« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

デジカメの固定連続撮影を再開しようかな

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-bf13.html
これの続きです。

20130430

インターバル撮影再開しました!かな?

自作インターバルタイマーは3分間隔が最短で流星にはもっと間隔を狭くしないと

PICプログラムを書き直せば良いですが

開発環境を作るのが面倒、時間も無い。

さらに、変光星の測光・流星の検出をする時間も同様にして無い

しばらくは機械の動作確認だけだ

意味ない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月29日 (月)

この三日間の太陽黒点

Gw_3days_sunspot

ゴールデンウイーク前半の三日間の太陽面の写真を組写真にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月の連星研究会

20130429

VSOLJが観測している食連星を紹介します。

それで、進捗なんですが、

発表資料どころか、やっと光度曲線が出来た所です。

これから分類とか見せ方の考察で

まだまだ、先が長い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月28日 (日)

acer AOA150 遅い

使っている内に遅くなるWindowsの宿命!

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/acer-aoa150-f0d.html
以前にメモリーを増やしました。

けど、もっと早くならんか?

遅いのは、ほとんどHDDアクセス時間のような?

来年にはXPが終了するし

持ち歩くPCなのでウイルス対策をちゃんとしたいので Win 7 あたりに OSを入れ替えないといけない。

って事で SSD を考えるようになります。

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_ss_i_4_3/377-6513720-1742717?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=2.5+ssd&sprefix=2.5%2Caps%2C687

120Gクラスで 1万円 って所です。

んーーー

お金かかるけど、新品のPCを考えた方が良いかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

スカイモニター

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-b626-3.html
これの続きです。

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/dload-2.html
ここで、2つのプログラムをホームページで公開しました。

6.FTP_Scheduler は、

起動時に自動でFTPが始められるようにしました。

7.task_restart は、

新規のプログラムで、一定周期でタスクを停止・起動します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

スカイモニター

やっぱ、FTPスケジューラプログラムがコケます。

週に1~2回も

201304261

それで、タスクをリスタートするプログラムを作った。

これを起動しておけば、FTPスケジューラプログラムを30分毎に止めて再起動させます。

FTPスケジューラプログラムがコケてしまっても安心です。

201304262

同時に、FTPスケジューラプログラムの方も、起動したら直ぐにFTP開始の機能を追加しました。

調子が良ければホームページで公開しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

デジカメの固定連続撮影を再開しようかな

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/momiji-4ad0.html
これの続きです。

カメラ三脚で固定したデジカメをベランダに置いてインターバル撮影を再開する計画です。

真南55度を中心にして連続撮影して写っている食変光星を測光していました。

しかし、労力の割には得るものが少なくてやめました。

でも、明るい星ならそれなりに成果が出ていました。

οCet, ηAql, δLib, δOri, ηOri この5星は光度曲線が描けていました。

なんで再開するのか?って言うと

4月から来た平博の学芸員さんが流星がご専門で私も刺激を受けて流星写真を撮ってみようかと思うようになったからです。

この方、花山天文台での変光星観測者会議に来ていた大教大の方です。

それで、その方によると流星の検出は ShootingStarDetector と言うfree softで自動的に検出してくれるとの事です。

早速インストールしてみたら

Jpegしか扱ってくれません。

変光星の測光にも使いたいので RAW で撮影したいです。

RAW を 一気に Jpeg に変換するプログラムが有れば解決します。

探したら

XnConvert と言うソフトが直ぐに見つかりました。

使い方は

201304261

変換したいRAW Fileをドロップして

201304262

形式を Jpeg にして 変換 ボタンを押すだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あす朝、月食

20130426_0440

これは、明朝4時40分の月です。高度は2.4度しかありません。

西の空に沈む直前ですので

西の地平線がよ~く見える所でないと見れないです。

しかも、こんな低空はいっつも雲がありますので

とってもラッキーでないと見れないでしょう!

でも、起きてみます...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

そろそろ、ゴールデンウイーク

途中、年休を取ることで連続10日間あります!

やっぱり、土日だけだと(外出もあるし、家の事もあるし)研究が進みません。

5月と6月の某研究会の準備がぜんぜん進んでいないので

このGWに一気に解決させよう!

と言っても、なんだかんだで半分は外出の用事があります。

なんとかして家にこもってないと破たんしてしまう.

あー、みんなやめちゃおうか、どーせ趣味なんだし

あと、観測をすると半日は測定作業で潰れてしまうというジレンマが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンウイーク中の明るい食変光星の極小予報

4/26から5/5までの明るい食変光星の極小予報です。

星名      月   日   時刻  高度  食継続
--------------------------------------
AQLKO      4   28   25.0   41    8.9
CASTV      4   30   28.2   36    7.8
CEPEK      5    4   26.9   45    6.4
CEPU       4   28   25.6   30    9.0
CEPU       5    3   25.2   30    9.0
CEPZZ      4   29   26.7   37    6.2
DRAAI      4   26   23.1   52    5.2
DRAAI      4   27   27.9   65    5.2
DRAAI      5    2   22.9   54    5.2
DRAAI      5    3   27.7   63    5.2
LACCM      5    3   26.8   42    4.2
LACRT      4   28   26.5   36
LACRT      5    3   28.3   59
LIBdelta   5    2   23.5   45   12.8
SGEU       4   30   25.9   53   13.8
SGRV0505   4   30   26.9   31    5.7
UMATX      4   26   18.9   72    8.8
UMATX      4   29   20.4   78    8.8
UMATX      5    2   21.9   63    8.8
UMATX      5    5   23.4   45    8.8
UMIW       4   28   28.5   38    9.4
UMIW       4   30   21.3   37    9.4
UMIW       5    5   23.8   39    9.4
VULZ       4   27   28.9   79   10.6
VULZ       5    2   26.7   66   10.6

name       period     RA      RD   Type    mag
-------------------------------------------------
AQLKO      2.8640   18h47m  +10゚46  EA   8.3- 9.5
CASTV      1.8125   00h19m  +59゚08  EA   7.2- 8.2
CEPEK      4.4277   21h41m  +69゚42  EA   8.0- 9.3
CEPU       2.4930   01h02m  +81゚53  EA   6.8- 9.2
CEPZZ      2.1417   22h45m  +68゚08  EA   8.6- 9.6
DRAAI      1.1988   16h56m  +52゚42  EA   7.1- 8.1
LACCM      1.6046   22h00m  +44゚33  EA   8.2- 9.2
LACRT      5.0736   22h01m  +43゚53  EB   8.8- 9.9
LIBdelta   2.3273   15h00m  -08゚31  EA   4.9- 5.9
SGEU       3.3806   19h18m  +19゚37  EA   6.5- 9.3
SGRV0505   1.1828   19h53m  -14゚36  EA   6.5- 7.5
UMATX      3.0632   10h45m  +45゚34  EA   7.1- 8.8
UMIW       1.7011   16h08m  +86゚12  EA   8.5- 9.6
VULZ       2.4549   19h21m  +25゚34  EA   7.3- 8.9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

変光星観測者会議 2013

PAO Navi に、お知らせが載りました!

http://paonavi.com/e/2013%E5%B9%B4%E5%A4%89%E5%85%89%E6%98%9F%E8%A6%B3%E6%B8%AC%E8%80%85%E4%BC%9A%E8%AD%B0

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ST-6

201304231

事情があって預かりました。

もともと、CANのOKN氏が使っていたものとの事で

私で4代目だそうです。

動作確認してみると、、

PCはRS232Cがついてない物を使ったので USB-シリアル で接続しました。

CCDSoftではLINK出来ませんでした。CCDSoftに組み込まれたDRIVERのVersionが一致しなかったようです。

そーとー古いST-6か.

windows版のCCDOpsをdownloadしてinstallしたら

動きました。

それにしても、冷やせません。

冷却能力が50%を超えて、ほんのちょっと経つと

201304232

冷却をやめてしまいます。

最初、12V/1Aの電源でやってましたが、12V/16Aの電源にかえました。

それでも、ダメです。

そこで、2.5度づつ手動でゆっくりゆっくり下げたら

どうにか-2℃まで下げられました。この時点で冷却能力50%を超えて、すぐさま冷却を停止してしまいました。

201304233

時間をかけて冷却したかったのは、チャンバー内の湿度を知りたかったのです。

このテストではchipが結露する事はありませんでした。

それにしても、観測に使うには冷却問題が解決出来ないといけないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

PY Vir

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/py-vir.html
これの続きです。

>では、O-Cを調べよう

Py_vir_201304221

これがPY VirのO-Cです。BRNOのデータを使いましたが、最近の物が無くVSOLJブレテンの値を使いました。

周期・元期はGCVSを使いました。

明らかに周期が違います。

Py_vir_201304222

直線近似して補正すると、このようになりました。

ん?

これは!

Py_vir_201304223

サインカーブにフィットします。

サード・ボディーを見つけました!

論文を調べたらルチンスキーさんが解析してました。

5.22 years and an amplitude of 0.0075 days

だそうで

残念!、世界初の発見かと思ったのに

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

Peranso

以前から買おうと思っていたのですが

やめよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

momijiさんのブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/skywalk310310

左側のリンクに追加しました。

今年度から、私も流星かな

「デジカメ一晩中固定で撮りっぱなしシステム」を再稼働しようか

まだ何をするのか決まっていないけどワクワクします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙図2013

アマゾンで売ってます!

A1版 \693
http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%87%E5%AE%99%E5%9B%B32013-A1%E5%88%A4/dp/B00AYAZ394/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1364914101&sr=8-1&tag=hydfbook-22&ascsubtag=JP-SAGE-1365586491943-FXAQH

A2版 \346
http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%87%E5%AE%99%E5%9B%B32013-A2%E5%88%A4/dp/B00AYB06YA/ref=sr_1_1?s=hobby&ie=UTF8&qid=1366493022&sr=1-1&keywords=%E5%AE%87%E5%AE%99%E5%9B%B32013

一家に一枚シリーズ
http://www.amazon.co.jp/s?ie=UTF8&field-keywords=%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%80%8C%E4%B8%80%E5%AE%B6%E3%81%AB%EF%BC%91%E6%9E%9A%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%80%8D&index=hobby&search-type=ss

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカイモニター

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-b626-1.html
これの続きです。

>半球のアクリルにでも入れないとダメかな

20130421

近所のスーパーに行ったら

料理用の「おたま」を陳列している棚に

それを保護しているブリスターパックだけが落っこちていて

もらってきました!

こいつはツカエル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

2013年変光星観測者会議のお知らせ 第1報

変光星観測者会議は、変光星観測者の親睦と情報交換を目的とした集まりです。変光星に興味のある方なら、どなたでも参加出来ます。今年は、以下の要領での開催を計画しています。みなさんの参加をお待ちしています。

日 時:

 2013年6月22日(土) 13:00-17:00
           6月23日(日) 09:30-12:30

場 所:

 工学院大学新宿キャンパス
 http://www.kogakuin.ac.jp/index.html

参加費:

 500円 (配布資料のコピー代、お茶代)

プログラム:

 講演、研究発表、情報交換
 (講演内容は調整中です)

6/22日終了後、懇親会を予定しています。(参加費5000円程度、学割あり)

主催:日本変光星観測者連盟(VSOLJ)
後援:工学院大学自然科学研究部

連絡先: skiyotax(あっと)gmail.com

発表の申し込みはは、6/8(金)までにお願いします。
参加のみは、当日参加も可能ですが、事前に、申し込みをしていただければ、準備の都合上助かります。

        (2013年変光星観測者会議申し込み)

-----------    キリトリ    ----------
お名前

ご住所

e-mail

参加予定を選択して下さい
 6月22日(土) 午後
 6月22日(土) 懇親会
 6月24日(日) 午前

研究発表   する ・ しない (不要な方を消してください)
研究発表の題名 「     」
             
発表希望時間       分(目安20分)

研究発表の希望日
 土曜のみ・日曜のみ・どちらでもよい(不要な方を消してください)

簡単な発表内容の説明

参加者名簿について
 住所を載せてよい はい・いいえ (不要な方を消してください)
 e-mail addressを載せてよい  はい・いいえ

#参加者名簿は収録に載せて、参加者に配布しますが、一般に公開する収録には載せません。

会議でやって欲しいことがあれば記述願います

参加を申込された方には開催1週間前くらいに詳しいプログラム等をお送りする予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

PY Vir

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/415-5d50.html
これの続きです。

ASAS-3の観測を見てみました。

201304191

これはGCVSの周期です。

この値でVSOLJの光度曲線を作ると

201304192

こうなります。

ASASもそうですが、一見、あっているかのようにも見えますが

どうやら、一回、大きな周期変化でもあったような感じに見えます。

では、O-Cを調べよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

カメラ三脚

5月25,26日の連星系東京研究会で写真係をやります。

それで、カメラ三脚とか持って行こうと思ってますが

観測に使っているのは重い

コンパクトデジカメ用の三脚は一眼レフを載せるには強度不足

なので

Sankyaku_201304

ハードオフで買ってきた。

900円

そこそこ軽いし、まあまあの強度。

でも、観測には使えないかな。

なかなか万能な物は無い。三脚保有数「4」になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

4/15 食変光星観測

Sx_crv_20130415

SX Crvの追観測をしました。

けど、すでに観測している位相でした。

やっぱり、未測定の食を観測して深さをみたいです。

それにしても変光範囲が0.2等なので、私のシステムではキツイです。ギリギリです。

Py_vir_201304151 Py_vir_201304152

PY Virを多色測光しました。

たまたま、と言うか、食の所だけバラツキが多いです。

でも、食の深さが良くわかります。

その結果、今まで「主」だと思っていたのが「副」でした。

GCVSやCracowも主と副が逆になっています。おっ!新発見かな!?

また、早とちりかな。

でも、GCSVもCracowも周期が正しくないです。

ASASを調べて、それも合っていなければ

周期解析しよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカイモニター

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-b626.html
これの続きです。

稼働してからいくつか問題が出ています。

一等星しか写りません。

それも明るい一等星しか写りません。

原因は防水のためにビニール袋に入れているからで、

導入後に何度かあった大雨で、ビニールも汚れて

ますます写りが悪くなっています。

半球のアクリルにでも入れないとダメかな。

あと、望遠鏡にCCDを付けて動かすとスカイモニターカメラにぶつかりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笠井さんのブログ

冷却CCDを使って変光星を観測されているスイス在住の笠井さんがブログを始めました。

http://muttenz.hatenablog.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

Iohさん

いや~

単身赴任との事で、

ほんとに観測報告がバッタリ無くなりました。

さみしいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

4/13 食変光星観測

なかなか極小が観測出来ない SX Crv を観測しました。

Sx_crv_20130413

三回目の観測で主極小が観測出来ました。

予報はそれほどズレてはいません。

ベランダから観測出来る時間が短くて、そのせいでなかなか極小が観測出来ないのでした。

Y_crv_20130413

Y Crvを3色で測光しました。2008年が最後の観測なので、ちょっと間があきました。

この星はあんまりうまく観測が出来ていないです。2008年のNjhさん以前はNgaの観測ばかりですが

きったない観測です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

OZ Hyaの極小時刻

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/411-412-f5f7.html
の続きです。

OZ Hyaの極小予報がちゃんと出来ない件で調べてみました。

 GCVS       none
 Hipparcos  min=2448501.09+2.0487xE
 BAV        none
 BRNO       min=2448501.046+2.048765xE
 AAVSO      none
 Krakow     min=2452500.2578+2.0487555xE
 Bob Nelson none
 IBVS       none

今、得られるエレメントは3つです。

それで、私が書いていた光度曲線はクラコウじゃなくてヒッパルコスの値を使ってました! 阿呆です。

Oz_hya_201304151 Oz_hya_201304152

BRNOとクラコウで書くとおおよそ極小が良い位置に来ます。

BRNOは2004年のクラコウなので、ともかくクラコウで予報すれば極小が予報できます。

多少はズレているので観測的課題はそれかな。

にしても、だあれも連星の解析してないので狙い目っちゃー狙い目と思う。

デタッチードだと分光しないと解析できないけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

U Monのシーズンも終わったな

U_mon_20130413_1900

昨夜の19時に撮影しました。

これより早いと空が明るすぎます。

また、これより遅いと建物に隠れてしまいます。

この微妙な条件はここ数日しか無いので

我が家のU Monシーズンは終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4/11, 4/12の食変光星観測

Sx_crv_20130412

4/12のSX Crvです。

前回の4/8は主極小のボトムから観測が始まっていて

今回は第二極大から主極小に向かって観測しています。

この光度曲線はクラコウの新しい要素で書いているのですが

この要素に問題があるように思えます。

Oz_hya_20130412

これは、小刻みにコツコツと観測している OZ Hya です。

4/11が副極小の増光部分で、4/12が主極小の減光部分のようです。

それで、4/8は主極小の増光部分のようです。

Oz_hya_201304122

赤線が想像による主極小です。

ちょっと、ちゃんと求めましょうか。

もし、今知られている、どの要素とも一致しないならば

新発見と言う事で(大げさですね!)、資料をまとめて「変光星」に投稿しようか

原稿締切に間に合わなければ変光星観測者会議かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

連星系東京研究会

http://user.keio.ac.jp/~mariko/conference/13binary.tokyo.html

申し込みました。

てか、世話人なので欠席は無いのですが

発表をどうしようかと考えていて

申し込みが遅れました。

・内容は研究発表じゃないです

さて、宿はどうしよう

慶応の宿舎を抑えてありますが

世話人が泊まっちゃいけないよね.

って事で

  • ホテル精養軒
  • リッチモンドホテル プレミア武蔵小杉
  • リッチモンド、高い

    精養軒にした。でも6800円

    南武線に東横インがあるけど、あんまり値段が変わらない

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    ηAqlのDSLR測光

    4月に入ってから

    早朝のηAqlを撮影するぞ!

    と言って

    まだ、3回しか撮影していません。

    そこで、今まで固定撮影していた観測も追加する事にしました。

    光度曲線を描いてみたら

    Eta_arl_20130413

    こんななりました。

    cGはVと同等とすれば十分なデータ量?

    3回の観測でB-Vも決めてしまえば、、、かんりょう!

    気が早い

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年4月12日 (金)

    晴れないですね

    学校が始まって夜間照明だの春霞だので

    昨夜は空が明るくてアルファードが肉眼で見えなかった。

    双眼鏡で探しました。

    なんとかアライメントを終わらせたけど

    ぜんぜん、導入精度が無かったです。

    10cmでOZ Hyaをちょこっと連続撮影して

    次の星は写りが悪くて導入できず、自動観測に切り替えました。

    20cmは、もともとアライメントがちゃんと出来なくて

    これまた導入精度が無くてLU Virを入れるのに一時間とかかかりました。

    毎回組み立てる望遠鏡なので、ときどき酷い事になってます。

    ※なので昨夜も4/7,8の未測光画像は手付かずでした。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年4月11日 (木)

    4/7と4/8の食連星測光観測

    例によって、解析が滞っています。

    Oz_hya_20130408

    OZ Hyaは変な値になりました。0と0.2付近を観測したわけですが、0がやや明るくて、0,2弱がやや暗いです。

    Realかどうかは、もっと観測しないといけないですが

    ほんとにシーズンが終わりそうで、早々に帰宅しても1~2時間しか測光できません。

    Py_vir_20130407

    4/7にIc bandで測光したPY Virです。どうやら副極小らしいです。

    Sx_crv_20130408

    4/8にIc bandで測光したSX Crvです。主極小のボトムから観測が始まって第一極大が過ぎたところで終わってます。

    なんじゃこれは。です

    Hw_vir_20130408

    沖縄出張以降、初めての20cmによる多色測光です。HW Virです。Bの前半にバラツキが多くてデータを捨てました。

    周期 0.116日の連星です。

    この観測だけで7つの極小時刻が得られる。

    ※追伸

    同じ日に長野県の塩川さんもHW Virを観測されていました。

    Hw_vir_20130408_siz_rc

    これはすごい!

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年4月10日 (水)

    会誌「変光星」原稿募集

    日本変光星研究会の会誌「変光星」の編集が始まるそうです。

    減光締切の日程は未定ですが

    おそらく、今月中には発行されると思います。

    原稿が書ける方は染谷さんにお送り下さい。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    4月8日の写真

    Iss20130408

    U Monの撮影準備中にISSが通過していたので慌てて撮影しました。

    20130408telsco

    また、この日は沖縄から帰ってきてから最初の20cmでの観測でした。

    スカイモニターを付けてからの最初の観測でもあります。

    スカイモニターの20cmのフードが写っていました。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年4月 9日 (火)

    そろそろ明け方のパンスターズかな

    そろそろ明け方のパンスターズ彗星を見ないと

    どんどん太陽から遠ざかってしまう。

    明け方の4時の位置を調べました。

    Apr_0408_0415

    4/8から4/15です。この期間に見ないと暗くなりすぎてしまう。

    Apr_0415_0423

    ついでに 4/15から4/23です。彗星が暗くなり、逆に空が明るくなってしまいます。

    それで、

    201304080429


    これが、4月8日4時29分に撮影したパンスターズ彗星

    CANON EOS Kiss digital f=70mm ISO1600 5sec exp.

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年4月 8日 (月)

    スカイモニター

    一等星しか写らないけど

    今の所、役にたっています。

    20130407sky1

    これが昨夜の様子で、冬の大三角が写ってますが曇っています。

    これを見て10cmだけの稼働にしました。

    20130407sky2

    これが今朝の様子で

    アンタレスが写っています。外へ出てパンスターズ彗星を撮影しました。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    ホームページ更新

    ★太陽黒点

    http://eclipsingbinary.web.fc2.com/sun_2013.html

    3月の太陽写真を追加しました。

    ★FTPスケジューラープログラム

    http://eclipsingbinary.web.fc2.com/dload-2.html

    汎用ソフトダウンロードのページにFTPスケジューラープログラムを公開しました。

    「6.FTP_Scheduler」です。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年4月 7日 (日)

    2013年3月 変光星観測月報

    日変研に2月の観測報告をしました。

    8夜 / 42星 / 3575測光 でした。

    201304061 201304062 201304063

    ところで、この報告って意味があるのだろうか?

    聞くところによると、だあれも日本変光星研究会には報告していないらしい。

    それは、vsolj-obsの報告を事務局の方で拾ってくれているらしい。

    でも、電子メールをやっていない人達は手紙で事務局に観測報告しているらしい。

    「らしい」ばっかりですね。

    vsoljデータベースも幾らか種類があって、これも理解できていないです。

    3月の月初は色々あって変光星観測はしていませんでした。

    お雛様休暇が終わってから変光星観測を再開しました。

    まず、XZ CMiの副極小は3/9の観測であっさりと出来てしまいました。

    その後はOZ Hyaにテーマがかわりましたが

    こちらは天候不順や月末の沖縄出張などで未だに観測が進んでいません。

    3月の出来事で大きなものは「パンスターズ彗星の近星点通過」ではないでしょうか。

    それ以降、日本でも夕方の早い時間に観察が出来るので

    私も狙ってみました。

    低空は雲が多く、晴れていても透明度が良くありません。

    それでも、3/16に写真に撮ることが出来ました。この時、5cmの双眼鏡で見てましたが検出はできませんでした。

    とりあえず、これだけで彗星は満足してしまいました。

    デジカメ測光の方はT MonとU Monを撮影しましたが

    徐々に西のマンションで見えなくなり

    明け方の撮影プログラムを考えて R Sct と ηAql を撮影する事にしました。

    変光星観測の方は目立った成果もなく終わりました。

    3月はスカイモニター(星が写るライブカメラ)の作成に時間を使いました。

    4月に入って稼働を始めました。

    5月末に日吉で連星系東京研究会があります。今月25日が発表締切なのですが

    今年になってからまとめている作業が終わらない、と言うか発表出来る内容か?の見極めが出来ていない。

    早々に吟味して発表するか決めないとイカン。

    関連して、6月の変光星観測者会議に発表する研究の方が、まったく手付かずで

    このままだと共死にの可能性がある

    やばいです

    あっ、そうそう、3月はOW Hyaの主極小が観測出来ました!

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    2013年4月 5日 (金)

    2013/4/3 食変光星観測

    久しぶりに晴れました。沖縄出張以来、観測が出来ないでいました。

    201304051_2

    今年、4晩目の観測です。4/5の時点で20:30までしか観測が出来ません。このままシーズンが終わりそうです。

    201304052_2

    引き続き測光観測した RV Crv です。残念ながら増光部分の観測が不十分なまま南中してしまいました。

    201304053_2

    2001年の様子と比べると、だいぶ極小が早まっているのがわかります。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年4月 4日 (木)

    今朝は良く晴れてます

    ηAqlとR Sctのデジカメ測光をするため

    昨夜からカメラをベランダに置きっぱなしにしてました。

    今朝のライブカメラを見ると

    201304041

    なんだか月が写ってます。

    スカイモニターの方は

    201304042

    こんなに眩しい

    外に出てみると、月明りで空一面真っ白です。

    201304043

    それでも、R Sctはちゃんと写ってました。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    私もスカイモニターが欲しい

    http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-fa12.html
    これの続きです。

    FTPプログラムは調子良く動いているので

    とりあえず、スカイモニターだけ公開しました。

    http://homepage3.nifty.com/nga_star/live_camera.htm
    ここです。

    20130404

    夜はこんな風に写っていますが

    日中は下の夜間用スカイモニターが真っ白で、まるで何も写っていないように見えます。

    もうちょっと星が写るかと思っていましたが、明るい1等星しか写りません。

    近々にFTPプログラムも公開します。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年4月 3日 (水)

    平塚市博物館の講演会

    いま、平博では天文の特別展示をやっています。

    それにあわせて講演会をやってくれています。

    これが、なかなか気合が入ってます。

    Alma_20130330


    一回目に行って来ましたが大盛況でした。講堂に人が入りきらない位で

    終わってからも先生は質問攻め!

    私も質問がたくさんありましたが

    出来ませんでした。

    で、終わってから飲みに行ったのですが

    そこでは、ぜんぜん質問しなかった。

    今週末も楽しみです。

    第1回 「電波で探る天の川銀河」 平松正顕氏(チリ観測所)
    日時:3月31日(日) 午後3時30分~午後5時
    場所:講堂

    第2回 「天の川銀河の精密測量」 本間 希樹 氏(水沢VLBI観測所)
    日時:4月6日(土) 午後3時30分~午後5時
    場所:講堂

    第3回 「VERAが見つめる私たちの天の川銀河」 松本尚氏(水沢VLBI観測所)
    日時:4月7日(日) 午後3時30分~午後5時
    場所:講堂

    第4回 「TMTで探る銀河の誕生」 家正則(TMT推進室 教授)
    日時:4月29日(祝) 午後3時30分~午後5時
    場所:講堂

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年4月 2日 (火)

    私もスカイモニターが欲しい

    http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-fa12-5.html
    これの続きです。

    FTPプログラムはエラーしなくなりました。

    「FTP_Scheduler.lzh」をダウンロード

    やはり、Envisageがjpegを書いている時にFTP_Schedulerが読み込む瞬間でエラーになっていました。

    これを回避するためにFTP_SchedulerがDOS commandを実行してEnvisageが作ったjpegファイルを別な所にコピーし、

    それを読むようにしましたが、書いている途中のjpegをコピーする瞬間もあってダメで、

    そのコピーされたファイルのサイズを調べてopenするようにしたら解決しました。

    なんだか、余計な処理がくっついてしまい気持ち悪いですが、うまく動いているのでこれでいいか。

    20130402

    上の画像は以前から運用しているweb camera(320x240)で、下が今回のsyk monitor(640x480)です。

    web cameraも視界が狭くて、あとから携帯電話用の画角が広がるレンズをセロテープでくっ付けました。

    今回のsky monitorはそれよりも少しだけ広くなっています。

    http://homepage3.nifty.com/nga_star/live2.jpg

    ここで運用をしています。

    日中に見ても真っ白で面白くないです。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年4月 1日 (月)

    OZ Hya

    先月からIc bandで観測を初めてvsolj-obsに投稿していない星です。

    Oz_hya_201304011

    まだ、3回しか観測していません。極小は観測出来ていません。が、そろそろシーズンオフです。

    Oz_hya_201304012

    ヒッパルコスが発見した食連星で周期は2日です。

    Oz_hya_201304013

    ASAS-3でも観測されていて変光範囲は0.18等級(V)です。

    せめて一回だけでも減光している所を今シーズンに観測したい。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »