。

※もう少し調べたら

今、ビクセンSP赤道儀を使っています。

C8に6cm屈折載せて

これだけで7Kgありました。

で、SP赤道儀の搭載可能重量は5Kgらしいです。

トラブルが多いわけだ!

EQ5は9Kgまで搭載可能。。

買い換えたほうが良さそう。AutoGuideが使えないとダメなので簡単には交換出来ないけど。

SP赤道儀が余るのでデジカメの赤道儀にすればGOTO出来る。これは魅力的!

しかし、三脚が無い。

調べたら、ぜんぜん使ってないガイドパックの三脚とSP赤道儀の三脚架台が適合する。

EQ5、 在庫なしだけど予約注文したほうが良さそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月15日 (水)

CD書いた、つづき

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/cd-6ac6.html
これの続きです。

20枚を用意していましたが

参加申し込みが30人以上になったので

20160615

13枚増やしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

天文月報9号掲載

功労賞絡みで(4月に)原稿の依頼がありまして

5月連休で書いて投稿しました。

で、それが、9号(8月20日発行)掲載に決定いたしました。

「変光星観測と共に歩んだ45年」と言う題名です。

印刷所での製作作業は7月から始まるそうです。

わたし、会員じゃないけど天文月報を読めるかな。

「蔵出し」になれば読めるけど、自分が書いた記事だけ読めても。。いまひとつ感もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月13日 (月)

2016 variable star observers meeting ustream

This is a ustream URL.
http://www.ustream.tv/channel/edJYqSKX4PT

The meeting schedules are as follows.
18/Jun 04:00-08:00 UT
19/Jun 00:30-03:30 UT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

2016 変光星観測者会議プログラム

プログラムが出ました!

当日の飛び入りも可能ですが事前に連絡下さると助かります。
懇親会申込の締め切りを6/15(水)までに延長致しました。
会場の教室が変更になっています。ご注意ください。

会場:東海大学 湘南キャンパス 1号館 4階 C-406教室

6月18日
13:00 自己紹介近況報告
13:30 講演「光度曲線合成法によるロッシュモデル解析」永井和男
14:30 休憩
14:45 食変光星かみのけ座IO星(周期53日)の観測報告について 伊藤芳春
15:05 TUD変光星班の活動 杉本凌佑
15:25 5色測光によるSS Cyg色指数の変化 鈴木仁
15:45 休憩
16:00 日中文献から探る超新星の明るさ予想と変光星観測の現状 斎藤秀樹
16:20 変光星観測でできること 清田誠一郎
16:40 予備
17:00 1日目終了
18:30 懇親会(本厚木:阿具楽) 東海大学北門17:39のバスに乗ります

6月19日
09:30 変光星この一年 前原裕之
10:00 デジカメ測光の実演 永井和男
11:00 休憩
11:10 座談会
12:00 終了

懇親会  阿具楽  http://r.gnavi.co.jp/46k6wp8h0000/
会費¥4000円(学生¥2000円)

当日、有志によるネット中継をします。ご了承ください。
http://www.ustream.tv/channel/edJYqSKX4PT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VSOLJの食観測数

6/10早朝時点での食変光星の極小観測数は

20160612

6175件でした。

逆に言うと、この数だけ、わたしは極小時刻を算出してきた訳です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月11日 (土)

変光星観測者会議、懇親会会場 と バス

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-8b72.html
これの続きです。

東海大学北門からバスで東海大学前駅南口まで行って

そこから小田急線で本厚木に行くとの事でした。

で、このバス、いいですね!荷物あるし、行き帰り、二日間バスを使おう。

201606111

これで懇親会会場に行きます。伴って懇親会は「18:30~」に変更します。

201606112

17:39の前は17:14です。随分と早いです。

駅から大学へは

201606113

初日、スタッフは11:55、参加者は12:15ってところでしょうか。

二日目の朝は8:51か9:11ですね。

201606114

ついでに懇親会会場の地図。パークインホテル厚木は私の予約したホテル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月10日 (金)

V等級の星図ソフト

変光星観測者会議でHipparcos V等級の星図を比較星選定で紹介したいのですが

AAVSOのVSPでもいいけど

標準レンズで撮影すると、星図ソフトの方が比較星を探しやすい

ステラナビゲータが使いやすいけど「買ってください」って言えるほど安くは無いです。

Cartes du Ciel (Sky Charts)が良いと思うけどインストールが手間取るかも知れない。

そこで、測光実習でVisual Basic ver5のRun timeを入れる都合があって「つるちゃんのプラネタリウム」のインストールを推奨します。

これは比較星等級調べに使えるか?

つるちゃんのプラネタリウム
http://homepage2.nifty.com/turupura/

201606101

出典がよくわかりませんが、ほぼHipparcos V等級です。使えます。

が、ちょっと拡大しただけで「もーダメ!」って言ってきます。

これだと使えないです。

で、

以前に調べたC2Aをインストールしてみた。

C2A (Computer Aided Astronomy)
http://www.astrosurf.com/c2a/english/index.htm

最新は今年の4月にupdateされていてver 2.1.2でした。

201606102

これは使えます!値もOKです!

201606104

このようにカタログを選びます。

201606105

地平線を消して上を北にすると星図ソフトになります。

インストールも簡単でお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 9日 (木)

2016 変光星観測者会議の準備

案内板と垂れ幕の準備

201606091

201606092

これを貼るので、何時に行けば良いか?

12:30受付開始なので教室には12:00頃着(駅からタクシーにしちゃおうかなー)

11:30に「東海大学前」駅集合ってところだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 8日 (水)

予約注文しました

20160608

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

例によって、拾いもん

20160607

ビデオプロジェクター

壊れてないです。

これがあると何かと良いですよね。

でも、電車で運ぶには重いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

2016年5月 変光星観測月報

先月は 7夜 / 15星 / 1652測光 でした。食連星の極小観測は7個でした。

201606061 201606062 201606063

まぁ、とにかく少ない観測数です。ここ三ヶ月ほど天気が悪くて観測が少ないです。

他に夜の用事や体がついて行けないなども重なって少ない観測でした。

体の方は年齢なので良くはならない訳で

きっとこんな感じがずっと続くのかなって思うようになってきました。

5月は長いGWがあって、測光だけでなく分光も!って思ってましたが

ぜんぶ曇りか雨で、分光で遊ぶチャンスなんて無かったです。

例によってのトラブルは

冷却CCD ST-402の通信途絶はPC交換後には出ていないです。

冷却CCD CV-04の通信途絶は夜中に人がPCに近づくと発生していて

「近づかない」と言う対策後、問題は出ていないです。信号線にフェライトコアクランパでも入れれば恒久対策になりそうです。

20cmの赤道儀のシャックリは今のところ様子見で頻度が少ないのでたまたま連続して出てしまったみたいです。ダメが続いたら電源電圧を少し下げようと思っています。

10cmの赤道儀の導入不良は再アライメントで概ね問題ないレベルになりました。

あとは、やぱり、問題は、早い帰宅をしないと仕事と通勤で疲れちゃって望遠鏡を組み立てたり出来ない事かな。望遠鏡2台、デジカメ2台をベランダに組み立てて。。なんてもー出来ないかも。

それとは別に

振り返ると、ここ何ヶ月も

何かの準備ばっかりしています。

今月は「変光星観測者会議」があります。これで、ようやく、功労賞受賞以降のもろもろが落ち着きます。と思うので、

長いことほったらかしの同時流星画像や未測定の変光星画像とか観測しっぱなしの変光星の解析とか

やれるかな?

変光星と流星の観測も

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

変光星観測者会議、懇親会会場

阿具楽~agura~隠れ家個室ダイニング 本厚木店
http://r.gnavi.co.jp/46k6wp8h0000/

本厚木駅から近いです。

東海大からはみんなでバスで本厚木に行くと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

プリント用意した

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/cd-6ac6.html
これの続きです。

こんどは「デジカメ測光実習」のプリント

20160605

両面印刷で 50枚 、足りるよね??

※追伸

参加申し込みは6/3現在で22名だそうです。ぜんぜん大丈夫!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 4日 (土)

T CrB

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/t-crb.html
これの続きです。

6/2の食連星の観測後に自動観測が始まってました。

先日追加したオブジェクトの内、2つが写ってました。

導入ズレがありますが、この画像から補正値を求めて以降はど真ん中に撮影出来ます。

20160602_picture1 20160602_picture2

RS Ophって明るいんですね。

CI Aqlの方は比較星のI等級を近傍の9等星しか求めてないので

こんなに星が写っていても 「9等以下」 になってしまう。

いいのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 3日 (金)

2016年変光星観測者会議のお知らせ(第2報')

今日が締切日だけど、教室が変わったので「第2報'」を作りました。
締め切りすぎても大丈夫ですから都合がよろしければお申し込みをお願いいたします。

※先に余談から

変光星観測者会議でデジカメ測光実演をやりますが、同じ日の彗星会議でもデジカメ測光を菅原先生がやるそうで、また、同じ日に平塚市博物館で塚田先生がマカリを使った測光実習をします。この日は測光^3です。

※で、ここから案内

アマチュアの天体観測で変光星の観測はプロの研究に利用される分野の一つでもあります。近年は冷却CCDなどの出現によってアマチュアでも高精度の測光が出来るようになりました。また、変光星は目で見ていてもその明るさの変化を感じる事ができます。これは遠くの宇宙にある恒星のダイナミックな活動を直接的に観察している事になります。そんな変光星に興味はありませんか?
変光星って何だろう?どーやって観測するの?観測したら何がわかるの?興味や疑問でいっぱいです。変光星観測者会議は、変光星観測者の親睦や情報交換なども目的とした集まりです。変光星に興味のある方なら、どなたでも参加出来ます。今年は東海大学天文宇宙同好会の協力を頂き東海大湘南キャンパスで開催を計画しております。みなさまのご参加をお待ちしています。

日時:6月18日(土) 13:00-17:00 (12:30受付開始)
                  18:00- 懇親会
         (5000円程度?, 本厚木駅周辺、学生割引あり)
      6月19日(日) 09:30-12:30

会場:東海大学 湘南キャンパス 1号館 4階 C-406教室
      http://www.u-tokai.ac.jp/about/campus/shonan/

参加費:500円 (配布資料のコピー代、お茶代)

内容:

講演「光度曲線合成法によるロッシュモデル解析」永井和男(日本変光星研究会)
デジカメ測光の実演、研究発表、変光星この1年ほか

主催:日本変光星観測者連盟(VSOLJ)
LOC:東海大学天文宇宙同好会変光星班

連絡先:e-mail skiyotaxあっとgmail.com 清田誠一郎宛

発表の申し込みと懇親会申し込みは、6/3(金)までにお願いします。
参加のみは、当日参加も可能ですが、事前に申し込みをしていただければ、準備の都合上助かります。宿泊場所等はお手数ですが各自でお願い致します。

東海大学湘南キャンパスへは小田急線(小田原方面)「東海大学前」駅より徒歩15分です。ほぼ全部、上り坂です。大学周辺にはコンビニがありますが食事をする所が少なく昼食などは駅周辺が良いです。
1号館へは北門・掲示門いずれでも構いません。1階に飲み物の自販機があります。1号館は3つの建物が放射状にくっついた形になっています。階段で4階にのぼっていただき、Cと言う廊下を進むとC-406教室があります。

-----------   (2016年変光星観測者会議申し込み)    ----------

お名前
ご住所
e-mail
参加のご予定 6月18日(土) 午後  ※不要な方を消して下さい
        6月18日(土) 懇親会 ※不要な方を消して下さい
             6月19日(日) 午前   ※不要な方を消して下さい

研究発表   する ・ しない    ※不要な方を消して下さい
研究発表題名
発表希望時間       分(目安20分)
研究発表希望日 土曜・日曜・どちらも可 ※不要な方を消して下さい
簡単な発表内容の説明

参加者名簿について
住所を載せてよい             はい・いいえ ※不要な方を消して下さい
e-mail addressを載せてよい  はい・いいえ ※不要な方を消して下さい

・参加者名簿は収録に載せて参加者に配布しますが一般に公開する収録には載せません
。会議でやって欲しいこと

参加を申込された方には開催1週間前位にプログラム等をお送りする予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと晴れましたね

神奈川県はずっと夜が曇りでした。火星を見るチャンスがぜんぜん無かったです。

で、昨夜は晴れたのですが21時頃の帰宅で

望遠鏡を組み立てる元気が無かった。

_20160602_2050

とりあえず、標準レンズで撮影しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アストロバイオロジー展示

夏休みが始まるまでに平博の3階「星の広場」に「アストロバイオロジー」の展示をする

20160603

って言う計画があって

ちょこちょこ集まってますが、、

7月16日までに完成するだろうか。。。っていう不安が

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

2016年変光星観測者会議、申し込み締め切り間近

あしたが申し込み締切です!

2016年変光星観測者会議のお知らせ(第2報)
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/20162-ce20.html

日変研のhomepageが、まだ第一報だったので自分のblogをリンクしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 1日 (水)

2016 変光星観測者会議、教室の変更

変光星観測者会議は、10日ほど前に第2報が出ました。
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/20162-ce20.html

その後の変更ですが、

教室がC-305からC406に変更になりました。

建物は1号館で変わりません。

※研究発表と懇親会の申込締切は6/3(金)です。
 皆様のご参加をお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

T CrB

ベランダでやってる自動観測

周期不明の食連星を抽出して測光観測していますが

ぜんぜん周期解析していないです。

要は結果が出てないです。解析時間を取っていないのが問題。

でも、測光はしています。

って事は T CrB とかもカタログすれば 結果がすぐ出る訳で

って調べたら、ベランダからは見えない位置でした。

じゃー見えるのは?

CI Aql
V394 CrA
RS Oph
V2487 Oph
T Pyx
U Sco
V745 Sco

こんなにある。

これは観測プログラムにカタログしてみようか。

20160601

こーなります。

V394 CrA, V745 Sco, T Pyx は低すぎるので削除しよう。

これで、自動撮影はする。あとは、測光のテーブル修正とチャートの作成・比較星だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »