« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月31日 (火)

2013年の重大ニュース

1月、ST-402用のフィルターホイールを買った

やっと、多色測光ができるようになりました。

1月、孫が生まれた

天使が誕生しました!

2月、ガンの疑いで入院

死ぬかと思った。

3月、初の沖縄

かみさんも娘も沖縄経験があり、私だけ無かったのですが、出張とはいえ、一応、行ったことになりました。

4月、平博に藤井氏が来た

花山天文台で行われた変光星観測者会議に来てた福江研の藤井氏が就職で平塚市博物館にきました。

4月、夜間用スカイモニター立ち上げ

Meade LPIにCマウントレンズを付けてFTPソフトを作るなどして立ち上げました。が、調子悪くて、しょっちゅう止まります。

5月、連星系東京研究会

慶応大学で中村先生/岡崎先生の定年記念の研究会をしました。

6月、変光星観測者会議

ひっさしぶりに工学院大学で開催されました。第一回変光星観測者会議が工学院でしたので35年ぶりとかです。

7月、東海大で変光星勉強会開催
8月、東海・明治合同で変光星観測合宿(雨でした

学生達との交流でした。

8月、ビックニュース「いるか座に肉眼新星」

これはすごい事件でした。休眠中の観測者の再起動にもなりました。キャンペーンもあり、学会発表も!

8月、VSOLJデータベース、LightCurveゼネレータ実装された

前原先生がLCGを作ってくれて光度曲線が簡単に作れるようになりました。

8月、R Sctがすんごく暗い

とっても暗くて私のデジカメで写りませんでした。

12月、数年ぶりの海外出張

10年ぶりは大げさでも、それくらい久しぶりの海外出張でした。出張中にアイソン彗星が蒸発してしまった。

12月、今村さん結婚

オメデトウ(^▽^)ゴザイマース。千葉のKさん、木曽のMさん、埼玉のSさんとかまだですか?結婚すると「おまえ、いつ結婚するんだ」って言われなくなります。

12月、ガイア衛星打ち上げ

今後が楽しみです。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

12月、清田氏、天文台設置

千葉の実家に天文台を建てました。きっとリモート望遠鏡にするんでしょうね。ルーフは手動かな。完成したらお祝いで見学に行きたい。

2013年は彗星の年と言われました

 3月、パンスターズ彗星
 11月、アイソン彗星

でも、ヘールボップ彗星みたいには見えなくて、一般の人には無いのと同じだったかな。

ほかに、今年は太陽黒点観測を継続するようになりました。特に7月から緯度経度を測るようになりました。

デジカメによる食変光星観測はポタ赤の極軸を合わせる方法が習得できて、プログラムスターを設定するなどで、ちょっとずつ成果が出てきました。ファインダーで変光星を入れるのも楽しくなって来ました。

残案件の大きな物は4つで

 FitsPhotのWin8対応
 Sky Monitorの不具合
 ST-6とDSI Proが遊んでる
 低分散分光をやりたい

研究的な面では

 、、、は、書かない。ひとつ書くと、重力増光と黒点の見分け方はなんとか出来ないかなー。と思ってます。

明日から2014年です。皆様、良いお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月30日 (月)

今晩、R CMaが副極小

20131229_r_cma

12/28,12/29と連続して観測しました。

これからすると、一晩で位相にして0.15が観測出来て

光度曲線上を-0.15/dayで前に移動しています。

これからすると、今晩は副極小が観測出来ます。

んが!

今夜はいわゆる家事都合で観測出来ない日なんです。

1/1から3晩は連続して観測できたら嬉しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/25のYY Eri観測

この日は忘年会でした。

一旦、家に帰ってYY Eriの連続撮影を始めてから出かけました。

夏の転勤で職場が近くなり、日没が早い時期ですので、こういう事が出来ました。

Yy_eri_20131225

撮影を始めた時は晴天でしたが

すぐに曇りだしてしまい

最後には完全に曇って

極小は観測出来ませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月29日 (日)

今朝の南東の空

望遠鏡を片付けていて月が綺麗だったのでコンデジDSC-WX1で撮影しました。

201312291

1秒露出になったようで星も写ってます。

3.5等星位まで目で確認できます。

もしかして、観測に使える?

201312292

昨日は20cmは使ってません。デジイチ2台と10cm+冷却CCDが1台です。

今朝、目がさめると10cmの方の制御PCがブルーバックになっていて望遠鏡が三脚にあたったままジージー言ってました。

アライメントやり直ししないと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/22のSX CMaとBU Eri

12/22はTU Cet,XY Cet,SX CMa,BU Eriの4星をCCDで測光しています。

最初の2星が20cm反射望遠鏡、あとの2星を10cm反射望遠鏡で観測しました。

Sx_cma_20131222

SX CMaは副極小を観測したハズなのですが変光を検出出来ませんでした。

Bu_eri_20131222

BU Eriは初めて極小を観測出来ました。副極小でした。

ASASの変光星ですが要素はCracowで光度曲線を作りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月28日 (土)

Kiss digiが壊れた

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/kiss-digi-7d05.html
これの続きです。

10月にErr99で壊れて使えなくなっていたEOS Kissを修理に持っていったら

1.5~2万円かかるって

中古で買ったのに、買った時より高いじゃん!

って事で、捨てる事にしました。

デジイチが2台だと不足気味なので

一台、買うなか~

中古

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/22のTU CetとXY Cet

Tu_cet_20131222

なんだかよくわからなくて

もっと観測しないとダメですね。

Xy_cet_20131222

12/22は副極小に入るところが観測出来ました。

12/15の観測はあやしい結果です。

この2つの星の報告はやめとこう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月27日 (金)

仕事納め

今日が今年最後の仕事です。

いつもは半月前とかから休んでしまうのですが

すんごく忙しくて

会社カレンダー通りに働いてしまいました。

例年、年末年始は泊まりで出かけるのですが

今回はユックリしたいので自宅にいます。

反面、「観測納め」と「観測始め」が決められません。

きっと、大晦日も元日も関係なく観測しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月26日 (木)

AA Cetの次の食変光星

デジカメ測光しているAA Cetがそろそろ観測シーズンが終わります。

次の星を選んで無いまま

どーしても観測したいR CMaを撮影しました。(望遠鏡+冷却CCDだと明るすぎて失敗観測ばっかりだった)

R_cma_v_chart

DX Aqr,AA Cetでf=105mm ISO800 120sec exp.が良い結果になる事が分かっていたのでR CMaも同じ設定で撮影しました。

画像はGプレインです。

R_cma_20131222

12/22にテスト観測しました。観測は副極小です。

そして、期待通り良い結果になりました。

AA CetとR CMaの時角が大きいので

やっぱ、間に何か欲しいとも思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月25日 (水)

V339 Del

最近のいるか座新星は何等なんだろう?と思ってキャンペーンサイトを見ました。

V339_del_2013120

ずっと11等台でゆっくりと減光中なんですね。

にしても、バラツキが大きい。

で、AAVSOを見たら

V339_del_2013121

スケールが違うけど、あんまりバラツキを感じない。

VSOLJの方はバンドの違いかな?

バンドごとに光度曲線を書けばわかりそう

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年の天文現象

1月2日 月と金星の接近

1/2夕方に月齢0.9の月と金星が接近します。下は17時の様子です。日没したばかりで観察は難しいです。

201401

1月4日 しぶんぎ座流星群

1/4未明(1/3夜?)、しぶんぎ座流星群が極大です。観察条件がよいです。輻射点は午前4時で高度40度あります。

201402

1月16日 月最遠

本当は最遠ではないです。2014年で最も小さな満月になります。記念写真を撮りたいですね。

2月26日 月と金星の接近

明け方の空に月と金星が見えます。下は朝5時の南東の空です。

201403

3月27,28日 月と金星の接近

月と金星の接近は肉眼で見える美しい景色です。左は3/27 4:00で、右が3/28 4:00です。

201404 201405

4月7日 月面X

4/7 18時頃だそうです。日没前です。本当にXになるのか確認したいです。

201406

4月14日 火星の接近

火星は2年2ヶ月毎に地球と接近します。地球との距離は0.62AUで大接近と言うものでは無いです。

201407

4月15日 皆既月食

18:40の茅ヶ崎の空です。僅かに欠けていますが10分もすると食が終わってしまいます。高度は4度です。

201408

4月26日 月と金星の接近

午前4時の空です。

201409

5月17日 AUU50周

天文現象ではありませんが、大学天文連盟50周年記念パーティーの予定です。

5月26日 月と金星の接近

これも明け方です。午前3時半の空です。

201410

6月24,25日 月と金星の接近

明け方の空です。左は6/24 3:30で、右が6/25 3:30です。

201411 201412

7月25日 月と金星が接近

3:50の空です。

201413

8月11日 月が最近

本当は最近ではないです。2014年で最も大きな満月になります。これも記念写真ですね。

8月18日 金星と木星が接近

午前4時半の東低空です。視野円は7度です。金星と木星が一緒に見えます

201414

8月24日 月・金星・木星の接近

午前4時10分の東低空です。視野円は7度です。

201415

8月26日 火星と土星が接近

20時のてんびん座です。ほぼ同じ明るさの惑星が2つ見えます。

201416

9月20,21日 月と木星の接近

月と木星です。左は9/20 4:00で、右が9/21 4:00です。9/22も近いです。

201417 201418

9月28日 土星食

日中に土星食があります。すごく見づらいと思います。左は12:00で、右は14:00です(どちらも茅ヶ崎市)12:12から13:32まで位です。

201419 201420

10月8日 皆既月食

これが2014年のメインイベントでしょうか。

 欠け始め    18h15m
 皆既始まり  19h25m
 食の最大    19h55m
 皆既終わり  20h25m
 食の終わり  21h35m

201421

11月29日 月面X

19時ころに月面Xらしいです。

201422

12月14,15日 ふたご座流星群極大

あんまり条件が良くないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月24日 (火)

AA Cetのデジカメ測光

Aa_cet_2013dec1

12/10から12/25の期間にAA Cetを撮影しました。

CANON EOS Kiss digital N, f=105mm, ISO800, 120sec exp.

わりと綺麗な光度曲線でしょ。

Aa_cet_2013dec2

2013/Octから観測を始めていて、これが全データを使った光度曲線。

実は縦方向が一致してくれません。

変光星を観測しているとこういう事がよくあります。通常は未知な変光星を比較星として使っている事が原因です。

Aa_cet_2013dec3

これが使っている標準星で、毎回、この星全部を使っています。

まず、5.45等星
015946.0 -204928 (2000.0) NSV15418 ? 5.50 5.55 Hp - - - M0/1III
NSVでIRAS天体でした。

次は4.00等星
020000.2 -210439 (2000.0) 399GV1 1.55 HIP009347 plx=10.84(0.79) (0.00 0.06) M 4.08-4.11
IRAS天体でHipparcosの変光星です。

4.90等星
015640.1 -223136 (2000.0) 492H 1.43 HIP009061 plx=8.18(0.85) (0.00 0.01)
もの凄く赤い星で変光星の疑いを感じます。

最後に6.30等星
020251.7 -235311 (2000.0) 630H 1.34 HIP009562 plx=3.40(0.83) (0.01 0.01)
K型超巨星で物凄く赤いIRASソースです。

と言う事で、標準星をして使っている物のぜんぶが変光星の可能性があります。

あと、AA Cetのすぐ横に9等星があって、一緒に測ってしまっているかも知れません。
写っているので気にしています。きっと大丈夫とは思います。

015902.8 -225920 (2000.0) 907 1.24 TYC2-6430.882.1 (9.20 0.02) (10.66 0.04)
で、その9等星が、これまた赤い星なんです。

標準星のどれかが脈動変光星なんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

今年のVSOLJの食連星極小時刻観測数

今年の食連星の極小観測数は今のところ383件です。

VSOLJ-OBSに投稿されて、まだ解析していないものが
 Sizさん 1件
 Iohさん 5件

他に自分の観測で未測定の物から5件位極小時刻が得られそうです。
残りの全部から極小時刻が得られれば394件になります。

まだ9晩ありますので400件は超えそうです!
あと、眼視観測はステファンの観測しかありません。
ともかく、がんばりましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天体観測の教科書 変光星観測編 正誤表改版

発売されて何年も経ってますが

まあだ新たな誤記が見つかるのでした!

誤記の宝庫

http://nhk.mirahouse.jp/seigohyou2.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次の出張

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-5484.html

これの続きです。

で、この出張、無くなりました。

出張計画はあるのですが人数を減らす事になりました。

平博の忘年会に行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12/15のKL CMa

Kl_cma_201312151

10cm反射望遠鏡を使ってIc bandで測光したKL CMaです。

この星の観測は初めてでした。

Kl_cma_201312152

VSOLJではKis氏が観測していました。

EA型です。食外の観測は、まだ誰もしていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月22日 (日)

12/15のTU CetとXY Cet観測

Xy_cet_20131215

これがXY Cetです。なんでしょうね?この変な観測結果は。

Tu_cet_201312151

こっちはTU Cetです。ぜんぜん変光していない。

Tu_cet_201312152

んーー、正しいのか、間違っているのか

わからんです。この観測。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月21日 (土)

12/14のUX Eri

20131214_ux_eri1

んーー、こんなもんかなー S/N

20131214_ux_eri2

11月にも観測してました。11月の方がちょっと良いけど

基本、あんまり変わらないか。

20131214_ux_eri3

ほー

そんな悪くないか

B bandの光度曲線が出来つつあるのが

嬉しいかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月20日 (金)

12/12のV1848 Ori

12月12日にV1848Ori(ASAS050837+0512.3)を測光観測しました。

20131212_v1848ori1

以下は2011年と2012年の観測です。

20131212_v1848ori2 20131212_v1848ori3

2013年の観測をもっとやらないとハッキリしませんが極大等級の差は2012年と同じ程度に見えます。

重力減光によるホットスポットだと思っているのですが分光も測光も観測が進んでいないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月19日 (木)

これいいなーー

Nova Centauri 2013 broad maximum from visual observations calibrated  with same altitude stars

http://jp.arxiv.org/abs/1312.4848

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月最初の変光星観測は

中国から帰ってきて

しばらく天気が悪くて

望遠鏡もトラブルだらけで20cmしか使えない状況でした

それで、最初の晴れは

12/10で YY Eri を測光しました。

Yy_eri_20131210

翌日は BC Eri でした。

Bc_eri_20131211

どちらも長い付き合いの星です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月18日 (水)

ふたご座流星群

12月14日の写真を調べたら流星らしき物が写ってました。

20131214sky1

20131214sky2

20131214sky3

最後のは人工衛星かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月17日 (火)

2013年11月 変光星観測報告

いや~、11月12月と忙しい月でした。

よーやく画像中の変光星の光度測定がおわりました。

数えると11月は 12夜 / 46星 / 4917測光 でした。

201312171 201312172 201312173

すーごく忙しかったのに

こんなに観測していたのでした。

11月は忙しかったので、次第に観測機器のメンテが出来なくなり

使える機器が一つ減り二つ減りと苦しい状況でした。

メンテナンスしないと、あっと言う間に機器が使い物にならなくなります。

そ~いえば、11月はアイソン彗星でしたね!

出張とか有って、すっかり忘れてました。

それも、出張中に無くなってしまいましたし、

忙しいと仕事だけのつまらん生活になります。

デジカメで観測している AA Cet は、そろそろ観測シーズンが終わりです。次の変光星を探さないと。

V1848 Oriの低分散分光をする為にプリズム式の直視分光器をいじってましたが

これも完全に中断しています。

スターアナライザーをかっちゃおうかなー

その前にOff AXIS欲しい。

10cmをAutoGuideに戻す事も考えていて

色々と課題が残ったままです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年12月16日 (月)

もー、ボロボロです

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-6cd0-1.html
これの続きです。

>CV-04の制御に使っているPCの時計が合わない

今年の6月に

「あっ!、時計が!」で
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-641c.html

解決したハズでした。

Windows 98の起動時に

net time \\VAIO /set /y

を実行しています。

とっ、ところが、 \\VAIO が、その後、壊れてしまい。捨ててました!

と言う事で、ファイルサーバーに使っている Windows 7 PC とLinkするようにしました。

あと、前々から起動に手こずっていた FMV-C8200 ですが、これはバッテリーを外したら

駄々をこねずに起動してくれるようになりました。

で、このPCについているUSB HUBはACアダプタを付けています。

このアダプタの電源を先に入れないとUSBシリアルが見つけられない事が分かりました。

最近になって起動手順を変えていて、10cm用のスカイセンサー2000PCが動かない症状は、これでした。

それから、インターバル撮影に使っている EOS Kiss digital とPCが通信できない問題は

USBケーブルを変えたら解決しました。

最後に 10cm反射望遠鏡の赤道儀をアライメントして

10cm,20cm,EOS kiss digi, EOS Kiss digi Nの4機を使った観測が再開できました。

残る問題は

LPIを使った夜間用のSkyMonitorが起動後半日でUSB通信が途絶える

EOS Kiss digitalが1台、壊れている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

変光星のプラネタリウム番組を見てきました

昨日、Kis氏と湘南台の科学館に行って

変光星のプラネ番組を見てきました。

変光星ですよ!

ミラと言う脈動変光星を紹介し

よくある、膨張収縮をCGで見せる

だけでなく

光度曲線を見せて説明します。

光度曲線ですよ!

人生の中で「光度曲線」と言う言葉を聞ける人は非常に珍しい体験と思います。

それが番組の中で連発します。

ケフェイドも紹介します。これも光度曲線を見せますが

ミラの光度曲線と重ねて

ケフェイドとミラが同じ脈動でも、まったく違った性質である事をひと目で分からせてくれます。

非同動径脈動まで紹介します。αCygですよ!

変光範囲0.001等ですよ!

たぶん、GCVSの大分類にのっとってか

回転変光天体も、きちんと説明していました。表面に金属の。。。とか、黒点がーーとか

は、無かったです。

次にアルゴルから食連星です。

食連星 あるいは 食変光星と言います! は、あまりにもきちんとしていて

か ん ど う した!

で、連星を説明したので

激変星です。

激変光星じゃないですよ。激変星ですよ!

白色矮星に質量移動して降着して新星爆発

その次はわい新星。

全てに光度曲線が出てきて、その特徴を説明していました。

SR型の光度曲線なんか、観測がリアル過ぎちゃって

マニアにはタマランです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月14日 (土)

もー、ボロボロです

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-6cd0.html

これの続きです。

他にも手付かずの故障がありました。

まず、CV-04の制御に使っているPCの時計が合わない問題です。

このPCはWin98なのですが、急にインターネットが使えなくなってしまった事に原因があります。

LANはつながってます。この手の不具合は苦手です。

もう一つは、夜間用のスカイモニターが起動後半日で画像が更新されなくなる不具合です。

このシステムは基本的にLPIに短いレンズを付けただけの物なのですが

USB通信が途絶えてしまっています。

まったくもって原因不明です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月13日 (金)

次の出張

次は 燕三条に 出張で

12月25、26日の一泊二日です。

25日は平塚市博物館天体観察会の忘年会が有って行きたかったのに

行けなくなりました。

(;ω;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月12日 (木)

もー、ボロボロです

ここ一ヶ月位

土日に家に居ないので

望遠鏡とか故障だらけです。

EOS Kiss digital 1台 > 故障

EOS Kiss digital 1台 > USB通信できず

10cmスーパーポラリス > アライメントがコケコケ

って事で

使えるのは

20cmシュミカセ + CCD

EOS Kiss digital N + ポタ赤

2台だけになってしまった。

なんとかして修理・調整をしないと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国、出張

東莞のチャンピンに行って来ました。

Dsc02463

一日だけ部屋で弁当にしました。

セブンイレブンで買ったお弁当。

これって調理しないと食べれないのでした!

中国人は冷めたご飯を食べないのを忘れてた。

結局、トイレに捨てちゃった。肉は骨付きでトイレが詰まって水があふれ出た。

これの修理依頼に難儀して、こんしんの絵を書いて意味が伝わった。

Dsc02474

奥の一皿が「シャコの素揚げ」で、これが私の一番好きな中華料理です!

会えてよかった!

これの注文も大変でした。

たまたま、別なお客さんが食べていたので「あれと同じのを下さい」と言う中国語の文章を旅行本で指さして

これまた、こんしんの「シャコ」の絵を書いた。

Dsc02477

中国のしゃぶしゃぶもとっても好きです。

こちらも食べれて良かった。

これまた、注文が大変でした。メニューは文章だけで、シートに食べたいのをチェックしてウエイターに渡すのですが

あまりに奇妙だったのか?その彼の方で書き直してました。

結果、普通に食べられるのが出てきました。

この2種類のスープも、自分が食べたかったものです。

Dsc02505

車から写した、ごく普通の街並み

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

八海山、写真

中国の写真でも

思ったのですが

その前に週に行った「日本酒 八海山」旅行の写真整理が出来ていなかった。

2013112311

人が写っているのはやめて、この一枚だけ。

泊まった宿舎。後ろの山が八海山。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月10日 (火)

変光星観測月報が出せない

それどころか

あんまり晴れていない割には

未測定の画像がたんまりあって

こまった

時間がぜんぜん無い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 9日 (月)

V2790 Ori

土曜に中国から帰国しました。

家に着いたのは22時を過ぎていました。それでも、一銭もお金をもらえません。仕事って。。

は、いいとして

V2790ori_20131126

Sizさんの観測された V2790 Ori です。

W UMa typeのダイナミックさが、よくわかる観測です。

でも、VSOLJではフレアの観測が無いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 7日 (土)

I will 帰るぞ!

あすた

日本に帰りますぞ

このやろー

みたいな

つらかったーーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 2日 (月)

たどり着けた

昨日はなんとか中国東莞のホテルまでたどり着けました。

ほっとして飲みすぎました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 1日 (日)

中国、行ってきます

今日から一週間

出張で中国一人旅です。

こんどこそ、Blogは書けないかなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »