« SBIGって売る物が無いの? | トップページ | vbausbio.dllがUSB-IO2.0に対応 »

2012年7月 2日 (月)

ステラナビゲータ Ver.9 20

http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/ver9-20-c1d6.html
これの続きです。

体験版をインストールしました。

201207021 201207022

この2台に入れました。一台はacer AOA150で、もう一台は自作PCです。

自作PCのMBはIntel Desktop Board D945Gntで、
http://binary.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/intel-desktop-b.html

グラフィックボードは玄人志向GF8400GS-LE256H2です。

201207023

どちらも快適に動きます。これはGCVSを表示させたRZ Cas周辺です。

201207024

RZ Casの天体情報を表示したら その時点の 位相まで表示してくれます。GCVSの要素で求めていますので実際とは違ってしまいます。

201207025

で、かなり気になっている「画像マッピング」ですが

体験版だと「自動位置合わせ」が出来ません!

残念

このマッピングの結果が自分にとって有益な物か調べたかったのですが!

でも、動くの分かったから、買おう。

にしても、マッピング後、何が出来るのだろう???

あと、RAW画像は受け付けてくれませんでした。FITSに変換する必要があります。

マッピング後にWCSを書き込んでくれたら「サイコウ」なんですが.

と も か く

直感的に操作が出来て使ってぜんぜんストレスを感じません。ver6を使っているからかな。

|

« SBIGって売る物が無いの? | トップページ | vbausbio.dllがUSB-IO2.0に対応 »

コメント

画像マッピング!?そんな機能があったとは、忘れてました。早速、TAO Surveyの画像をマッピングしてみました。自動位置合わせも、ちゃんと動いているようです。これで、撮影計画が立てやすいかもです。機能としては、ただ、ステラナビゲータに貼り付けてくれるだけらしいですが。

投稿: meineko | 2012年7月 2日 (月) 09時50分

貼り付けるだけですか...

投稿: Nga | 2012年7月 3日 (火) 04時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステラナビゲータ Ver.9 20:

« SBIGって売る物が無いの? | トップページ | vbausbio.dllがUSB-IO2.0に対応 »