« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月30日 (月)

太陽観察資料のHαのところ

平博での日中の観望会では太陽をお見せするわけですが

簡単な説明資料を作って、

特に興味の有りそうな人にはより深く解説するようにしています。

201406301

説明資料はこのパワポを印刷してクリアファイルのバインダーに入れてお見せします。

だいたい1ページ目だけで説明は終わりです。

ところが最近はHα望遠鏡を受け持つ場面が多くなり

簡易分光器の「にじみえ~る」で
http://www.nhao.jp/nhao/misc/handicrafts.html

虹を見せて

Hαを説明してから望遠鏡を覗いてもらっています。

この資料が作ってなくて、ずっと話だけだったので

201406302

最後のページに作りました。

話しているともっともっと話しますが、パネルは文字とか読んでくれないので、この程度で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月29日 (日)

皆さんに1件追加

このブログの左の「皆さん」と言うリンクに「dustycometのスペース」を追加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

系外惑星トランジット予報

7月の予報をしてみました。

2014/6/28までに発見された系外惑星で11等より明るく変光範囲が0.01等級以上の物を予報しました。

「201407_ephemerides.txt」をダウンロード

意外に観測チャンスが多いです。

予報プログラムは近日中にホームページで公開します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名刺印刷

大天連50年の会で名刺をたくさん使ったので印刷しました。

20140629

毎回、A-oneの51033で作ってるのですが、
http://www.a-one.co.jp/product/search/detail.php?id=51033

今回の用紙はミシン目が切りにくい!

ミシン目を山折り谷折りして簡単に切れていたのですが

今回のは片方には折れるけど、一方に折れてくれないのです。

おかげで、ほぼ全部に変な所に折れ目が入ってしまいました。

どーしたんでしょう?

製品のバラツキの範囲か。ミシン目の仕様を変えたのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月28日 (土)

天体観察会30年

平塚市博物館には会員制の天体観察会があります。

申し込めば誰でも会員になれるゆるい会で

それが30周年となり

6/14から7/13まで「天体観察会30年」という展示をやってます。

201406281

これは展示されなかった鏡磨きの道具です。

昔は望遠鏡の鏡を自分で磨かないと15cmとか20cmといった大口径は手に入らなかったので

自作派は鏡を磨いていました(私は8cm屈折で変光星の眼視観測をしていました)。

201406282

当時はドブソニアンって無かったけど、作った鏡がこの望遠鏡に入っているそうです。

201406283

フィルムのカメラを使った四連カメラも時代物です。

デジカメで撮影するなら、今でも回転シャッターは必要ですが

主流はビデオカメラなのでフレーム毎に画像が抽出出来て回転シャッターは不要になりました。

201406284

これは紙を重ねて作った火星のオリンポス山で、左下は富士山。

201406285

これは火星の立体地図と日本列島。

30年あっても写真とか特にフィルム時代のものはぜんぜん集まりません。

そもそも、写真が気軽に撮れるほど安い物では無かったし、

写真好きの人が居て、つねにパシャパシャ撮っていないと残っていないものです。

ちょっと前に年表を作った人がいますが

内容があっているのかもよくわからない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月27日 (金)

2014年変光星観測者会議 乗り換え・会場などマップ

どーも分からない

ので、

諸々の地図をまとめた。

「vs_conf2014_map.pdf」をダウンロード

私中心でまとめてるけど他の人も使える部分もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

何でも良いから話せってやつ

職場でやってる発表練習で、また、順番が回ってきました。

変光星観測者会議の発表スライドがほぼ完成したので

それを話そうかと思ったけど

20140626

今回は仕事っぽい話にしました。

GaNの量産が始まってきたので。

で、この「革新的で革命的な」って言葉は職場で流行している言葉なんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

ZHRを求める

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-bea3.html
これの続きです。

次回の分科会が変光星観測者会議と重なってしまい

欠席なので

落ちこぼれるのでは心配になって

エクセルでZHR計算を作って

予習しました。

「zhr.xls」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PdanetにFoxFi

スマホを新しくしたのでpdanetも新しいのをインストールしたら

PdanetにFoxFiの機能が追加されていた。

20140625

もしかして、ずっと前からそうだったのか?

長いこと気が付かなかったのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月24日 (火)

ES Libの次はU Oph

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/es-libu-oph-8-2.html
これの続きです。

まったくもって標準星を間違えていました、

というか順番が違っていて

やりなおしました。

201406241

5.7等位が食外等級のようです。

あと、いっしょに写っている V2368 Oph という食連星も測定したら

201406242

減光中でした。周期が38日のEAのようで、

丁度、主極小のボトム直前でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月23日 (月)

いやー、しかし

プラネの星空って

なんだかわからん

Img_3747

28mmレンズで(8/13 3:00)ペルセウス座方向、天頂よりやや下を撮影していたのですが

ぜっんぜん、何が写ってるのか

わかりません!

どーーしてこんなに実際と違うんだ!って位

どこを撮影したのかわからない

| | コメント (1) | トラックバック (0)

昨日の流星分科会

平博の天体観察会から派生して出来た流星分科会

昨日が第6回でした。

もともと、今年初めのしぶんぎ座流星群の写真を撮った人がたくさんいて

同時流星もあったので

これをキッカケに同時流星の軌道を求めてみよう!って事で始まりました。

学芸員の藤井先生は流星のドクターですので

この点でも私はとても恵まれた環境です。

軌道編は終わり、昨日からは ZHR編 になりました。

初日は、

20140622m1

プラネタリウムで流星の写真撮影をしました。

で、メインはプラネの流星の係数観測です。

20140622m2

今年のペルセ群を想定して

3:00から3:30まで各自で流れた流星を数えます。

ぎょしゃ座で最微光星を調べましたが、だいぶ個人差がありました。

流星もコンソールのPCモニターでは10個以上飛んだのですが

ドームを見た人で最も多かったのが10個で

私は4個しか見れませんでした。

団体係数観測がけっこうやばい観測方法だと

よくわかりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スマートフォンを機種変更しました

MEDIAS N04Cを三年半使ってましたが

OSが古いしハードも古いので容量も少なく速度も遅くて

動かないアプリも増えてきたので

Xperia Z2 SO-03F に機種変更しました。

サクサクです。

画面デカイです。明るいです。

長く持ってると重いです。

SDカードもClass 10を買って

今までのSDカードのファイルをPCでコピーしました。

これって調子悪いです。先々心配。

スマートステラとか購入済みのアプリは再購入なのかなー

と思って、購入しようとしたら

「購入済み」ってなってて

再購入しなくてもインストール出来た。

これは嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

ES Libの次はU Oph

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/es-libu-oph-8-1.html
これの続きです。

20140622_u_oph

測定したので過去の観測と比較しました。

1等級も暗いです。

ガイドズレで予定していた標準星の幾つかが使えなかったのが原因か?

やりなおそう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月21日 (土)

デジカメ測光の標準星を増やしたい

北極星の見えない南向きのベランダでポタ赤を使って食変光星をデジカメで連続撮影しています。

極軸がちゃんと合わないので測定に使う標準星が少ないので

なので、
もっと正しく測定するには標準星を増やしたいと思っています。

毎回、カメラ三脚をポンと置いているのですが

同じ場所に置けないものか?

201406211

何かの時に作ったレンズスペーサーをベランダに貼り付けました。

201406212

そこに三脚を置きます。

これで、少しづつ設置位置を回転させながらベストな極軸を探して

もう一箇所、スペーサーを設ければ

バッチリ!

のはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

ES Libの次はU Oph

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/es-libu-oph-899.html
これの続きです。

6/15にテスト撮影しました。

U_oph_20140615_chart

導入は大変でした。

この画像は南中付近の一番写りの良い状態です。

予定した標準星は全部写ってますが

撮影開始の頃の画像を見ると、やっぱり極軸のズレがあって全ての標準星は使えそうにないです。

U Ophをもう少し右に配置して北側の5.57を使わない設定で観測をはじめよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月19日 (木)

今度買った5cm望遠鏡でDSI Proのフォーカスが合った

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/dsi-pro-4403.html
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-b34e.html

これの続きです。

201406191

まず、BOGEの延長管を1980円で買いました。これで望遠鏡とあわせて五千円も使ってしまった。

201406192

このようにつけて

201406193

やっとフォーカスが合いました。

しかし、視野が狭い!

0.9x0.7度です。

そこで、レデューサーを付けました。

201406194

実測で0.7倍だったので

1.3x1.0度になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月18日 (水)

もっと酷い夜間照明

6/4 「高校の夜間照明、ひどい」
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-0d07.html

ここで近所の高校の夜間照明が明るくて変光星観測に支障がある事を伝えました。

この照明は、ずーーっと前から付いていて南東なので南の方では影響が無かったです。

でも、

5/29 「やっぱ、天気が良くなきゃダメだ」
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-411b.html

この頃から南側から望遠鏡を照らされる症状があり

これがあると、まったくもって天体測光が出来ない状況になってしまいました。

その原因がわかりました。

20140618

真南のマンションの北側のベランダに投光器が設置されてました。

これが満月並に明るいのです。

これで私の変光星観測は終わったかも知れません。私の日変研と同じかな。

でも、点灯は22時頃まで付けているようです。それ以降なら観測出来るかも。

いやー、定年したらいっぱい観測するぞ!と思ってたのに災難です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月17日 (火)

今シーズン最後のES Lib観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/es-libu-oph-899.html
ここで、我が家ではES Libは観測シーズンが終わる事を伝えました。

最後の観測は6/13でした。

20140613_es_lib1

撮影出来る枚数がかなり減ってきました。

で、これが、

20140613_es_lib2

主極小でした。(赤丸)

あと30分か1時間観測が継続できれば極小時刻が測定できたのに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年、変光星観測者会議 会場と地下鉄出口

地下鉄「名古屋大学駅」の出口は調べると3箇所ありました。

さて、どこから出たら良いのか?

会場は「名古屋大学東山キャンパス ES総合館ES035(3階)」です。

201406171  201406172

一見、3で出ると一番近そうです。大通りを面して郵便局があり、そちらに向かって道を横断すれば「赤丸の」ES館はすぐ近くです。

でも、3番の出口ってなんだか戸愚呂を巻いていて歩くと方位を見失いそうです。

2番から出て北へ向かうか!

この道はかなり特徴がありそうです。

201406173

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月16日 (月)

2014年、変光星観測者会議 電車の切符

これで行こう。
3時間掛かるけど、小田原駅で30分待ちなので、最短なら2時間半か。

2014年7月5日 料金:9,520円
●北茅ケ崎
|  9:03発
|    JR相模線
|  9:05着
○茅ケ崎
|  9:13発
|    JR東海道本線(快速アクティー)
|  9:35着
○小田原
|  10:08発
|    ひかり507号
|  11:17着
○名古屋
|  11:36発
|    東山線[藤が丘行]
| △11:51着
○本山(愛知)
|  11:59発
|    名城線(右回り)[八事方面行]
| △12:01着
■名古屋大学

到着が早いかな?
名古屋駅でご飯にするか。

東山線、名城線がJRじゃ無いので一旦外へ出るのかな?そん時にお昼かな。

地下鉄も含めてJR茅ヶ崎駅で切符買えるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

ES Libの次はU Oph

ベランダからポタ赤で撮影しているES Libですが

撮影を始めてもすぐに南中してしまうようになりました。(南中すると観測終了)

そこで、今度はU Ophに変えます。

U_oph_chart

標準レンズでの固定インターバル撮影でも写るので、そっちでも測定しています。

そこでは、標準星に5.41, 6.95, 6.68を使っていますが

測定すると6.95と6.68が同じ値なので

新たに標準星を4つ増やして7つにしました。

ポタ赤では105mmレンズを使うので極軸のズレがあるから全部は使えそうにないと思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DSI Proのエラー

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-b34e.html
これの続きです。

USBにDSI Proをさして

デバイスドライバーからイメジャーのMeade DSIを削除して

再び、USBを抜き差しして

ドライバーのインストールが始まったら

C:\program Files\Meade/Autostar/Envisage/Driver/2k-XP

を指定したら

ちゃんと動きました。

しかし、USBが3口あって、最初に試した1ポートだけ成功しました。

なんだか分かんないけど Acer AOA-150 でMeade DSI Proが使えるようになったみたいです。たぶん。

追伸:ダメでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月14日 (土)

ホームページアクセス5万を超えました

私のホームページ

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/

アクセス数が

50000

5万を超えました。

1995年にniftyでホームページを始めて

いつだったかFC2に移って

そこから数えてアクセスカウンタ5万を超えました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

傘を買いました

20140614

それがどうしたんだ!っと思う人が100%だと思いますが

実はかみさんも驚く程

私は傘に縁が無いんです。

無くすとかでは無くて

壊れるんです。

一番ひどかったのは、娘が誕生日プレゼントでくれた傘が一回目の使用で壊れてしまったとか。

他にも多数、てか、今までほぼ全部がすぐに壊れています。

この星座の折りたたみ傘は2回目の購入です。

星座の長い傘も持ってますが、2箇所、骨がおれて、自分で修理して使っています。次に同じ箇所が折れたら捨てるようになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月13日 (金)

天体望遠鏡を買った

SA-100分光器を活用するために

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/sa-100-864d.html

ここでの試みは、10cm反射望遠鏡に300mm望遠レンズを同架してDSI Proで分光をしようとしました。

でも、フォーカスが合わず断念しました。

次は

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/6cm-11e4.html

6cm屈折望遠鏡を10cm反射望遠鏡に同架して、それにDSI Proをつけます。

過去にこの方法でオートガイドしてましたからできるハズです。

が、どーやっても屈折望遠鏡のXY微動が10cmの鏡筒にあたってしまい取り付けられません!

そこで、

201406131

天体望遠鏡を買いました!

3000円です。

DSI Proのフォーカスが合えばこれを同架するのです。

201406132

三脚を除き、ネジ以外は全て成形品で出来ています。すんごく軽いです。

アイピースはH20とH10で付属の光路切替を使わないとピントがあわないです。

って事は筒外焦点が長いって事なのでDSI Proで焦点合うかも!

バーローレンズも入ってました。使わないな。

付属の三脚は、同じものを持っています。コンデジの撮影に使っていて、とっても軽いので重宝しています。

ただ、望遠鏡を乗っけるにはフニャフニャ過ぎます。

天体望遠鏡として使うにはもっとしっかりした三脚を使わないとぜんぜんダメと思います。事実、景色を見てみましたが難儀しました。

さて、本題のDSI Proのフォーカスは、、

なんと、DSI Proがちゃんと動きません。

今まで問題無く動いていたのに。_| ̄|○

それで、室内でAutoStarなど再インストールして動作を確認して

それをベランダに持ってゆき望遠鏡につけて動作させると

すぐさまエラーが出てソフトが固まります。室内で動いたのに。。

DSI ProがデバイスドライバーでUSBから見えなくなっているのでUSB抜き差しするとUSBに見えて

でも、AutoStarを動かすとDSIから画像取得ができない。認識して接続はできるけど。。

ドライバがイカレタみたいで、

もう一度、室内で再インストール、動作を確認して、ベランダへ、、、、エラーが発生!

これを何時間繰り返したか!

ともかく、諦めました。

別なPCでやってみよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

これから極大になる南天ベランダから見える明るいミラ型変光星

 R  Aqr
 RS Sco
 RR Sgr
 R  Vir

増光中の明るいミラ型変光星です。

ベランダでやってる夜間のインターバル撮影で写りそうなのは R Vir と R Aqr ですが

一方は日没前で一方は日の出前が見頃。

RS ScoとRR Sgrはカメラを下に向けてインターバル撮影をしないと写らない。

やっぱり、もう1台、カメラが欲しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月11日 (水)

天文学コース3

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/2-1e56.html
これの続きです。

今度はHR図かな

201406111

これは月光天文台合宿の時に撮影したスバルで

左がB画像、右がG画像

これを測光してHR図にしたら

201406112

こうなりました。

一応、主系列なのかな。

問題は、こんなにたくさんの測光を30分程度でできるのか?

食変光星の測光の時は 8点 しか測光できなかった

遠慮される人とか、パソコン操作そのものが不慣れだったり

天文学コースの人だけ2時間とかやって、屋上での観望は無しかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月10日 (火)

メモ

ベランダから観測可能な位置の

TV Col NL+E 05:29:25.46 -32:49:04.1
EX Hya UGSU+E 12:52:24.22 -29:14:56.0
BV Cen UGSS+E/WD 13:31:19.48 -54:58:33.4
U Sco NR+E 16:22:30.78 -17:52:42.8
V2051 Oph UGSU+E 17:08:19.11 -25:48:30.3
V0603 Aql  NA+E+X 18:48:54.64 +00:35:02.9

この中で明るいのは

EX Hya   13.99
BV Cen   13.6
V603 Aql 12.15

うちの望遠鏡で観測できるのは V603 Oph だけだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 9日 (月)

重星・実視連星

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-0c8d.html
これを続きです。

観望会で重星を見せるにあたって

チャートを作らないといけないわけで、

博物館屋上だと肉眼では3等星が限界、

てか本当は2等星も見えない時が多いけど

とりあえず、3等より明るいもので(次の7月の観望会用のチャートを)作ってみた。

20140609

幸いにして土星の横に天秤座αがいます。

屋上だとコルカロリを探すのも大変なので、今シーズンはズベンエルケヌビのチャンスです。

離角が大きいので低倍率がよいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

全国同時七夕講演会 2014

毎年やってる講演会です。今年は

http://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/tanabata/2014/

これ。

東京、神奈川なら行けるけど、自身の予定と重なっていて

結局、どれも行けない。

これから、もっと講演が増えてほしい。

http://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/tanabata/2014/list.pl?lid=4930433559_18IJtPY4H3WBY_14TbtcYEgwXx6&mode=detail&pid=P33

こーいうのも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 7日 (土)

DELL Latitude D505 無線LAN不調

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/dell-latitude-d.html
3月に買ったPCです。

観測に使える32bitPCが欲しかったのと

メインのVAIO Pro11が壊れた時の予備機としても

このPCを中古で買いました。

お金が無いので今は メモリー512で WinXP のままで観測に使ってます。

どうも無線LANを内蔵していそうなのですが

よくわからないのでPCMCIAカードの無線LANをさして使ってました。が、

最近、LANにつながらない症状が多発しました。

カードが悪いのか?スロットが悪いのか?わからないです。

ともかく、カードを変える事にしました。

20140607

左が不調な方、右のに変えました。

どっちもゴミ捨て場で拾ったやつで

Win 7(32bit)にした場合、ドライバーが無くて使えません。

まぁ、スロットの不調か確認の為でもあるので

この新しいカードでしばらく使ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

2014年5月、変光星観測月報

201406061 201406062 201406063

先月は 11夜 / 42星 / 3926測光 でした。

極小観測数は 18件 でした。

2月6月10月は観測が少なくなるので

今月(6月)は少ないんだろうなー

先月も結局SA-100の分光はできないままでした。しばらく活用のアイデアが無さそうです。

IRAFを使った連続測光は完成し、今は普通にIRAFで測光するようになりました。でも、AIP4WINよりも手間が増えています。

5月はイベントが多かったです。博物館のこどもフェスタ、栄光学園の学祭、観望会とか

まぁ、これくらいは普通ですが、

「大学天文連盟発足50年の会」が17日にあり、これの前後に忙しいことだらけで

年が始まってから、こればかりってイメージです。

でも、ようやく終わりそう。

残りは残金の処理、撮影写真・動画の公開くらいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

虹みえーるミニ

西はりま天文台のミュージアムショップで

「にじみえ〜る」が売ってます。
http://www.nhao.jp/nhao/misc/kyozai.html

これとは別に

201406051

厚紙が必要になりプリンタ用紙を買いました。

で、これが大量に余り

201406052

ペーパークラフトで「虹みえーるミニ」なるものを作ってみました。

手持ちのレプリカで虹がみえるように何度か試作したら

大きな四角を90x90mmにして、厚みを20mmにし、覗き穴を中央に配置したら

いい感じで見えるようになりました。

201406053

これを印刷して切り取りました。

作ってわかりましたが「のりしろ」は必要でした。光が漏れます。あと、内側はマジックで黒くしないとみにくいです。

「20140605.pdf」をダウンロード

わたしの使った回折レプリカと同じものでないと意味ないとおもいますが、

PDFを置きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 4日 (水)

高校の夜間照明、ひどい

昨日も書きましたが高校の夜間照明の影響で測光がまともに出来ないです。

あまりに光が強いので、その方向の星を観測出来ないです。

なので、ちょっと離れた V566 Oph を10cm反射望遠鏡でCCD測光しました。

観測は5/28,29,30の三日間です。

それで、毎回

201406041

こうなります。上は C-K 、下は V-C です。

何色かわからない強い光の影響で妙な光度変化をして 21:30 にピタッと無くなります。

21:30以前の観測は捨てるしかないです。

201406042

これが三日間の観測から作った光度曲線。残念です。観測時間が一時間少なくなっている訳ですから

中には極小が観測出来ていたのもあるでしょうね。

201406043

これが全部の観測。

あれれ、これもわたしだけ?

Icだけどリーク多いですね。違うIcに変えようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 3日 (火)

昨夜のISS

20140602iss

昨夜20時過ぎのISS(国際宇宙ステーション)です。

土星のすぐ北側を飛んでいます。

露出は5秒、f=28mmレンズです。

近所の高校の夜間照明で、いつも空が照らされています。地面を照らすようにして欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ES Lib

デジイチで測光観測している ES Lib です。

201406031

なんだか怪しい観測ですねー

主極小がちゃんと観測出来なくて残念です。

高校の夜間照明がひどく明るくて撮影画像の半分以上が使い物にならなくて捨てています。

そのせいで、一回の観測時間が見かけ上短くなっています。

201406032

これが VSOLJ 全部の観測です。あれ、わたしだけ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 2日 (月)

太陽観測風景

20140602

土曜日の太陽撮影風景です。

9時過ぎても日が当たらなくなりました。

かろうじて日が当たっている場所にカメラを置いて撮影しました。

夏至まで一ヶ月って事は二ヶ月間はこんな撮影になるのか...

追伸:

日曜日は昼前に撮影しましたが、

もっと日当たりが悪く、

結局、カメラを手持ちで撮影しました。

これじゃー、全面の相対数しか測れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

6cmが付けられない

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/sa-100-864d.html
これの続きです。

あんまり考えずに10cm反射に6cm屈折を乗っけよう!って事にしました。

201406011

以前は黄色部分に6cmのサブスコープをつけていたので

同じように

201406012

アクセサリーバンドに6cmをくっつけて。

で、10cmの鏡筒につけようとすると

黄色丸の部分が鏡筒にぶつかります。

以前は反射鏡のところまで一番後ろにアクセサリーバンドを動かして付けていたのですが

同じことをしても

ぶつかります!?

おかしい

出来ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »