« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月31日 (金)

ベランダ観測所、最新の写真

最近の観測風景を撮っておこうと

201401301

左手前に大きく写っているのが20cm反射望遠鏡でST-402です。6cm屈折の副鏡にST-5を付けています。ST-402はB,V,Icのフィルターで3色測光様で、ST-5はオートガイド様です。

それと重なるように写っているカメラはEOS Kiss Digitalで28mmレンズで固定インターバル撮影をしています。

一番奥のポータブル赤道儀はEOS Kiss Digital Nで、105mmレンズで(今は)R CMa専用のカメラです。

窓際の望遠鏡は10cmニュートン反射望遠鏡でCCDカメラは武藤CV-04です。Ic bandの測光用です。これは食変光星の連続撮影をして南中したら自動観測を自動的に開始します。

自動観測とは予めカタログした座標を先に南中する物から順に撮影するシステムです。南中したら次に南中する星に向きを変えます。これを止めるまで続けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月30日 (木)

2013年の食変光星極小観測数(VSOLJ)

ブレテンの準備を始めました。

2013年のVSOLJの食変光星の極小観測数は 406件 でした!

Edm    1 遠藤さん
Hsk    5 広沢さん
Ioh   79 伊藤さん
Kai   10 笠井さん
Kis   11 清田さん
Mdy    6 前田さん
Nga  184 永井
Set   18 ステファンさん
Siz   91 塩川さん
Ttm    1 田中さん

眼視観測は Setさん だけでした。
学生は Ttmさん だけでした。

学生さんの眼視観測が無いのは寂しいですね。

※等間隔フォントが使えないので見にくいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M82超新星(SN 2014J)観測キャンペン

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/m82sn-2014j-5a9.html
これの続きです。

どーも、後手後手になってしまってますが、

(27日の月曜日だったのですが)RAW画像の投稿方法が追記されています。
http://meineko.sakura.ne.jp/campaign/SN2014J-campaign.html

それで、私のメールアドレスが間違えています pxs10547 です。

なおしてくれ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

茅ヶ崎千の川から見た富士山

Nec_2047

電動自転車を買ってから平塚市博物館まで自転車で行ってます。

片道、約8Kmです。

途中、富士山が綺麗に見える場所があり

楽しいヽ(・∀・)ノです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月28日 (火)

みいつけちゃった

Dsc00488

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月27日 (月)

M82超新星(SN 2014J)観測キャンペン

いやー

案内が遅れてしましました。

SN2014Jのキャンペーンです。
http://meineko.sakura.ne.jp/campaign/SN2014J-campaign.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月26日 (日)

M82に出現した超新星SN2014Jの観測キャンペーン

画像の投稿がありました!

一枚だけですが、

最初の一枚は埼玉県の染谷さんでした。

Som_201401

これは、そのG画像です。標準星はAAVSOの値を使いました。

今は星雲の方が暗いので良いのですが

超新星が暗くなってきたらアパチャーサイズをもっと狭くしないと

※ここ一週間、すんごく忙しい、公私共に

測定が遅れないようにしないといけないなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WM3500Rのクレードルを買った

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/wimax-a002-80-4.html
これの続きって訳じゃ無さそうだけど。

20140126

クレードルを買いました。

これでUSBから常に電源供給され、無線LANも有線LANも使えるようになります。

定年後に月々の出費を減らすために

と思って準備しました。

@niftyのWiMaxは月々4000円です。

では、今はいくら払っているのか?

@nifty光 with フレッツ(マンション2)東日本

なのですが、

3550円だった

《゚Д゚》

シッパイ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月25日 (土)

1/19のMP Pup

連続測光の測定仕掛りはこれが最後かな。

Mp_pup_201401191 Mp_pup_201401192

わけわかんなくて、2回も観測してしまった。

Mp_pup_201401193

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

PayPalって

スターアナライザー100を買おうと注文したんだけど

支払いがPayPalで

アカウントが無かったので作った。

Webから氏名、住所を入れるんだけど 日本語 の住所しか入れられないです。

で、USAに注文するのだけど、

xxx has cancelled the shipping label for the reason below:

Label Did Not Print

Your package will no longer be shipped using PayPal Shipping with U.S. Postal Service.

だって

じゃー、どーしろと!

xxx社には自分の住所と氏名の英文をメールしたけど

どーーなるんでしょう?

PayPalのシステム上はキャンセルなんでしょうけれど、

※続き

xxx社に「キャンセルになったの?」って聞いてみた

キャンセルじゃないそうです。

(・・?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Subject: vsolj-news 308: SN 2014J in M 82

VSOLJニュース (308)
M 82に明るい超新星2014Jが出現

著者:山岡 均(九大理)

おおぐま座のM 82は、爆発銀河という別名でも有名な、星形成がたいへん活発な銀河です。M 82では、これまで大質量星が重力崩壊したタイプの超新星がいくつか検出されています(超新星2004amなど)が、このたび発見された超新星は、白色矮星の核爆発によるもので、重力崩壊によるものよりもかなり明るくなります。

 今回の超新星は、University London Observatory(イギリス)のS.J.Fosseyさんが、学生たちと35cmシュミットカセグレン望遠鏡で1月21.80日(世界時、以下同様)に撮影した画像で見つけたものです。超新星の位置は、
 赤経 9時55分42.14秒
 赤緯 +69度40分26.0秒 (2000.0年分点)
で、銀河の中心から西に54秒、南に21秒の位置にあたります。

発見報を聞いて、山形市の板垣公一さんは、自身が50cm反射望遠鏡で撮影した画像を調べたところ、14.559日には17.0等よりも明るい天体は見られなかったいっぽう、15.571日には14.4等で見えており、毎日どんどん明るくなっていたことがわかりました。また、15.378日にはすでに明るかったという報告もあります。爆発してから1週間ちょっとの天体のようです。23日現在の明るさは11等ほどです。

広島大学かなた望遠鏡や、岡山県井原市の美星天文台を含め、世界各地の天文台で分光観測が行なわれ、この超新星は白色矮星が爆発したIa型と判明しました。幅の狭いNa D吸収線が深く、多色測光でもB-Vが1以上の赤っぽい色をしていることから、星間吸収によってかなり減光しているもようです。赤外線に感度がある機材では明るく写るでしょうが、観測値をきちんと相互比較するには、測光用フィルターを用いた観測が必要です。もちろん、眼視やフィルターなしの撮影でも、明るさを見積もることはできますから、自分の機材で可能な方法でご覧になるといいでしょう。

極大は1月末から2月頭くらいになると予想されますので、口径があまり大きくない望遠鏡でも、今後しばらく明るさの変化を追うことができそうです。これまで超新星を観測したことがない人には、大きなチャンスです。これからの光度変化が楽しみです。

参考文献
CBET 3792 (2014 Jan. 23)
ATEL 5786, 5789
板垣さんの発見前画像
http://www.k-itagaki.jp/psn-m82.jpg
爆発前のHST画像(ATEL 5786)
http://www.astro.caltech.edu/~spt/PSNJ09554214p6940260.png

2014年1月23日

Sn2014j

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近々の観測結果

なっかなか仕掛り画像が減らんです。

Asas06105607222_20140117

1/17のASAS061056-0722.2です。この星は結構多く観測しています。今回の観測が今までのと重ならなくて困ってます。

Fz_cma_201401171 Fz_cma_201401172

1/17のFZ CMaです。なんだか極小時刻のO-Cがフラフラしているような。

Xz_cmi_201401191

1/19のXZ CMiの副極小観測です。

Xz_cmi_201401192

Bがへんですね。捨てよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

XY UMa

そうそう、この光度曲線、Blogに出していなかった.

201401231 201401232

Siz氏が観測された XY UMa です。

GCVSでは、EB/DW/RS となっています。なんか、違ってそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月22日 (水)

δOriとηOriの観測値が妙だ

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/oriori-d6ab.html
昨日の続きです。

調子の良かった頃の 2010/11/11 25:13:21 の画像と
最近の悪くなった 2013/12/11 23:41:25 の画像を比較しました。

20140122sky1

あらっ!

そーーいえば、昔はピンボケで撮ってました。

去年から流星も撮りたくなりピントを合わせたのでした!

20140122sky2

どーーりで

R Leoやο Cetが暗くなっても観測できるわけだ!

ピンボケに戻したら、5等より明るい星しか観測できない(流星も撮影できない)。

このままピントを合わせた状態だと、3等以下しか観測できない。でも流星が写ってくれる。しかも、7等まで観測出来るので暗い変光星の観測ができる。

こりゃー、δOriとηOriをあきらめてでも、新たに暗い観測対象を選定する方が世界が広がりそうです。

と言う事で、過去のデータの削除を依頼しよう。

vsolj-obsに削除依頼をする事はたびたびありますが、

日変研に削除依頼をした事が無い。

どーなってしまうのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月21日 (火)

δOriとηOriの観測値が妙だ

2010年からデジタルカメラで観測しているδOriとηOriの値がおかしいです。

Delta_ori_20140121

これがδOriで、2013年以降の値がへんです。

Et_ori_20140121

こっちはηOri

観測に使っているカメラもソフトも星図も同じなのに??

違うのはレンズです。焦点距離は同じです。

レンズで測光値が違うって妙ですよね。

同じシステムでミラとR Leoも観測していて

そっちは変じゃないし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

ここ数日の変光星観測

Fz_ori_20140106

1/6に観測したFZ Oriです。24晩目の観測でした。

Ep_mon_20140110

1/10に観測したEP Monです。Ic bandだけ違う形になりました。まだ、2回目の観測なので本当か分からないです。

Rr_lep_20140112

1/12に観測したRR Lepです。極小の手前で観測が終わってしまいました。10晩目の観測ですが、こういった観測が多いです。

R_cma_20140117

デジカメで観測しているR CMaに1/17のデータを追加しました。へんな観測もありますが、±0.1等よりは良い精度で観測できています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月19日 (日)

WiMAX A002エラー

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/wimax-a002-80-3.html
これの続きです。

中古で買った WM3500R の内蔵電池が死んでいたので

USB給電出来る電池パックを一緒に持ち歩くとすると

201401191

この2つで250g

で、PCは

201401192

あわせて 1kg

んーー

重いなー

USBケーブルを使ってPCから給電しても良いのだが

WiMAXだと窓際に置かないと受信状態が悪い場合があるので電池駆動が嬉しいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

WiMAX A002エラー

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/wimax-a002-80-2.html
これの続きです。

>Aterm WM3200Uっての

WM3500Rでした、
http://121ware.com/product/atermstation/product/wimax/wm3500r/

で、

とっても不安でしたが

@nifty WiMAXに接続できました。

これで私の近くの人は7台まで無線LANが使えますよー

でも、内蔵電池がほぼ死んでました。

USBで常に給電すればよいわけですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月17日 (金)

1/10 と 1/12 の10cmでの観測結果

かれこれ仕掛り画像が増えています。

以下は、10cmニュートン式反射望遠鏡で冷却CCDによる測光をした食変光星の光度曲線です。

20140110_tu_cma

TU CMaの主極小です。VSOLJでは、これが3晩目の観測です。

20140112_bq_eri

1/12のBQ Eriです。主極小です。VSOLJではあんまり上手く観測出来ていません。

20140112_mp_pup

同じく、1/12の MP Pupです。VSOLJでは2晩目の観測です。このように食の底はユックリと変光します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魅力発見 平塚市博物館

http://www.youtube.com/watch?v=K1gZggJcVwk&feature=youtu.be

ここの9分18秒のところで

一瞬ですが自分が写ってました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月16日 (木)

WiMAX A002エラー

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/wimax-a002-80-1.html
これの続きです。

niftyさんからの回答は

「故障」

との事です。

ちょっと疑問も感じるのですが

新たに中古を探して買うことにしました。

Aterm WM3200Uっての

4500円

セットアップ出来るかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水)

Sky Monitorの不具合

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/2013-f047.html
これの続きです。

半日ほどでMeade LPIとの通信が途絶えてしまう問題です。

USB HUB経由でLPIにつないでいました。

で、HUBをやめて

PCに直接さしたら

何日かもつようになった。

少し、様子見です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/12のR CMa観測

例によってデジタルカメラをポタ赤に乗っけて3分インターバルで撮影しました。

EOS Kiss digital N, f=105mm (F5.6), ISO800, 120sec exp., WB=sun

201401151

デジカメでは初の主極小観測でした。

201401152

デジカメの観測だけを抽出して作った光度曲線です。

日毎で重なっていない観測がありますが

同じ標準星を使っていないのが原因です。

にしても、これって光度曲線合成法が使えるレベルかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しし座Rが減光ています

R_leo_lc_20140114

デジタルカメラで測光している R Leo の光度曲線を作りました。

急速に減光をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

WiMAX A002エラー

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/wimax-a002-8088.html
これの続きです。

24時間の利用期間が終わって

新たにLoginしてみようとしたら

20140114q001

サインアップに失敗しました(P003)
電波状態を確認してサインアップして下さい。

となります。

20140114q002

これでも電波が弱いの?

niftyに質問出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

系外惑星の発表

時々あるのですが、職場で「なんでもいいから発表しろ」ってやつです。

発表の練習ってのです。

なんでもよいとの事で系外惑星の話しをしようと思ってます。1/17です。

201401141

201401142

201401143

201401144

201401145

201401146

201401148

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

東京都の伊藤さんがHR Aurのフレアを観測!

Hr_aur_20140112

東京都八王子市の伊藤さんはRSタイプ連星のHR AurをVとRcの2色で測光観測を行っフレアを検出しました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカイセンサー2000 電池交換

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-8e39.html
これの続きです。

電源投入の度に日時を入れるようになっていましたが、

ついには英語表示になって

緯度経度などその他の設定も消えてしまい

電源投入の度に手入力が必要になりました。

そこで、スカイセンサー2000の内蔵電池を交換しました。

予備の電池は3つ持っていて、全て、CANの鈴木さんからもらったものです。

201401131

開けてビックリ

まぁ、よくあることですが、電池の種類が違います。

201401132

背に腹は代えられない。いや、代えました。長さが見近いのでワイヤーで繋ぐなどして接続しました。

201401133

組み込むと別な基板の部品足と接触しそうだったのでテープで絶縁しました。

これを組み上げて完成!

動作も問題ないです。メモリーバックアップも復旧しました!

※スカイセンサー2000PCの設定

 年月日時分
 緯度経度
 LX200 9600bps
 モーターパラメータ 3
 バックラッシュ 0
 オートガイダー ON

他には
 モータ速度を1200から300
 太陽観測をする

他にも何か設定したような?

それにしても取説が見にくい

あれは読本で、調べるのはやりにくい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

TU Cet

Tu_cet_201401061

1月6日の観測を追加しました。

12月15日の多色測光と重なります。

Ic bandだけで光度曲線を作ります。

Tu_cet_201401062

怪しい観測もありますが、周期4.39日は正しい事が確認出来ました。

報告を止めていましたが

未報告分を含めてvsoljに報告しようと思います。

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/1215tu-cetxy-ce.html
ここで変光していないのが発端で観測を始めましたが、

主極小の底のようです。

フラットなボトムを持つ周期4日のEA型と言う結論です。

ベランダからはシーズンも終わりなのでこの星の観測は一旦終了します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月11日 (土)

WiMAX A002エラー

平博でUストやろうと

WiMAXを1dayプランで繋いだ。

繋がって

直後に切れて

以降は A002エラー って表示されて繋がらないです。

何回やってもダメです。

24時間後には利用時間が終わってしまいます!

でも、繋がらない

PCを変えてみても同じです。

って事で、まったく利用できないまま nifty に600円だけ払って終わるのでしょう。

金額は少ないけど、これって新手の詐欺じゃないの!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今シーズンのBC Eri

Bc_eri_20140104

と言っても2晩の観測です。しかも、2013年は一晩しか観測出来ていません。その一晩と重ねても一周期になりません。

もっと観測しないと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

Some Binaries

2014011001

Sizさんが11/5と11/7に観測したSS Ariの光度曲線です。第一極大が明るいタイプの接触連星ですね。

2014011002

これがみんなの観測を一つにした光度曲線。

2014011003 2014011004

12/13のIohさんのEM Aur主極小観測です。

2014011005

HS Aurです。周期が9,8日もあると食部分しか埋まらないです。EAですがEA/RSかも知れません。

2014011006

周期0.6日のZZ AurにSizさんの11/4の観測を追記しました。

2014011007

FN Camです。ベランダからは見えない星です。12/22のKisさんの観測を追記しました。

2014011008

こちらもベランダから見えない星のLR Camです。IohさんSizさんがフォークなのに対してKisさんがドイツ式なので北天には有利でしょうか?

2014011009

WW Camです。Iohさんの観測を追加しました。

2014011010

なんと、2013年のRZ Cas観測はステファンのこの1件だけでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

Some Binaries

201401091

AA Andです。歪んだ光度曲線が楽しいです。

201401092

EP Andです。2012年から観測されています。

201401093

GZ AndにIohさんの10/27の観測を追記しました。一晩で一周期を観測されています。Njhさんの頃と比べると極小がだいぶ早くなっています。

201401094

V404 Andです。歪みのある光度曲線です。でも、観測年と関係なく、光度曲線は重なるようにも見えます。おもしろい!

201401095

BN Ariに2013/10/9のSizさんの観測を追記しました。見事な光度曲線です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

スマートフォンMedias N-04CとBluetoothでファイル転送

Windows 8にしてから N-04C とUSBで繋がらなくなりました。USB通信ケーブルだと充電も出来ない。

ドライバーの対応予定も無くて

頼るのは Bluetooth しかない!

って事でファイルの送受信をやってみました。

※あらかじめペアリングしてある事とします.

まず、PCとN-04CのBluetoothをONにしておく

次はPCの操作で「コンピュータ」を右クリックで
「プロパティ」を開いて「コントロールパネル」の「ハードウエアとサウンド」を選んで、次に「デバイスとプリンター」

20140108_b01

「N-04C」をダブルクリック

20140108_b02

「ファイルを送信する」をクリックしてN-04Cに転送したいファイルを選びます。

あとは、ウイザードに従って操作します。

「次へ」を押すとN-04C側で「ファイル着信...」のメッセージが出ます。

N-04Cを操作して、 受信 > 承諾 をします。

すると、N-04CのSDカードのbluetoothフォルダーにファイルが転送されます。

私はN-04C側ではフリーの「ファイルマネジャー」を使っています。

ファイルマネジャーでBluetoothフォルダーを見ると転送されたファイルが入っています。

次はN-04CからPCへのファイル送信です。

ファイルマネジャーを起動して送信したいファイルを長押し(数秒間タップ)します。

20140108_b03

するとメニューが出てきますので「共有」を選択します。

20140108_b04

次に「Bluetooh」をタップして

20140108_b05

送信先のPC(Bluetooth端末)(この場合は「VAIO」)をタップします。

20140108_b06

こんなのがPC画面にあわられるので、「承諾」すると「マイドキュメント」の「受信したファイル」に入ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のTU CetとR CMa、1/1のV1363 Ori

201401080

ちょっと前から追跡を始めた TU Cet です。
今年になってからは10cm反射望遠鏡に冷却CCDでIc band測光をするようになりました。
1月4日までの観測を光度曲線にしました。
今はシーズンが終わる頃で19時過ぎまでしか観測出来ないです。
なんとか、全体の様子がわかるようになるとうれしいです。

201401081

デジタル一眼レフカメラで観測をしている R CMa です。主極小も追加したいです。

201401082

1月1日に観測した V1363 Ori です。綺麗は綺麗ですが、

201401083

今までの観測に重ねてみると

ゴッチャゴチャ

こんなもんでしょうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 7日 (火)

会費納入

日本変光星研究会の2014年会費を払ってきた
(v^ー゜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 変光星観測月報

201401071 201401072 201401073

2013年12月の変光星観測数は 5157測光 で VSOLJ-OBSには 3908件 を投稿しました。
日変研には 10夜 / 44星 / 4514測光 をメールで報告しました。

食変光星の極小観測数は 27極小 でした。

とっても忙しかった月ですが、そこそこ観測が出来ています。

中旬にトラブルで稼働停止していた機器のメンテナンスを一気にやって

晴れも続いた事もあり観測数が順調に増えました。

その中でTU Cetが上手く観測出来ていない事に気がついて、ちょっとづつ観測を増やしています。

デジイチでAA Cetを観測していましたが、そこそこ良い結果が出ました。引き続き、R CMaを観測しています。

VSOLJ(日本変光星観測者連盟)の昨年の食連星の極小観測数は皆さんの協力もあって400件を超えました!

201401074

これは2000年以降のVSOLJの極小観測数推移です。

CCDの普及に従って観測数が徐々に増えてゆきますが2005年がピークで徐々に減り始めています。

2005年までNjhさんが観測していました。が、以降は新しいメンバーが数を維持して

2008年以降は400件前後で結構安定しています。

でも、実はこの400件の観測って、みんな、それぞれに努力している結果だと思います。

今年の目標は500件にして皆さん頑張りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 6日 (月)

スカイセンサー2000、やばい

最近、時刻がおかしい

起動のたびに再設定が必要になった

内蔵電池かな?

でも、緯度経度は記憶している

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジイチで星空

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-4d7f.html
これの続きです。

元旦の朝(5:41~5:42)にベランダでDSC-WX1で星空を撮ってみました。

201401010541 201401010542

ここから見える星空の全部が2枚の写真でおさまります。

そして、星がよく写ってます。(見やすいように画像処理しています)

からす座の写り方からして、4等まで写っていてアルゴルの観測に使えるかも

JPEGだけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

これも人工衛星だな

20140105051333

昨夜(今朝)もしぶんぎ群は写らなかった。

この人工衛星、明るさが周期的に変化しています。この画像は画サイズを変えました。そしたら強調されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9,10,11,12月の太陽黒点

久しぶりのホームページ更新です。

9月から12月の太陽黒点写真を載せました。

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/sun_2013.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/29のV536 Ori

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/1229v536-ori-c8.html
の続きです。

12/31の観測から得られたO-C値を使ってGCVSとBRNOのelementを校正して極小予報しました。

min=2426793.66+3.163264xE (GCVS改)
 Pri.
  1/ 3 25.8時 高度30度
  1/19 21.4時 高度56度
  1/22 25.3時 高度22度
 Sec.
  1/ 8 19.7時 高度44度
  1/11 23.6時 高度47度
  1/27 19.2時 高度50度
  1/30 23.1時 高度40度

minI=2452722.543+6.317002xE (BRNO O-C 改)
 Pri.
  1/19 20.7時 高度56度
 Sec.
  1/ 3 25.7時 高度32度
  1/22 24.5時 高度31度

1/19以外なら、どれを観測しても結果が得られそうですが

私の所から見るとなると 1/8 と 1/27 しかチャンスが無いです。

どちらもGCVSの副極小で、それが浅かったらわからないかも.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

1月4日未明の「しぶんぎ座流星群」

まず、これ

201401031 201401032

完璧、人工衛星

次は

201401033

これは群流星です。

暗いです。

1500枚撮影して、この1枚だけでした。

出現は1/4 5:35:26から4:35:56の間(30秒露出なので)

基本、ずっと曇ってました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/29のV536 Ori

20cmで観測したV536 Oriです。

V536_201312291

ぜんぜん変光していません。

V536_201312292

これが今までのVSOLJの観測です。

2009年にSizさんが観測したデータを見ると減光しています。

GCVSもCracowもP=3.16になっていますが

minI=2452722.529+6.317002xE (BRNO O-C gateway)

ってのも有って

周期6.3日だとなかなか極小を観測出来そうにありません。

世界的にもCCD測光は2件とかしかありません。他は写真と眼視です。

BRNOの要素を元に極小予報すると大晦日がチャンスで以降30日間予報してもチャンスがありませんでした。

で、大晦日に観測しました。きっと生まれて初めて年越し観測。

V536_201312311

見事に主極小です!

V536_201312312

P=3.163264で書いた光度曲線です。

この周期で副極小が有ったとして、それはまだ未観測の位相に位置しています。

と言う事で

この連星の公転周期は未解決

周期3日で予報して副極小を検出するか、周期6日で副極小を観測して食の深さを主極小と比較すれば

解決かな.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

12/28と12/29の食変光星観測

Iq_cma_20131228_lc

12/28に観測した IQ CMa です。娘夫婦と忘年会でした。

出発前に望遠鏡の準備やCCdの冷却をして、帰宅してから IQ CMi を導入して撮影を始めました。極小は徐々に早まっているようです。

20131229_bv_eri_lc1

12/29は最初にBV Eriを観測しました。なんだかバラバラの観測で、

20131229_bv_eri_lc2

主極小の減光部分の観測でした。きったないので、この観測は捨てよう。

20131229_er_ori1

次はER Oriを観測しました。が、これも極小を観測出来ませんでした。

20131229_er_ori2

2013年は2回しか観測していません。よくわからないので、

20131229_er_ori3

2012年の観測を重ねました。

20131229_bh_cmi_lc

最後はBH CMiです。Njhさんが極小を観測していますが、私はまだ極小を観測できていません。今回は主極小の減光部分の観測でした。

12/29は3星観測して、全部、極小をはずしました。二頭追うもの。

追伸:

12/31にER Oriを追観測しました。

Er_ori_20131231ic

これも極小をはずしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

1月1日、しぶんぎ座流星群

昨夜の写真に
今朝5時のしぶんぎ座流星群が写ってました。

二枚の写真の露出時間は

 2014/1/1 29:00:45-29:01:15
 2014/1/1 29:06:45-29:07:15

です。

20140101_290045_sibungi 20140101_290645_sibungi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TU Cet

Tu_cet_20131231

なんだか良く分からないまま

ともかく測定を続けています。

そろそろ、ベランダからは観測シーズンが終わるので、

真っ先にこの星を撮影して

南中したら別な星を観測するようにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これって人工衛星だよね

12/30 4時頃の画像です。(f=28mm)

201312291 201312292

だいたいおとめ座の主要部分が入る位の画角で
中央左の縦に2つの明るい星が土星とスピカです。

両方の写真に人口衛星らしき物が写っていて

こういう事はよくあって

たまぁにステラナビゲータで調べてみますが、

登録されている人工衛星で該当する物がありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

年賀状が一枚だった

1月1日10時

ポストを見たら年賀状が入っていた

1枚だけ。

しかも

自分が出したやつ

努ちゃんの住所が違うって!

変光星の人、みんな、届いてないのかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年元旦、初日の出

20140101_sunrise

ベランダからの初日の出

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大晦日の流れ星

12月31日18時14分に、くじら座とうお座の境界線に現れた流星

20131231_mteor

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(。´∇`)ぁヶぉめっ★

明けましておめでとうございます。2014年になりました。

今年も天文の話題の多い年になって欲しいですね。

20140101

昨年の暮れに20cmSC+ST-402MEで撮影した馬頭星雲です。

フラット失敗画像でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »