« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月31日 (水)

オンラインストレージ

このPC、買った時から

20121031

こんななってます。

SkyDriveとか使ったりしましたが

今一つ、使いにくい。

どーせ と思いつつも容量を調べると

ASUS WebStrage Driveが3G

オンラインストレージKDriveは

なんと 50G 無料

ファイルサーバーを立ち上げるか思案していたので

KDriveを使ってみようかな

※サービスを開始した

なるほど、ローカルドライブと同期を取る方式か

便利と思います。

けど、今、欲しいのはファイルサーバーなので共有フォルダーがいいなー

※今は使いそうにないけど、きっと便利と思うので、このままにしておこう

追伸

と、思ったけど、PCの起動のたびに2回もLoginしないといけなくて

面倒なんでuninstallしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/21 VZ Psc観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/20121021-vz-psc.html
これの続きです。

10月20日と10月21日の観測から光度曲線を作成しました。

201210311

縦軸は0.5等級ステップです。

怪しい観測が多々ありますが総じてEW型の変光を示しています。

201210312

これは9月のCCD測光を加えたものです。

やっぱりCCDの方、というか、相対測光の方が綺麗です。が、

もうちょっと頑張ればデジカメによる標準測光も使い物になるのかも知れない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月30日 (火)

ネットワークカメラをひろった

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-e1c1.html
これの続きです。

動かない

201210301

IPアドレスの設定ツールを使ってLAN経由でアドレスの設定が出来るのに

201210302

ダメなんです。

カメラにはLinux PCが入っているんですが

pingも通らない

わからん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月29日 (月)

2012/10/21 VZ Psc観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/20121020-vz-psc.html
これの続きでもあります。

10/21は120秒の露出で撮りました。

20121029

今度はBVRで極小時刻が変わりそうな気配がありません。

積分時間が不足しているとS/Nの悪化が何らかの形で影響してしまうという仮説が考えられます。

もっと長い時間の積分をしてみて判断してみよう。

もしかすると、その結果を見てデジカメ測光をやめる判断をするかも知れない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

2012/10/20 VZ Psc観測

例によって20cm(F6.3)にEOS Kissを付けて撮影しました。

この日は90秒露出です。

10/16のVV Cetの観測も90秒露出で、おおよそ±0.1程度のバラツキでした。

20121028

これが測光結果です。

観測開始時と終了時にバラツキが大きいです。でも、VV Cetの時よりは少ないかも知れません。

それよりも気が付くのは

極小時刻です

B V R の順で極小が起きています。

妙です。

VV Cetの時は

VV Cet 2012/10/16 n=114 by Nga B
O=2456217.0862 Er=0.0006
O-C=+0.1152

VV Cet 2012/10/16 n=114 by Nga V
O=2456217.0934 Er=0.0017
O-C=+0.1224

VV Cet 2012/10/16 n=113 by Nga Rc
O=2456217.0971 Er=0.0008
O-C=+0.1261

こうでした。

やっぱり、BVRの順に極小になっています。

bug??

※追伸

んー、バグらしいところは無かった

そもそも、一枚のカラー画像なので時刻は一つしかない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

ネットワークカメラをひろった

20121027

ひろったのはCanonのVB-C10です。
http://cweb.canon.jp/pls/webcc/WC_SHOW_CONTENTS.EdtDsp?i_cd_pr_catg=017&i_tx_contents_dir=/e-support/faq/answer/webview/&i_tx_contents_file=12248-1.html&i_fl_edit=1&i_tx_search_pr_name=&i_cl_form=03&i_cd_qasearch=Q000012248&i_cd_transition=2

動かせるかなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/16 食変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/20121016-1391-3.html
これの続きです。

Vv_cet_20121016_bvr_2

重ねてみると、やっぱりきったない観測ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

2012/10/16 食変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/20121016-1391-2.html
これの続きです。

まったくもって時間が取れずやっと測光が終わりました。

20cmシュミカセにF6.3レデューサを付けて、CANON EOS Kiss digitalで撮影しています。

露出30秒では測光バラツキが大きかったので90秒にしました。

また、Flat補正をしました。Dark減算はしていません。

Vv_cet_20121016_bvr

見たところ、VとRcは±0.1等程度でBはもっと悪い感じです。

ダメじゃないけど、もっとエラーが減って欲しい。

他にVZ Pscを90秒と120秒の露出で撮影しているので

その結果も評価しよう。

Darkもやりたいけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

EOS Kiss画像をFlat補正してからAIP4WINで測光

これにはFlat fieldが必要ですが、

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/20121016-1391.html
ここで作ってあります。

これを使ってRAW画像をFLAT補正して3色に分解したFitsを作ってAIP4WINで測光します。

このようにやりました。

201210251

RAW画像をSI(ステライメージ)でFLAT補正してカラーFits(3p Fits)を作って3p_rgbで単色のFitsに分解します。3p_rgbは私のhomepageにあります。

この手順に問題がありました。

SIで出来たFitsのBZEROが大きくて各ピクセルの値が「負」になります。

これをAIP4WINでLoadすると「実行時エラー」でアベンドします。

201210252

それで、IRISでカラーFitsを使って、FitsをSIでFlat補正することにしました。

そしたら、IRISはサイズを3088x2056に変形してくれました!

201210253

それで、3082x2050のFlat fieldをSIで3088x2056に変形しました。

201210254

そのFlatを使ってSIでFlat補正をして3p_rgbで分解したFitsはAIP4WINで測光出来ました。

この図の赤の矢印の手順で処理しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

office 2010を2013に無償update

既に期間が始まっています。10/19以降ならば次のofficeのver upまで2010を2013に出来るそうです。

まだ、やってませんが

やってみよう。

パッケージ製品の期間:2012年10月19日~次期Office 発売開始前日まで

http://www.microsoft.com/ja-jp/office/2013offer/default.aspx

これとは関係ないですが 9月に買った Eee PC 1225B にはKing softのOfficeが入っていました。

ちょっと使っただけでOffice 2010を入れましたが

いつかスプレットシートだけでも互換性評価をしようと思っていましたが、

最近、自動更新され

その結果、「あと30日です」になってしまい

やる気が無くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

FMV C8200のメモリー

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/pc-ed6e-2.html
これの続きです。かな?

土曜日から観測に使うようになりました。

メモリーは512が実装されています。

遅いとは思わないのですが1Gまで実装可能なので追加したいです。

どんなメモリーを買えばよいのか?仕様をみたら
http://www.fmworld.net/biz/fmv/product/hard/blb0504/c8200/spec.html

PC2100との事です。

実物を開けてみると

20121023

PC2700の256がついています。

って事は1GのPC2100かPC2700を買えば良いって事になるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

CANON EOS KissをPCでシャッター

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/canon-eos-kis-1.html
これの続きです。

20121022

絶縁したいのでタッパーに入れて、それごとセロテープで鏡筒に固定しました!

例によって低品位な工作ですがUSB経由で長時間露出のインターバル撮影が出来るようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

CANON EOS KissをPCでシャッター

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/canon-eos-kissp.html
これの続きです。

プログラムが出来ました。

まず、回路図です。

基本は「EOS Kiss用インターバルタイマーの作成」です。
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/eos_timer.htm

201210211

このページで使うのはここだけです。

この4066をテクノキットのUSB IO基板に両面テープで張り付けました。
http://www.technokit.biz/usb_io_kiban/usb_iov8.html

配線は

PO0 --> S1
PO1 --> S2
Vcc --> Vcc
GND --> GND

です。

201210212

作成したプログラムを実行するとこのようになります。

先に実行してからカメラの端子に接続します。そうしないとさした途端に一枚撮影してしまいます。

カメラの設定はBulbにしておきます。

「次の撮影」ってわかりにくいですが、

この例では90秒+60秒の2分30秒が撮影の間隔になります。

実際に使ってみると設定した時間より僅かに長くなりました。

ともかく、これで長時間露出のインターバル撮影をPC制御でできるようになります。

以下がプログラムです。

「EOS_Interval.lzh」をダウンロード

実行にはVisual Basic Ver5のRuntime Libraryが必要です。良くわからない場合は「つるちゃんのプラネタリウム」をインストールすると同時にインストールされます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

Eee PC 1225B, Internet Explorerを起動するとASUSのページが開いてしまう

201210201

Eee PC 1225BでInternet Explorerを起動すると必ずおまけでASUSのページが開いてしまう。
http://www.asus.co.jp/Eee/Eee_PC/Eee_PC_1225B/#overview

どーやって開かないようにするんだろう?

201210202

インターネット オプションを開いて全般のところで赤丸の下矢印を押すと

asusのURLが見えます。

これを消すだけです。

201210203

ほらね!

ここにも書いてありますが、複数ホームページのタブが作成できるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

CANON EOS KissをPCでシャッター

EOS Kiss digitalはEOS Utilityなどを使えばUSB経由でシャッターが切れます。

しかし、カメラ本体のシャッター速度設定の中からしか選べません。...10sec,15sec,30sec,bulb だったら、30sec露出以上の長いインターバル撮影が出来ないです。

それで、PICマイコンを使ったインターバルタイマーを作りました。
http://eclipsingbinary.web.fc2.com/eos_timer.htm

カメラ側をバルブにして長時間露出のインターバル撮影が出来ます。

で、

今回はUSB接続するタイプの物を作りました。

20121019

PC制御なのでいかなる露出時間のインターバル撮影も可能になります。

とりあえず、ハードだけ作りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/16 食変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/20121016-1391-1.html
これの続きです。

Cetvv

測光するためにチャートを作りました。

ゆっくり、ゆっくり、作業が進んでいます。

土日は外出するので、ゆっくりは変わらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

観測用PCの入れ替え

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/pc-ed6e-1.html
これの続きです。

>もう一台、ノートが欲しい。
>32bitでシリ・パラ付きでUSB2.0が使えるもの
>で1万円以下でXPがサクサク動くやつ

で、買いました。

201210181

FMV-C8200で\8,888-でした。http://www.fmworld.net/biz/fmv/product/hard/blb0504/c8200/

201210182

32bitでシリ・パラ付きでUSB2.0が使えます。

サクサク動きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/16 食変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/20121016-1391.html
これの続きです。

Eos_flat_20sc_201210172

フラット補正しました。

今一つでした。

何もしないよりは良いか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月17日 (水)

2012/10/16 食変光星観測

昨日は20cm(F6.3)にEOS Kiss digitalを付けて変光星の多色測光をする計画で問題となっている

・標準システムに変換すると測光バラツキが許容できない

を解決するために想定されている対応策

1.ダーク、フラット未処理
2.積分時間を長くする

を試すことにしました。

撮影は30秒の露出を90秒にして連続撮影しました。

VV Cetを撮影したのですが

普通は南中後一時間位で自動でシステムが停止するんですが

昨日は撮影だけは続けました。

その結果、流れた星像の写真がたくさん撮れるんですが

それを元にフラットを作ります。

Eos_flat_20sc_20121017

こうなりました。

ダークは今はやらない事にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

viliv n5のACアダプタ

20121015

たまたま5VのACアダプタを拾いました。DCプラグがvilivにささります。

viliv n5ってこんなPCです。
http://www.brule.co.jp/umpc/n5.shtml

拾ったAC adapterは5V/2Aです。vilivのAC adapterは5V/3Aです。

定格電流が少ないので消費電流を実測しました。

ACアダプタをさしただけで0.016Aの電流が流れます。外部電源の時はLEDが点灯するのでその電流みたいです。

で、もっとも電流が流れる起動時は最大で0.77Aでした。2Aのアダプタでも余裕があります。

と言う事で、この2Aのアダプタをしばらく使ってみることにしました。

メインのPCを64bitにしたらUSB one seg TVが使えなくなり

vilivはTV代わりで活躍してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月16日 (火)

パンスターズ彗星

来年は凄く明るい彗星が2つもやってくるそうです。

パンスターズ彗星の見ごろを探しました。

例によって北半球でコメットは太陽に近くて低空で見えにくいです。

そこで、日中で探しました。

Pan_201210

これは3月8日の正午です。

彗星はマイナス7等級です。

もしかすると、これが北半球から見るチャンスかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USB-パラレル

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/usb--6d8e.html
これの続きです。

XPのPCで試しましたが、やっぱりダメでした。

USB-パラレルは2つ有って

一つは標準ドライバでインストール出来たようで

一つは刺した途端にドライバが無いと言って終わった。

で、両方とも、デバイスドライバに見えていない.

これじゃー、再インストールも出来ないし、インストール出来ている方もアドレスも何も分かんなくて

使いたくても使えない.

きっとプリンターも使えないと思う。

といった具合で、そもそも、使い物にならない代物と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

2012/10/7 食変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/2012107-1e47-1.html
これの続きです。

Uv_psc_20121007_2nd0

標準星の測光値を移動平均できるようにしました。

まず、今までのものです。

Uv_psc_20121007_2nd1 Uv_psc_20121007_2nd2

これは既に見せているもので、左は画像毎に変換係数を求めていて、右はそれを画像数で平均した値を採用したものです。

変換係数はシーズン毎に決めるものですので空が良ければどちらを採用しても良いはずです。

Uv_psc_20121007_2nd3 Uv_psc_20121007_2nd4

これは標準星の機械等級を移動平均した値を使って測光したものです。

まぁ期待した程の効果が無い。てか、ぜんぜん効果無し!でした。

他に標準星の機械等級を移動平均して測光した結果から得られた変換係数の平均値を使って移動平均を...とかやりましたが

どれもこれも期待する効果はありませんでした。

根本、撮影時のS/N改善しカウント値UPが道みたいです。

きっとダークやフラットも効果大と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

スタパオーナー八ヶ岳日記

このブログの左欄の「皆さん」にペンション スターパーティーの八ヶ岳日記のLinkを貼りました。
http://www.bloglovin.com/frame?post=548864943&frame_type=fb&blog=2642430&link=aHR0cDovL3N0YXItcGFydHkuanAvd3AvP3A9ODQyNw

先輩がオーナーのペンションで開業10周年になりました。
http://www.star-party.jp/

が、

まだ行って無いです。

行かんといかん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

Windows7の付箋

PC起動時に必ず表示されるけど

非表示で起動って出来ないの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USB-パラレル

20121013

ひろった

これでCV-04が動くと良いのですが

きっとダメと分かっているけど

試してみよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/7 食変光星観測

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/2012107-1e47.html
これの続きです。

過去の観測と重ねてみました。

Uv_psc_20121007_bvr

やっぱりバラツキが目立ちます。変換の過程でバラツキが増えてしまうのですが

それでも、もっと減らしたいです。

他に、今までのVとRcの観測と、意外に良く絶対値で一致しているのもわかりました。

思うに

メインは相対測光にして

正しい色を測定したい時に標準測光をするようにしようかと思うようにもなりつつあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

2012/10/7 食変光星観測

この日は観測用PCを大々的に入れ替えての初観測でした。

20cmにEOS Kiss digitalをつけて、PCはAcer AOA150でUV Pscを連続しました。

Uv_psc_201210070

この位にしか写ってなくて、使った標準星は記入の通りです。

Uv_psc_201210071

これが測光結果です。

あんまり綺麗じゃないです。

Uv_psc_201210072

これは105枚の観測から得られた変換係数・ゼロ点の平均値を使って変換したものです。

何かに収まろうとしているのは分かりますが不自然な光度曲線にも見えます。

この観測では平均値は使わない方が良さそうです。

星が露出不足で写っているのが原因で光度曲線にバラツキが出ていそうです。

露出時間は30秒にしました。これ以上伸ばすにはバルブ設定にして何らかの方法でシャッターを押さないと実現出来ないです。

あと、ISO1600にしました。いつもは800なので800で取り直す必要もありそうです。

それから、ダークもフラットもやってないです。これもよろしく無いでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows 7 「ようこそ」画面を変えたい

Eee PC 1225B の Win7 起動時・終了時の ようこそ 画面の絵なんですが

201210121

この砂浜の絵です。

もっと自分的な好みに変えたい!

そのやり方はとっても簡単で

201210122

C:\Windows\System32\oobe\info\BACKGROUNDS フォルダーの BACKGROUNDDEFAULT.jpg を表示しているだけなので

201210123

こんな風に違う BACKGROUNDDEFAULT.jpg にしてしまえば良いわけです。

今回は冒険せずにサイズは同じ1024x768にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

ST-402 Dark取得

ST-402を分光に使ってみるなら

露出時間が長くなるので予めダークフレームを取得しておきたいです。

それで、室内でエアコンをギンギンに使って冷やして作業したのですが

20121011

やっぱり、ぜんぜん、冷えんのです。これで+10度です。

夏場は+15度、今時は+10度って設定で分光する事になります。

みんなこんなぬるいのでやってんのかー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

観測用PCの入れ替え

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/pc-ed6e.html
これの続きです。

>20cmのEOS Kissと10cmのAutoGuideはAcer AOA150

Acer AOA150には、これ以外に望遠鏡操作と自動観測への自動切り替えスケジュールソフトも同時に動かす予定で

昨夜、ためしてみました。

PCはウンスンになりました。

荷が重いようです。

もう一台、ノートが欲しい。32bitでシリ・パラ付きでUSB2.0が使えるもので1万円以下でXPがサクサク動くやつって有るかなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腕時計

20121010

娘夫婦の結婚式の引出物です。

30年ぶり位で

腕時計をしました。

はめてみるとブカブカです。

ベルトの長さって調整出来るの?

googleで調べたら、あるは、あるは、

調整方法は簡単でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

プリンター接続

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/20129-f91d.html
これの続きです。

ネットワークプリンタに接続できない件です。

201210091

結局、何の工夫もなく10mのUSBケーブルで接続しました。

201210092

失敗する訳もなくBrother DCP-1000J USBが使えるようになりました。

芸が無いですね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

ベランダ望遠鏡をAutoGuideに

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/autoguide-8179.html
これの続きです。

昨夜、ちょっとだけPHD Guidingのテストをしました。

PCはAcer AOA150で、カメラはMeade DSI Pro、赤道義はビクセン スーパーポラリスでスカイセンサ2000PC(SS2000PC)です。

Phd_setting_ss2000_20121007

こういう設定にして試したら

すんなり自動追尾を始めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

64bit問題、wineダズントワーク

動かないんじゃなくて、

Wine_20121008

Ubuntuでも有るんですね

64bit問題

wineがインストール出来ないって

困る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

観測用PCの入れ替え

最近、変光星観測をしていません。

理由は、

 曇っている
 新しいPCに夢中
 観測に使うカメラが定まらない

きっと3番目の要因が大きい。

標準システムでの多色測光に移行したいのですが

ST-402のテスト観測が芳しくなく混乱状態が続いています。

ともかく、観測が中断しているのはよろしく無いので

新体制という事でPCを入れ替えました。

まず、

 20cmSCにEOS Kissをつける
 20cmの6cmガイド用はST-5

 10cmにはCV-04
 10cmの6cmガイド用はDSI Pro

 ST-402は分光に使ってみる

に決めてPCの方は

 20cmの電源・望遠鏡操作はIBM 560E
 20cmのAutoGuideはIBM 240Z
 20cmのEOS Kissと10cmのAutoGuideはAcer AOA150
 10cmのCV-04はFMV-6300NA2

としました。

デスクトップが無くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 5日 (金)

ホームページ更新

http://eclipsingbinary.web.fc2.com/sun_2012.html

9月に撮影した太陽画像を追加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

64bitの7で動かないソフト

一通り、自分の必要な天文ソフトを入れました。

64bitのwindows 7 home premiumで動かないソフトがたくさんあります。

 CCDSoft
 EOS Kiss dijitalのTWAIN Driver
 MEGASTAR2
 AVE
 PDMWIN3
 VsiualBasic2と、これで作ったソフト
 DOS Softは32bitのコンパイラでコンパイルし直せば動く
 GEOHEL2.BATは古いbasicで作ってありコンパイラも動かない
 連星シミュレーション多数

変光星観測・集計に使っているソフトの多くが動かないです。

今はVMwareにXPを入れて対応しますが

このままでは将来が不安です。

自作できるソフトは順次作成して行くようにしますが

かなり長期のプロジェクトです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

SS2000 スカイセンサー2000PCのROMバージョン

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/autoguide-8179.html
これの続きです。

20121003_ss20001

ASCOMのTelescope Chooserで設定をしようとすると

SS2000PCのVerをセットする必要があります。

自分の使っているSS2000PCのVersionってどーやって調べるんだろう?

マニアルを見ても記載がありません。

20121003_ss20002

答えは簡単でした。通電するとVersionを表示してました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

32GのUSBメモリ

20121003

買ったPCのリカバリー領域をバックアップするために16Gの(boot可能な)USBメモリーが必要で買いました。

普段、16GのUSBメモリを使っていて、これをリカバリー用に使って

今回は16Gより大きなものを買って入れ替える計画で、

32Gを買ったら 1270円 だって

安いよ!

これじゃー、物つくり産業は日本から無くなってしまう、てか生きてゆけないわけだ。

リカバリー領域のバックアップをUSBメモリにしておけば不具合のあった時にUSBメモリーでブートしてリカバリーが出来るのです。

作り方は説明書の通りです。電源を入れて「ASUS」の画面が出たら「F9」を押します。

201210031

バックアップのボタンを押すと

201210032

こんなって

201210033

やがて終わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

2012年9月の変光星観測月報

先月のトップニュースは娘の結婚でした。

変光星観測の方は 6夜 / 20星 / 740測光 でした。

201210021 201210022 201210023

前中半と割と晴れた気がしていましたが数字を見るとパッとしません。

そもそも、先月は多色測光をなんとかしたくて通常の食変光星の極小時刻観測に専念していなかった。

使った機材も多かったです。

6R(F7)+ST-402
10L(F6)+CV-04
20SC(F3.3)+SV-04LE
20SC(F3.3)+ST-402
20SC(F6.3)+EOS Kiss digital
EOS Kiss digital+f=105mm

9月は8月に入手したST-402にアセテートフィルタをつけてBVI標準システム測光をする実験が主でした。

その結果は、

標準星が少なくてcolor indexが偏ってしまうとナチュラルシステムのディファレンシャル測光が凄く綺麗でも

変換結果がメタメタになる!

でした。

そんな場合、アセテートフィルタの観測結果は独自の測光システムとなるので他の観測と比較が出来ず生かしにくい物です。

そうなると自然の成り行きで測光用フィルタを使って測光しておこうと思うようになります。

よって、8万円もするフィルターセットを買うのですが、額が額なのでお金が溜まるまで手が出せないって事になります。

すると、じゃーそれまではフィールドの広いデジカメで多色測光をしましょうか。って事になり

今月は20cm反射望遠鏡にEOS Kiss digitalを付けてルーチンの食変光星観測が出来るように整備する事にします。追加の設備投資はUSB cable程度で既に買ってあります。

では、ST-402は6cmに戻せばよいのかと思うと、6cmでの測光観測は努力の割には結果が良くなくてあんまり気がすすまない。

むしろ、6cmにはMeade DSI proをつけてAutoGuideをしたいです。これにはWin2000でASCOM driverを動かす難関があります。ASCOMのSS2000用のDriverは2000に対応していないのです。

で、余ったST-402は、、、分光に使ってみようか?と思っています。

まとめると

1、20cmにEOS Kissで多色測光

2、10cmに同架してある6cmにDSI proをつけてAutoGuide

3、ST-402を分光に使う

の3つかな。

先月の後半は天候の崩れによって変光星観測を行わなくなりました。

同時期に64bitのWindos7 PCを買った事で、今はそれにかかりきりです。

64bit機で動かないソフトが多々あってVMwareにXPを入れて対応しています。これの確認に時間が掛かっています。

他にプリンターも使えなくて、これにも時間が掛かっています。これはあきらめました。

201210024

プリンタはこうなっていてネットワークプリンタを実現させています。

32bitだとLANでアクセスすればドライバのインストールまでやってくれます。

でも、64bitだと64bitのドライバをnetで探して手動でインストールしなければなりません。

そうすれば、直接、プリンタに接続すれば印刷できますが

このLAN経由では、どーしても印刷できませんでした。

こんな感じで、当分は64bitとの戦いが続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベランダ望遠鏡をAutoGuideに

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/autoguide-8179.html
これの続きです。

Win2000のPCでSS2000用の(Win2k用の)ASCOM Driverがなかったので

Generic LX-200(5.0.1) と Meade LX200 Classic and Autostar(5.0.3) を入れました。

昨夜は半月ぶりに晴れたのでテストしました。

結果、ダメでした。ASCOMは正直で「そんなの無い」だったかな、みたいに言ってきました。

仕方がない、XPのPCを置いて対応しよう。リビングのベランダ側の窓際には5台のPCを置いていますが

6台になる事になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

Windows XP 再生PC版

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/vmware-666f.html
これの続きです。

VMwareにWindows7(32bit)を入れましたが、遅いんです。

メモリーが2GしかないのにVMwareの7が1G使ってしまいます。

やっぱXPにしたい!

安いのを探したら直ぐに再生PC版というXPが見つかりました。おおよそ、7000円はしない価格で正規品です。

201210011

で、買っちゃいました。5700円弱でした。

201210012

でも、VMwareは遅い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »